こんなに役に立つの!?男性の胸の脂肪をダンベルで一発解消します!

「胸の脂肪が全然落ちなくて困っている」このような悩みを抱いている男性は多いのではないかと思います。しかし、あるアイテムを用いることで胸の脂肪の悩みは解決します。そのアイテムとはダンベルです。今回ダンベルを用いて男性の気になる胸の脂肪の悩みを解決します。


男性の胸に疑問「なぜ脂肪がつくの?」

reece king

いつの間にこんなに脂肪がついたんだ?

男性の皆さん、胸の脂肪が気になりませんか。太っている男性の胸を見てみると分かるように、男性も胸に脂肪がつきます。しかし、本来男性の胸に脂肪はあまり必要がないです。

ではなぜ、男性の胸にも脂肪がついてしまうのでしょうか。今回は男性の胸の脂肪とダンベルを用いた解決法をご紹介します。胸の脂肪を筋肉に変えて、アスリートのような素敵な胸筋を手に入れましょう。

 

胸に脂肪がつくのは肩や胸の筋肉が少なく、代謝が悪いから!

ではなぜ、男性の胸に脂肪がついてしまうのでしょうか。その原因には肩や胸の筋肉量と代謝が関係しています。代謝という単語はダイエットで聞くことが多いですが、どういった意味なのでしょうか。

まずはこちらをご覧ください。

たいしゃ [1] 【代謝】

生体内の物質とエネルギーとの変化。外界から取り入れた物質をもとにした合成と分解とからなる物質の交代と,その物質の変化に伴って起こるエネルギーの生産や消費からなるエネルギー交代とが密接に結びついている。 → 物質交代
「新陳代謝」の略。

出典:www.weblio.jp/content/%E4%BB%A3%E8%AC%9D

代謝とは新陳代謝の略で、まとめると体外から含んだエネルギー(食べ物)を、体のエネルギーとして体に浸透させる、ということです。この代謝機能によってエネルギーが消費されていくわけですが、過剰にエネルギーを取りすぎて代謝機能がエネルギーの摂取に追い付かず消費しきれないと、それが脂肪になってしまいます。

 

筋肉量が増えれば代謝もよくなり、男性の憧れの細マッチョになれる!

それって一石二鳥じゃないか!

先述の代謝機能は筋肉量に影響しており、一般的に筋肉量が多いと代謝機能は向上します。まとめると、筋肉を鍛え、筋肉量を増やすことで基礎代謝がアップする。そして、筋肉が基礎代謝で消費するエネルギー源の多くが脂肪ということです。筋肉が多くなった分、脂肪の燃える量もそれに比例して多くなるので、筋肉質になって太りにくくなる。

エネルギーの消費は消化器、循環器、脳、泌尿器、等の筋肉以外でも行われていますが、これらの働きは人間の意志ではどうしようもありません。しかし筋肉は自らの意思で鍛えることができるので、代謝が向上し脂肪燃焼に最も効果的、ということです。

 

ダンベルを使って胸の脂肪を解消!

ダンベルを使って大胸筋を鍛える

ダンベルを使った筋トレ方法は数多くありますが、今回はダンベルを用いた筋トレ方法をやり方のコツを併せてご紹介します。

男性が胸筋を鍛える人気の筋トレ方法にベンチプレスがあります。通常はバーベルを使ったトレーニング方法を、ダンベルを利用して行うことができます。

胸筋は上半身で最も大きい筋肉の一つで、この筋肉を鍛えることで厚い胸板とともに基礎代謝のアップも狙えます。この胸筋をダンベルを使って鍛える方法として、ダンべルベンチプレスがあります。ダンベルベンチプレスは可動域が優れているため、大胸筋をより強化できます。

また、肩の筋肉である三角筋と上腕筋も同時に鍛えることが可能な筋トレで、効果範囲が非常に広く、胸の脂肪を刺激するにはとても効果的といえます。

やり方をご紹介していきます。レーニングベンチなどに仰向けに寝て、ダンベルを両手に持ちます。できるだけ肩を寄せて胸を張り、ダンベルを持った両腕をまっすぐに上に持ち上げます。

次に肘を曲げてダンベルをゆっくりと下していきます。上腕と床が平行になるまで下ろしたら同じ要領でダンベルを上げていきます。10回×3セットを目安に行うと効果的です。このトレーニングは可動域が広いという特徴を生かして筋肉の伸展、縮小をさせることがポイントになります。

このダンベルベンチプレスに併せて、さらに大胸筋に効果があるとされるのがダンベルフライというトレーニング方法です。このトレーニングは大胸筋を鍛えるトレーニングの中でかなりの人気があり、ダンベルベンチプレスとセットで行われることが多いです。

先述のダンベルベンチプレスは大胸筋以外にも方や上腕にも影響がありましたが、こちらはほとんどの負荷を大胸筋に集中できる、という特徴があります。

またこちらは垂直運動のダンベルベンチプレスと異なり、水平運動となるため、プレスとは違う刺激を与えることができます。

これもダンベルベンチプレスとダンベルフライが合わせて取り入れられる理由ですね。

では、やり方をご紹介します。まずはトレーニングベンチなどに仰向けになり、ダンベルを両手に持ちます。

そして両腕を型脳まで伸ばし、手のひら同士が向き合うようにダンベルを握ります。

肩を寄せ肘を軽く曲げたまま胸を広げていき、ゆっくりとダンベルを下ろします。

床と腕が平行になるまで下ろしたら元のポジションに戻しましょう。

こちらも10回×3セットで行うことが効果的です。

最後に、トレーニングベンチもスペースもない男性でも行うことができる、ダンベルを用いたトレーニング法をご紹介します。こちらはフロアプレストと呼ばれ、床で行うベンチプレスといったトレーニングです。こちらはダンベルさえあれば行うことができ、体への負荷も少ないので気軽に始められますね。まずは床に仰向けになって両手にダンベルを握ります。両腕をまっすぐに伸ばしたら、両腕が床につくまでゆっくり肘を曲げてダンベルを下します。上腕が床についたらまたまっすぐに持ち上げていきます。

こちらは比較的負荷が少ないので、上記の二種類のトレーニング方法を参考に、回数を自分で調節してみましょう。

胸の脂肪を効果的に燃焼するサプリ

ダンベルトレーニングをしているが、なかなか脂肪が燃焼されず効率の良い筋トレができていない方、ダンベルの負荷に耐えられずなかなか継続することができないという方には、筋トレ専用サプリメントがオススメです。

筋肉が生成されるメカニズムは

①筋トレによる筋繊維の損傷⇒②筋繊維修復のための栄養補給⇒③筋繊維の超回復期間

の流れで筋肉が増えていきます。ダンベル運動では①の筋繊維の損傷がされるため、次のステップである②の栄養補給をする必要があります。この②の栄養補給がされない状態であると、ただ筋繊維が損傷して終わってしまい、筋肉の疲労がずっとのこり、筋肉量も増えないという状態に陥ってしまいます。

そのためダンベルでの筋トレをした後はビルドアップ系サプリメントを摂取するようにしましょう。ビルドアップ系のサプリメントではDCCサプリというトップビルダーも愛用するサプリメントが今一番選ばれています。筋肉に必要な栄養であるクレアチンやBCAA、ミネラルを豊富に含んでおり筋肉疲労の回復と、筋肉の持久力をあげることが可能です。このDCCサプリは今口コミでかなり話題になっているサプリなのですが、実は期間限定で初めて購入されるかたには95%OFFの560円で販売をしています。なのでまだ購入されたことがない方は期間中にお試しいただくことをおすすめします。

DCCサプリのデメリットを正直にお伝えします!効果は?口コミは?」こちらではDCCサプリの有効成分や悪い口コミ、良い口コミについて詳しく記載されています。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック