お腹のたるみが気になっている男性に。生活習慣で見直す健康管理

お腹のたるみが気になりだした男性へお腹たるみの基本的原因と解決方法。気づかないうちにしていてたお腹のたるみに繋がる男性の習慣。少しの意識が体を大きく変える体に悪い生活習慣を知り、良い生活習慣に改良して健康的になりましょう。


お腹のたるみを生む主な原因

年齢につれて筋肉が減っている

男性の皆さん、年齢とともにお腹がたるんでしまっていませんか。

これは20台をピークに、年齢とともに筋肉が減っていることが原因です。

内臓などの臓器を守るため、腹回りは特に脂肪が付きやすい部分ですが、日常生活ではあまり使われることのない部位であるため、特に意識して筋力を付けていかなければ年齢と共に徐々に衰えて行き、たるみが目立つようになります。

脂肪は筋肉で燃焼されますが、筋肉量は年齢とともに低下していきます。その上、ネットショッピングの多用で外出や移動が減るなど、『動かず、家にこもって、食べ過ぎる』という生活を送っていると、ますます筋肉量が減り、代謝が低下し、やせにくい身体になります。そこで、運動しないで食事制限だけの減量を繰り返してしまうと、リバウンドしやすくなり、ますます脂肪が増えて、代謝が低下します。そうなると疲れやすくなって動かなくなり、どんどんとやせにくい身体になる…という『代謝低下スパイラル』に陥ってしまいます。

出典:www.well-lab.jp/201409/basics/1759

このように筋力が低下することで代謝が低下し、それにより脂肪が増えるというメカニズムになっています。

これが年を取っていくにつれ、腹のたるみ気になるという男性がいる原因です。

 

急激なダイエット

急激なダイエットによって体重は落ちたものお腹のたるみが残ることがあります。

これは脂肪は減ったものの、急激な体型の変化に皮膚の収縮がついていけなかったため、緩んでいた皮膚だけが余ってしまった状態です。

脂肪はゴムのように伸びたり縮んだりする性質であるということで、伸びたり縮んだりできるので、人間はスムーズに動く事が出来ます。

太っている下脂肪の量が増え、それを溜めておくために皮が引き伸ばされてしまい、皮膚のハリは自然に戻っていくこともありますが、多くの方はそのままたるみが残るので、ダイエットの後のたるみを防ぐには、急激な体重の変化をさせずに徐々にダイエットするようにしましょう。

 

お腹たるみに繋がる男性の悪い習慣

男性が好む高カロリー・低栄養の食事

高カロリー、低栄養の食事

男性の方が好んで食べるものは高カロリー栄養価が低いものが多く、これは脂肪の蓄積につながります。

日本人男性の食生活において、肥満になる大きな影響となっているのが食生活の欧米化です。

アメリカの男性方の大きなお腹が目立つように、欧米の食材はカロリーが多いものがとても多く、ハンバーガーやフライドポテトなどのファストフード、ポテトチップスなどのスナック菓子類などが挙げら、これらの食材は日本の男性の体ではなかなか消費できずに、代謝低下や運動不足と相まって、脂肪がお腹に蓄積されてしまい、お腹のたるみの大きな要因となっているので、これらのような欧米食は控えるようにしましょう。

また、働く男性の食事に欠かせない炭水化物も、お腹の脂肪の原因になることがあります。肥満の大きな原因は血糖値の急上昇で、炭水化物を避けることによって中毒の改善と血糖値コントロールが効率的になり脂肪に対して効果的なので、炭水化物を食べすぎないようにすることも大切です。

しかし、炭水化物といえば、ごはん、パン、麵といった日本人のメニューの主食として欠かせないものばかりで、これらを避けてしまうと、無気力感やイライラに苛まれてしまい、仕事をする男性型にとっては大きな負担になるので、ダイエット中に炭水化物を避ける方法として夕食の炭水化物を避けることをお勧めします。

お腹たるみを解消

お腹のたるみが分かったところで、解消法をご紹介します。

男性のお腹のたるみは、脂肪を減らす際に急激なダイエットをしてしまうと逆効果になるので、お腹の引き締めは身近な生活習慣から改善し、継続的に行うようにしましょう。

今回は激しい運動を必要としないおなかのたるみ解消法をご紹介します。

たるみを解消する軽い運動

お腹の引き締め効果があるヨガのポーズ

インナーマッスルを鍛える運動

お腹のたるみを引き締める猫のポーズというヨガをご紹介します。このヨガは、

・腹筋と背筋を鍛える

・脂肪燃焼

・おなかと背中のストレッチ

これら三つの効果があるとされており、おなかのたるみの引き締め効果が期待できます。

①手の平と膝を床に付け、四つん這いの状態になります。

手の指、足の指はくっつけておき、足は拳2つ分程度の間隔を開けて開きましょう。

②その姿勢のまま、お腹を凹ませます。

③さらに、息を吸いながら背中を丸め、お腹を限界まで凹ませて下さい。

猫が威嚇をする時に、背中を丸めて毛を逆立てている様子をイメージしましょう。

④③の状態をキープしたまま9秒間息を止めます。

⑤「ニャー」と鳴きながら、息を吐きだします。

⑥手を前に滑らせて、上半身を伸ばします。

⑦②~⑥を10回繰り返しましょう。

出典:dietbi.com/nekopose-2645.html

猫ポーズを用いたヨガで最も大切なのが、緊張と緩急の差をしっかりとつけることです。

声をしっかりと出さなかったり、息を止める時間を9秒以上長くしてしまうと、体の負担になり返って痩せにくくなるので、メニュー通りのヨガを行いましょう。

 

お腹を引き締める習慣

なかなかまとまった時間が取れないという男性には、ドローインというおなかのたるみを引き締める方法をご紹介します。

ドローインのやり方
1)まず、背筋を伸ばし、お尻の穴を絞めるイメージで状態をまっすぐにします。
2)おへその中心やその下の「丹田」を意識して、お腹全体を凹ませます。
3)この状態を5秒くらい~30秒程度キープし、これを数回繰り返します。慣れない間は、この状態をキープしたまま呼吸するのがちょっと難しいです。
最初は、直立しておこない、感覚が摑めてきたら座ってもできるようになります。
これを一日で時間がある時や思いついた時におこなうだけです。簡単でしょう?

出典:matome.naver.jp/odai/2138322125260675001

このドローインの効果は、

・お腹の筋肉に働きかける

・基礎代謝のアップ

・姿勢の改善委効果

・内蔵位置の正常化

など、様々な良い効果が得られ、機材や場所などを必要とせずどこでも簡単にできるため、仕事などで忙しい中年男性でも継続しやすいというのも大きなメリットですね。

一人ではなかなかおなかのたるみを解消できない、より専門的な施術や指導で効果的におなかのたるみを解消したいという男性には、「ラ・パルレ」の脱メタボコースがおすすめです。

ラ・パルレは男性会員限定のフェイスボディエステに特化したサロンで、毎回計測する肌の水分量やスキャナー、体組成チェックなどのデータをもとに運動や食事、生活習慣の無料アドバイスを行い、お客様の魅力を引き出すサポートをしています。

下記リンクにて詳細を確認できますので、ぜひご覧ください。

⇒たった一時間のコースでここまで変わるの!?楽にお腹を引き締めたい方はこちらもどうぞ!

お腹たるみを解消する食生活

外食の多い男性にお勧めのファスティング

外食が多く、栄養バランスになかなか気を配れない男性におすすめなのがファスティングです。

ファスティングは半日から1日から3日ほどの期間、食べ物を摂らずに水や栄養ドリンクだけで過ごすダイエット法で、 断食に比べてカロリーを大幅にカットでき、内臓を一定期間休めることによって身体にたまっている老廃物などを排出させることができます。

体の調子を整えることで、男性の身体が本来持っている力を引き出すことができます。

 

世界に注目される和食の効果

japan

バランスのよい理想の食事

 

 

 

 

 

 

和食がダイエットとして注目を浴びている理由は、基本的に一汁三菜という栄養バランスの良い並びになっていることです。

近年肥満体系の男性が増えているのも、日本人男性の和食離れと、食事の欧米化が原因なので、カロリーの高い欧米職を控えて、低カロリーで栄養バランスの優れた日本食をとることがおなかのたるみにの解消につながるでしょう。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料