腹回りの脂肪を徹底的に落とす!腹回りに効く正しいダイエットを紹介!

お腹周りの脂肪がなかなか落ちず悩んでいるあなた。男性のお腹周りの脂肪は正しいダイエットを行うことで、確実に落とすことができます。今回、様々なダイエットをしてきたけれど、なかなか脂肪が落ちなかった方に向け、脂肪燃焼のメカニズムも踏まえ、ダイエット法を紹介します。


腹周りの脂肪が落ちない?

若い頃は、特に苦労もせずに手に入れていた引き締まった体も、年を重ねるごとにいつの間にか腹回りに脂肪がついてしまったあなた。

また、1度ついてしまった腹回りの脂肪は、忙しく不規則な現代の生活の中でなかなか落とすことができず、悩んでいる方は多いです。

そこで、ここでは腹回りについてしまった脂肪を落とす正しいダイエット方法を紹介していきます。

まずは、脂肪の蓄積・燃焼のメカニズムについて知りましょう。

脂肪が蓄積・燃焼するメカニズムって?

どうして腹回りというのは脂肪がつきやすいのでしょうか。

まず脂肪がつく本質的なメカニズムを紹介します。脂肪が蓄積するメカニズムは非常にシンプルで、摂取カロリー(食事)が消費カロリー(運動・代謝)を上回ること(摂取カロリー>消費カロリー)によります。

つまり身体に取り込んだ摂取カロリーが消費カロリーを上回った分だけ、身体に脂肪酸として取り込まれていきます。

・過食

・運動不足

・不規則な生活

・過度なストレス

・腸内環境に悪い食事

などの原因により摂取カロリーが多くなってしまい、その分だけ脂肪として蓄えてしまうのです。

逆に消費カロリーが摂取カロリーを上回っているとその分だけ脂肪をエネルギーとして燃焼してくれます。

つまり、脂肪を燃焼させるためには、

◻︎摂取カロリーを減らす

◻︎消費カロリーを増やす

ことをしてやれば良いのです。

例えば、7200kcalの消費で脂肪は1kg燃焼できるとされているので、もし消費カロリーが1日240kcalずつ摂取カロリーを上回っていれば、30日で脂肪を1kg減らすことが可能です。といった計算になります。

男性のお腹周りに脂肪がつきやすい理由

男性は特にお腹周りの脂肪である内臓脂肪がつきやすくなっています。これは男性ホルモンの影響とされています。男性は女性よりも筋肉の発達が良くなるように、筋肉のエネルギーにもなる脂肪を溜め込む働きをもちます。

そのため男性は女性よりもお腹に脂肪がたまりやすくなると考えられています。

逆に女性は、皮下脂肪がつきやすいと言われています。

加齢とともに脂肪がつきやすくなるのは代謝の低下!

昔は運動をしないでもある程度引き締まっていたのに、年齢とともに脂肪が落ちづらくなった、腹回りに脂肪がつきやくなったという方は基礎代謝量の低下が原因です。

基礎代謝は、安静にしていても生命維持のため使用されるエネルギーです。代表的なものに、呼吸や内臓の運動、体温調節などがあります。(代謝とは外部から取り入れたエネルギーや栄養などが体内で利用・消費されることを言います。)

基礎代謝

出典:http://www.l-carnitine.jp/

エネルギーを消費する代謝では、基礎代謝生活活動代謝(運動など)・食事誘導性耐熱産生(食事した後、消化吸収過程で熱になって消費されるもの)の3つがあり、それぞれ

基礎代謝:70%

生活活動代謝:20%

食事誘導性耐熱産生:10%

となっています。

この3つの代謝、特に基礎代謝を高め、効率良く摂取カロリーを消費することで、確実に脂肪を落とすことができます。

上図のように、この基礎代謝は年をとるごとに低下してきます。

20代と40代では1日の基礎代謝量は200kcalも変わってくるので、一ヶ月で6000kcalも消費量が異なります。一年換算すると120000kaclです。これは脂肪16kg分に値します。

腹周りの正しいダイエット方法は?

メカニズムも理解できたところで、正しく腹回りをダイエットする方法を紹介していきます。ここでは、

①食事方法

②運動・筋トレ

の二つに分けて説明していきます。

腹回りの正しいダイエット方法①食事

腹回りの脂肪を落とすダイエットができる食事としては、「カロリーを抑える食事」と「血糖値を抑える食事」「脂肪分解酵素リパーゼが活性化しやすくなる食事」の大きく3つの方法があります。

カロリーを抑える食事

まず食事で重要なのがカロリー制限です。普段何気なく食べているものが非常に高カロリーであることが多いので気をつけましょう。特に炭水化物・お酒・油・お肉の3つは男性が特に食べているものになるので注意していきましょう。

お米:茶碗1杯あたり220kcal

中華麺:100gあたり281kcal

お酒:ビール500mlあたり2ookcal

油:大さじ一杯あたり110kcal

お肉(サーロイン):100gあたり300kcal

単体ではおおよそ200~300kcalですが、飲み会など食べ飲みを多くしてしまうと摂取カロリーがとても多くなってしまいます。

なるべくカロリーの少ない野菜や穀物、果物、0cal食品を積極的に摂取していきましょう。

血糖値を抑える食事

食べ物には全てGI値という糖質の吸収度合いを測る値があります。

GI値の低いものを食事のはじめの方に食べたりすると、血糖値の上昇を抑えることができ、その分インスリンの分泌も抑えることができるため糖分の吸収を抑えることができます。

 野菜や食物繊維、海藻などGI値の低い食材を積極的に摂取していきましょう。

gi値

出典:sports119.jp/gi-chi

またなかなか糖質を抑えることが難しいという方には糖質カット系のサプリがおすすめです。

糖質カット系サプリにはサラシアという食べた糖質を吸収しないようにする作用のある成分が配合されているため、カロリーの吸収を抑えることができるようになっています。

FUJIFILMが新しく開発したメタバリアSというサプリなら500円で114粒(2週間分)を購入できるためオススメとなっています。

メタバリアS

メタバリアSの口コミ・効果まとめ!副作用はあるのか徹底検証!」では、メタバリアSの悪い口コミ・効果など詳細に紹介していきます。

メタバリア公式サイトはこちら

脂肪分解酵素リパーゼが活性化しやすくなる食事

体内では脂肪を分解をしてくれるリパーゼという酵素が存在します。このリパーゼはミネラルやビタミン、オルニチンなどの栄養素を摂ることによって活性化します。また腸内環境を改善することで酵素を活性化することができるので、発酵食品なども摂取するようにしましょう。

リパーゼ

出典:http://www.nihon-seicha-gotou-tubakicha.com/tsubaki/

以上3つのポイントが食事でありますが、もし食事を変えることがなかなかできないという方は脂肪燃焼を効率的に行ってくれる成分が入ったサプリの摂取をお勧めします。サプリをまだ持っていない方は「2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキング」をチェックしておきましょう。

すぐにサプリが欲しいという方はダイエットサプリとして注目を集めている漢方「生漢煎」がおすすめです。

スクリーンショット 2017-05-05 15.37.28

生漢煎は、脂肪燃焼に特化した漢方と生薬を18種類凝縮して作られたダイエットサプリです。生薬や漢方なので一位のDCCサプリと違い、普段運動していない方でも体感を得ることができます。

18種類の漢方と生薬が胃腸を活性化し、善玉菌優位の腸内環境にしてくれることにより、身体の代謝があがり、リパーゼという脂肪分解酵素や脂肪燃焼ホルモンを活性化することができます。

身体全体の代謝をあげることができるため、冷え性の方や便秘がちの男性にもおすすめです。

□安全性

主成分は漢方・生薬のみになっているため安全性は非常に高いです。

注意点としては普段便秘がちの方や腸が弱っている方だと、漢方が急に胃腸が活性化してしまいオナラがでやすくなったり、軟便になりやすくなったりするようです。以下の参考記事に詳細が記載されているので参考にしましょう。

□内容量/値段

90包入り/30日分 定価7800円(税抜)

公式サイト価格:50%OFF 3900円(税抜)

公式サイトでは期間限定にはなりますが、初めて購入される方には半額で購入できるキャンペーンを開催しています。

いつでも解約可能な定期コースなら送料も無料なので、とりあえず定期コースにして最も安く購入し、気に入らなかったら解約する形が最もお得になっています。

生漢煎防風通聖散の効果や副作用とは?成分や悪い口コミも完全分析!」では防風通聖散の客観的な成分分析や口コミについて記載されています。特に筋トレやトレーニングをせずに脂肪燃焼したい方はチェックしてみましょう。

⇒公式サイトはこちら

腹回りの正しいダイエット方法②運動・筋トレ

腹回りのダイエットと聞いて、真っ先に思い浮かべるのはやはり腹筋です。腹筋をつけることが、腹回りのダイエットに1番効果があると信じている方も多いものですが、実は腹筋だけを鍛えるだけでは、腹回りの脂肪を落とすことが難しいです。

お腹回りの脂肪を落とすための運動・筋トレメニューのなかでも考慮よく脂肪を落とすことができるメニューは以下になります。

腹回りを落とす有酸素運動

まず脂肪燃焼の運動で代表的な運動といえば有酸素運動です。

有酸素運動を行うことにより、運動中のエネルギーを脂肪を分解して、エネルギーとして利用し、消費してくれるため効率よく脂肪を燃焼することができます。

以下の動画は特にお腹回りの脂肪を燃焼するための有酸素運動になっているので、動画を参考に有酸素運動をおこなっていきましょう。

腹回りを落とすためのスクワット

足の筋肉は身体のなかで最も発達しています。その発達した筋肉を鍛えることで身体全体の代謝が向上し、脂肪が落ちやすくなります。脂肪を落とす際に腹筋ばかりしている方は、スクワットを行いましょう。

腹回りを引き締めるトレーニング

腹回りのダイエットをしたいときには、やはりその腹回りを引き締めるトレーニングも欠かせません。1番効果的なのが、レッグレイズです。

レッグレイズとは、床に寝そべった状態で脚の上げ下ろしをするトレーニングです。

実際にやってみると感じますが、腹筋にとても力が入ります。毎日少しずつでも繰り返すと、徐々に効果が出てきます。

メンズエステの利用も!

自分でダイエットを試してみるのもいいけれど、いつも挫折してしまう。そんな方は、メンズエステがオススメです。

現在、メンズエステはモデルや芸能人だけでなく、多くの一般の方も利用されています。

ダイエットはどうしても一人でやるものになってしまい、続かなかったり、方法が間違ってしまったりということはよくあります。

しかし、メンズエステならしっかりと専門家によりダイエットをサポートしてもらえるので、理想のスタイルになるまで諦めることなくダイエットを続けることが可能です。

メンズエステが初めてで、とりあえず体験してみたいという方にオススメしたいのは、「ラ・パルレ」です。

脂肪撃退コースは、男性にとても人気のあるコースとなっています。メンズエステでのダイエットだからと言って、機械に頼ってばかりのダイエットではありません。エステシャンが、しっかりとあなたに寄り添って食生活の改善もアドバイスしてくれるのです。

メンズエステに通ってダイエットしたけれど、メンズエステに通わなくなったらあっという間にリバウンドしてしまった。しかし「ラ・パルレ」の「脂肪撃退コース」であれば、食生活のカウンセリングを受けることができるので、普段の生活から痩せやすい、リバウンドしにくい身体づくりをすることが可能になるのです。

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

また、他の脂肪燃焼エステを知りたいという方は、「短期ダイエットはメンズエステ?口コミ・価格を比較・徹底検証!」をご覧ください。

腹周りのダイエット方法まとめ

今回は気になる腹回りの脂肪を落とす方法ついてご紹介してきました。

腹回りは自分で落とすのが難しい場所ですが、そこをスッキリさせることで、理想の引き締まった体にぐっと近づきます。

食事改善や運動、サプリ・メンズエステなどを利用して、今度こそダイエットを成功させましょう。

<おすすめ関連記事>

ドラッグストアにも市販中の本当に痩せるダイエットサプリランキング


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料