ぽっこり出てきた下っ腹!皮下脂肪を劇的に減らす3つの方法。

年齢や、働くストレスからの暴飲暴食によって、皮下脂肪が溜まった下っ腹が出てきていませんか?一度ついてしまうとなかなか落ちにくい皮下脂肪、原因と劇的に減らす方法を解説します。周りの女性や部下にもう下っ腹が出てきたね…と言わせない!


なぜ皮下脂肪がついてしまうのか

man

頭を抱える男性

男性の皆さん、ふとした時に下っ腹の脂肪が気になりませんか。ポッコリと膨らんだ下っ腹の脂肪ってなかなか落ちにくいですよね。

今回はそんな下っ腹に脂肪がついてしまう原因と、その解決方法をを紹介します。

この記事を参考に、下っ腹の脂肪が気にならない、スマートな腹を目指しましょう。

 

下っ腹が出てしまう原因

まずは下っ腹に脂肪がついてしまう原因を知りましょう。

普段の姿勢が下っ腹の原因かもしれません。

下っ腹に脂肪が蓄積する姿勢の一つに猫背があります。猫背になると、背中が丸まることによって肩甲骨が開くと、肩甲骨の辺りが開いて肩が前に出ている感じ、更にお腹がぽこっと前に出る感じが自分でもわかると思います。

この猫背の姿勢が定着してしまい、無意識のうちに猫背になってしまうと、お腹の筋肉が緩んでしまい、弛んだ筋肉を覆うように脂肪が蓄積されてしまうので、食事や運動に気を付けていても、下っ腹に脂肪がたまってしまいます。

また、腹筋だけでなく脇腹の腹直筋、腹横筋が弱ると内臓下と呼ばれる内臓が本来あるべき位置より下に下がってしまう問題で、これが下っ腹に脂肪がたまる原因でもあります。

姿勢が悪いかどうかのチェックは簡単で、仰向けに寝た際に床に肩が着かず浮いてしまう人、肩凝りに悩んでいる人も、姿勢が悪く猫背になっている可能性が高いため、姿勢を矯正するだけでもウエストが大きく変わるかもしれません。

また、姿勢が悪く猫背の人は下っ腹の脂肪のみならず、腰痛や肩こりなど体系の崩れなどが引き起こされることがあるので注意しましょう。

続いては食生活の原因です。

日本人の食生活において、肥満になにより大きな影響となっているのが食生活の欧米化です。

アメリカの男性方の大きなお腹が目立つように、欧米の食材はカロリーが多いものがとても多く、ハンバーガーやフライドチキンなどのファストフード、ケーキやポテトチップスなどのお菓子類などが挙げら、これらの食材は日本の男性の体ではなかなか消費できずに、代謝低下や運動不足と相まって、脂肪がお腹にたまってしまい、簡単に痩せることがない大きな要因となっているので、これらのようなジャンクフードは控えるようにしましょう。

また、日常の食事に欠かせない炭水化物もを下っ腹の肥満の原因になりかねません。肥満の大きな原因は血糖値の急上昇であると言われており、炭水化物を避けることによって中毒の改善と血糖値コントロールが効率的になるので、炭水化物を食べすぎないようにすることも大切です。

しかし、炭水化物といえば、ごはん、パン、麵といった日本人のメニューの主食として欠かせないものばかりで、これらを避けてしまうと、無気力感やイライラに苛まれてしまうかもしれないので、ダイエット中に炭水化物を避ける方法として夕食の炭水化物を避けることをお勧めします。

 

なかなか落ちにくい皮下脂肪

下っ腹の脂肪が落ちにくい原因である皮下脂肪について詳しくなりましょう。

皮下脂肪は、文字通り皮膚の下にある皮下組織という部分にたまる脂肪で、男性がダイエットを始めるきっかけとして、下っ腹のたるんだ脂肪が気になるということが多いですが、このたるんだ脂肪は皮下脂肪です。

皮下脂肪の本来の役割は熱を伝えにくいという特性によって、体温の保存に役立つことと、衝撃を抑えるクッションとしての働きもあるとされています。

皮下脂肪がつく原因は、エネルギー消費に対して摂取量が上回っているためで、この現象が起こる原因は、カロリーが高いものを食べすぎることや、極端に運動をしないためエネルギー消費が少ない、といった理由が挙げられます。

皮下脂肪は体外から入ってきたカロリーの量が多すぎたり、基礎代謝や運動の不足によってカロリーが消費しきれずに長い時間をかけて徐々に蓄積されていった脂肪で、この皮下脂肪は脂肪の中でも特に代謝が悪いため、簡単に落ちることがないという性質を持っています。

 

下っ腹の皮下脂肪を劇的に減らす3つの方法

筋トレだけじゃダメ!皮下脂肪には有酸素運動も

下っ腹の皮下脂肪を落とすためにまずすることと言ったら筋トレですが、皮下脂肪に対しては筋トレだけでなく、有酸素運動が大切です。

有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、水泳などがそれにあたり、この有酸素運動によって皮下脂肪を燃焼させるためには、20分以上続けなくてはいけません。

そして効率よく有酸素運動を行い脂肪を燃やすためには筋肉が必要です。

筋肉量が少ない状態での有酸素運動と増やした状態での有酸素運動では、同じ運動でも効果が大きく変わり、それは筋肉量が基礎代謝に繋がっているからです。

基礎代謝とは運動をせずに生活しているだけで消費するエネルギーであり、若い頃は基礎代謝が高いため運動をしなくても体が勝手にエネルギーを消化していたのですが、基礎代謝は年齢と共に低下するので、若い頃と生活を繰り返していた場合、過剰なエネルギーは確実に脂肪となって蓄えられてしまうのです。

年齢と共に低下していくものではありますが、筋肉量などで基礎代謝を向上させることは可能で、筋肉の増加は基礎代謝の向上となり、それは運動時の脂肪を燃焼させる力にも関わります。

そのため有酸素運動でのエネルギー消費量を上げ、効率よく脂肪を燃焼させることから、効率よく下っ腹の脂肪を燃焼させるためには有酸素運動と筋トレの両方が必要です。

 

下っ腹に効く!カプサイシンを摂取する

下っ腹の皮下脂肪に効果的なものとして、カプサイシンが挙げられます。

とうがらしを食べた際に起こる様々な生理現象は、主にカプサイシンの働きによるものです。
体内にカプサイシンが入ると、血液によって全身に運ばれ、脳や脊髄などの中枢神経を刺激します。その刺激が、副腎皮質に伝わり、アドレナリンというホルモンが分泌されます。
カプサイシンを摂取すると、体脂肪の分解を促進するアドレナリンがエネルギーの代謝を盛んにします。結果、効率良く脂肪を燃焼させます。
また、カプサイシンがエネルギーの代謝を活発にさせることによって、体温が上昇し、発汗が促進されます。
とうがらしを食べると、体が熱くなり汗をかきやすくなるのは、カプサイシンの働きによるものです。

出典:www.wakasanohimitsu.jp/seibun/capsaicin/

このようにカプサイシンは、唐辛子などの辛いものに多く含まれていて、皮下脂肪の燃焼の大きな手助けとなってくれます。

カプサイシンは皮下脂肪への効果だけでなく、

・血流を改善する効果
・高血圧を予防する効果
・コレステロール値を下げる効果
・冷え性を改善する効果
・食欲を増進させる効果
・疲労回復効果
・便秘を解消する効果

といったいずれも下っ腹の解消に良い効果が得られるので、ぜひ積極的に取り入れてみてください。

 

サプリメントや漢方の力を借りる

muscle

美しいボディラインに!

食事運動のほかにサプリや漢方も皮下脂肪に効果的です。

サプリメントや漢方薬は脂肪の体内吸収を抑制して脂肪燃焼効果を上げ、さらに血流をよくして、無駄な水分を排出して便通を改善してくれます。

これらの基本的な飲みは、一日三回朝昼晩と、食前か食間に服用することなので簡単に継続できるという点も大きなメリットといえます。

一人では自信がない、続けられないという方には、メンズエステ専門店ラ・パレルを紹介します。

ラ・パルレは全国に24店舗展開している大手サロンで、そして30余年の歴史があり、完全予約会員制のメンズの「ボディ・フェイス」エステティックに特化しているという特徴があり、トレーニング方法やダイエットについて、専門スタッフがあらゆるアドバイスをしてくれるので、自信がない男性でも短期間で効果が表れます。

また、コース契約ではなく一回ごとの支払いにも対応していますので、融通が利きますね。

下記リンクから詳細が見れるので、ぜひご覧ください。

⇒もっと素早く皮下脂肪を落としたいあなたはこちら

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料