なんとなくのダイエットでは防げない!?中年太りの本当の原因と対策法

日頃から、食事を食べ過ぎないようにしたり、適度に運動するように心掛けていたのに、気が付いたら中年太り・・・。中年太りをしない人は、してしまう人と何が違うのか?中年太りをしない人の特徴から中年太り対策の術を学び、中年太りの予防・解消をしましょう!


中年太りをしない人は、する人と何が違うの?

昔の筋肉はいつの間にか贅肉に…という人も多いはず。

食生活は昔からあまり変化がないのに体重が増えたり、お腹がたるんできていませんか?

中年太りをする人しない人という境界線は、普段の食生活や運動習慣などに原因があります。

中年太りのメカニズムや対策を知って、中年太りしない人を目指しましょう。

⇒取返しがつかなく前に!メンズエステでダイエットするならこちら

中年太りの原因

基礎代謝量の低下

基礎代謝量の低下とは、要するに燃費性能の低下です。

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、眠っている間でも消費されています。人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギーです。

出典:www.e-uruoi.net/about/index3.htm

「代謝が良い」なんて言葉もありますが、これのことです。

ここでいう「エネルギー」とは、食事で摂った栄養のことです。

そして基礎代謝の量は、男性の場合10代をピークにして低下していきます。

つまり基礎代謝量が低下するということは、消費されるエネルギーが減るということです。

食べたエネルギーのうち消費されなかった分のエネルギーは、脂肪という形で身体に残ります。

「若い時と同じ食生活でも中年太り」というのはインプット(食事)に対してアウトプット(消費)の量が減ることによって起こるわけです。

血行不良でも基礎代謝量は低下する

年齢以外には血行不良、つまり血のめぐりが悪くても中年太りの原因になります。

血行が悪い状態ではどうしても
基礎代謝を上げることができないので、
痩せにくく太りやすい体になりがちです。

血行が良くないと、老廃物が溜まりやすくなり、
太りやすい体になってしまうのです。

出典:komura-shika.com/16_1.html

血行の不良も基礎代謝量に影響するので、中年太りの原因となります。

血行の流れは、寒さやストレスなどで悪くなります。

温かい飲み物を飲んだりすることで、血行を良くして基礎代謝量を増やすことで、中年太りしない人を目指しましょう。

 

ストレスで太る人、痩せる人

ストレスも体重変化の原因として大きな要素ですが、中年太りする人と、中年太りしない人がいます。

具体的には、「ヤケ食いやヤケ酒をする人」が中年太りする人です。

溜まったストレスの解消方法として、大食いやヤケ酒をしている人はその分食べる量や摂取カロリーも増えます。

ストレスの結果食べる量が増えれば、体重も増えるのは当然でしょう。

逆にストレスで食欲が減る人は体重が減る(あるいは変化がない)ので、中年太りしない人ということになります。

中年太りを早めに予防するなら

中年太りをしない人になるために①食事習慣の改善

効果的な食事内容の変化は、糖質・脂質の量を減らすことです。

脂肪として身体に残りにくい食べ物を制限することで、中年太りしない人を目指しましょう。

単純に食べる量を減らすだけではなく、糖質制限ダイエットのように、ある程度計画的に食事の量や内容を制限することが成功のコツです。

ご飯・パン・麺・イモ類などの炭水化物や糖質を避けて、おかずをメインで食べていくやり方ですね。肉・魚・豆腐・野菜・チーズ類など、たんぱく質と脂質が主成分の食品はしっかり摂取してOK。

ほかの食事制限ダイエットと違って、お腹いっぱい食べることができるのでストレスが少なく、楽しく続けられる方法なんです。

出典:xn--ecki4eoz7542cnmxd240azxr.net/

ダイエット中でもお腹いっぱい食べられるのが糖質制限ダイエットの魅力です。

また、低カロリーかつ高タンパクな食べ物を多く摂って運動をすることで筋肉質な身体になれば、代謝量も上がり、中年太りしない人になることができます。

具体的には、豆腐や納豆、鳥のササミなどを多く摂るようにしましょう。

 

中年太りをしない人になるために②適度に運動する

現代社会でスマートな身体を維持するには、意識的な運動が必要です。

都市部であればジョギングやマラソンの初心者講習会などはじめとして、様々な運動のイベントもたくさん開催されています。

地方の場合は車通勤などで歩く機会が少なく、全く運動をしない人も多いです。

都市部に住む人達以上に、意識的に運動をすることが求められます。

まずは「運動を全くしない人」から「エスカレーターを利用しない人」に変わる程度から始めてみましょう。

中年太りをしない人になるために③体温を上げて基礎代謝量を増やす

基礎代謝量を上げることで、必要なエネルギー量を増やし中年太りしない人になることができます。

一番手軽なのは、温かい飲み物を飲む習慣をつけることです。

特に白湯(沸騰させたお湯を飲める程度まで冷ましたもの)は簡単に用意できて、メリットもたくさんあるのでオススメです。

白湯を飲むことで、呼吸や心臓を動かす「基礎代謝」がアップします。体温が1度あがることで、基礎代謝はだいたい10%アップ。何もしなくてもカロリーを消費してくれるので、脂肪の燃焼しやすい痩せ体質になりますよ。

出典:nanapi.com/ja/116664

お湯なら会社の給湯室やポットなどから手に入れやすい人も多いはず。

また筋肉はよりエネルギーを必要とするので、トレーニングなどで筋肉量を増やすことでも基礎代謝量はアップできます。

食事改善や運動に時間をかけられない方は、メンズエステ

自炊をしない人や運動に時間や手間をかけたくない、という方はメンズエステを利用しましょう。

「エステなんてハードルが高い」と感じるかもしれませんが、自分の身体を大切にケアすることは、決して無駄になりません。

昔はごく一部の美容マニアやイケメンだけが利用するもので、エステ通いをしない人、興味がない人がほとんどでしたが、昨今のメンズエステはカジュアル化が進んでいます。

インターネットで検索すると自宅のすぐ近くに店舗があるかもしれないし、知り合いに見られたくないという方は少し遠方や定期の途中の駅などで一度体験してみてもいいでしょう。

⇒2000円からはじめられる大手メンズエステはこちら

初回はサービス価格の体験プランを用意しているお店もあります。

まずは一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

身体の能力は年齢と共に変化するものです。

いつもと変わらない生活をしていても中年太りをするようになったら、食生活や運動習慣が現在の身体に適していないサインと考えましょう。

中年太りをしない人は、普段から健康に気を配っていたり、初期の段階で気がついて手を打っています。

自分身の回りにいる体重が変化しない人も、見えないところで運動をしていたり、ご家庭で健康に気を配った食事をしているのかもしれません。

中年太りで大きく増えた体重を戻すことは大変ですが、早めに対策することでダイエットの苦しさも時間も減らすことができます。

まずは毎日体重計に乗るところからはじめましょう。

年齢や目的に応じたケアは、自分の身体を知ることからはじまります。

太ってからダイエットではなく、「中年太りをしない人」であり続けることを目指しましょう!


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料