下っ腹が出る原因は病気!?下腹部につく脂肪の原因・対策を5つ紹介!

最近、下っ腹が気になる…

女性のお腹

いつの間にか出てきてしまった下っ腹に悩まされているあなたまた年齢とともに下っ腹が出てきてしまって、何とかダイエットをしようとするも挫折してしまったあなた。

仕事が忙しく、気になりながらも何もしないで過ごしていると、ますます下っ腹がぽっこりと目立ってきます。

下っ腹が出るのは、見た目的にもあまりいいものではなく、何とかしたいと思っている男性は大勢いらっしゃいます。

下っ腹がぽっこり出てくるのには必ず原因があり、これを解消するには、まずその原因を知る必要があります。

命にかかわるような病気が原因の場合もありますので、考えられる原因を探ってみましょう。

下っ腹がでる原因は4つ

では、考えられる下っ腹が出る原因を紹介していきます。

原因①内臓脂肪

あなたの下っ腹はつまめますか。

蓄積される脂肪は2種類あり、皮下脂肪内臓脂肪があります。

基本的に、つまめる場合は皮下脂肪で、つまめない場合は、内臓脂肪と考えるとわかりやすいです。皮下脂肪は女性につきやすい一方で、内臓脂肪は男性につきやすいと言われています。男性の下っ腹ぽっこりの原因の大半は内臓脂肪と考えられます。

この内臓脂肪は心筋梗塞脳梗塞といった生活習慣病を引き起こす原因のひとつでもあり、放っておくと命にかかわる場合もあります。

しかし、内蔵脂肪はすぐに蓄積され下っ腹ぽっこり状態になりますが、女性につきやすい皮下脂肪と違って比較的減らしやすいとう特徴があります。食生活を改善したり、簡単な運動を毎日続けたりすることにより、効果的におなか周りを引き締め、すっきりさせることができます。

内臓脂肪 皮下脂肪

原因②胃下垂

やせ型であるにもかかわらず、下っ腹がぽっこり出ている人は、胃下垂が原因だと言われます。

胃下垂になる大きな原因は、以下の3つです。

・暴飲暴食
・疲労・ストレス
・腹筋の低下

やせ型体質の人に多く、「食べても太らない」という羨ましいイメージがありますが、胃もたれ、胃痛、食欲不振など、胃の不調がたびたび起こり、食事をすると特に下っ腹がぽっこりと目立ちますので、見た目があまり良くありません。

胃下垂は食事量の割に太りにくいという特徴もあります。

原因③便秘

便秘は便が排出されず、腸内に便が溜まっている状態です。そのことが原因で下っ腹が張ってしまいます。

「お腹が痛い」、「お腹が張る」、「便が何日も出ない」といった症状のある方は便秘と言えるでしょう。一般的に、排便が週に3回以下が便秘の目安となります。

便秘になる原因は、以下のような要因が挙げられます。

・水分不足
・ストレス
・腸の動きの低下

また、大腸がんの症状の1つにも便秘があります。

下っ腹が張っているのが明らかで、そのほかにも倦怠感が強くなり、「何かおかしい!」と、かなり強い自覚症状が出てきたときは、医療機関の受診をお勧めします。

また、便秘に効果的な漢方もありますので、漢方で便秘を解消することもおすすめです。

原因④脳腫瘍の症状

下っ腹がぽっこりと出てくる原因に脳腫瘍を疑う人は、まずいないでしょう。しかし、手足は細くなっていくのに、下っ腹だけがぽっこりでてくる症状に「クッシング症候群」という、脳の下の方にある脳下垂体に腫瘍ができ、脳から体への指令がうまくいかないことによって起こる病気があります。

人間の脳は、体のいろいろな部分に指令を出しています。脳に腫瘍ができると、いろいろな部分に症状が出ます。脳腫瘍の代表的な症状は、頭痛・吐き気・嘔吐ですが、ごくまれに、こういった症状で脳腫瘍が発見されることもあるのです。

こうした症状から思わぬ病気が発見されるケースがあることを知っているだけでも、原因解明の糸口になります。

脂肪が蓄積するメカニズムとは?

脂肪の蓄積するメカニズムは非常にシンプルで、摂取カロリー(食事)が消費カロリー(代謝・運動など)を上回った時に蓄積します。

つまり、脂肪を落とすには、以下を取り組めば良いのです

・摂取カロリーを減らす
・消費カロリーを増やす

下っ腹の脂肪を落とす方法とは?

では、下っ腹の脂肪を落とす方法を紹介していきます。まずは、内臓脂肪が下っ腹の出る原因だった際の対策方法です。

すぐについてしまう内臓脂肪ですが、比較的落としやすいのもその特徴です内臓脂肪を落とすと決めたら、集中して対策しましょう。

摂取カロリー対策

野菜

まずは、食事内容の改善を考えましょう。

1日の総摂取カロリーを意識しましょう。1食ごとに意識するのよりも、1日単位で意識するほうがストレスが少なく、長く続けられます。

糖質は適度に、脂質控えめに、夜に食事会があるのなら、朝食・昼食は控えめ、もしくは次の日の食事を控えめにするなどの工夫をしてみましょう。血糖値が急激に上昇すると、脂肪蓄積に繋がるので、食べる順番を、温かい汁物→副菜→主菜→主食に変えるだけでも血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

また、内臓を冷やすと代謝が下がる可能性があるのでなるべく温かいものを食べ、冷たい飲み物は控えるよう心掛けましょう。食事内容が改善されれば、下っ腹が目に見えて引っ込んでくるのを実感できるはずです。

注意すべきは、食事の削減によって、体作りに必要な栄養素を摂取できなくなってしまうことです。必要な栄養素が不足すると、基礎代謝が落ち、脂肪を落としにくい体になってしまうので、無理な食事制限はやめましょう。

糖質を抑える食事方法

同じ食事内容でも食べ方を変えるだけで糖質を抑えることが可能です。

そのコツとしては血糖値を抑える食事をすることです。

血糖値が上がると体が脂肪酸を体に取り込んでしまうため、食事をする際には血糖値を抑える必要があります。

血糖値を抑える食事方法として最も有名なのが、GI値の低い食べ物から食べていく方法です。

GI値とは、「その食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計ったもの」です。

GI値はブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。 このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インスリンの分泌も抑えられます。

血糖値があがるとインシュリンが分泌されてしまうのですが、インシュリンは脂肪を作り脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるため、脂肪を蓄えてしまう原因になるのです。

普段の摂取カロリーが多い方は、なるべくGI値の低い食べ物から食べていくようにしましょう。

低GI

また食べる順番を低GI値のものから食べていくのと同時に糖質カット系サプリを摂取することで、より体に脂肪がつくことを抑えることが可能です。

おすすめダイエットサプリ:メタバリア

メタバリアS-min

FUJIFILMが新開発したメタバリアSは脂肪の吸収を抑えることができるサラシアという成分を独自の特許技術で凝縮し、食事前に飲むことで無駄な糖質の吸収を抑えることができるようになっています。

腸内の善玉菌も増やす効果があるため健康的にダイエットをすることができるようになっています。

メタバリアSの口コミ・効果まとめ!副作用はあるのか徹底検証!」では、メタバリアSの口コミや成分から、その効果を徹底検証していきます。

⇒公式サイトはこちら

下っ腹の脂肪を落とす運動方法5選

腹筋

消費カロリーを増やしていくためには、運動と基礎代謝が重要です。

運動が苦手な人、忙しくてなかなか時間の取れない人もいるでしょう。

特別な運動をしなくても、以下のような気を使うだけでも効果はあります。

・エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う
・少しの距離なら車を使わずに、自転車や徒歩で移動する

また、運動を習慣づけることで基礎代謝の向上につながり、同じ運動をしても消費カロリーが多くなり痩せやすい体になるので、食事改善と並行して行うようにしましょう。

内臓脂肪は、ストレスを感じた際に分泌される副腎皮質ホルモンによって蓄積されます。男性は、このホルモンの感受性が高いため、女性に比べて内臓脂肪がつきやすい体質であると考えられています。

以下に、具体的な消費カロリー対策を3つご紹介します。

①スクワット

スクワット

スクワットでは、主にお尻や太ももといった下半身の筋肉が鍛えられます。人間の筋肉の70%が下半身にあると言われています。

筋肉量が多いと、基礎代謝が上がるので痩せやすく、太りにくい体を目指せます。

正しいスクワットの方法

1.足を肩幅程度にひらきます。
2.太ももが地面と平行になるまでしゃがみます。
3.これを10回3セット繰り返します。

このとき、背筋はまっすぐにし、丸くならないように気をつけましょう。

慣れてきたら、水の入ったペットボトルなどを持って、負荷を強くしましょう。

②腕立て伏せ(プッシュアップ)

腕立て伏せ

腕立て伏せでは、1度の動作で胸や肩、腕の筋肉を同時に鍛えることができるので効率的な筋トレといえます。

正しい腕立て伏せの方法

1.手幅は肩幅の1.5倍ほどとり、背筋をまっすぐ伸ばします。
2.そのままアゴが地面につくくらいゆっくりと下ろし、持ち上げます。
3.これを10回3セット繰り返します。
もし10回できない場合は、膝をついたまま行いましょう。

③レッグレイズ

レッグレイズ

腹筋を鍛える筋トレの中でも、レッグレイズは特に下っ腹に刺激を与えることができるトレーニングです。

正しいレッグレイズの方法

1.仰向けで寝ます。
2.息を吐きながらゆっくりと足を上げていきます。この時、お腹をへこませるとより効果的です。
3.真上まで足が上げたら、息を吸いながら足を降ろしていきます。
4.足が床につく直前で再び足を上げていきます。
5.これを10~20回3セット繰り返します。

④ニートゥーチェスト

ニートゥーチェスト

こちらも腹筋を鍛えるトレーニングです。特に腹深部を鍛えることができます。

正しいレッグレイズの方法

1.床に座ります。手はまっすぐか胸の前でクロスにしておきます。
2.息を吐きながらゆっくりと膝を胸の方に引きつけます。この時、お腹をへこませるとより効果的です。
3.足を引きつけたら再び足をまっすぐに戻していきます。
4.これを10~20回3セット繰り返します。

⑤有酸素運動

ランニング男

ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動は、血行改善や脂肪燃焼に効果があるとされています。

有酸素運動のポイント

・20分以上の運動を行う(途中で休憩してもかまいません)
・ゆっくりと呼吸ができる程度の負荷で行う

筋トレと有酸素運動の両方をやる場合の順番は、まず筋トレをしてから有酸素運動をすることがおすすめです。

【▽加圧シャツも下っ腹対策におすすめ▽】

美容の専門家からワンポイントアドバイス!

監修者:小峰侑さん 管理栄養士の資格を持ち、大手エステサロンで技術の研鑽を積む。現在はメンズダイエット&リラクゼーションサロンのgemmeのエステサロンオーナーを務める。

皮下脂肪は長年脂肪が蓄積していった結果ついてしまった脂肪のため、取り除くにも時間が必要で、食事のコントロールや運動を継続的にする必要があります。

まず食事に関しては中性脂肪コレステロールなどの脂質を抑えることが重要です。

脂質は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二つに大きく分けられますが、お肉や牛乳、ココナッツ油、ラードなどの動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」を摂取しすぎると脂肪蓄積の原因だけでなく、糖尿病などの生活習慣病の原因にもなります。

逆に鯖やアマニ油に含まれる不飽和脂肪(DHA,EPAなど)は血液をさらさらにし、血中の中性脂肪を減らすことに役立ちます。

現代人はコンビニ食や肉食、ファーストフードなどの「飽和脂肪酸」を摂取することが多いため、肥満になりやすくなっているのです。

下っ腹で悩んでいる方は「飽和脂肪酸」の摂取量を抑えながら、鯖やアマニ油、オリーブオイルなど「不飽和脂肪酸」を摂取するようにすることが推奨されます。

運動に関しては長期的に脂肪燃焼をしていく必要があるので、”筋肉をつけ基礎代謝を上げることが重要”です。

年齢とともに基礎代謝は確実に低下していくので、皮下脂肪も年々落ちづらい身体になっていきます。

そのため、皮下脂肪を落とすためには運動時だけでなく、日中も脂肪燃焼できる状態をつくらないと、なかなか落とすことができないので、筋肉量の多い下半身などを鍛え、基礎代謝をあげていく必要があります。

下っ腹などの皮下脂肪は落とすのに時間がかかるものということを理解し、ぜひ食事のコントロールや運動に励んでください!

下っ腹が出ているかを確認する方法は?

女性のお腹

下っ腹がぽっこりとなる考えられる原因を挙げましたが、どのように確認すればいいでしょうか。

ポイントとなるのが、以下のふたつです

・ウエストのサイズ、手でつまめるかどうか
・食事後どの部分が膨らむか

ウエストのサイズ、手でつまめるかどうか

男性の場合、ウエストのサイズが85cmを超えると、内臓脂肪過多の危険信号です。手でぎゅっと分厚い脂肪がつまめる場合は、皮下脂肪ですが、つまめない場合は内臓脂肪です。内臓脂肪は、内臓の周りにつく脂肪なので、外からはつまめないのです。

正確に測定したい場合は、医療機関での体組成分析機を使用した検査を受けるのが理想ですが、最近では、体組成計機能のついた体重計が市販で出回っていますので、BMI(肥満レベル)や、体脂肪率、内臓脂肪レベルが、簡単に測定できます。

内臓脂肪レベルは以下の判定基準が設けられています。

内臓脂肪のレベル数値

・9以下 → 標準

バランスの良い食事や運動習慣などをこれまでどおり継続して行う必要性があります。

・10~14 → やや過剰

普段の生活に適度な運動習慣を取り入れたうえでカロリー制限を行い、標準ラインまで体重を落とすように努力します。

・15以上 → 過剰

運動、食事制限など具体的で明確な取り組みが必要です。医療機関の受診を推奨。

※特にレベル数値が15以上のケースでは医師のカウンセリングを受けて、しっかりとした指導のもとで食事制限と運動のカリキュラムをこなすことをお勧めです。
出典:酵素ダイエット専科.com/naizousibou/check.html

男性の平均内臓脂肪レベルを年代別に徹底検証!ぽっこりお腹を撃退!」では、内臓脂肪レベルについて詳しく紹介しています。

食事後どの部分が膨らむか

やせ型で全体的に細めだけど、下っ腹だけがぽっこり出ている場合は、胃下垂が原因である可能性が大きいです。食事後、どの部分が膨らむかによって判断できます。

胃の位置が正常ならば、食事後みぞおちの辺りが膨らむのですが、胃下垂の場合は、下っ腹が膨らみます。ちょうどおへその辺りから下です。その他に、胃痛・胃もたれ・食欲不振など、胃の不快感がともないます。

下っ腹ぽっこりに加えて、強い倦怠感・便秘など明らかに違和感を感じる症状がある場合は、大腸がんの可能性があります。また、下っ腹は膨れるのに逆に手足は細くなる、うつ状態などの精神的な症状が出る場合は、クッシング症候群の可能性がありますので、速やかに医療機関で受診しましょう。

内臓脂肪過多や胃下垂の場合は、適度な運動や食事制限などで解消することができます。

下っ腹を落としたい方におすすめのサプリ

なかなか下っ腹の脂肪が落とせない方に、おすすめしたいのが、サプリを利用することです。

今回は、注目を集めている脂肪燃焼のサポートをするサプリを紹介します。

おすすめダイエットサプリ:シボヘール

シボヘール

価格:980円
内容量:1袋/30日分

<特徴>

シボヘールの主成分は、機能性表示食品の「葛の花イソフラボン」です。葛の花イソフラボンは、以下の効果のサポートが期待できる成分です。

・脂肪合成の抑制
・脂肪の分解サポート
・脂肪の燃焼促進

詳細はこちら⇒「シボヘールは効果ない?葛の花イソフラボンの効果・口コミを徹底検証

⇒公式サイトはこちら

▽ダイエットサプリランキングはこちら▽

下っ腹を引き締めたい方はダイエットサロンへ!

エステサロン

内臓脂肪や胃下垂が原因の下っ腹の引き締めには、食事内容や食事方法の改善、適度な運動が不可欠です。原因が理解できても、実行になかなか移せないという方もいるでしょう。

そこでエステダイエットサロンを利用するという方法をおすすめします。

エステサロンでは、下っ腹のような部分痩せを狙ったダイエットをしたい方におすすめです。下っ腹の脂肪をほぐしたり、刺激を与えることでダイエット効果を得ることができます。

プロのエステティシャンに相談することで、あなたに合ったダイエットのアドバイスをもらうこともできます。

おすすめエステサロン

ダンディハウス・ミス_パリ-min

初回価格:5,000円

おすすめのエステサロンは、男性なら「ダンディハウス」、女性なら「ミス・パリ」です。

このふたつのエステサロンは、同じグループ会社が展開しており、日本最大級のエステサロングループです。30年にわたる歴史と実績があり、安心してダイエットに取り組めます。

今なら初回限定価格5,000円でお試しできるので、気になる方はこの機会にお試しすることをおすすめします。

勧誘などはないので、もし体験して納得できなかった場合は体験だけでももちろん大丈夫なので安心です。

詳細はこちら⇛「【効果検証】ダンディハウスでダイエット!トリプルバーンZの口コミは?

⇒ダンディハウス公式サイトはこちら

⇒ミス・パリ公式サイトはこちら

▽メンズエステランキングはこちら▽

まとめ

今回、下っ腹が大きくなってしまう原因から解消方法までご紹介しました。

紹介した、「摂取カロリー対策」と「消費カロリー」を生活に取り入れ、下っ腹の脂肪を解消しましょう。

また、ダイエットのサポートとして、サプリやメンズエステなどでダイエット効果を高めましょう。

コラム:そもそも基礎代謝って?

基礎代謝とは、簡単にいえば「何もしていなくても生命維持のため消費されるエネルギー」です。

主なものに、呼吸や内臓の運動、体温調節などがあります。

エネルギーを消費する代謝では、基礎代謝生活活動代謝(運動など)・食事誘導性耐熱産生(食事した後、消化吸収過程で熱になって消費されるもの)の3つがあり、それぞれの割合は以下のとおりです。

・基礎代謝:70%
・生活活動代謝:20%
・食事誘導性耐熱産生:10%

この3つの代謝、特に基礎代謝を高め、摂取カロリーを消費することで、効率よく脂肪を落とすことができます。

基礎代謝
出典:www.l-carnitine.jp

おすすめ関連記事>

内臓脂肪を減らす市販サプリ5選!おすすめランキング!【厳選】

内臓脂肪が落ちないのは何故?正しい内臓脂肪の5つの落とし方とは?

市販の本当に痩せるダイエットサプリランキング【2018最新版】

メンズエステで短期ダイエット!口コミ・価格・効果を徹底比較!

有酸素運動をする人におすすめな脂肪燃焼系サプリ3選!効果的な飲み方

『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。