男なのに胸に脂肪が!男の胸に脂肪がつく原因と対策を教えます!

胸に脂肪がついていてなかなか解消できない男性のあなた!脂肪でぷよぷよになった胸よりも、筋肉で引き締まった胸の方が魅力的ですよね。では、男性の胸に脂肪がつく原因はなんでしょうか?筋肉をつけて厚い胸板にするには?胸に脂肪がつく原因と方法を紹介していきます。


男なのに胸に脂肪がついたのはこれが原因だった!

筋力の低下が男性の胸のたるみの原因

男なのに、まるで女性の胸のような脂肪が付いてしまっている、肥満ではないのに、なぜか胸の脂肪が目立つなどのお悩みをを持つ男性も多いのではないでしょうか。特に、海やプールに行く機会の多い夏シーズンなどは、脂肪のついた胸で人前を歩きづらいという方も多いです。

お腹周りの脂肪が気になるという男性に負けず劣らず、胸の脂肪に悩んでいる男性も多いのが現状です。それでは、胸に脂肪がついてしまう原因は、一体何なのでしょうか?その原因は大きく2つあります。胸に脂肪がついてしまう大きな原因の一つ目は、「筋力の低下です。

筋トレ

筋肉の低下による脂肪増加のメカニズム

何故、筋力の低下が胸の脂肪増加につながるのでしょうか?そのメカニズムを以下で解説していきます。整形外科医・スポーツドクターの中村格子先生は、筋肉量の低下による脂肪の増加を指摘しています。

脂肪は筋肉で燃焼されますが、筋肉量は年齢とともに低下していきます。その上、ネットショッピングの多用で外出や移動が減るなど、『動かず、家にこもって、食べ過ぎる』という生活を送っていると、ますます筋肉量が減り、代謝が低下し、やせにくい身体になります。そこで、運動しないで食事制限だけの減量を繰り返してしまうと、リバウンドしやすくなり、ますます脂肪が増えて、代謝が低下します。そうなると疲れやすくなって動かなくなり、どんどんとやせにくい身体になる…という『代謝低下スパイラル』に陥ってしまいます。

出典:www.well-lab.jp/201409/basics/1759

筋力が低下することで代謝が低下し、それにより脂肪が増えるというメカニズムです。

筋力は脂肪を燃焼させる効果があります。

そのため、運動不足⇒筋力量の低下⇒代謝の低下⇒脂肪の増加というメカニズムが発生してしまうのです。

「年を取っていくにつれ、胸の脂肪が気になってきた」、という男性の話を聞いたことがないでしょうか?この原因は、筋力の低下によるものなのです。

男性の胸の脂肪の大きな原因の1つは、筋力低下に伴う代謝の低下によるものということを、しっかりと理解しておきましょう。

基礎代謝

出典www.l-carnitine.jp

生活習慣の乱れも男性の胸の脂肪の原因に

男の胸に脂肪がつく大きな原因の、2つ目として、「生活習慣の乱れ」が挙げられます。お腹周りの脂肪などと同様、当然生活習慣の乱れによって脂肪が増え、胸に脂肪がつく原因となるのです。生活習慣を正す、、、というと食事制限などの難しいものを想像し、躊躇する男性も多いかもしれませんが、心配することはありません。正しい生活習慣とは、基本的で、規則正しい生活を意識することなのです。

その例として、①「適切な食事」と②「十分な睡眠」を紹介します。

まず、①「適切な食事」ですが、適切な食事とは以下のようなポイントになります。

・脂質や糖質の多い食生活を控える

・摂取カロリーを意識する(カロリーの取り過ぎに注意する)

・良質のたんぱく質、野菜、果物を多く摂取する

・寝る前や遅い時間の食事を避ける

どれも、言われると当たり前では、、、と思われる男性も多いと思います。しかし、胸のたるみに悩む男性は、意外とこうした当たり前の生活を遅れていない方が多いのも事実なのです。こうした食生活を意識していくだけで、余分な脂肪を胸につけることを防ぐことにつながります。

次に②「十分な睡眠」ですが、睡眠不足はホルモンバランスの乱れや食べ過ぎの原因となり、脂肪の増加につながる原因となります。

脂肪増加につながりにくい睡眠のポイントとしては、

・毎日6~7時間ほどの十分な睡眠をとる

・適度な運動や就寝前のカフェイン摂取を避け、質の良い睡眠を心がける

といったことを心がけることが重要です。

以上、食事と睡眠という側面から、胸のたるみにつながる原因を解説しました。

忙しい男性も多く、いきなり生活習慣を変えるのは難しいと考える男性も多いと思います。しかし、自分のできる範囲から意識して始めてみることが重要です。

生活習慣も胸の脂肪がつく原因

男の胸の脂肪を落とす方法

これまで男性の胸に脂肪がついてしまう原因を紹介してきました。上記を確認することで、自分の胸が何故たるんできてしまったのか、その原因に心当たりがあった方も多いのではないでしょうか。それでは、原因を理解したうえで、実際に男性の胸の脂肪を落としていくにはどうすれば良いのか?その方法を見ていきます。

胸の脂肪には有酸素運動が効く!

胸の脂肪には有酸素運動

胸の脂肪には有酸素運動

胸の脂肪がたるむ原因に「筋力の低下」と「生活習慣の乱れ」を紹介しましたが、有酸素運動によってた胸のたるみの原因となっている脂肪を燃焼させてしまうことが重要です。そこで、胸の脂肪を落とす対策として、まずは有酸素運動を取り入れてみましょう。

有酸素運動とは、ジョギングや水泳、サイクリングなど、体内に酸素を取り込むことで脂肪を燃焼させる運動です。有酸素運動はカロリー消費が大きいため、胸のみならず、全身の脂肪をとるのに非常に効果的です。

ランニングや水泳といった有酸素運動は、そこまでハードルの高いものでなく、気軽に始められるため、忙しい男性でも実践できる運動として非常に手頃です。

もし外で運動することがなかなかできないという方は自宅でもできる有酸素運動を行っていきましょう。

肩甲骨のストレッチも胸の脂肪減少に効く

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のストレッチも効果的です。肩甲骨のストレッチによって、何故胸のたるみの原因である脂肪が落ちるのか?と思う方も多いと思います。

実は、肩甲骨の周辺には褐色脂肪細胞という細胞があります。この褐色脂肪細胞には、脂肪を燃焼させる効果があり、刺激して細胞の働きを活発にすることで、胸の周りの脂肪を燃焼させることができます。肩甲骨のマッサージには、肩を回す、自分で揉む、人に揉んでもらう、ストレッチポールなどの運動器具を使って行う方法など数多くあります。

肩甲骨マッサージの利点は、オフィスなどで空いた時間に気軽にできる点にあります。有酸素運動などの時間を取れない、忙しい男性の方には非常におすすめの方法です。

筋トレで胸の脂肪を筋肉に変える

筋トレで胸の脂肪燃焼

筋トレで胸の脂肪燃焼

みなさんが胸のたるみを落とす方法として最もイメージしやすいのが、おそらく筋トレではないでしょうか。胸のたるみの原因である脂肪を、筋肉に変えてしまうのも効果的です。胸の筋肉をつけるトレーニングには様々なものがあります。ご自宅でできる手軽なものとしては

・腕立て伏せ

・ダンベル

・ゴムチューブ

を使ったものがあります。

また、ジムに通い、ベンチプレス等の器具によって筋肉をつけていくことも可能です。ただし、胸の筋肉は一朝一夕につくものではありません。どんな方法にも時間と努力を要します。焦らず、継続的に続けられる、自分にあった方法を見つけることが重要です。

ダンベルを使った胸の脂肪燃焼方法はこちら

男らしい、脂肪のない胸を目指そう!

激しい運動はちょっと、、、という男性には、エステもおすすめです。男性でエステに通うのは抵抗があるという方も多いもしれませんが、プロの方に任せてしまうのは絶大な効果があります。脂肪を落としたい方には脂肪を燃焼する専用のコースのある「ラ・パルレ」のメンズエステです。

メンズエステのパイオニアとして有名なエステサロンですが、プロによるきめ細かなサポートにより、その効果も間違いなしです。目標設定や、自分にあった食事やプログラムを組んで頂けるというプロのサポートも充実しており、非常に評価が高いメンズエステです。

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

ラパルレの実際の施述内容と口コミに関する記事はこちらをクリック⇒「初来店限定!業界最安値2000円で脱メタボ「ラ・パルレ」の実態!

なかなか自分だけではなかなか長続きしないという方は、是非プロのサポートを検討してみてはいかがでしょうか?

胸のたるみを取るには、その原因である脂肪を取り除くことが重要です。しかしながら、胸のたるみはすぐに解消されるものではありません。

特に、忙しい男性にとっては継続に続けていくことは難しいかもしれません。まずは、たるみの原因をしっかりと分析しましょう。そして、自分に合った方法解消方法を見つけ、かっこよい胸を目指していきましょう!

胸の脂肪の落とし方をもっと知りたいかたはこちらの記事をチェック⇒男性の胸部の脂肪の落とし方総集編!正しい胸部ダイエットを!


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料