男なのに胸に脂肪が!男の胸に脂肪がつく原因とダイエット方法!

男なのに胸に脂肪がついてしまう…

筋肉

たくましい胸板に憧れるけど、実際にあるのはだらしなくついてしまった胸のお肉。

胸の脂肪はなかなか落ちるものではありません。

今回は、胸の脂肪落としたい人に向けた「胸の脂肪を燃焼させる方法」をご紹介していきます。

男の胸に脂肪がつく原因とは?

筋力低下の原因について紹介をします。

①筋力の低下

肥満男性

男なのに、まるで女性の胸のような脂肪が付いてしまっている。肥満ではないのに、なぜか胸の脂肪が目立つなどのお悩みをを持つ男性も多いのではないでしょうか。特に、海やプールに行く機会の多い夏シーズンなどは、脂肪のついてしまった胸では人前を歩きたくないという方も多いです。

胸に脂肪がついてしまう原因は、一体何なのでしょうか?その原因は大きく2つあります。胸に脂肪がついてしまう大きな原因の一つ目は、「筋力の低下です。

【筋肉の低下による脂肪増加のメカニズム】

何故、筋力の低下が胸の脂肪増加につながるのでしょうか?そのメカニズムを以下で解説していきます。整形外科医・スポーツドクターの中村格子先生は、筋肉量の低下による脂肪の増加を指摘しています。

脂肪は筋肉で燃焼されますが、筋肉量は年齢とともに低下していきます。その上、ネットショッピングの多用で外出や移動が減るなど、『動かず、家にこもって、食べ過ぎる』という生活を送っていると、ますます筋肉量が減り、代謝が低下し、やせにくい身体になります。そこで、運動しないで食事制限だけの減量を繰り返してしまうと、リバウンドしやすくなり、ますます脂肪が増えて、代謝が低下します。そうなると疲れやすくなって動かなくなり、どんどんとやせにくい身体になる…という『代謝低下スパイラル』に陥ってしまいます。
出典:www.well-lab.jp/201409/basics/1759

筋力が低下することで代謝が低下し、それにより脂肪が増えるというメカニズムです。

筋力は脂肪を燃焼させる効果があります。

そのため、運動不足⇒筋力量の低下⇒代謝の低下⇒脂肪の増加というメカニズムが発生してしまうのです。

「年を取っていくにつれ、胸の脂肪が気になってきた」、という男性の話を聞いたことがないでしょうか?この原因は、筋力の低下によるものなのです。

男性の胸の脂肪の大きな原因の1つは、筋力低下に伴う代謝の低下によるものということを、しっかりと理解しておきましょう。

基礎代謝
出典www.l-carnitine.jp

②生活習慣の乱れ

肥満男性

男の胸に脂肪がつく大きな原因の、ふたつ目として、「生活習慣の乱れ」が挙げられます。お腹周りの脂肪などと同様、当然生活習慣の乱れによって脂肪が増え、胸に脂肪がつく原因となるのです。生活習慣を正すというと食事制限などの難しいものを想像し、躊躇する男性も多いかもしれませんが、心配することはありません。正しい生活習慣とは、規則正しい生活を意識することなのです。

男の胸の脂肪を落とす方法5選

これまで男性の胸に脂肪がついてしまう原因を紹介してきました。原因を知ることで、なぜ自分の胸がたるんできてしまったのか、納得できたのではないでしょうか。それでは、原因を理解したうえで、実際に男性の胸の脂肪を落としていくにはどうすれば良いのかを解説します。

①正しい食習慣

食事

食事で気をつけたいポイント

・脂質や糖質の多い食生活を控える
・摂取カロリーを意識する(カロリーの取り過ぎに注意する)
・良質のたんぱく質、野菜、果物を多く摂取する
・寝る前や遅い時間の食事を避ける

どれも、言われると「当たり前では…」と思われる男性も多いと思います。しかし、胸のたるみに悩む男性は、意外とこうした当たり前の生活ができていない方が多いのも事実です。こうした食生活を意識すれば、余分な脂肪を胸につけることを防ぐことにつながります。

【ダイエットサプリもおすすめ】

また、脂肪を分解・燃焼をサポートするサプリメントを一緒に使うとより効果的にダイエットができるのでおすすめです。

おすすめダイエットサプリ:シボヘール

▽ダイエットサプリランキングはこちら▽

更新日:2018年07月10日ダイエットサプリって本当に痩せる?現在、非常に多くのダイエットサプリが市販されています。安い物から、1万円を超える高額な物までさまざまなサプリがあります。そんなダイエットサプリですが、本当に痩せることはできるのでしょうか?結論か...
市販の本当に痩せるダイエットサプリランキング【2018最新版】 - www.healthy-style.jp

②生活習慣を整える

睡眠 男性

生活習慣では、睡眠がポイントです。睡眠不足はホルモンバランスの乱れや食べ過ぎの原因となり、脂肪の増加につながる原因となります。

脂肪増加につながりにくい睡眠のポイントとしては、以下のとおりです。

・毎日6~7時間ほどの十分な睡眠をとる
・適度な運動や就寝前のカフェイン摂取を避け、質の良い睡眠を心がける

以上、食事と睡眠という側面から、胸のたるみにつながる原因を解説しました。

忙しい男性も多く、急に生活習慣を変えるのは難しいと考える男性も多いです。しかし、自分のできる範囲から始めてみることが重要です。

③有酸素運動

ランニング

胸の脂肪がたるむ原因に「筋力の低下」と「生活習慣の乱れ」を紹介しましたが、有酸素運動によってた胸のたるみの原因となっている脂肪を燃焼させてしまうことが重要です。そこで、胸の脂肪を落とす対策として、まずは有酸素運動を取り入れてみましょう。

有酸素運動とは、ジョギングや水泳、サイクリングなど、体内に酸素を取り込むことで脂肪をエネルギー源とする運動です。有酸素運動はカロリー消費が大きいため、胸のみならず、全身の脂肪をとるのに効果的です。

ランニングや水泳といった有酸素運動は、そこまでハードルが高いものではありません。気軽に始められる運動なので、忙しい男性でも実践できる運動として非常に手頃です。

もし外で運動することがなかなかできないという方は、以下のような自宅でもできる有酸素運動をやってみましょう。

④肩甲骨のストレッチも胸の脂肪減少に効く

ストレッチ

肩甲骨のストレッチも効果的です。肩甲骨のストレッチによって、何故胸のたるみの原因である脂肪が落ちるのか?と思う方も多いと思います。

実は、肩甲骨の周辺には褐色脂肪細胞という細胞があります。この褐色脂肪細胞には、脂肪を燃焼させる効果があり、刺激して細胞の働きを活発にすることで、胸の周りの脂肪を燃焼させることができます。肩甲骨のマッサージには、肩を回す、自分で揉む、人に揉んでもらう、ストレッチポールなどの運動器具を使って行う方法など数多くあります。

肩甲骨マッサージの利点は、オフィスなどで空いた時間に気軽にできる点にあります。有酸素運動などの時間を取れない、忙しい男性の方には非常におすすめの方法です。

⑤筋トレで胸の脂肪を筋肉に変える

腕立て伏せ

胸のたるみを落とす方法として最もイメージしやすいのがおそらく筋トレではないでしょうか。胸のたるみの原因である脂肪を、筋肉に変えてしまうのも効果的です。胸の筋肉をつけるトレーニングには様々なものがあります。ご自宅でできる手軽なものとしては以下のようなものがあります。

自宅でできる胸のトレーニング

・腕立て伏せ
・ダンベルトレーニング
・ゴムチューブトレーニング

また、ジムに通い、ベンチプレス等の器具によって筋肉をつけていくことも有効です。ただし、胸の筋肉は一朝一夕につくものではありません。どんな方法でも時間と努力を要します。継続的に続けられる、自分にあった方法を見つけることが重要です。

どうしても胸の脂肪が落ちない方は専門家へ!

メンズエステ

「激しい運動はちょっと…」という男性には、メンズエステもおすすめです。メンズエステは、ベッドに寝ているだけの施術です。男性でエステに通うのは抵抗があるという方も多いもしれませんが、プロのテクニックは効果が感じられるでしょう。

また、胸の脂肪に悩んでいる方は、エステティシャンに悩みを伝えることで的確なアドバイスや、胸の脂肪を落とすような施術を行ってくれる所もあります。

おすすめメンズエステ:ダンディハウス

ダンディハウス

体験料金:5,000円

⇒公式サイトはこちら

▽メンズエステランキングはこちら▽

更新日:2018年07月22日痩身メンズエステサロンでダイエット最近、モデルや芸能人だけでなく、一般の男性もメンズエステを利用する方が急増しています。メンズエステでのダイエットはダイエット専門のセラピストが、体質に合った「マシン」によって直接身体に刺激を与...
痩身メンズエステでダイエット!口コミ・効果・料金比較ランキング7選 - www.healthy-style.jp

まとめ

男性の胸に脂肪がつく原因と、その解消方法をご紹介しました。

ご紹介した方法を続けれれば、たるんだ胸を解消することができます。

また、サプリメンズエステを取り入れると、より効果的にダイエットができるので、一度お試しいただくことをおすすめします。

<おすすめ関連記事>

・「【劇的改善!】胸の皮下脂肪を男性らしい胸板に変える筋トレ3選

・「男の胸のたるみを一発解決!男の胸をカッコ良くする5つの裏技

・「男性の胸部の脂肪の落とし方総集編!正しい胸部ダイエットを!

・「2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキング

・「内臓脂肪を減らす市販のサプリは効果があるの?噂のサプリを徹底検証!

『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。