下っ腹を筋トレでスッキリ!下っ腹を効果的に鍛える3つの方法

下っ腹を引き締めたいのにいくら腹筋してもダメ、とお悩みではありませんか?下っ腹を引っ込めるために鍛えるべき筋肉は腹筋では鍛えられないんです。そこで今回、下っ腹を引き締めるための筋肉を効果的に鍛える3つの方法をご紹介します。下腹スッキリを目指しましょう!


下っ腹は普通の腹筋じゃ鍛えられない

large

普通に腹筋してちゃダメ

男性にとって,筋肉が綺麗に割れて引き締まった体をしている人は憧れでもあります。

反対に、下腹部が出ているいわゆるポッコリお腹は見た目からしても良くはないですよね。

男性のお腹が出ている状態は内臓脂肪型,いわゆるリンゴ型体型といいます。

多くの男性が、リンゴ型体型を改善しようと、1度は筋トレを試みます。

しかし、内臓脂肪が蓄積されて出来た下っ腹は腹筋では届かない位置にあるので効果がないのです。

では,どうすれば下っ腹をへこませる事が出来るのでしょうか。

下っ腹を引き締めるには何筋を筋トレするの?

実は同じ筋肉だけど…

実は同じ筋肉だけど…

筋肉は腹直筋筋斜筋内腹斜筋外腹斜筋)・腹横筋から出来ています。

これらが鍛えられることでシックスパックと呼ばれる6つに割れた筋肉が出来上がります。

下っ腹をへこませるためには腹直筋の下部をトレーニングしていく必要があります。

下っ腹を鍛える方法はさまざまなものがありますから,自分に合ったものを探してみて下さい。

その日の気分や体調も人それぞれ違うので,出来ると思った時に鍛えるようにして下さいね。

慣れないうちは体がついていけない事もあるので,決して無理だけはしないでください。

下っ腹を効果的に鍛える方法①

下腹部・太ももスッキリ

下っ腹を鍛えるのに最適な運動のひとつをご紹介します。

椅子に座って行えるので,自宅でも会社の休憩時間でも大丈夫です。

まず①浅く椅子に座り,②ヘリ部分を手で持ってバランスを上手く取り両ヒザを直角に曲げていきます

曲げた足をまっすぐ伸ばして3秒間そのまま停止させます。

2番目と3番目の動きを計10回で1セットとして行っていきます。

会社でする場合は,椅子に腰掛けた状態足を伸ばし上下に振るという方法を取り入れてみて下さい。

下っ腹を効果的に鍛える方法②

全身運動で心もスッキリ

2つ目の方法は,下っ腹を鍛えるだけでなく全身の運動にもなります。

最初は四つ這いになり,膝を床につけて両肘を使って自分の体を支えます。

両腕は動かさず,爪先を立てて一直線になった状態で30秒間保たせます。

これを23セットとして行っていきます。

注意点としては腰が上がり過ぎないように,上体をそらした形で腰が落ちないようにする事です。

また、まっすぐ前を向いて頭を下げないようにして行っていく事が大切です。

下っ腹を効果的に鍛える方法③

下っ腹を鍛える3つ目の方法はレッグレイズです。

最初に腰を痛めないように厚手のタオルヨガマットなどを敷きます。

床に仰向けになったら,ソファなど頭の上部分で掴めるもので上体を固定させておきます。

掴めるものが無かったら,両腕を体の横へ伸ばし掌を床部分に向ける形で固定して下さい。

始める時の位置として,床から踵が離れる形で両足を浮かせます。

息をゆっくりと吐きながら両足が垂直になる寸前まで上げていきます。

上げた時点で1秒間から2秒間止めておくようにするとより効果が高まります。

息をゆっくりと吸いながら最初の位置まで両方の足を戻していきます。

この時床につかないように注意して,8回から15回程度を3セット繰り返していきます。

いずれの動きも無理をしない程度に自分のペースで行っていって下さい。

セットを終えた後に必要なインターバルと呼ばれる小休憩も忘れないようにして下さいね。

下っ腹を効果的に鍛える器具

下っ腹を鍛えるための器具には,TVCMやショッピング番組でも紹介されているワンダーコアがあります。

楽天市場でも,シットアップベンチ腹筋ローラーなどさまざまなものを見ることが出来ます。

サイトでは人気ランキングとしても閲覧できるので,色々と比較検討してみるといいでしょう。

効果の高さが期待できるものばかりですが,下っ腹を鍛える方法は人それぞれです。

器具を使わずに下っ腹を鍛えることも出来ますし,器具を利用して鍛えることも可能です。

価格も手頃なものから少し高めのものまでたくさんあるので迷ってしまうかもしれません。

初心者の方は急に無理な運動をすると体を痛めてしまう場合があります。

ですので,自分の体が悲鳴を上げないように軽い負荷で始めるようにしていって下さい。

ある程度慣れた人であれば,負荷を少しずつかけていくということも可能です。

自分に一番適したものをじっくりと探してから下っ腹を鍛えるようにしましょう。

そうすれば,自分の体が変化していく様子が実感できるはずです。

自分だけじゃ心配…それならサロンを使おう!

661945_00008

メンズサロン「ラ・パルレ」

下っ腹を鍛える方法には実に色んなものがあります。

ですが、なぜ自分がポッコリお腹になってしまったのかを思い返すことが大切です。

日本人の食事は和食中心でしたが,欧米化してからは肉食中心となってしまいました。

全国には美味しい食べ物や飲み物が溢れていますから,ついつい手を出したくなってしまいます。

お酒好きな方であれば,飲み会付き合いなどでたくさん飲む機会もある事でしょう。

下っ腹が出てしまう原因はそういった飲み過ぎ食べ過ぎによるものが大半です。

ですから,いざ出てしまった下っ腹をへこませようと思ってもそう簡単にはいきません。

どうしてこんな体型になるまで放っておいたのかと後悔してしまうことにもなります。

長年不摂生を続けてきた結果が,下腹部の出っ張りとして現れたとも言えるのです。

何とかして鍛える方法はないものだろうかと探し始める事になります。

インターネットで検索してみると,体を鍛えるための方法がたくさん出てきます。

ただ、自分の力で鍛えることが継続できるかどうかは自分の心掛け次第なのです。

自分だけで一日でも長くやっていけるかどうか自信が持てないという方もいるかもしれませんね。

そこでおススメしたいのが,男性が通えるダイエットサロンのラ・パルレなのです。

ラ・パルレでは何と2,000円でダイエットプログラムを試す事が出来るようになっています。

2,000円で体を変える事が出来るなんてこんなにも喜ばしいことはないです。

ダイエットサロンに行くと,体を引き締めたいという同じ思いの方がたくさんいます。

さまざまなコースメニューがあるので無理なく続けられます。

もちろん、これまでの食生活を見直していくことも重要です。

お酒を控える,野菜中心の食事を摂る、休肝日を作るなど方法はたくさんあります。

また,誰もが知っている器具を使った鍛え方や自宅やジムで鍛えるという方法もあります。

メタボのお腹のままでは,健康診断で引っ掛かったままになってしまう恐れもあります。

リンゴ型のお腹よりも,引き締まった体のほうが自分にも自信が付きますよね。

体型が変わっていけば,家族や恋人から受ける視線も変わっていくのではないでしょうか。

ダイエットしたいという強い気持ちがあれば,長く通えるようになっていくはずです。

また、自分で痩せるための努力をしていけない人も中にはいるでしょう。

あるいは鍛える気持ちがあるのにリバウンドを何度も繰り返してしてしまう人もいるかもしれません。

そういった方に最適なメニューが揃っているのがメンズエステサロンラ・パルレなのです。

理想の体型を目指すためにも,こちらからぜひ一度アクセスしてみて下さい。

格安の2,000円で試せるダイエットサロン


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料