フェイスラインにニキビで悩む男性は多い?主な3つの原因とは!

顎からフェイスラインにニキビができやすいという男性も多いのでは? 特に外見を気にする思春期~20代はお肌トラブルに敏感になってしまいますよね。当記事では男性のフェイスラインにニキビができる原因と日常生活で簡単に出来るニキビケアをご紹介します。


フェイスラインにニキビができる原因(男性)

フェイスラインにニキビができる原因

フェイスラインにニキビができる原因

朝、目覚めて「あれ?顎に違和感が。もしかして」と鏡で確かめたら、やっぱりニキビが赤く腫れている、分かったとたんに疼いてきた、といった体験は、男性なら一度や二度ではないのではないでしょうか?頬から顎にかけての輪郭線、いわゆるフェイスラインは男性ならば思春期をピークにして、以降いつまでもニキビが生じやすいゾーンです。男女に限らず、フェイスラインはニキビができやすいのです。

ニキビはなぜ、フェイスラインにできやすいのでしょう?

そのワケはニキビを誘発する男性ホルモンの受容体がフェイスラインに沢山あるからです。
ですので何らかの原因で体に変調が生じてニキビが出る状況になると、まずはフェイスラインからニキビが出て来るのです。

次に体の部位は関係なく、ニキビができる原因を説明します。

ホルモンバランスが乱れている

思春期でも大人でも、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過剰になると、ニキビが出てきます。しかし、ニキビが生じるメインの要因は、大人の場合は思春期と違って、ホルモンバランスの乱れによるものです。

ホルモンバランスが乱れるのは、どういった時なのでしょう?

大きく分けて、ストレスを感じている時と睡眠不足の時の2つです。

ではまず、なぜストレスを感じるとホルモンバランスが乱れるのでしょう?

ヒトの体はストレスを感じると緊張状態になり、血管が収縮して血流が少なくなります。自律神経は血流を増やそうとして抗ストレスホルモンを分泌する司令を伝えます。この抗ストレスホルモンは皮脂腺を刺激します。そして皮脂の分泌が過剰になり、ニキビが出来やすい状態になるのです。

次に睡眠不足の時はなぜホルモンバランスが乱れるのでしょう?

そのワケは次のとおりです。睡眠不足になると、体の緊張状態を促す作用のある交感神経の働きが強まります。そして交感神経は男性ホルモンの分泌を促進する働きもあります。ですので皮脂をどんどん生んでしまうのです。

ひげ剃りでフェイスラインに傷をつけている

フェイスラインは男性にとって、女性以上にニキビが出来やすい、もう一つ別の原因があります。フェイスラインに生えている髭を剃ることです。

キーワードは2つ、「刺激」と「剥離」です。

髭剃りで肌にカミソリの刃を当てると、それが皮膚への刺激となります。刺激が繰り返されるうちに、毛穴の周りの角質が厚くなって、毛穴詰まりの原因の「過角化」が進むのです。

もう1つは、カミソリの刃を肌に強く押し当てて剃ったり、毛先の出方と逆向きに刃を当てたり、しつこく同じ部位を剃り続けたり、傷んだ刃を使い続けたりすると、肌の角質を剥がしてしまいます。肌のガード役の角質が剥がれると、肌は外乱に対して守りが弱体化、雑菌が侵入しやすくなってしまうのです。

胃腸の調子が悪い

胃腸の調子が悪ければ、男性も女性もニキビが出やすくなります。その素因は代謝機能の低下です。

代謝機能が低下する一番の要因は暴飲暴食です。一度に大量の食物を摂ると、消化活動を活発にしなくてはいけなくなるので、血液が胃腸に集まります。すると体表の辺りの血流量は低下し、それとともに代謝機能が低下していきます。すると、皮脂の老廃物が溜まりやすくなり、ニキビが最も出やすいフェイスラインに出てくるようになるのです。

その上に胃腸の調子が悪くなると、消化機能が低下して、栄養成分の吸収力が弱まるので、皮脂の分泌を抑制する作用のあるビタミンB2とビタミンB6も不足しがちになって、皮脂の分泌量が過剰気味にもなるのです。

フェイスラインのニキビケア(男性)

フェイスラインのニキビケア

フェイスラインのニキビケア

男性の肌にニキビが最も出やすいフェイスライン。ニキビ対策を重視すべき男性のフェイスラインについて、ニキビを治す、あるいは予防する方法をお伝えします。

クレンジングや洗顔をする

顔を、特にフェイスラインを清潔にするという対策を何もしないというのは、もちろん間違っています。顔が脂ぎってきたなと思うことは男なら誰でもあります。そういう時のケアことが大事。クレンジングや洗顔をして清潔を保つよう心がけましょう。

しかし、不適切なクレンジングや洗顔は、かえってフェイスラインなどの男のニキビを悪化させる場合があります。

皮脂は肌の表面を覆い、水分の蒸発や乾燥から肌を守る働きをします。洗顔料に含まれる「界面活性剤」は脱脂する力が大変強く、皮脂を必要以上に洗い流してしまい、肌の保護バリアを取り除いてしまいます。すると肌はたちまち乾燥します。乾燥した肌は、保護バリアを回復させようと皮脂を過剰に分泌させるようになり、結果、ニキビを発生、悪化させてしまうのです

出典:大人ニキビの治し方 完全まとめ| アンチエイジングの神様

その時々に適した量を使用することが大切です。

そして、クレンジングや洗顔の方法では、力を込めてゴシゴシとこすったり、1日の間に何回も洗顔したりと、誤った方法を続けていると、肌に必要な潤いを消すことになってしまいます。

念入りなクレンジングは必要な皮脂まで落としてしまい、その上さらに洗顔料による泡洗顔で、洗浄力の強い泡が残ったわずかな「潤いとして必要な皮脂」まで徹底的に奪ってしまうケースが、非常に多いんですよ。

出典:大人ニキビを作らない正しい洗顔方法とは?

フェイスラインなどの部位と力加減をわきまえた、充分かつ丁寧なクレンジングや洗顔をするよう、気を付けましょう。

 

脂っこい食事を控える

フェイスラインに限らず、ニキビ発生に働く生物が体表に居座っています。アクネ菌です。毛詰まりを起こした皮脂がアクネ菌のエサとなり、繁殖していくのでニキビが発生するのです。アクネ菌は、男女や年齢や健康状態を問わず、総ての人の肌に常駐する常在菌であるため、取り除くことはできません。ですので皮脂量をコントロールする為に食事の中身を調整することは、とても大切なのです。

牛肉や豚肉など脂分の多い食材、バターの使用量の多い菓子類やスイーツにファストフードなどは皮脂の分泌量を増やしてしまいます。ニキビを防ぐには、脂っこい食事を控えるよう心がけましょう。

繰り返す男性のニキビは体の内側から治そう

男性のニキビは体の内側から治そう

男性のニキビは体の内側から治そう

フェイスラインは代謝のペースが緩やかなため、ニキビ痕はなかなか消えてくれません。さらに男性のニキビは強い炎症が出やすいので常に気を付けるべきなのです。

しかし上で取り上げたニキビケアの方法は、根気のいる取り組みを持続しなければならず、社会人である大人の男にとっては、つい中断してしまう誘惑が多いのが世の中の常です。誘惑を断てるような環境を作るのも現実社会で暮らす身には非現実的です。
なら、諦めるしかないのでしょうか。

いえ、諦めることはありません。もっと容易にホルモンバランスを改善できる方法があるのです。

下のリンク先サイトは、ラ・パルレのニキビコースについて、施術方法など詳しく説明しているので分かりやすいのでおススメです。口コミも載っているので、体験者のナマの言葉が読めて安心もできます。

さらに嬉しいサービスも。

初来店のお客には、わずか1000円でラ・パルレのケアサービスを試せるのです。詳しく知りたい男の方はぜひ、下のサイトをご覧になってください。

⇒初体験限定!「ラ・パルレ」のニキビコースは1000円って本当?!はこちらをクリック

 

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料