あのビール腹が嘘のよう!アッという間に内臓脂肪を落とす3つの方法

ビール腹の原因である内臓脂肪、なかなか落ちずに困っている男性は多いはず。ビール腹の内臓脂肪を落とすためには腹筋のような激しい運動よりもじっくりとした方法が効果的です。今回はビール腹の原因である内臓脂肪をアッという間に落とす方法を3つご紹介します。


ビール腹の原因は溜まった内臓脂肪

「ビール腹」というと、どのような姿・状態を想像しますか?

想像するのは「ビールの飲み過ぎで太ったおじさんのふくよかすぎるお腹」ですよね。

でも実は、ビール腹というのは「ビールの飲み過ぎの結果」ではありません。

では何かというと、「ビール樽のような体型の人」のことを指す言葉なのです。

もうあまり見かけないかもしれませんが、本来ビールは大きな樽で保管するのが一般的でした。

ビール腹とは?

真ん中がぽっこりしています!

このように真ん中が大きく膨らんだ形のことで……つまり、お腹周りに脂肪がたくさんついている体型のことを指すのです。

決して「ビールの飲み過ぎが原因のお腹」のことではなく、普段ビールを飲まない人でも他人事ではありません。

お腹は元々脂肪がつきやすい場所ではありますが、外側だけではなく実は内側の脂肪も気をつけなければなりません。

ビール腹の場合はむしろこの内側の脂肪、「内臓脂肪」のほうが重大な問題なのです。

内臓脂肪はご存知の通り、皮下につく脂肪とは違い、内蔵につく脂肪のことです。

仮

見えないところで溜まってる

増えすぎるとメタボリックシンドロームの危険も高くなり、外見だけではなく健康的な面からも内臓脂肪を落としていく必要があるのですね。

しかし「一度ビール腹になると戻しにくい」、つまり内臓脂肪は落としにくいと感じる人は多いです。

それは一体、何故なのでしょうか。

 

内臓脂肪が落ちにくい気がするのはなぜ?

一度ビール腹になると戻しにくい、つまり内臓脂肪が落ちにくいと感じる原因のひとつとして「男は皮下脂肪より内臓脂肪のほうがつきやすい」という傾向があります。

内臓脂肪はどうして増えていくのかというと、答えは簡単「カロリー摂取量が消費量より多いから」ですよね。

また、内臓脂肪が増えていくのはやはり中年以降が多いです。

 

仮

どうしてなんだ?

若い頃と同じように食べていても、人間は年齢と共に基礎代謝も落ちていきます。

基礎代謝が落ちると、当然同じ量を食べていては消費カロリーより摂取カロリーのほうが多くなり、その余剰分は脂肪となって身体に蓄積されていくのです。

この脂肪の付き方にも男女で違いがあり、女性の場合は皮下脂肪として蓄えられやすい体質を持っているのでお腹以外の二の腕や太もも、お尻など全身の柔らかい部分にも脂肪がついていきます。

一方男性は内臓脂肪がつきやすく、また内臓脂肪の量が多くなると今度はお腹周りに多く脂肪がついていきます。

男はお腹周りに影響が出やすく、特に目立ちやすい結果になっているんですね。

男に「ビール腹」という言葉がよく使われるのは、この体質のせいなのです。

内臓脂肪の性質を把握して対応することが大切

基礎代謝の低下で脂肪が蓄積していくと言うと、「じゃあ年齢的なものが原因だから仕方がない」と思ってしまうかもしれません。

しかし実は、内臓脂肪は皮下脂肪よりよほど落とすのは簡単なんです。

内臓脂肪はつきやすいですが、同時に落としやすい性質も持っています。

どうやって落とすのかというと、もちろんダイエットの基本

・カロリー摂取量を減らす
・運動して脂肪を燃焼させる
・基礎代謝を上げる

これらが大切です。

元々落としやすい脂肪、年齢のせいにして諦めるなんてもったいないことはしたくないですよね。

しかし一人で食事制限などを考えるのは難しく、また誘惑に負けてしまうこともありえます。

こちらのダイエットサロンでは普段動かない内臓脂肪を動かして燃やしやすくしてくれるので試してみるとよいでしょう。

 

アッという間に内臓脂肪を落とす3つの方法

ダイエットの基本は先程お伝えした3点ですが、ここではもっと具体的に内臓脂肪を落とす方法についてお話していきます。

運動を行うことによって身体の基礎代謝も上がり、どんどん内臓脂肪・皮下脂肪を落としやすい身体を作ることが出来ます。

ぷにぷにお腹を脱出し、内臓脂肪を落とすためにもぜひ実践してみてくださいね!

 

ビール腹を引き締めるドローインのやり方

ドローイン」という言葉、聞いたことはありませんか?

これは「お腹をへこませる」という意味で、ビール腹など内臓脂肪を落とすために効果的だと言われています。

例えば久しぶりのスーツを着て「ちょっとお腹周りがきついな」と感じたとき、ぎゅっとお腹に力を入れてズボンを穿いたりしますよね。

「ぎゅっとお腹に力を入れてへこませる」、これがドローインです。

ドローインはこのように毎日の生活でもさり気なく行っている行動ですが、実は「意識的にお腹を引き締める」という行動は内臓脂肪の燃焼にとても効果的です。

ドローインは日頃使わないインナーマッスルを使い引き締めているので、この行動を意識的に行うことでビール腹を引き締めることも出来るのです。

意識的に行うやり方ですが、基本はとても簡単です。

1:足を肩幅に広げて立ち、背筋をしっかり伸ばします
2:胸を張り、お尻の穴を引き締めるように準備を整えます
3:お腹をぎゅっと引き締めて凹ませ、そのまま30秒続けます

アクションとしてはたったこれだけなんですね。

お腹をへこませて30秒間続けるときも、呼吸は意識的に行うようにしましょう。

こうすることによって酸素を取り込み、より脂肪を燃焼しやすい状態を作ることが出来ます。

やることとしては簡単なのですが、実際にやってみると想像以上に「30秒持続」が大変だと感じる方が多いです。

最初はそもそも30秒持たない場合もありますが少しずつ鍛え、出来れば毎日お風呂上がりなどに3セット継続出来るようになりましょう!

こちらの動画が視覚的に分かりやすく丁寧に説明されていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

内臓脂肪を燃やすのに効果的な有酸素運動のやり方

脂肪を燃焼させるためには、やはり有酸素運動が欠かせません。

有酸素運動は酸素を取り入れながら行う運動のことを言い、ウォーキングやジョギング、エアロバイクや水泳などのことを指します。

逆に筋トレなど瞬発的に息を止めて行う行動のことは「無酸素運動」と言い、効果も違うので運動する場合は注意してくださいね。

何故有酸素運動が効果的なのかと言うと、脂肪の燃焼には酸素が不可欠だからです。

「適度な運動で酸素を取り込みながら脂肪を燃焼する状態を作る」

これが最も効率良い内臓脂肪の落とし方なのですね。

有酸素運動の弱点として、「最低20分は時間をかけて運動しないと効果が出ない」と言われていたこともありました。

しかし日頃から運動不足の人はこの20分も続けるのがつらく、そこでハードルが高いものとしてしまっていることもあったのです。

しかし、「20分の運動」と「10分の運動を2回」では脂肪の燃焼に差がないことがすでに分かっています。

有酸素運動は特に無理をして運動しては意味がないので、20分継続が厳しい場合は細かく分けてチャレンジしてみましょう。

有酸素運動にとって一番大切なのは「継続」です。

有酸素運動

継続が大切!

毎日続けることによって基礎代謝も上がり、より脂肪を燃焼しやすい身体になっていきます。

毎日無理なく運動出来る時間を作り、効率よく内臓脂肪を減らしていきましょう!

 

やっぱり一番は食べ過ぎ注意!無理しない食事制限の方法

どれだけ運動をして内臓脂肪を落としていっても、やはりそれ以上に食べてしまっては何の意味もありません。

効率よく内臓脂肪を落とすためにも、やはり食事制限は必要になります。

しかしもちろん、身体に必要な栄養まで制限してしまっては意味がありません。

特に運動する場合、筋肉などを作るためには良質なタンパク質が欠かせません。

タンパク質は様々な食べ物に含まれていますが、内臓脂肪を落とす目的を考えると植物性のタンパク質を摂取するようにしましょう。

植物性タンパク質の代表といえば、大豆などの豆類です。

植物性タンパク質

植物性タンパク質が豊富!

他にも穀物、キノコ類、またナッツ類にもタンパク質は豊富に含まれています。

このような植物性タンパク質を多く含んだ食品、また食物繊維が豊富に含まれた野菜を多く食べるようにしましょう。

「食事制限」というと、どうしても過剰に食べるものを減らすことを想像しがちですが、3食はきちんと食べるようにしてください。

植物性タンパク質をはじめ、人は生きていくために栄養を摂取しなければいけません。

過度な食事制限は基礎代謝も落としてしまいますし、運動も身が入らず望んだ効果が期待できなくなります。

減らすなら間食や夜22時以降の夜食、そして油分や動物性脂肪の多く含まれた肉を減らしましょう。

こういった食事制限は、一人ではなかなか管理しきれません。

ラ・パルレ」などサロンで専門家と相談しながら進めるのが一番間違いもなく、無理なく進められますよ。

ビール腹が引っ込むまでどのくらいかかる?

「運動や食事制限を取り入れたけどなかなかビール腹が引っ込まない」

「本当に効果があるのか分からないまま続けるのはつらい」

運動や食事制限の効果がいつ実感出来るのか、という悩みはどんなダイエットにも付き物ですね。

腹筋じゃダメなの?!

いつになったら引き締まる?

どのくらいで効果が出るのか、いつになったら引き締まるのかは運動量、摂取カロリー量によってもちろん変わりますし、元々内臓脂肪を作らない体質だった人はやっぱり効果も早く実感出来ます。

今まで運動をまともにせず筋肉があまりついていない人と日頃から運動していた人では筋肉量も違いますし、筋肉量が多いということは基礎代謝があるということです。

筋肉がある・ないで運動の効果、内臓脂肪の燃焼量も変わってきます。

元々筋肉をあまりつけていない人は筋肉をしっかりつけるところから始めなければならず、この段階でゴール地点が大きく変わるのですね。

アルコールはダイエットの天敵

また日頃からお酒を飲む・飲まないというのも大きく影響します。

お酒を飲むと肝臓がアルコールの処理だけで精一杯になってしまいますので、脂肪を分解してくれません。

お酒を飲まなくなるだけで肝臓が脂肪を分解する余裕が生まれますので、これも確実に効果を実感出来るタイミングが変わる要素になります。

完全にお酒を飲まない生活は逆にストレスも溜めてしまうかもしれませんが、内臓脂肪がつきにくい身体を作るためには出来るだけ違う楽しみを見つけ、アルコールを控えましょう!

 

2,000円でビール腹撃退体験ができます

ビール腹、つまり内臓脂肪を落とすには運動と食事制限が欠かせません。

どちらもポイントがあり、ただ何も考えずに運動を繰り返す・食べるものを少なくするという単純なやり方ではむしろ逆効果になってしまうことさえあります。

ましてや仕事上の付き合いや飲み会などもなかなか避けられませんので、一人で頑張ろうとするよりもここはサロンを利用してみるのもありではないでしょうか。

メンズエステティックサロン「ラ・パルレ」では、初回限定・60分2000円で「脱メタボコース」を体験することが出来ます。

 

メンズエステティックサロン

メンズエステティックサロン

一人一人の体質、状況に合わせるためのカウンセリング、それに合わせたエステコースはもちろん、食事制限もプロの適切な指導を受けることが可能です。

内臓脂肪を落とすためにはもちろん、肌や体質に合った指導を受けて総合的な悩みを解消するために、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

ラ・パルレ」の詳しい説明については、こちらのリンク先をご確認くださいね。

2,000円で試せる男のダイエットサロン

適切な運動と食事制限で、ビール腹は必ず解消出来ます。

見た目のためにも健康のためにも内臓脂肪を落とし、引き締まったお腹を手に入れましょう!

 


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料