夜勤で肌荒れが気になる男性必見!○○が招く肌荒れを防ごう!

夜勤をしていて肌荒れが気になっていませんか?夜勤をしていると生活リズムが崩れますし、男性だと小腹が空いて間食したりで肌荒れの原因になるある現象を引き起こします。その現象とはなんなのか?そして夜勤を続けながら肌荒れを防ぐ男の方法を伝授いたします。


夜勤の肌荒れは成長ホルモンの減少が原因?

89-0

夜勤で成長ホルモンが減る

お仕事で大変で忙しい男性の皆さん、夜勤や残業で生活リズムが乱れていませんか。

睡眠時間が減ることは肌荒れにつながると言われています。

脂っこい肉やスナック菓子を食べすぎているわけでもないし、洗顔もしているから肌荒れの心配はない、と思って油断するのは危険です。

睡眠時間が少ない、寝る時間帯が遅い、といったことは肌荒れの原因になりかねません。

肌の調子をよくする物質として成長ホルモンが挙げられます。

成長ホルモンの分泌は夜寝る時間に影響されるので、夜勤などの生活習慣の悪化による成長ホルモンの減少は肌荒れやニキビにつながります。

では夜勤で寝る時間がどうしても遅くなる、睡眠時間が短くなる、という男性は肌荒れとどのように向き合ったらいいのでしょうか。

夜勤と肌荒れのメカニズムを、夜勤で忙しい男性でも肌荒れを防ぐ方法と併せて紹介します。

 

夜勤で成長ホルモンが減少する理由

ではなぜ夜勤で成長ホルモンが減少するのでしょうか。

まずは成長ホルモンについて詳しくなりましょう。

 

成長ホルモンはその言葉からも分かるように、“身長を伸ばすホルモン”としてよく知られています。しかし、成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があります。それは、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きです(これを代謝といいます)。私たちが生きていくためには、体内でエネルギーをつくることが欠かせませんが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。

出典:ghw.pfizer.co.jp/adult/adult/growth.html

成長ホルモンが肌に影響する理由は代謝機能です。

 

ターンオーバーとは

代謝機能は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーに深く関わっています。

 

表皮細胞が日々誕生し、代謝活動をしながら押し上げられていき、やがてペチャンコの平べったい角質として完成(角化)、身体を守るバリアーとして働き、やがて垢となって剥がれ落ちていきます。

出典:sappho.jp/wp/hissu/turnover.html

 

ターンオーバーとは古い肌が垢となって落ち、新しく平らできれいな肌が誕生する、ということです。

この肌の生まれ変わりを促すことができれば、ニキビや肌荒れもきれいになくなるでしょう。

ターンオーバーを促進する方法としては、睡眠や食生活といった生活習慣の見直し、ビタミン類の摂取を心掛ける、紫外線から肌を守る、正しいスキンケアを行うことも大切になります。

成長ホルモンの減少により代謝機能が弱まるとターンオーバーがうまく行われず、古い皮膚と新しい皮膚の入れ替わりがうまくいかず、肌荒れの原因となってしまうのです。

このように成長ホルモンは肌を綺麗に保つために必要不可欠です。

成長ホルモンの分泌

では、この成長ホルモンはどのように分泌されるのでしょうか。

成長ホルモンは睡眠後に3~4時間に多く分泌され、この時間を睡眠のゴールデンタイムと呼びます。

では4時間睡眠をとればいいのか、というとそうではありません。

睡眠は時間だけでなく、質も大切なのです。

夜勤の男性は寝る時間が不規則だったり、昼夜が逆だったりしますね。

それにより体の体内時計が乱れたり、朝日で起きるという基本的なことができなくなったりします。

すると睡眠自体の質が下がり、睡眠のゴールデンタイムの成長ホルモンの分泌も少なくなってしまうのです。

これが夜勤と肌荒れの関係性です。

睡眠時間だけでなく、睡眠のゴールデンタイムと睡眠の質が関係しています。

 

男の夜勤肌荒れを防ぐ方法!

では夜勤の男性は肌荒れを受け入れるしかないのでしょうか。

そんなことはありません。

夜勤で時間がずれていても、質の良い睡眠は確保できます。

まずはぐっすりと眠る男性の安眠法をご紹介します。

 

ぐっすり寝れる男の安眠法

91-2

睡眠の質を上げるために

ではここで睡眠時間の質を上げる方法を二つご紹介します。

一つ目は入浴時間の調整です。

男性は湯船に浸からず、シャワーだけで済ませることも多いですが、できるだけ湯船に浸かるようにしましょう。

ぐっすりと眠りたいときは、睡眠の1~2時間前に入浴するのが効果的です。

これは、睡眠と体温の関わりが深いことが原因です。

実は、体の中心温度が下がると眠りやすくなるのです。

そのために体が手足から熱を逃がして、体温を下げようとしているのです。

また、人体には急激に上がった体温を下げようとする性質があります。

例えば入浴後、体温はゆるやかに下降していきます。

この働きが、眠りに入りやすい状態を整えてくれるのです。

食後やこたつに入っていると眠くなるのはこれが理由ですね。

これが寝る1~2時間前の入浴を進める理由です。

しかし、熱すぎるお風呂は神経を活発にしてしまうので逆効果になります。

夜勤明けの男性は、熱すぎず適温のお湯につかるようにしましょう。

二つ目は睡眠の前の行動です。

この睡眠前の行動が睡眠の質に影響しています。

それは寝る前にスマホやゲームをすることです。

瞳孔が開くことによって、より多くのブルーライトが目に入り、一層脳を興奮させて眠れなくなってしまいます。

脳の興奮によって交感神経がうまく切り替わらなくなり、頭がさえて眠れなくなってしまいます。

眠る前はできるだけ液晶画面を見ないようにしましょう。

布団に入ってもすぐ眠くならない、という男性には読書をお勧めします。

コーヒーや散歩などといったストレス解消法より遥かにストレスを軽減させる効果があるため、心を落ち着かせ、精神を安定させることができます。

また、紙媒体なので目の刺激にならないので、リラックスしたまま読むことができます。

読書は知性ある男づくりの一端にもなるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

夜食べるならナッツ類が良い

夜勤を終えて深夜や朝方に帰ると、男性はどうしてもお腹がすいてしまいますよね。

夜食は体に悪いと我慢していると、欲求や空腹感がストレスになり、睡眠の質が悪くなります。

そんな時にお腹を満たすのに最適な食材がナッツ類です。

ナッツには肌に良い豊富な栄養が含まれています。

まずは亜鉛です。

亜鉛は新陳代謝の促進やリラックス効果が期待できます。

また血糖値を下げる効果もあるので健康に良い食材です。

続いては鉄分です。

血液の中で赤血球のヘモグロビンの成分になり、酸素の運搬に働きます。

血の流れを円滑にし、酸欠状態を防ぐため、めまいや貧血に効果的です。

またビタミン類も豊富に含まれているので、睡眠にも体調管理にも効果的です。

夜勤明けの男性の空腹はナッツ類で満たしましょう。

確実に夜勤肌荒れを治せる男のサロンを使おう!

661945_00008

確実に肌荒れを治すなら「ラ・パルレ」

自分一人では肌を改善できる自信がない、という男性はいませんか。

男性限定のエステ「ラ・パルレ」では、専門スタッフがニキビの悩みを徹底的にサポートしてくれます。

また、初回体験はたった1000円で施術を受けることができます。

当日予約が可能なので、肌荒れが目立つな、と感じる男性はお試しください。

下記リンクからラ・パルレの詳細が見られますので、ぜひご覧ください。

1,000円で専門の肌荒れケアを体験したい人はこちらをクリック

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

夜勤の男性の乱れた生活習慣は、肌荒れの原因になっています。

睡眠の質を充実させ、成長ホルモンを促せば、肌荒れに悩む夜勤の男性でも肌荒れのない綺麗な肌を手に入れることができるでしょう。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料