男性の「肌荒れ」を女性は気にするの?それとも気にしない?

肌荒れ持ちの男性は女性からどう見られているのか気になりますよね?世の中の女性は肌荒れをしている男性を気にするのか?それとも気にしないのか?気になる結果が出ていたのでご紹介します。当記事を見たら肌荒れを改善したいと思うはずです!ちなみに気にしない女性は〇〇%!


女性は気にしない?男性の肌荒れについて

男性のみなさん、女性は肌荒れを気にしないと思いますか?

女性は男性の肌荒れを気にするのか?気にしないのか?を客観的に数字で確認したいと思います。

東京都内の男女学生1000人を意識調査したアンケート結果によると、女性は男性に対して「ニキビ治療をして欲しい」と思う方が約6割います。つまり女性は男性の肌を気にしていて何からしらの対策をして欲しいと思っています。

男性の中には女性は男性の肌荒れを気にしないと思う方も多くいらっしゃいますが、女性は男性よりも見た目を気にする傾向にあるので、異性の見た目にも気にしてしまう傾向があると考えられます。女性に対してより良い印象を与えるためには、「きれいな肌」を実現することが大切だという事がわかってきます。きれいな肌の実現をするためには、まず肌荒れの原因について知りましょう。次項以降でそもそも肌荒れとは何か?について紹介をしていきます。

女性は男性の肌れについて気にしないか?の結論としては「女性は男性の肌を気にしている」です。

70149003ccafb697bef52c9e34375d87

出典:PRTIMES

そもそも肌荒れの原因とは?

肌荒れの原因

そもそもなぜ肌が荒れてしまうのでしょうか?肌荒れの原因を一緒に考えて行きましょう。

不規則な生活

睡眠不足

睡眠不足は肌荒れの原因になります。理由は肌の修復は就寝中にのみ行われるので、睡眠が不足すると十分な栄養が肌に送られず肌荒れやニキビの原因となるためです。バランスのよれた食事とっても栄養が肌に送られないと意味がありませんので、みなさん肌荒れやニキビを防ぐために十分な睡眠をとりましょう。

食生活悪化による腸内環境の乱れ

普段の食事がお肉や油、添加物などの腸内の悪玉菌が増えてしまうような食習慣していると肌荒れを改善することは不可能です。

食習慣で大切なのはバランスです。特に「肌の状態=腸の状態」と言われるほど肌の状態と腸の状態は密接に関係しています。これは腸内の善玉菌が肌の状態を改善する酵素を活性化し、肌のターンオーバーの周期を促すことで健やかな肌をキープすることができるということです。

img01

出典:第一三共ヘルスケア

ホルモンバランスの乱れ

社会で感じるストレスはニキビができる大きな原因となっています。ストレスがたまるとニキビができるだけでなく、生活習慣も乱れてしまいます。こうなってしまうと肌荒れはエスカレートする一方です。

自分を追いつめるとストレスはたまりやすいです。たまには難しく考えることをしないというのも重要なことです。簡単に言えば、自由に適当にする時間も大切だということです。

ストレスは考え方によってはストレスにならないこともあります。無理に考えすぎたり何事もストレスだと捉えたりしないよう心掛けましょう。

ヒゲ剃りで肌にダメージを与えてしまう

男性なら毎日行なっている方も多いヒゲ剃りがニキビの原因となることもあります。髭剃りによって肌にダメージを与えてしまいます。ヒゲ剃りによって肌にダメージを与えると、菌などの汚れと保湿不足にあります。

ヒゲを剃ったあとに必ずニキビができてしまうという悩みを抱えている人は、保湿することを意識すると良いでしょう。

間違った洗顔方法

一日に何度も洗顔してしまう

洗顔を何度もすれば、ニキビの根本原因でもある皮脂を洗い落とすことができるしテカりも抑えることができると考えている男性は多いです。しかし、実はこれが大きな間違いです

ニキビができたら毎日何度も洗顔してケアしたいという気持ちになります。しかし、それがかえって肌を乾燥させ皮脂を過剰に分泌させることとなってしまいます。

皮脂はニキビの根本原因ではありますが、必要ないものではありません。あくまで余分な皮脂を落とすことが重要なので、無理に何度も洗顔しないで、必要な皮脂だけを落とすことを意識しましょう。

肌荒れの対策とは?

規則正しい生活を送る

睡眠

良質な睡眠を得るためのポイントは下記2つです。

①食事で摂取した栄養を吸収して細胞が活発になる時間帯の夜10時〜深夜2時のゴールデンタイムに睡眠をとる。

②寝る時間が毎日異なるとスムーズに肌に栄養を送られず、ニキビの原因になるのでベッドに入る時間は一定にしましょう。

食習慣

肌荒れの対策で重要なのは、スキンケアよりも身体の内側のケアでです。肌荒れがなかなか治らない男性にありがちな偏食や外食は肌荒れの大きな原因です。

偏った食生活をしていると、どんなにスキンケアを行っていても肌荒れは治りません。理由は肌が正常に作られるためにはバランスの取れた食事をして栄養補給を行う必要があるからです。

バランスの取れた食事は「たんぱく質」「ビタミンA」「ビタミンC」をバランスよく摂取することが大切です。具体的な食品に関しては男のニキビを治す正しい方法とは?根本的に治せる3つの対策!の記事で紹介していますのでご参照下さい。

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

ホルモンバランスの正常化

ストレスによるホルモンバランスの乱れは肌荒れの原因になります。

「職場での上司、学校やアルバイトでの人間関係」などでストレスと感じたことはありませんか?

ストレスを感じると、ストレスホルモンが過剰に分泌されて皮脂が過剰に分泌してしまい肌荒れを引き起こします。

ストレスとうまく付き合うためには、「朝に太陽の光を浴びる」「適度な運動をする」「森林浴をする」ことが効果的と言われ、生活の中で無理のない範囲で定期的にストレスを解消しましょう。

しかし「なかなかストレスをケアする時間がない」、「ストレスをなくそうと努力したけどなかなかうまく行かない」という方には自然由来のノコギリヤシを使用したサプリを摂取することでホルモンの過剰反応を正常にすることが可能です。

上記のようなストレスケアで悩んでいる方はノコギリヤシを主成分としたジェントルフェイスというサプリを使用している方が多いです。詳しくはジェントルフェイスの口コミ・評判まとめ!ニキビへの効果とは?の記事をご参照下さい。まだ使用されていない方は一度お試し下さい。

ジェントルフェイス

【GENTLE FACE】

自然由来のノコギリヤシプラセンタマキベリービタミンCによってニキビの原因である皮脂の過剰分泌を抑えることができる最新のスキンケアサプリ。

⇒GENTLE FACE公式サイトはこちら

 

正しい洗顔方法

基本的には朝夜1回ずつ行いましょう。洗顔時には特に強くゴシゴシと洗うと肌が傷つき肌荒れの原因になるので優しく洗って下さい。優しく洗うポイントはよく泡立ててから、きめ細かい泡をふんわりと肌に乗せ、肌の表面の汚れを優しく洗う感覚が大切です。

そして洗顔後には必ず保湿をして下さい。理由は肌荒れ、特にニキビの原因は乾燥を放置すると皮脂が過剰分泌してしまい毛穴がつまる原因になるからです。そのためしっかりとしたスキンケアを行うために化粧水・クリーム使って肌を健やかにキープさせましょう。

最近、特に肌荒れやニキビで悩んでいる男性の方で話題であるバルクオムを一度お試しすることをおすすめします。詳しくはバルクオムを激安で購入する裏技はこちら!〇〇%OFFで購入可能!の記事を参照下さい。

【バルクオム】

高級植物幹細胞を使用したメンズ専用スキンケアコスメ。

本気でスキンケアを考えている方が使用する本格派コスメです。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

ニキビの専門家に頼る

肌荒れをケアする方法はたくさんあります。それらで肌荒れを解消することができる人はもちろんいますが、その一方で何をしても肌荒れが解消しないという人もいます。

そんな人におすすめなのがメンズエステです。メンズエステと聞くと高いじゃないかといったような良い印象がしない人もいると思います。確かに、そう考えるとなかなか行きづらいものです。

ここでおすすめしたいのが、有名メンズエステの「ラ・パルレ」です。最近注目を浴びている3大メンズエステの1つです。

「ラ・パルレ」では、ニキビの原因を体の外側と内側の両方から改善する「ニキビ内外コース」と呼ばれるコースを実施しています。ニキビ内外コースでは「腸マッサージ」や「ヘッドスパ」「肩もみ」「可視光線での代謝アップ」などの施術を通して男性の悩みである肌荒れを内側から改善することができます。

最近ではスキンケアに意識を向ける男性も増加してきています。プロの指導を受けながら行うスキンケアと自分一人で行うスキンケアでは効果に大きな差ができてしまうのは明白ですよね。

ラ・パルレの初回限定コースではニキビ内外コースを1000円で体験することができます。1000円というのは業界初の試みとなっています。期間限定ですので、まだラ・パルレに行ったことがない方やメンズエステを試してみたいといった方には非常にオススメです。メンズエステを上ウニ取り入れて肌荒れを気にしない生活を送りましょう!

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料