男の胸の脂肪を徹底的に落とす筋トレ決定版!本気のダイエットとは?!

胸の脂肪を本気で落としたい男性に送る筋トレ方法についてお伝えします。またなかなか筋トレが出来ない男性でも胸の脂肪を落とすことができる方法についてもお伝えします。胸の脂肪を落とすとダイエットにもなるのでぜひ引き締まった身体にしていきましょう。


まずは男の胸の脂肪を落とす基本法をチェック!

胸の脂肪を落とそう!

男性もまずは運動からですよ!

胸の脂肪が気になっているけど周りに相談なんてできない、そんな経験はありませんか?胸の脂肪をなかなか落とすことができない、落とす方法が分からず結局何もしないままでいる…そんなあなたにぴったりな、男性版の胸のダイエット方法があります。

そんなダイエット方法の前にまずは簡単になぜ胸に脂肪がついてしまうのか理解しておきましょう。

胸に脂肪がついてしまうのはなぜ?

結論から述べると筋力低下による、脂肪の増加が男性の胸に脂肪がついてしまう原因です。そもそも大胸筋は筋トレなどをしない限りあまり使わない筋肉になっているため、筋力が落ちやすく、代謝も低下してしまいます。

筋トレ不足⇒筋力の低下⇒代謝の低下⇒脂肪の増加

が脂肪がつくメカニズムになっています。

仕事で忙しく筋トレが出来ない割に、飲み会などでカロリーを摂取してしまう男性は特に脂肪が増加しやすくなってしまうのです。

いよいよダイエット本番!

男性も筋肉を増やす量と脂肪を落とす量のバランスが大切です。

ここからは、男性の胸の脂肪を落とすのにうってつけな男性向けの動画を3つご紹介します。

男の胸の脂肪対策筋トレその① ダンベルだけで大胸筋を鍛えて脂肪を落とす!

大胸筋を鍛えるトレーニングとして、ダンベルプレス、ダンベルフライ、プルオーバーが解説されています。

【ダンベルプレス】

8~12回で1セット、これを3セット行います。

ダンベルプレスのポイントは次の8つです。

1.自分に合った重量のダンベルを使う

2.フォームが固まるまでは5キロ程度でOK

3.故障防止のため、また筋肉にもいいため、最初の目標は片側25キロで3セットできたら重量を上げても良い

4.持ち上げるときは胸で持ち上げ、胸で腕を動かす

5.胸が上に上がるときに腕が前に行く、腕がつかれる場合は間違っている

6.肩甲骨を閉じた状態で行う

7.腕を伸ばし切ると胸が休んでいる状態になるので絶えず負荷をかけることができないので伸ばし切らない

8.上げるときは早くおろす時はゆっくり行う

【ダンベルフライ】

ダンベルフライのポイントは次の5つです。

1.肩甲骨を閉じた状態で行う

2.ダンベルはまっすぐではなくハの字に持つ

3.ダンベルは上でぶつかるまで持ち上げる

4.胸で持ち上げる

5.ひじは閉じ気味で行う

【プルオーバー】

プルオーバーは胸郭を広げるトレーニングです。

プルオーバーは専用の器具もありますがダンベルでも行えます。

プルオーバーのポイントは次のつです。

1.肩甲骨を閉じた状態で行う

2.胸でダンベルを上げ下げするというイメージをする

3.腕がつかれるときはフォームが間違っている

 

筋トレはどれもイメージが大事です。

どの筋肉を鍛えているのかしっかりイメージしながら行いましょう。

 

男の胸の脂肪対策筋トレその② 腕立て伏せをしっかりマスターして脂肪を落とす!

腕立て伏せのフォームやポイントが詳しく解説されています。

フォームの注意点は次の4つです。

1.肩幅よりも狭いと腕の力に頼っていしまい胸を鍛えられないので、左右に10センチ広く構える(自分が思うより広めに)

2.手の角度は自然なハの字

3.可動範囲が狭くなるので頭の位置は下を向かない、まっすぐが一番いいが前向きでもOK

4.お尻はまっすぐに保つ、足が近いとお尻が上がるのでいい場所を探して行う

※体幹が鍛えられていないときは膝をつけて腕立て伏せを行う

ポイントは次の4つです。

1.胸を鍛える場合は胸を張り肩甲骨を寄せておく、胸郭を持ち上げると肩甲骨が寄っていく

2.重力に負けて勢いよくおろすのではなく重力に抵抗するようにゆっくりおろす

3.脇を締めず、ひじを張りながら行う

4.上げたときにひじをロックすると胸の筋肉を使わずに体を支えてしまうのでロックしない

 

筋トレは、基本テクニックがなっていないとつらくなり長続きしなくなります。筋肉に効いていないのは正しいフォームで筋トレができていないということです。

筋トレを普段から行っている方も基本はしっかり押さえておきましょう。

 

男の胸の脂肪対策筋トレその③ 上半身を総合的にトレーニング!

4つのスーパーセットが紹介されています。

【スーパーセット1:ロー15レップ、プッシュアップ15レップ、90秒休んでからローからもう一度行う】

・ローイングのポイントは次の2つです。

1.ダンベルバーベルどちらでもOK

2.足は肩幅に広げ体を前に倒し肩甲骨を締めてひじは開かないようにしてダンベルを上げ下げ×15

・プッシュアップのポイントは次の3つです。

1.椅子、壁どちらで行ってもOK

2.足を遠くすると負荷が上がる

3.きつい場合は膝をつけ床で行ってもOK

【スーパーセット2:シングルアームロー15レップ、チェストレップ15レップ、90秒休んでからローからもう一度行う】

・シングルアームローのポイントは次の4つです。

1.ベンチの真ん中にダンベルを置き膝と手の真ん中にある位置がベスト

2.脇と足は90度になるように構える

3.肩甲骨ごとダンベルをしたに降ろし下まで降ろしたらへそまで上にあげる

4.肩は回したり左右に動かないようにする

・チェストプレスのポイントは次の3つです。

1.ベンチに仰向けになりダンベルを垂直に持ち胸の位置から始める

2.ひじは開きすぎない

3.真上に持ち上げる

【スーパーセット3:カール15レップ、三頭筋エクステンション15レップ、90秒休んでからカールからもう一度行う】

・カールのポイントは次の2つです。

1.手のひらを上に向けダンベルを持ち顔まで持ち上げる

2.上半身が倒れないように注意する

・三頭筋エクステンションのポイントは次の3つです。

1.チェストプレスと同じ体制からダンベルを平行に持ち腕を上にあげた状態から始める

2.ひじを動かないようにしダンベルを頭側に上げ下げする

3.回転させない

【スーパーセット4:ハンマーカール15レップ、三頭筋キックバック15レップ、90秒休んでからカールからもう一度行う】

・ハンマーカールのポイントは次の2つです。

1.ひじを太股につけたまま90度になるまで上げた後ひじを離し持ち上げる

2.ダンベルは床に垂直に持つ

・三頭筋キックバックのポイントは次の2つです。

1.シングルアームローと同じ体制からひじを90度に持ち上る

2.1の構えから後ろ向きに床と平行になるまで持ち上げる

 

男性の筋トレ初心者の方向けの動画ですが、そこまでの筋力がなくキツくてついていけなかった…という方もいらっしゃるかと思います。筋トレは継続し続けることで脂肪を落とすといった成果が出てくるものですが、そこまで続けられない方や時間が取れない方はプロフェッショナルに相談するのもアリでしょう。

次で男性向けダイエットのプロフェッショナルについてご紹介します。

プロフェッショナルに相談しながらもアリ!

ダイエットは筋トレで脂肪を落とすだけではありません。今利用者が急上昇しているメンズエステサロンを利用することもおすすめです。

芸能人やモデルが今では当たり前のように通っている、メンズエステは脂肪を落とすプロフェッショナルのスタッフがその人の体質に応じて、脂肪を落とす施述と食事などの生活面をサポートしてくれます。

最近では、男性向けのエステも種類が増えてきており、どれにしようか迷ってしまう方もいるかと思います。そんな方は、こちらの記事を参考に様々な男性向けエステを比較しながら探してみましょう。

高いと思っている男性も多いと思いますが、初回体験コースであれば90分の施述を2000円で受けることができるラパルレの脱メタボコースもあります。一度もメンズエステにいかれたことがない男性はお得にエステの施述を受けることができるので一度チェックしておきましょう。

[口こみ・料金比較]ダイエットはメンズエステで短期で劇的に改善!」はこちらをクリック!

まとめ

男性の胸の脂肪を落とす方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

胸の脂肪を落とすには、胸の筋肉を鍛える必要がありますが、フォームを間違えてしまうとせっかく筋トレをしていても胸以外の筋肉を鍛えてしまうことになります。最悪の場合脂肪を落とすどころか故障につながってしまいます。それは大変ですよね。

胸の脂肪を落とすには肩甲骨を閉じたまま筋トレを行うというのがどの動画でも共通のポイントでした。

コツをつかむまではなかなか難しいと思いますが、胸の脂肪を落とすというイメージをしっかりもって筋トレを継続していきましょう。時間が取れず脂肪を落とすのは後回しという忙しい方や筋トレがなかなか脂肪を落とすまで続けられないという方は男性向けのエステを利用するのも手です。

男性も胸の脂肪を落とすのは難しいと思いますが、この記事があなたの脱メタボの助けになれば幸いです。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料