おしゃれなデブはモテる?!肥満男性のおすすめファッション7選!

「どうせデブだからファッションにお金を掛けても…」と思っているあなた! 肥満をコンプレックスに感じている男性でも、ファッションを変えるだけで簡単に自分を変えられます。 当記事では肥満男性に合うファッション7選をご紹介します。


肥満男性だってファッションを変えればカッコいい!

肥満体系の男性の皆さん、自分はデブだからどうしてもモテない、好感が低い、と諦めていませんか。そんなネガティブな肥満体系から卒業しましょう。世の女性全てが、筋肉質ですらっとした男性が好み、ということはありません。ぽっちゃりとした肥満体系の男性が好みの女性も必ずいるでしょう。

身なりに気を遣う意識があれば、肥満体系の男性でも服装次第でカッコよく見えます。

また、ファッションセンスが高いことはとても好印象なので、周りからの印象もアップするでしょう。今回はそんな肥満体系な男性に似合うファッションを紹介します。洋服なんてイケてる人がこだわるものでしょ、とお金をかけることを渋ってはいけません。

ファッションは高い意識を持つことが何より大切なのです。

large (1)

肥満男性はデブを隠すファッションをしがち!

出典:mensfashion-navi.com/debu-pottyari-fashion-113

肥満体系の男性の服装の特徴は、自分の体形を隠したがるということです。

肥満体系を隠すことを優先としたファッションでは、本来の服の魅力がかすれてしまいます。まずは体系よりもファッションのことを考えましょう。肥満体系をすぐに変えることは難しいです。しかしファッションならどうでしょうか。

この記事を参考に、肥満体系に似合った服を揃えることができれば、その日からあなたは魅力的な男性になるでしょう。ではさっそく、肥満体系の男性に似合うおしゃれなファッションを紹介します。

肥満男性のおすすめファッション7選

肥満の男性でも着太りしないファッション7選をお伝えします。

1.シャツ×ショートパンツスタイル

出典:jooy.jp/41826

このファッションの大きな特徴はネクタイきちんと絞めたスタイルでしょう。ネクタイを締めるこのファッションはタイドアップと呼ばれ、清潔感を感じさせます。このネクタイとシューズの掛け合わせが、伝統的できっちりとしたトラッドスタイルを演出していますね。

このトラッドスタイルは堅く暑苦しいイメージになりやすいですが、ショートパンツと涼しげなカラーの組み合わせで、堅すぎないがきっちりとした絶妙なバランスを醸し出しており、ネクタイのイエローがより映えますね。

2.ベスト×細身パンツ

出典:mensfashion-navi.com

続いてはベストと細身のパンツを合わせたファッションです。おしゃれに無頓着な男性は、なかなかベストを着る機会はありません。体のラインが出るようなファッションは一般的におしゃれとされますが、上半身をぴったりとフィットさせたファッションはレベルが高いです。

しかしこのベストを着ることで、違和感なく体のラインが見えるおしゃれさを演出してくれます。細身のパンツを合わせることでフィット感が増し、さらにクールなファッションになるでしょう。体のラインを出すことが魅力の一つですので、暗めで引き締まる色で統一することをお勧めします。

3.キャップ×ジージャン×ミリタリーパンツ

出典:coer-earth.tank.jp

こちらはしぶいカラーに味があり、だれでも着こなしやすいデニムを着たアメカジスタイルです。アメカジの特徴は、比較的ラフで動きやすい恰好が多い点です。また、無骨やワイルドな印象が強いので、肥満体な男性には似合うでしょう。

またこのデニムにブーツとカーゴパンツを合わせたスタイルは王道で、だれでも簡単に着こなすことができるファッションの必須アイテムです。

このように誰が着ても似合うとされるファッションは、比較的気軽に挑戦できますね。

4.ハット×カーディガン×チェックパンツ

20150712094439

出典:tomoyukitomoyuki.hateblo.jp

このファッションは肥満体系の男性に似合うファッションの要点をすべて抑えた、そう言っても過言ではないスタイルです。肥満体系に似合う要素として、服の色を抑えてモノトーンと一色のアクセントを加えたカラー、すっきりと清潔感のある短髪、顔回りは帽子と眼鏡と髭、サイズはラインが出るフィットしたものになっています。

まずシンプルで暗めのカラーセレクトは、モノトーンで抑えることで色の混雑感をなくして、スマートに見せる効果があります。頭を丸め、帽子、眼鏡、ひげといった特徴的な顔回りは、顔回りに視線を集めることにより、肥満体系をにじませることができます。

5.アウター×ニット×パンツ

出典:daigaku-fashion.com/post-1226/

このアウター、ニット、パンツの三点セットは、寒い時期の王道ファッションで、コーディネイトの基本とされるスタイルです。この王道スタイルは、肥満体系の男性でもおしゃれに似合うこと間違いなしです。

カラーやデザインは派手なものではなく、できるだけ落ち着いたものにすると、大人っぽく魅力的なスタイルになります。

6.ジャケット×ショートパンツ

20160921092413774_1000

出典:wear.jp

このスタイルは秋の涼しい時期にぴったりのファッションです。シンプルなシャツにダークカラーのジャケットを羽織るスタイルに、ショートパンツと革靴という斬新なスタイルを組み合わせることによって、相対的にお互いの魅力を引き出してくれるので、とてもおしゃれに見えます。

バッグが良いポイントになっています。

7.ダークカラー

20160302011834062_500

出典:wear

黒やネイビーなどの暗めのトーンの色のことは収縮色と呼ばれており、広がらずにスシュッとした印象を与えてくれます。このすっきりと見える錯覚を活かしスリムアップも狙いましょう。

全身ブラックでスリムな印象が引き立ちますが、清潔感をだすために季節感のあるベージュ系カラーを部分的に取り入れることも効果的です。

着痩せしたい方におすすめのグッズ

服の厚みによっては服を来ただけで太って見えてしまうことがあります。

そんな方におすすめなのが加圧シャツです。

加圧シャツは着用するとスパンデックス繊維という特殊な伸縮性のある繊維によって、お腹を引き締めることができるため、出ているお腹を引き締めることが可能です。

横からのお腹の画像

マッスルアーマーの横からの画像

一枚持っておくだけでも下着として着用する際に便利なグッズとなっているので、一度チェックしておきましょう。

スクリーンショット 2017-09-19 17.31.08

⇒金剛筋公式サイトはこちら

服のバリューエーションを増やしたい方

肥満男性の方でも上記の通りおしゃれに見えるファッションや痩せて見えるファッションはたくさんあります。

とはいえ、やはりほっそりしている方が見た目はよくなるから今よりももう少しだけ痩せたい・・・

しかも運動はしたくないし、好きなものも食べたいという方におすすめなのが、FUJIFILMが開発したメタバリアSという糖質の吸収を抑えることができるサプリです。

メタバリアSはサラシアという糖質の吸収を抑え、さらに腸内の善玉菌を増やす成分を特許技術で凝縮したサプリになっており、好きなものを食べたいけど糖質(カロリー)を抑えたいという方にぴったりとなっています。

現在期間限定のキャンペーンでサンプル2週間分(114粒)が送料無料で500円のみでお試しすることが可能です。

初めて購入される方限定となっているので、一度も試したことがない方は特にオススメとなっています。

メタバリアの口コミや有効成分に関する記事はこちら⇒「メタバリアSの口コミ・効果まとめ!副作用はあるのか徹底検証!

メタバリアS

⇒メタバリアS公式サイトはこちら

肥満男性のファッションまとめ

服装で印象がガラリと変わる、ということを分かって頂けたと思います。

肥満体系の男性が抑えるべきポイントとして、ストライプのデザインを上手く使う、服の色は黒系を選びスリムアップを狙う、肥満体系を隠すようなゆったりとしたものは避ける、といったことが挙げられます。

これらのポイントを参考に、肥満体系の男性でもおしゃれで魅力的なファッションを着こなしましょう。これからは周りにデブと感じさせないファッションコーデにしてみてはいかがでしょうか。ファッションに気を付けてもどうしても肥満体系が気になる、という男性もいると思います。

痩せたらモテる5つの理由とは?デブ男でもできる簡単ダイエット方法!」こちらでは肥満体型がきになる男性でも簡単にできるダイエットの方法について詳しく記載されています。

ダイエットしたいけど、一人ではできるか不安という男性も多いと思います。

そんな男性にはメンズエステを紹介します。メンズエステでは、専門のスタッフが運動、食事など痩せることに関しての様々なサポートをしてくれます。今までダイエットに失敗してきたという方でも問題なく痩せることが可能です。

[口こみ・料金比較]ダイエットはメンズエステで短期で劇的に改善!」こちらではメンズエステのダイエット効果・施述内容について詳しく記載されています。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料