加齢臭が始まる年齢は何歳から?年齢別の加齢臭対策ってあるの?

最近は若い年齢から加齢臭を気にする人が増えています。20代から気にしている人もいるそうです。それぞれの年齢によって加齢臭の種類も違えば、原因も対策も違います。それぞれの年齢に合わせた適切なケアで、加齢臭のしない無臭の体を手に入れませんか?


「加齢臭」発症年齢の、若年化が進んでいるらしい!?

OZP86_watashinonensyuu_TP_V

20代の年齢でも加齢臭がする人がいるらしい……

「加齢臭」というと何歳くらいの年齢から始まるイメージでしょうか?
実は近年加齢臭を発祥する年齢が、年々若くなっているそうです。

昔は50代、60代以降の「オヤジ臭」のイメージだった加齢臭ですが、
今は30代、40代から気にし始める人が増えています。

中には、20代でまだ若い年齢なのに
加齢臭が出だす人もいると言いますから深刻です。

 

若くても加齢臭が出てしまう理由

若い年齢から加齢臭が出るようになったことには理由があります。
一番大きな理由は「食の欧米化」です。

おいしいお肉も、加齢臭を加速する一因

加齢臭にとっては悪影響な肉やバター、脂の多い料理が身近になって
その分、野菜や果物、魚を食べる機会が減りました。
しかも、運動不足で汗をかかない人が増え、
精神的なストレスを抱えることも多くなりました。

これらはすべて、加齢臭を引き起こす要因となります。
逆にいえば、これだけ加齢臭を引き起こす要因が揃っていて
加齢臭が出ない方がおかしいくらいなのです。
欧米式の食生活をして、運動不足、ストレス過多な人は
若い年齢から加齢臭が気になり出すのが現状です。

 

年齢によって異なる加齢臭の種類

年齢によって加齢臭のタイプが違う

年齢によって、加齢臭のニオイは変化していきます。
いったいどんなニオイだと思われているのでしょうか。


年齢30代~40代:古い油が酸化したような加齢臭
年齢50代~60代:油臭さにドブのような腐敗臭が混ざった加齢臭
年齢70代~80代以降:ツンとくるニオイに甘みの混ざった加齢臭


こんなニオイが自分からするのか……と思うとショックですが、
加齢と共に誰にでも起こりうる現象といえます。

女性より男性の方が皮脂腺が多いため加齢臭が目立ちやすいですが
女性にも加齢臭に悩んでいる人は多々います。
年齢が若い人でも気にしてケアを始めている人も多いのです。
適切な対処法を知って乗り切っていきましょう。

 

年齢と加齢臭の関係

自分で気付いてショックな加齢臭

自分で気付いてショックな加齢臭

30代~40代にかけては「ジアセチル」という成分が
頭皮などから出やすい時期。
これは古い油のようなニオイのする成分です。

そして、50代~60代にかけては、
皮脂腺から「ノネナール」という成分が発生するようになります。
皮脂腺が酸化することにより発生するのですが、
加齢と共に皮脂腺が老化すると、酸化も進み、
ノネナールが大量発生するようになるのです。

70代以降は、いわゆる「老人臭」が目立つようになります。
加齢臭に「アンモニア」臭が混ざり、少し甘みのある
老人特有の加齢臭に変わっていきます。

 

年齢別の加齢臭対策リスト

まず、30代~40代の年齢に多い「ジアセチル」由来の加齢臭は、
フラボノイド」で防げるという研究があります。
フラボノイドはポリフェノールの一種で、
お茶のカテキンやブルーベリーのアントシアニンなどの種類があります。

青みかん、ブルーベリー、大豆、緑茶、いちじく、りんご、たまねぎは積極的に摂りましょう 出典:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/flavonoid/

 

次に、50代~60代の年齢に多い「ノネナール」由来の加齢臭は
「抗酸化」がキーワードになります。
抗酸化作用の強いバナナ、アボカド、アーモンドや、
鮭、サンマ、ブリなどの魚を食べましょう。
抗酸化にはストレスも大敵ですから、
ストレスのない規則正しい生活を心掛けます。
最後に、70代以降の年齢の加齢臭については
清潔に保つこと」が何よりの対策となります。
年齢と共に体を清潔にすることが億劫になり、
蓄積してしまう加齢臭が多いのです。

また、老人ホームなどで使用されている
「オゾン脱臭機」というタイプの空気清浄機を配置することも
解決に役立つかもしれません。

年齢別に適切な対処法を取ることで
加齢臭を退治していきましょう!

 

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料