たったの1ヶ月!?皮下脂肪を減らしてくれるのは〇〇だった!


1ヶ月で皮下脂肪を減らすためにまずは原因を知る

man

皮下脂肪に頭を抱える男性

一般的に女性の方がつきやすいとされていますが、男性にもついてしまう皮下脂肪。そして、ついてしまうとなかなか落としにくいのも皮下脂肪の特徴です。1ヶ月で減らすためには、皮下脂肪をこれ以上増やさないようにするのが重要になります。まずは、皮下脂肪がついてしまう原因から見ていきましょう。

皮下脂肪がついてしまう原因は、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が上回っているからです。使いきれなかったカロリーは、脂肪として体に蓄積されます。このとき、男性はまず内臓脂肪として蓄え、さらに脂肪がつく場合に皮下脂肪として蓄えられていきます。ですので、数ヶ月あるいは数年の蓄積で出来上がったものが皮下脂肪なのです。

 

1ヶ月で効率的に皮下脂肪を燃焼

1ヶ月で皮下脂肪を燃焼させるための方法をご紹介いたします。
特別な方法ではありません。そして、即効性のある方法でもありません。まずは1ヶ月じっくりと取り組んでみてください。

筋トレと有酸素運動の合わせ技

有酸素運動で脂肪燃焼

有酸素運動で脂肪燃焼

まず、消費カロリー>摂取カロリーとなるようにしていきましょう。手軽に自宅でもできる運動が筋トレです。筋肉をつけることで、わずかですが基礎代謝(活動しなくても消費されるエネルギー)を増やすことができるので、太りにくい体造りに一役買ってくれます。また、筋トレをすることで締まりのある体へのチェンジも図れます。
しかし、筋トレだけでは皮下脂肪の燃焼は行われません。皮下脂肪を燃焼させるために必要なことは、有酸素運動です。息が苦しくならない程度の運動、早歩きやジョギングがお勧めです。人に見られるのが嫌なら、室内で踏み台昇降運動を行うのもいいでしょう。
大切なのは毎日続けることなので、とりあえず1カ月間無理なくできる運動を行うようにしてください。

 

脂肪を燃焼させるリンパマッサージ

体の中には、リンパ管という老廃物の通路があります。このリンパ管を流れるリンパ液の流れが悪くなると、体内に老廃物が溜まりやすくなります。老廃物が溜まった状態では新陳代謝が悪くなるので、皮下脂肪も燃焼されにくくなってしまうのです。リンパマッサージを行って、皮下脂肪の燃焼しやすい体づくりをしていきましょう。
リンパマッサージというとグリグリ力強く行い、痛みを伴うものを想像する方も多いかと思います。しかし、それほど強い力でなくても大丈夫です。リンパの流れを良くするだけなら、肌を軽くする程度で問題ありません。

ちなみに、脇の下や股関節付近には、リンパ節というリンパ管が集まった場所があります。もしリンパ節を刺激した時に痛みを感じるなら、リンパの流れが悪い証拠です。初めは痛いかもしれませんが、マッサージでほぐしてあげると1ヶ月後には痛みを感じなくなります。1ヶ月、痛気持ちいいと感じる力でマッサージしてみてください。
さて、マッサージだけで脂肪を燃焼させられるかと言うと、答えはNO。マッサージだけで皮下脂肪を燃焼することはできません。
マッサージで刺激を与えると、脳からアドレナリンが分泌されます。アドレナリンには、脂肪を分解する酵素であるリパーゼを生成するように働きかける効果があります。その結果、体内の脂肪を分解しやすい状態にすることが可能です。マッサージをして体を脂肪が分解されやすい状態にしてから運動をすることで、より効果的に皮下脂肪を燃焼させることができるのです。

 

皮下脂肪をためないようにカロリー制限

消費カロリー以上のカロリーを摂取すると皮下脂肪がついてしまうのは、先ほどもお話しした通りです。ならば、皮下脂肪を増やさないためには摂取カロリーを制限すればいいということになります。
しかし、とにかく高カロリーの食べ物を避けるだけではいけません。皮下脂肪の燃焼のために運動も行っているので、体に必要な栄養素はきちんと摂取するようにしましょう。特に、筋肉をつけるためにタンパク質は欠かせません。低カロリー高タンパク質の鶏胸肉や赤身肉を積極的に食べるようにしてください。
また、必要以上にカロリー制限を行うことも厳禁です。体内で極端なエネルギー不足が起こると、体は飢餓状態だと認識してしまい、さらに皮下脂肪をためやすくなります。例えば厚労省のデータによると、身長171cm、体重70kg、30~49歳男性の基礎代謝量は1,561kcalとされています。

 

カプサイシンを摂取

カプサイシンとは、主に唐辛子に含まれる辛味を感じる成分です。では、なぜカプサイシンの摂取が皮下脂肪を減らすことに役立つのでしょうか。
辛いものを食べると汗をかきます。

これはカプサイシンの効果でアドレナリンが分泌され、体温が上がっているから汗をかくという原理です。このとき、体内では新陳代謝が活発になっているほか、脂肪を分解する働きを持つリパーゼが分泌されています。
残念ながら、カプサイシンの摂取だけで皮下脂肪を減らすことはできません。しかし、カプサイシンを摂取することで脂肪の分解が盛んになるため、有酸素運動を行ったときに脂肪が燃焼しやすくなるのです。さすがに1ヶ月間毎日唐辛子を使った料理を食べ続けるのは難しいので、サプリなども活用するといいでしょう。

皮下脂肪はサプリで減らすことが可能?サプリを使ってダイエット!」こちらではサプリを使用した

1ヶ月で体に変化は現れた?

かっこいいスタイルで笑顔をあなたに!

かっこいいスタイルで笑顔をあなたに!

ここまで、1ヶ月で皮下脂肪を減らすための方法についてまとめてきました。皮下脂肪は簡単に燃焼してくれないので、まずは体に蓄積させないことが大切です。
ついてしまった皮下脂肪は、筋トレと有酸素運動で燃焼させましょう。運動前にカプサイシンを摂取したり、リンパマッサージを行ったりすることで、より効果的に皮下脂肪を燃焼させることができます。1週間で効果が出なくても、諦めずにまずは1ヶ月続けてみてください。皮下脂肪の燃焼を意識して1ヶ月過ごせば、体のたるみもスッキリしてきているはずです。

ただ1カ月続けられるか不安…という方はエステサロンをぜひ一度検討すると良いでしょう。エステサロンでは初めて行かれる方には初回体験料金が設定されています。2時間のフルコースを2000円施術が受けることが可能です。

メンズエステ初回体験の料金ランキング!一番安いのは〇〇だった!」こちらでは初回体験料金が安いエステサロンのランキングが記載されているので、一度チェックしておきましょう。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料