今すぐ脂肪を燃焼させる!男性の皮下脂肪を落とすダイエット3選!

男性の皮下脂肪は落ちにくく、多くの男性がダイエットに失敗しており、悩みの種になっています。皮下脂肪は、内臓脂肪に比べ、燃焼しにくく、正しい対策が必須となります。今回は男性の皮下脂肪を落とすということに焦点を絞ったダイエット方法を3つご紹介します。


皮下脂肪はなかなか落ちない!

「昔は運動しないでも身体が引き締まっていた」

「昔は少し運動すれば体重は簡単に減った」

などと言う男性は多いです。若い頃は基礎代謝量も高く、引き締まっていた身体も、何もせずいつまでも続くわけではありません。特に皮下脂肪に関しては「皮下脂肪がつきにくく落としにくい」という特徴があるため、なかなかダイエットが成功せず、多くの男性の悩みになっています。

しかし、皮下脂肪は正しい対策を知り、実行することで、落とすことができます。ここでは、男性の皮下脂肪対策について、その原因の解説を踏まえて紹介していきます。

large

皮下脂肪を落として健康的な引き締まった体になりましょう。出典weheartit.com

男性の皮下脂肪の原因は?

では、さっそく皮下脂肪の原因について紹介していきます。

カロリーの摂取量と消費量のバランスが大事

脂肪はどうして溜まっていくのかというと、単純にカロリーの摂取量消費量を上回っていることが原因です。例えば30~40代の男性の1日摂取カロリーの目安は、デスクワークがメインの方で1800kcal、活発にスポーツなどをする方や営業マンで2500kcalです。

例えば、ラーメンのカロリーは大体500kcal、ご飯1杯で約400kcal(大盛りの場合)です。お昼にラーメン+ライスを食べると、軽度の運動で見る場合は昼食だけで1日必要量の半分近くを摂ってしまっています。

また年齢とともに基礎代謝が落ちてしまい、皮下脂肪が落ちにくくなってしまうため、消費カロリーのバランスが非常に重要になってきます。

基礎代謝

出典:www.l-carnitine.jp

皮下脂肪はつきにくいから安心!?

一般的に「男性は皮下脂肪がつきにくく落としにくい」と紹介しました。では、その他の脂肪についてはどうなのでしょうか?

脂肪には皮下脂肪ともう一つ内臓脂肪があります。

内臓脂肪は、内蔵の周りを囲うようにつく脂肪です。一般に男性の場合、内臓脂肪がつきやすいと考えられています。

例として、「ビール腹」などのように、お腹部分以外はあまり太ってないように見えるのにお腹周りだけたるんでいる状態になりやすいことがあります。

一方、女性はこの逆で、皮下脂肪がつきやすくなっています。これは「子供を産み育てるため身体を保護しながらエネルギーを蓄えるため」という、身体のシステムの違いなのです。

男性の場合、皮下脂肪は徐々に蓄積するため、比較的つきにくいと考えられています。しかし、一度ついてしまうとなかなか落とすのが難しいのも男性の皮下脂肪の特徴です。

まとめると以下のようになります。

<内臓脂肪>

男性につきやすい。内臓を囲むようにつく。つきやすいが、比較的落としやすい。

<皮下脂肪>

女性につきやすい。全身の皮膚の下につく。比較的落としにくい。

皮下脂肪

2つの脂肪の違いを知っておきましょう。出典weheartit.com

効率よく皮下脂肪を落とすためのポイントは!

ここまでで、皮下脂肪は短期間で落とすことは難しく、ある程度根気強く対策する必要があることがわかりました。

ではどうしたら皮下脂肪を落とすことが出来るのでしょうか。できるなら皮下脂肪を、最も効率よく、最短で、燃焼させたいものです。

結論として、単純に、摂取カロリーより消費カロリーを上回らせることが皮下脂肪を落とすことにつながります。消費カロリーのほうが大きければ、身体は溜め込んだ脂肪を燃焼します。

その際、考慮すべきは、基礎代謝です。基礎代謝は、筋肉を動かすことであげることができ、基礎代謝が高くなった体は脂肪を燃焼させやすくなります。

腹筋は効果が薄い?

皮下脂肪を減らすポイントとは!

ポイントをまとめると

□摂取するカロリーを減らす

基礎代謝をあげる、運動するなどして、消費カロリーを増やす

ということになります。

ちなみに「男性は内臓脂肪が増えやすい」のは、内臓脂肪のほうが即座にエネルギーに回しやすいからです。筋肉を増やし基礎代謝が上がってから皮下脂肪が燃焼出来る身体になりますので、「最初はなかなか効果を実感出来ない可能性」ももちろん覚悟しておきましょう。

この2つのポイントも含め、「男性の皮下脂肪を落とすためのダイエット方法」を以下で紹介していきます。

男性の皮下脂肪ダイエット①筋トレしてから有酸素運動

男性の皮下脂肪ダイエット、何よりも皮下脂肪を落とすために最も必要なのはウォーキングなどの「有酸素運動」です。そして更に効率よく皮下脂肪を落とすやり方としてまず最初に筋力トレーニング、「筋トレ」をしてから「有酸素運動」を行いましょう。

筋トレをはじめに行っておくのは、基礎代謝を上げるためです。簡単に言うと、「脂肪を燃焼しやすい身体を作っておく」ということです。

皮下脂肪に有効な筋トレのメニュー

・腹筋
・背筋
・スクワット

この脂肪がつきやすい3点を意識して鍛えましょう。特にお腹は脂肪が溜まりやすい場所なので、最初にしっかり脂肪を燃焼しやすい状態にしておくことが大切です。筋トレを行ったあとにウォーキングなど有酸素運動を取り入れることで、皮下脂肪が最も燃焼出来る状態になります。

皮下脂肪に有効な有酸素運動のメニュー

有酸素運動には水泳やジョギング、ウォーキングなどがあります。理想では有酸素運動は毎日行う方が脂肪燃焼を継続的におこなうためには効果的です。しかし有酸素運動は外での運動が多いため、不定期になりがちです。

そんな方におすすめなのが自宅でできる有酸素運動です。以下の動画を参考に自宅でできるだけ毎日行うようにしましょう。

皮下脂肪に有効なストレッチ

筋トレや有酸素運動が終わったら、せっかくの脂肪燃焼効果を継続するためにストレッチを行いましょう。

ストレッチをすることで身体の血行をより改善し、脂肪を燃焼しやすくすることができます。筋トレ、有酸素運動が終わったらストレッチを行いましょう。

男性の皮下脂肪ダイエット②カロリー摂取量を負担なく減らす

男性の皮下脂肪ダイエットではカロリー摂取量も考えなければいけません。

「カロリー摂取量を減らす」というと単純に「食べる量を減らす」と思いがちですが、必要な栄養素までカットしてしまってはいけません。身体に必要な栄養素、そして筋肉などを作るのに必要な栄養すら摂らない状態を続けてしまうと、逆に基礎代謝が落ちてダイエットが成功しにくい身体になってしまいます。

筋肉を作るために最も必要な栄養素は「タンパク質」で、これも出来るだけ良質なタンパク質を摂取したほうが効率が良いのは言うまでもありません。また仕事の付き合い上飲み会などもありますので、どうしてもトータルでカロリーオーバーしてしまうこともあります。

ダイエット方法

無理な食事制限は控えましょう

1日のトータルだけで判断するのではなく、3日程度のトータルで調節するようにしていきましょう。食べ過ぎ、飲みすぎた次の日は野菜や根菜類を多く低カロリーなものを選ぶだけで総合的なカロリー摂取量を減らすことが出来ます。これは胃腸の負担を和らげることにも繋がり、健康や基礎代謝のためにも良いことが多いのでぜひ試してみてください。

カロリー制限はあくまで負担のない範囲で、それよりは消費量を増やすことを考えたほうが健康的に継続して皮下脂肪を落としやすい身体を作れます。

男性の皮下脂肪ダイエット③時間・タイミングを意識する

「毎日筋トレもウォーキングも頑張っているのに全然痩せない!」という方もいらっしゃることでしょう。

食事も気をつけ、筋トレや有酸素運動も取り入れた生活をしているのにあまりに何の変化もないとやる気にも関わってきます。

実は、食事や運動には「痩せやすいタイミング」というものが存在します。そのタイミングをしっかり把握しているのとしていないのとでは、同じだけ努力しても全然結果が変わってしまいます。せっかく効率よく皮下脂肪を落とそうとしているのにタイミングが悪くて非効率になっているのは非常にもったいないです。運動・食事の適切なタイミングはしっかり把握しておきましょう。

皮下脂肪 ダイエット

タイミングが重要です

「運動をするのに適切な時間」というのはありませんが、ある程度の空腹時を狙って運動の時間を作るのが一番効率よく脂肪を燃焼し、ダイエットになります。脂肪はいざというときの栄養なので、空腹のタイミングを使えばより効率よく脂肪を燃焼させることが可能です。食べた直後の運動は胃腸にも良くない上に、身体もなかなか動きません。もちろん動く気力もないくらい空腹なタイミングを狙っても、運動に身が入らず効率が落ちてしまいます。

「ある程度の空腹なタイミング」これが運動するタイミングとしてはベストなので、生活サイクルを見直してちょうどよい時間に運動するようにし、効率よくダイエットを進めましょう。

「食べるタイミング」も大切

そしてこちらは有名ですが、「寝る3時間前からは食事をしない」というものです。寝る前ということは大きな運動も行わないことがほとんどですし、カロリーもさほど消費しません。そして、夜の22時から次の日の2時までは「BMAL1」という脂肪を溜め込むタンパク質が体内で最も多くなる時間なのです。

脂肪を溜め込む性質があるタンパク質が多いタイミングで食事を摂ったらどうなるのかは明白です。これらの理由により、食事は寝る3時間前に済ませておいたほうが良いのです。

ちなみにBMAL1が最も少なくなる時間は15時、ちょうどおやつの時間です。昼食から夕食までは時間もありますから、このタイミングで間食を摂るのはこういった意味でも正しいと考えられます。

脂肪燃焼サプリで皮下脂肪を劇的に落とす!

皮下脂肪を本気で落としたいという方には脂肪燃焼サプリがおすすめです。

脂肪燃焼サプリは脂肪燃焼細胞や脂肪燃焼酵素であるリパーゼを活性化する「オルニチン」「アルギニン」「ミネラル」が配合されており、筋トレや運動時の脂肪燃焼の効果を高めることができます。

この皮下脂肪を燃焼するサプリには大きく2種類に分かれています。

一つ目は筋肉をつけて脂肪燃焼をするサプリで、

二つ目は漢方や生薬で脂肪燃焼をスムーズにするサプリがあります。

筋トレなどをしながら筋肉をつけて脂肪燃焼をしたい方は一つ目を選び、運動はそこまでできないがポッコリお腹を通常の生活の中で解消したい方は二つ目を選びましょう。

一つ目の筋肉をつけながら脂肪燃焼をしたい方には「DCCサプリ」がおすすめです。DCCサプリにはクレアチンやBCAAなど筋肉の合成を促進する成分やオルニチンやミネラルなどの脂肪燃焼酵素リパーゼを活性化させる成分が配合されています。

DCCサプリのデメリットを正直にお伝えします!効果は?口コミは?では、筋トレダイエットサプリとして最近最も注目を集めるDCCサプリのデメリットを徹底検証していきます。ぜひチェックしておきましょう。

【DCCディープチェンジクレアチン】

何よりも"絶大な体感"を感じたい人に一番選ばれているビルドアップサプリメント。

トップビルダーも推奨しており、体感に満足いかない人には全額返金保障もある本気のサプリ。

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

二つ目の普段の生活の中で脂肪燃焼をしたい方は「生漢煎 防風通聖散」という漢方がおすすめです。生漢煎 防風通聖散には18種類の生薬が配合され、胃腸の働きを良くし、身体の内側から脂肪燃焼を促進します。

生漢煎防風通聖散の効果や副作用とは?成分や悪い口コミも完全分析!」では、生漢煎 防風通聖散の悪い口コミを徹底検証していきます。

防風通聖散

【生漢煎 防風通聖散】

脂肪燃焼に特化した18種類の漢方が腸内環境を改善し、脂肪の分解・燃焼・排出まで行ってくれます。

⇒防風通聖散公式サイトはこちら

 

皮下脂肪を落とすにはサプリが効果的?噂のサプリを徹底検証!では、皮下脂肪燃焼サプリの詳細を解説していきます。チェックしておきましょう。

メンズエステサロンで楽して脂肪燃焼!

継続的にダイエットをする自信のない方は専門家と相談し、効率よくダイエットするためにもサロンを使うことも手段の1つです。メンズエステサロンは今密かなブームとなっており、多くの男性芸能人やモデルがメンズエステサロンに通っています。そんなメンズエステサロンですが、脂肪を落としたい方に今一番選ばれているのがラ・パルレの脱メタボコースです。

ラ・パルレではダイエットエステとして「脱メタボコース」が用意されていて、効率よくダイエットを進めることが出来ます。

長年のメンズ痩身サポートの研究結果と実績から、体チェック、脂肪アタック、カロリーコントロールのトリプルステップでメタボリックボディを脱出する画期的なダイエットエステコースです

出典:www.parler.co.jp/mens/campaign/metabolic/

男性の皮下脂肪ダイエットはもちろん、メタボリックなど総合的な面からみてもらうことが出来ます。外側だけではなく、食事面などもサポートしてくれるため自己流のダイエットをするより圧倒的に効率のよいダイエットをすることが可能です。

まだラ・パルレに行かれたことがない方は初回キャンペーンが適用されるため通常70分で22680円のコースを92%OFFの2000円で受けることが可能です。こちらは期間限定中となっているのでまだ一度も行かれたことがない方はこちらのコースがオススメです。

エステだけではなく食生活のカウンセリングも行っていますので、カロリーコントロールも安心です。本気で身体を改善したい、皮下脂肪を無くしたい。全国展開もしており、予約は24時間メールで受け付けられています。初回コースのみということももちろん可能なので、まずは1度体験に行ってみることをおすすめします。

ラパルレ脱メタボコースの詳細はこちら

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

まとめ

なかなか落ちない皮下脂肪を落とすには、トレーニングやや食事のタイミングにも注意し、深夜の食事は出来るだけ控えるなど日頃からの注意が必要です。ぷにぷにのお腹を脱出し理想の身体を手に入れるためにも、ぜひ自分にあっていて継続できる「男性の皮下脂肪ダイエット」に励みましょう。