【保存版】もう失敗しない!男の簡単ダイエット基本3原則を大公開!

ダイエットを決意し、やり始めても、結局効果が出ないまま諦めてしまった・・・。でも、正しい方法でダイエットを行えば、男性の減量は、実はとても簡単なんです!男の簡単ダイエットの知識を身につけ、今度こそダイエットを成功させましょう!


男の脂肪を落とすのは簡単?

綺麗な筋肉が魅力の男性

綺麗な筋肉が魅力の男性

増え続ける体重やたるんだお腹の肉に嫌気がさし、ダイエットを始めたことのある男性は誰しもいるでしょう。しかしそのダイエットを簡単に続けられている人はどれだけいるでしょうか?

ランニング、プチ断食、プロテイン、単品ダイエットなど一見簡単にすんなり脂肪や体重が落ちるよう言われているダイエットでも、なかなか成功しないのが男性のダイエットです。

しかし、きちんとポイントを理解して抑えれば、誰でも簡単に脂肪を落とすダイエットに成功することができます。そのポイントは男性ならではのダイエットの正しい方法、正しい継続の仕方を理解することです。ここではリバウンドのしないダイエットを目指す男性必見のダイエット基本三原則を紹介します。あなたも今日から無理なく、確実に痩せられるこの簡単ダイエット法を実践してみましょう。

失敗しない男の簡単ダイエット①筋トレ編

基礎代謝量は筋肉に比例

男の筋トレ

男の筋トレ

男性のダイエットに必要なのは、まず基礎代謝を上げて脂肪を燃焼することです。

基礎代謝とは、私たちが生活している上で自動的に消費されるエネルギーのことで、そのエネルギー源は脂肪になります。その基礎代謝の内、約40%が筋肉で消費されていると言われています。また1日のエネルギー消費量から見ても、24~28%のエネルギーが筋肉で消費されていることになります。このことからも、筋肉がいかに基礎代謝に深く関わっているかが分かります。

つまり筋肉量を増やせば、基礎代謝が上がり脂肪がさらに燃焼され、より痩せやすく、そして太りにくい体質を作ることができるのです。

特に男性は20代後半くらいから基礎代謝能力が落ち始めると言われています。若い頃はいくら食べても太らなかったのに、30代を過ぎた頃から体重が増え続けている・・、という人は基礎代謝の低下が原因です。代謝を上げて、簡単にダイエットするにはまず筋トレが必要となるのです。

筋トレで筋肉量を増やす。

基礎代謝がアップし、1日のエネルギー消費量が底上げされる。

脂肪が基礎代謝アップ前に比べ、より多く使われ燃焼される。

太りにくいカラダに変身!

出典:筋トレ学園

 

胸や足の大きな筋肉を鍛えて代謝アップ!

男性の基礎代謝を簡単に上げるためには、まずは大きな筋肉を鍛えることがポイントとなってきます。というのも、面積の大きな筋肉はより多くのエネルギーを代謝できるからです。

ダイエットでやるべき筋トレのポイントは以下の部分です。

・腹筋

・背筋

・大腿筋

この3つの箇所の筋肉を重点的に鍛えることで、より基礎代謝をアップさせやすくなり、脂肪が簡単に燃焼されるようになります。

 

筋トレの方法も一工夫

ダイエットにオススメの筋トレ部分が分かったなら、あとは徹底的に筋トレするのみと思いがちですが、筋トレにも適度な量や方法があるので、闇雲に筋トレするのはNGです。

【回数】

一部分を15~20回

【セット数】

3回

男性の筋トレは回数を稼ぐのではなく、この決められた回数をできるだけゆっくりと呼吸しながらするのがポイントです。勢いに任せた筋トレは、逆に筋肉を破損しかねないので注意が必要です。呼吸をしながら、ゆっくり行うことでより筋肉に負荷をかけて、体に無理なく簡単に筋肉量を増やすことができるのです。

 

基本の筋トレに痩せたい部位をプラスする

腹筋、背筋、大腿筋の基本の筋トレに特に痩せたい部位もプラスしてトレーニングするのもオススメです。それにはダイエットの他にも理由があって、一部分の筋肉のみを鍛え過ぎてしまうと、他の筋肉とのバランスが取れなくなり、弱い筋肉に負担がかかり痛くなってしまうことがあるからです。痩せたいポイントを中心に、できるだけバランス良く筋トレするようにしましょう。

 

ダイエットサプリを摂取

同じ努力でダイエットの効率を2倍3倍にあげたいという方にはダイエットサプリがおすすめです。ダイエットサプリは運動の際の脂肪の燃焼を助ける働きや、筋トレ時の筋疲労を回復し、筋肉量をアップしてくれる効果があるため、サプリを飲みながら10kg痩せたなんていう方もいるくらいです。そんな効率よく痩せたいという方に今一番選ばれているのが、DCC(ディープチェンジクレアチン)というサプリメントです。

このサプリはプロ野球選手やトップビルダーも基礎サプリとして摂取しているクレアチンという成分が含まれており、筋トレ中のエネルギーとして効果を発揮するために、ベンチプレスの回数が増えたなどといった筋肉の持久力アップにもなります。

ダイエットのために筋トレをしている方には特に効果をもたらしますので、筋トレしているが、サプリを摂取していないという方は一度「トップアスリートが推奨するDCCサプリの本当の効果・口コミとは?!」こちらの記事をチェックしておきましょう。期間限定でお試し価格で定価の95%OFFキャンペーンをしていることもあるので、そのタイミングでお試しいただくのがとてもおすすめです。

 

失敗しない男の簡単ダイエット②食事編

肉メインの食事

男性のダイエットには筋トレだけではなく、食事によるダイエットも必須になってきます。

なぜかというと筋肉は「たんぱく質」からできていて、よい筋肉を作るためにたんぱく質を摂取することが必須だからです。たんぱく質は三大栄養素のひとつで、20種類のアミノ酸から構成されていて、筋肉以外にも内臓や髪の毛、皮膚や血液など体の重要な部分を作り出す大切な成分です。たんぱく質が足りないと、筋肉が分解されて、基礎代謝も下がってしまい、結果太りやすい体質になってしまいます。

筋肉を強化して簡単にダイエットするためには、その材料となるたんぱく質を多く摂ることがポイントとなってきます。

【どの程度のたんぱく質が必要?】

特に筋トレをする男性には体重1kgに対して約2g/日のたんぱく質が必要だと言われています。

【たんぱく質を多く含む食品】

・肉(牛や豚ならヒレ肉や赤身の部分、鶏肉は胸肉かささみ)

・マグロやサンマなどの魚類

・チーズ、ヨーグルトなどの乳製品

・たまご

・納豆などの大豆食品

たんぱく質は取れるだけ取った方がいいですが、一つの食材に偏らないように、バランス良くいろんなものから摂取するようにしましょう。

特に動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を両方摂るように意識することが大切です。

ダイエットをする男性に特にオススメなのが赤身などの脂肪の少ない肉と納豆です。

赤身肉にはたんぱく質が非常に多く含まれていますし、納豆はたんぱく質が体に吸収されやすく、また脂肪の代謝をアップさせるサポニンという成分も含まれているので、ダイエット時には積極的に食べたい食材です。

納豆

納豆は栄養満点!

糖質を減らしてたんぱく質を摂る!

ダイエット中の食事にはたんぱく質を摂ると同時に、糖質を減らすように意識しましょう。

もちろん運動後や生きていくための最低限の糖質は摂る必要がありますが、摂り過ぎはダイエットの天敵です。

筋トレ後にバナナなどの吸収しやすい糖質を摂ることは、疲労物質をためない上では必要ですが、特に男性が大好きなラーメンや白米などの食べ過ぎはNGです。糖質を食べ過ぎると当然脂肪となり、せっかくのダイエットの意味がなくなってしまいます。

失敗しない男の簡単ダイエット③大事なのは継続

男性でも女性でも多いのが、勢いで簡単にダイエットを始めて、途中で辛くなって結局挫折してしまうというパターンです。やみくもにダイエットをスタートさせるのではなく、まずはここまで、最終的にはここまで、と中長期的な目標を立てるのが成功するダイエットのポイントです。

途中にもいくつか達成しやすい簡単で小さな目標を作ることで、達成感を感じて継続しやすくなります。また毎日体重を記録する、筋トレをやったらカレンダーにチェックを入れるなどと、結果を記録し続けることは、自分への戒めにもなりますし、成果が出てくるとそれを記録するのが楽しくなってきてより続けやすくなります。

「継続は力なり」とよく言いますが、一気に結果を出すのではなく、無理なく継続できるよう努力することがダイエット成功の最大の鍵となってくるのです。

男の簡単ダイエット成功の鍵は、エステが握っている!

男の簡単ダイエット基本三原則、いかがでしたでしょうか。

正しい筋トレと食事法を継続することが、まずは男性の簡単ダイエットの基本となります。

特別な道具や方法はいらないので、すぐにでも家で始めることができるのがポイントです。

でも、自分一人で本当に続けられるか不安・・できるだけ早くダイエットの結果を出したい!という方にはエステもオススメです。エステは、専門知識をもった人の正しい指導によって、家ではできない高機能な器具などを使うことによって、より理想の体づくりができます。とにかく急いで簡単にダイエットしたいという男性は、ダイエットに特化したコースのある以下のサイトがオススメです。[口こみ・料金比較]ダイエットはメンズエステで短期で劇的に改善!
こちらでは、ダイエットコースに特化したメンズエステついて詳しく説明・比較してあります。
ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料