皮下脂肪を落とす方法3選とは?今からできる皮下脂肪燃焼講座!

男性の皮下脂肪は落ちにくく、多くの男性がダイエットに失敗しており、悩みの種になっています。皮下脂肪は、内臓脂肪に比べ、燃焼しにくく、正しい対策が必須となります。今回は男性の皮下脂肪を落とすということに焦点を絞ったダイエット方法・サプリメントを紹介します。


皮下脂肪が落ちない現実!

スクリーンショット 2017-10-31 17.06.31

「昔は運動しないでも身体が引き締まっていた。」、「昔は少し運動すれば体重は簡単に減った。」といった男性の声をよく耳にします。若い頃は基礎代謝量も高く、引き締まっていた身体は、何もせずにはいつまでも続きません。

特に皮下脂肪に関しては「つきにくく落としにくい」という特徴があるため、なかなかダイエットが成功せず、多くの男性の悩みになっています。

良くないのは見た目だけではありません。皮下脂肪が多い状態を放っておくと、内臓脂肪ほどではありませんが、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞といった生活習慣病のリスクを高めます。

皮下脂肪は正しい対策を知り、実行することで、落とすことができます。ここでは、皮下脂肪の原因、そして原因を踏まえた正しい対策方法を紹介していきます。

そもそも皮下脂肪って?

そもそも皮下脂肪とはどのようなものなのでしょうか?

皮下脂肪は、皮膚の内側につく脂肪で、全身に分布します。特にお尻や太ももにつきやすいとされています。

皮下脂肪には、備蓄エネルギーや外の寒さから体温を守る働きも備わっており、一旦皮下についてしまうとなかなか落とすのが難しい脂肪です。

皮下脂肪はつきにくいから安心!?

一般的に「男性は皮下脂肪がつきにくく落としにくい」と紹介しましたが、脂肪には皮下脂肪ともう一つ内臓脂肪があります。

内臓脂肪は、内蔵の周りを囲うようにつく脂肪です。

一般に男性の場合、内臓脂肪がつきやすいと考えられています。例として、「ビール腹」などのように、お腹部分以外はあまり太ってないように見えるのにお腹周りだけたるんでいる状態になりやすいことがあります。

一方、女性はこの逆で、皮下脂肪がつきやすくなっています。これは「子供を産み育てるため身体を保護しながらエネルギーを蓄えるため」という、身体のシステムの違いなのです。

男性の場合、皮下脂肪は徐々に蓄積するため、比較的つきにくいと考えられています。しかし、一度ついてしまうとなかなか落とすのが難しいのも男性の皮下脂肪の特徴です。

消費カロリーが摂取カロリーを上回って、脂肪が減る際にも、内臓脂肪→皮下脂肪の順で燃焼していくので、皮下脂肪を落とすにはある程度の継続した対策が必要なのです。

まとめると以下のようになります。

スクリーンショット-2017-05-31-23.17.20

では、どのようにして皮下脂肪がつくのでしょうか?

男性の皮下脂肪の原因は?

では、皮下脂肪の原因について紹介していきます。

一番の原因はカロリーの摂取量と消費量!

カロリーのバランス

出典:ほしのブログ

一般に脂肪は、単純にカロリーの摂取量消費量を上回っていることが原因で蓄積していきます。

また年齢とともに基礎代謝が落ちてしまい、皮下脂肪が落ちにくくなってしまうため、消費カロリーのバランスが非常に重要になってきます。

例えば…

30~40代の男性の1日摂取カロリーの目安は、デスクワークがメインの方で1800kcal、活発にスポーツなどをする方や営業マンで2500kcalです。

ラーメンのカロリーは約500kcal、ご飯1杯で約400kcal(大盛りの場合)ほどです。お昼にラーメン+ライスを食べると、前者の方の場合は昼食だけで1日必要量の半分近くを摂ってしまっています。

基礎代謝って?

基礎代謝とは、安静にしていても生命維持のため使用されるエネルギーです。主なものに、呼吸や内臓の運動、体温調節などがあります。(代謝とは外部から取り入れたエネルギーや栄養などが体内で利用・消費されることを言います。)

エネルギーを消費する代謝では、基礎代謝生活活動代謝(運動など)・食事誘導性耐熱産生(食事した後、消化吸収過程で熱になって消費されるもの)の3つがあり、それぞれ

◻︎基礎代謝:70%
◻︎生活活動代謝:20%
◻︎食事誘導性耐熱産生:10%

となっています。

この3つの代謝、特に基礎代謝を高め、効率良く摂取カロリーを消費することで、確実に皮下脂肪を落とすことができます。

基礎代謝

出典:www.l-carnitine.jp

効率よく皮下脂肪を落とすためのポイントは?

皮下脂肪のイメージ画像

ここまでで、皮下脂肪は短期間で落とすことは難しく、ある程度根気強く対策する必要があることがわかりました。

ではどうしたら皮下脂肪を落とすことが出来るのでしょうか。

結論として、摂取カロリーより消費カロリーを上回らせることが皮下脂肪を落とすことにつながります。消費カロリーのほうが大きければ、身体は溜め込んだ脂肪を燃焼します。

その際、考慮すべきは、やはり基礎代謝です。基礎代謝は、筋肉を動かすことやサプリメントを摂取することであげることができ、基礎代謝が高くなった体は脂肪を燃焼させやすくなります。

つまり、皮下脂肪を落とすには、以下の2点が重要です。

  • 摂取カロリーを減らす
  • 消費カロリーを増やす

ちなみに「男性は内臓脂肪が増えやすい」のは、内臓脂肪のほうが即座にエネルギーに回しやすいからです。筋肉を増やし基礎代謝が上がってから皮下脂肪が燃焼出来る身体になりますので、「最初はなかなか効果を実感出来ない可能性」ももちろん覚悟しておきましょう。

この2つのポイントも含め、「男性の皮下脂肪を落とすためのダイエット方法」を以下で紹介していきます。

皮下脂肪を落とす方法3選

では皮下脂肪を落とす方法を以下で紹介していきます。

◻︎消費カロリーを増やす方法
◻︎摂取カロリーを減らす方法

の順に紹介します。

消費カロリーを増やす方法

脂肪を落とすためには、消費カロリーを増やす・摂取カロリーを減らすの2点だということを紹介しました。

男性が皮下脂肪を落とすために最も必要なのはウォーキングなどの「有酸素運動」です。

スクリーンショット 2017-10-31 17.58.41

有酸素運動とは、酸素を取り込みながら脂肪などを燃焼する運動です。貯蔵された脂肪は、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きで燃焼します。リパーゼが脂肪を分解して初めて、脂肪が分解されるのです。

そもそも酵素は、温度によってその働き具合が異なってきます。このリパーゼが最も働く温度が、体温より1-2℃高い温度と言われています。おおよそ、運動で汗を書いている状態くらいの温度になります。

有酸素運動はどのくらいで効果が出るの?

よく、20分運動しなければ、有酸素運動の効果がでないと言われますが、必ずしもそうではありません。

運動して、おおよそ20分たったあたりで、汗がでてきて脂肪分解酵素リパーゼが活性すると一般的には言われています。「20分」と言われるのはこうしたわけがあります。

ただ、運動を始めてから脂肪燃焼は始まり、運動強度によってリパーゼの活性が始まるタイミングは異なってくるので、必ずしも「20分」というわけではないというのはそうした理由があります。

有酸素運動を行い、皮下脂肪を落とすために最も大切なことは「継続した運動を行うこと」です。

有酸素運動は、1日2日でも効果はみられるかと思いますが、皮下脂肪を落とすことを考えると、やはりある程度の期間続けることが大切です。継続した運動を行うことで、代謝も徐々にアップしてくるので、より高い効果も期待できるようになります。

皮下脂肪に有効な有酸素運動のメニュー

有酸素運動

有酸素運動は、

◻︎ウォーキング・ランニング
◻︎水泳
◻︎サイクリング

などがあります。

繰り返しますが、有酸素運動は毎日行った方が脂肪燃焼させるためには効果的です。しかし有酸素運動は外での運動が多いため、不定期になりがちでしょう。また、普段全く運動していない方や、ランニングや水泳は続かない、負荷が高すぎてできないという方もいらっしゃることでしょう。

そのような方は、自宅でできる有酸素運動を以下の動画を参考にして行ってみましょう。

有酸素運動の効果を最大限に引き出すには?

そして更に効率よく皮下脂肪を落とすため、有酸素運動に先立って(並行して)、「筋トレ」を行いましょう。

筋トレをはじめに行っておくのは、「基礎代謝を上げるため」です。つまり、より脂肪を燃焼しやすい身体を作って、皮下脂肪まで燃焼させるということです。

皮下脂肪に有効な筋トレのメニュー

◻︎腹筋
◻︎背筋
◻︎スクワット

この脂肪がつきやすい3点を意識して鍛えましょう。特にお腹は脂肪が溜まりやすい場所なので、最初にしっかり脂肪を燃焼しやすい状態にしておくことが大切です。

筋トレを行ったあとにウォーキングなど有酸素運動を取り入れることで、皮下脂肪が最も燃焼出来る状態になります。

皮下脂肪に有効なストレッチ

筋トレや有酸素運動が終わったら、せっかくの脂肪燃焼効果を継続するためにストレッチを行いましょう。

ストレッチをすることで血行を改善し、脂肪を燃焼しやすくすることができます。

摂取カロリーを減らすコツ

ピザのイメージ画像

繰り返しますが、皮下脂肪を落とすには、消費カロリー>摂取カロリーを継続する必要があります。

そこで、続いては摂取カロリーの対策をとっていきましょう。

「カロリー摂取量を減らす」というと単純に「食べる量を減らす」と思いがちですが、食べる量を減らすことで必要な栄養素までカットするようなことになってはいけません。

筋肉などを作るのに必要な栄養を摂らない状態を続けてしまうと、逆に基礎代謝が落ちてダイエットが成功しにくい身体になってしまいます。

タンパク質の摂取は重要

スクリーンショット 2017-10-31 18.08.29

タンパク質を多く含む食事は摂取カロリーが高いものが多く、タンパク質を多く含む食事をしないことで、ある程度摂取カロリーを抑えることができます。

しかし、体や筋肉を作るために最も必要な栄養素は「タンパク質」です。タンパク質をほとんど摂らないでおくと、基礎代謝は低下し、結果的に痩せにくい体になってしまうかもしれません。

また、低タンパク質ダイエットは、下痢や貧血、抜け毛の症状を引き起こす可能性もあります。

その他にも、摂取カロリーを抑える際に注意しなければならないのは、ストレスをためないことや、リバウンドをしないようにすることです。ストレスをためすぎると、基礎代謝は低下してしまい、皮下脂肪を落としにくい体になってしまいます。

無理なく、継続して行える摂取カロリー対策が皮下脂肪を落とすのに最も効果的であると考えられます。

摂取カロリーについてまとめると、以下のようになります。

  • たんぱく質など、必要な栄養素を摂取しない状態は避ける
  • ストレスをためない
  • 無視せず継続できる摂取カロリーを減らす方法を考える

1日のトータルだけで判断するのではなく、3日程度のトータルで調節するようにすることはおすすめです。食べ過ぎ、飲みすぎた次の日は野菜や根菜類を多く低カロリーなものを選ぶだけで総合的なカロリー摂取量を減らすことが出来ます。

これは胃腸の負担を和らげることにも繋がり、健康や基礎代謝のためにも良いことが多いです。

カロリー制限はあくまで負担のない範囲で、それよりは消費量を増やすことを考えたほうが健康的に継続して皮下脂肪を落としやすい身体を作れます。

番外編:時間・タイミングを意識する

ほっそり

「毎日筋トレもウォーキングも頑張っているのに全然痩せない!」という方もいらっしゃることでしょう。

食事も気をつけ、筋トレや有酸素運動も取り入れた生活をしているのにあまりに何の変化もないとやる気も落ちてしまいます。

実は、食事や運動には「痩せやすいタイミング」というものが存在します。そのタイミングをしっかり把握しているのとしていないのとでは、同じだけ努力しても結果が大きく変わってしまいます。

せっかく効率よく皮下脂肪を落とそうとしているのにタイミングが悪くて非効率になっているのは非常にもったいないです。運動・食事の適切なタイミングはしっかり把握しておきましょう。

運動するタイミングは?

「運動をするのに適切な時間」というのはありませんが、ある程度の空腹時を狙って運動の時間を作るのが一番効率よく脂肪を燃焼し、ダイエットになります。

脂肪はいざというときの栄養なので、空腹のタイミングを使えばより効率よく脂肪を燃焼させることが可能です。食べた直後の運動は胃腸にも良くない上に、身体もなかなか動きません。

もちろん動く気力もないくらい空腹なタイミングを狙っても、運動に身が入らず効率が落ちてしまいます。

「ある程度の空腹なタイミング」これが運動するタイミングとしてはベストなので、生活サイクルを見直してちょうどよい時間に運動するようにし、効率よくダイエットを進めましょう。

食事のタイミングは?

スクリーンショット 2017-10-24 18.00.03

有名なもので、「寝る3時間前からは食事をしない」という話があります。

寝る前ということは大きな運動も行わないことがほとんどですし、カロリーもさほど消費しません。

そして、夜の22時から次の日の2時までは「BMAL1」という脂肪を溜め込むタンパク質が体内で最も多くなる時間なのです。

脂肪を溜め込む性質があるタンパク質が多いタイミングで食事を摂ったらどうなるのかは明白です。これらの理由により、食事は寝る3時間前に済ませておいたほうが良いのです。

ちなみにBMAL1が最も少なくなる時間は15時、ちょうどおやつの時間です。昼食から夕食までは時間もありますから、このタイミングで間食を摂るのはこういった意味でも正しいと考えられます。

脂肪燃焼サプリで皮下脂肪を効果的に落とせる?

ここまで、皮下脂肪を落とす方法を紹介してきましたが、皮下脂肪ダイエットの効果にはもちろん個人差があります。

なかなかダイエットの効果が実感できない方、また、これまで様々なダイエットを行ってきたがうまくいかなかったという方には脂肪燃焼サプリがおすすめです。

ただ、注意すべきことは、ダイエットサプリはあくまでダイエットのサポートであり、飲むだけで劇的に痩せる、といったようなことは基本的にはありません。あくまで食事対策、運動対策を行いながら、その効果を高めるサポートとして使用しましょう。

ダイエットサプリは大きく以下のような種類があります。

脂肪燃焼系サプリ
食欲抑制系サプリ
糖質制限系サプリ
脂質制限系サプリ
腸内環境改善サプリ

ダイエットサプリについて詳しくはこちら⇒【2017最新版】市販中の本当に痩せるダイエットサプリランキング!

☑︎BiDANピックアップ

【生漢煎防風通聖散】
S__57368582

成分    :★★★★
安全性:★★★★★
料金 :★★★★

料金:¥3900
内容量:90包入り/30日分

  • 累計450万包販売
  • 医師の92%がその効果を評価
  • 代謝の改善による脂肪燃焼効果

生漢煎防風通聖散は、92.3%の医師が「飲み続けたい」と答えた防風通聖散です。(2017年先端医療医学会の調査より)

雑誌『GLITTER』やテレビ番組などでも紹介され、累計販売数450万包を誇る今人気沸騰中のおすすめの防風通聖散です。

詳細はこちら⇒「生漢煎防風通聖散の効果や副作用とは?成分や悪い口コミも完全分析!

⇒生漢煎男性用公式サイトはこちら

⇒生漢煎女性用公式サイトはこちら

メンズエステサロンで楽して脂肪燃焼!

ダイエットサプリも 皮下脂肪を落とすサポートをしてくれますが、他の対策としてメンズエステを紹介します。

メンズエステサロンは現在、ブームとなっており、男性芸能人やモデルだけでなく、多くの一般男性がメンズエステサロンに通っています。そんなメンズエステサロンですが、初回料金・施術内容など選ぶポイントがいくつかあります。

詳細はこちら⇒メンズエステで短期ダイエット!口コミ・価格・効果を徹底比較!

継続的にダイエットをする自信のない方は専門家と相談し、効率よくダイエットするためにもエステサロンを使うことも手段の1つです。

☑︎BiDANピックアップ

【ダンディハウス】

スクリーンショット 2017-09-12 9.54.21

初回料金:¥5000

  • 皮下脂肪・内臓脂肪・セルライトそれぞれに最先端のアプローチ
  • 圧倒的店舗数
  • コース終了後のリバウンド対策

ダンディハウスは、最先端の痩身法を利用し、効果・結果にこだわって脂肪を落とすことのできる大手エステサロンです。

専用機器を使用してセルライト・皮下脂肪・内臓脂肪を同時に効率よく燃焼させ、健康的で太りにくい身体を作る方法として注目を集めています。

 

⇒ダンディハウス公式サイトはこちら

詳細はこちら⇒「ダンディハウスのトリプルバーンZの口コミ・ダイエット効果を徹底検証

まとめ

落ちにくい皮下脂肪を落とすには、代謝をあげ、継続的な運動や、適切なタイミングでの食事・睡眠を行うことが重要です。

皮下脂肪は、落ちにくいので、根気が必要ですが、工夫次第で効率よくダイエットが可能です。ダイエット効果をしっかり出したい方、なかなかダイエットが成功しない方は、ダイエットサプリや、メンズエステを利用してみることもおすすめします。

正しい対策を行って、皮下脂肪を落としましょう。

関連記事

皮下脂肪を落とすにはサプリが効果的?噂のダイエットサプリを徹底検証!

【2017最新版】市販中の本当に痩せるダイエットサプリランキング!

2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキング

2017年最新糖質カットサプリ比較ランキング!もうカロリーに悩まない!

メンズエステ初回体験の料金ランキング!コース内容の詳細も紹介!

メンズエステで短期ダイエット!口コミ・価格・効果を徹底比較!


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料