下っ腹の違和感は男でも病気?!違和感の原因は〇〇だった?!

下っ腹がなんだか痛む、この違和感は病気かもと心配な思いを抱えていませんか?違和感を放置していると取り返しがつかなくなるケースも。そこで、男で下っ腹の違和感を感じる場合に考えられる原因とその見分け方をご紹介します。今すぐ確認して手を打ちましょう。


下っ腹の痛み・違和感は病気のサイン?

79-0

この違和感はいったい?

下腹部には大腸や膀胱、前立腺、精巣、などの臓器がありますが、

基本的にはこれらの臓器が何らかの疾患を起こしている可能性が高いです

出典:zyouhouya107.com

普段生活をしていて、あれ?下っ腹が何か違和感がある。そう感じる方もいることでしょう。

一般的に下っ腹の違和感と言えば、男性よりも女性のほうが感じやすいもの。

女性の場合、下っ腹には子宮や卵巣など、女性特有の臓器があるから違和感も感じやすいのです。

しかし、男性だって下っ腹の違和感を感じることはあります。

その下っ腹の違和感を感じる回数が少ない分、実際に下っ腹の違和感を感じたときの男性の不安というのは大きくなってしまうものです。

なぜ、男性でも下っ腹の違和感を感じてしまうことがあるのでしょうか。

下っ腹の違和感は、ストレスであることも考えられますが、もしかしたらその下っ腹の違和感。

あなたの身体から出る、病気の静かなサインなのかもしれません。

ただのちょっとした腹痛。

そんな風に思わず、下っ腹の違和感を感じたら、自分の体調をもう一度見直すようにしてみましょう。

今回は、気になる下っ腹の違和感についてご紹介していきます。

実は怖い病気の可能性も

下腹部が痛む病気のうちで、男性に特有の病気というのが、前立腺炎や前立腺ガンです。 前立腺は、男性生殖器の1つで、膀胱の出口にあります。 生成した精子に栄養を与える「前立腺液」を分泌していますが、 前立腺の中には尿道が通っている構造になってます。

出典:kenkou.luck-no1.com/16-hafukubu.html

主に女性の問題と考えられがちな下っ腹の違和感。

しかし、男性にも下っ腹には大事な臓器が多く存在しているのです。

そんな下っ腹の違和感は病気の可能性が秘められています。

では、男性で下っ腹に違和感があるとき、それはどんな病気の可能性があるのでしょうか。

1番可能性が高いのが前立腺です。

これは、男性特有の臓器。

下っ腹に違和感があるときは、この前立腺に不調がある可能性があるのです。

前立腺は、男性にとって欠かせない大切な臓器。

下っ腹に違和感があるときは、この前立腺が影響していないか、しっかり病院で受診するようにしましょう。

病気の種類は?

「前立腺」の主な働は、前立腺液の分泌です。精嚢から分泌された精嚢液を、精巣で作られた精子と混合し精液を作るのです。射精のときの収縮とか、尿の排泄なども前立腺の役目です。

出典:byouki-kensaku.blog.so-net.ne.jp/2014-04-08

では、そんな下っ腹の違和感ですが、どんな病気の可能性があるのでしょうか。

前立腺は、もちろん1番最初に疑われる病気ではあります。

しかし、下っ腹と言えば有名な病気があります。

それが盲腸です。

盲腸も下っ腹の違和感として感じれられます。

身近な病名が出てきて、ホッとしたなんていう方もいるかもしれませんが、盲腸と言ってもちゃんとした病気。

手術が必要になるものですから、油断は禁物です。

他には膀胱系の病気や、尿路結石などが考えうる病気となっています。

下っ腹の違和感で考えられる病気と見分け方

男性が気になる下っ腹の違和感。

その中でも、1番危ぶまれる病気をご紹介していきましょう。

前立腺炎

実はこの前立腺炎

男性のおよそ半分は、罹患する病気と言われているということをご存知でしたでしょうか。

今まで、他人事のように思っていた方も、男性の半分と言われると急に不安になってきた方もいることでしょう。

ですが、急性前立腺炎の場合は下っ腹の違和感に気づいてすぐ病院へ行けば、早く完治することができる病気です。

これくらい大丈夫、なんて過信せずに早めに病院へ行くようにしましょう。

前立腺がん

こちらの前立腺がんは、その名前の通り前立腺のがんです。

しかし、日本人の罹患率は意外と少ないのだそう。

ですが、油断は禁物。

がんであることに変わりはないのです。

がんの1番の治療は「早く気づく」ということ。

早ければ早いほど、完治や治療もラクになりますから、こまめな健康診断や下っ腹の違和感を感じたら、すぐにかかりつけ医に相談するなどの対策を取るようにしてください。

下っ腹が違和感がある出方をしてる場合

77-1

変な出方をしてる気がする

下っ腹の違和感で、最初に感じてしまうのが「あれ?太ったかな?」というものではないでしょうか。

確かに、お腹というのは太ったときに1番最初に変化が見られやすい場所でもあります。

けれど、太ったことが原因とも限りません。

胃下垂などの場合も、下っ腹が急にポッコリ出てしまうのです。

胃下垂と言えば、生まれつきのものと勘違いしている方も多いものですが、ストレスなどが原因で急に胃下垂になるという方も多いのです。

下っ腹の出方に違和感を感じたら、胃下垂の可能性も視野にいれてみましょう。

病気になる前に!その下っ腹引っ込めよう

下っ腹の違和感が病気なのか、病気ではないのか。

早く気づくためには、そもそも下っ腹が引き締まっている必要があります。

もともと、ポッコリ出ていたら病気の発見にも遅れが出るもの。

ここで、下っ腹をスッキリ引っ込めるエクササイズをご紹介しましょう。

シャドーボクシングなどの動きも、とても下っ腹の引き締めに効果的です。

しかし、慣れない方がシャドーボクシングをするのは、なかなか難しいもの。

そこで、オススメしたいのがヒップアップです。

お尻の筋肉がキュッと引き締まると、下っ腹のお肉も自然と引き締まってくれるのです。

床に座った状態で、お尻を使って前後に動くというエクササイズを試してみてください。

糖質摂取を抑えるおすすめ食事方法

同じ食事でも食べ方を変えるだけで糖質の吸収を抑えることが可能です。

それは低GI値の食べ物から食べていく方法です。

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。

出典:パナソニック

高GIの食材を食べていくと血糖値が上昇し、その血糖値を抑えるためにインシュリンが分泌されます。

このインシュリンは脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因にもなってしまいます。

逆に低GI値のものから食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができ、カロリーの吸収を抑えることが可能です。

低Gi

出典:http://www.ikedaiin.com/gi.html

玄米や豆腐、豆類、食物繊維系の食材を食事の際はなるべく一番最初に食べるようにしていきましょう。

糖質カット系サプリもおすすめ

食前に摂取することで糖質を抑えることができるサプリもあります。

FUJIFILMが新開発したメタバリアSには糖質を抑えることができるサラシアという成分を独自の特許技術で凝縮し、サプリ化に成功しました。

そのためメタバリアSを食前に摂取するだけで糖質を抑えることができるようになっているのです。

また腸内の善玉菌を増やす整腸作用もあるため、健康的にダイエットすることが可能となっています。

期間限定中のみではありますが、サンプルの2週間分の114粒を送料無料の500円だけで試すことができるので、まだ試したことがない方は一度はチェックしておきましょう。

⇒「メタバリアSの口コミ・効果まとめ!副作用はあるのか徹底検証!

メタバリアS

⇒メタバリアS公式サイトはこちら

下っ腹を本気で引き締めたい方はサロンへ

メンズエステティックサロン

メンズエステティックサロン

ですが、下っ腹の脂肪というのはダイエットする中でも難関と考えられている部位。

なかなか脂肪を落とすことが難しい箇所でもあるのです。

忙しい男性は、継続してダイエットすることも難しいでしょう。

痩せて下っ腹の脂肪を落とすことができても、今度はたるんだ皮膚に難儀してしまうなんていうことも考えられます。

そんな心配をしたくないなら、メンズエステがオススメです。

メンズエステには、脱メタボなどのダイエットコースが多数用意されています。

しっかりとコースを受ければ、自分で実行するよりもずっと早く脂肪を落とすことができますし、さらに余った皮膚がたるんで見苦しい状態になる、なんていう事態も避けることができます。

どんなことをするのか、不安でなかなか訪れる勇気が出ないという方は、まずは体験コースを試してみてはどうでしょう。

2,000円で試せるダイエットサロンがお得 こちらをクリック

たった2000円でダイエットコースを体験することができますから、どんなことをするのか知った上で契約できるので、とても効率的です。

ダイエットはやっぱり効率が大切。

しっかりと確実にダイエットするようにしましょう!


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料