お腹のたるみは皮下脂肪から攻めろ! ぽっこりお腹を解消する裏技とは?

お腹のたるみがなかなか取れないという方は、まず皮下脂肪を落とすことを意識してみてはいかがでしょうか? そこで今回は、皮下脂肪を効果的に落とすための食事や運動、さらにはより効率的にお腹のたるみを落とす裏技をご紹介していきます。


なかなか取れないお腹のたるみは皮下脂肪が原因!?

皮下脂肪 たるみ

お腹のたるみの原因は皮下脂肪

「最近お腹のたるみでベルトに肉がのるようになってきた」

「若い頃はすぐに体重が落ちたのに、なかなか落ちないようになってきた」

こんなことはありませんか?そのお腹のたるみ、皮下脂肪が原因かもしれません。

身体に蓄積する脂肪には2種類あります。「内臓脂肪」と「皮下脂肪」です。同じ脂肪でも蓄積する場所とその役割が異なるので、対処の仕方もそれぞれに合わせる必要があります。

内臓脂肪

その名の通り内臓の周りに蓄積する脂肪です。男性に比較的つきやすく、男性特有の飛び出たようなぽっこりお腹はこれが原因とも言われています。比較的分解されやすく、落ちやすい脂肪です。

皮下脂肪

一般的には女性につきやすく、女性特有の丸みの元になります。全身の皮膚の下につく脂肪なので「皮下脂肪」です。一度皮下組織についてしまうと分解されにくく落ちにくい脂肪です。もちろん女性だけでなく男性にもつきますので、たるんだお腹やむちむちの二の腕はこの皮下脂肪が原因となります。

男性は特に30歳を境に皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなります。また、女性に比べ脂質や糖質の高い食事に偏りがちになりやすく、仕事が忙しいと運動もしなくなるため、どんどん脂肪が蓄積してしまいます。

「一流の男の腹は出ていない」という言葉が話題になったように、スマートな体型は好印象を与えます。太っているというだけでだらしない人間だと思われ、仕事ができない男だと判断されるようなこともあるかもしれません。ここは一念発起して私生活を見直し、皮下脂肪やたるみのないスマートな身体を手に入れましょう。きっと周りの印象も変わり、仕事もプライベートもより上手くいくはずです。

では皮下脂肪によるたるみを解消するためには、具体的に何をしていけばいいのでしょうか?

皮下脂肪を落とすには食事と運動が基本!

基礎代謝を高めるビタミンBを摂る

皮下脂肪 たるみ

食事はビタミンBが豊富に含まれる鶏肉などを中心に

ビタミンBはエネルギーを産生するのに欠かせない栄養素です。皮下脂肪を燃やすにはエネルギーに変えていく必要があるので、しっかりチェックしていきましょう。ビタミンBと一口に言ってもその中にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン(ビタミンB3)、ビタミンB12、葉酸などがあります。

ビタミンBは水溶性のため基本的に身体に貯まることはなく排泄されていきます。通常食事から摂取されるため不足することは少ないと言われています。しかし最近は偏った食事をする人が増えているため、潜在的な欠乏者は増えています。

それぞれの特徴と含まれる食品を見ていきましょう。

ビタミンB1

糖質の分解やアルコール代謝に関与します。また神経を正常に保つ働きもあります。かつて白米食に偏っていた日本人は、ビタミンB1が欠乏しやすく脚気が多発していました。(脚気:ビタミンB1が不足すると起こる病気で、全身の倦怠感、食欲不振、足のむくみなどが症状)

小麦胚芽、玄米、ナッツ、豚肉、レバー、鰻、卵類などに多く含まれます。

ビタミンB2

糖・脂質・アミノ酸代謝に広く関与しています。特に脂肪を代謝してエネルギーとして利用する過程で必要なビタミンなので、皮下脂肪を解消するには重要です。また脂質の代謝を改善してくれるためニキビにも有効です。

鰻・サバ・イワシなどの魚類、レバーやチーズ、魚卵鶏卵など動物性食品に多く含まれます。

ビタミンB6

タンパクの合成や造血に関与しています。またビタミンB2と一緒に摂取することで肌を整える効果があるため、美容皮膚科ではこの二つの組み合わせでビタミン剤として処方されることもあります。

にんにく、ピスタチオ、マグロ、鶏肉などに多く含まれます。

ナイアシン(ビタミンB3)

エネルギー代謝、脂質代謝、アミノ酸代謝など幅広く関与します。こちらも皮下脂肪の解消には重要ですね。他にも皮膚や粘膜の炎症を防ぐ力もあります。

魚、肉、肝臓、きのこ類、穀類、卵等に多く含まれます。

ビタミンB12、葉酸

ヘモグロビンや赤血球などの造血作用に関与します。またタンパク質の代謝や核酸の合成などにも関与しています。

葉酸は野菜や豆類などの植物性食品や魚や貝などに含まれます。ビタミンB12は魚、魚介、卵、牛乳、チーズ等の動物性食品に多く含まれます。

以上を見るだけでも皮下脂肪やたるみの解消にビタミンBがいかに大切な栄養素であるかが分かりますね。

ランニングと筋トレをバランスよく取り組む

皮下脂肪 たるみ

毎日の筋トレ&ランニングも重要!

皮下脂肪を落としたるみを解消するためには食事療法だけでは足りません。食事で代謝を高める環境を整えた上で、適度な運動を取り入れることがたるみの解消には大切です。

お腹のたるみの原因は皮下脂肪ですが、この脂肪をエネルギーに換えるには少し時間がかかります。エネルギーにはまず血中の糖が使われ、次の筋肉に貯蔵されている糖が、それも尽きるとやっと脂肪が使われるのです。さらに脂肪の中でも内臓脂肪が先に使われ、最後に皮下脂肪が使われます。このプロセスを辿るための一番の近道が「有酸素運動」です。

有酸素運動にオススメなのがやはりランニングです。最近は趣味として始める人も多く、スタイリッシュなランニンググッズがたくさんありますね。特殊な道具を使わずにすぐにできる運動なので手軽に始めることができます。

脂肪の燃焼がはじまるのが大体運動開始して20分後くらいと言われてるので、まずは20分続けることを心がけましょう。毎日1時間、と言われると少し気が引けますが、20分ならできそうじゃないですか?できるようになったら少しずつ時間を延ばしていくようにしましょう。無理せずできる範囲で毎日続けることが大切です。

さらに効率良くたるみを引き締めたい方には、有酸素運動の前に筋トレを取り入れることをオススメします。有酸素運動の前に筋トレ?と思う方もいるでしょう。実は筋トレを行った後は、筋肉のあるなしに関わらず代謝が高まった状態になるのです。アメリカの研究では筋トレ後の代謝が高まっている状態がなんと48時間も続くという報告もあります。脂肪を燃やすのなら、同じ運動でも少しでも効率的に燃やせるようにしましょう。

逆に有酸素運動の後に筋トレを行うのはエネルギーを燃焼するホルモンの分泌が下がってしまうため気をつけてください。

必ず筋トレ→有酸素運動という順番を守りましょう。
⇒下腹に効く6つの筋トレ方法を知りたい方はこちら!

急激なダイエットは皮を弛ませる?

少しでも早く体重を落とそうと断食をする人がいます。しかしこれはオススメしません。体重の数字は減ってきても、見た目はお腹や腕の皮のたるみが残ってだるだるに・・・。

ダイエットのビフォーアフターでもよく皮のたるみが残っているのが見られますよね。これは短時間で急激に体重を落としたからです。この状態からたるみを引き締めるのは逆に大変です。体重の数字よりも大切なのは、見た目でたるみがなく引き締まっているかどうかです。時間がかかるようでも、結果を見れば運動・食事による健康的なダイエットが一番の近道なのです。

皮下脂肪を退治して、たるみのない引き締まった健康的な身体を目指しましょう。

運動が大変な方はメンズエステもあり!

「運動をする時間なんてなかなか取れないし、なかなか目に見える効果もなくて続けられないよ。」というあなたにはメンズエステもオススメです。

ネットで調べても、具体的に自分に合った食事や生活習慣を見つけるのは大変ですよね。メンズエステなら、専門家から栄養面や生活習慣の的確なアドバイスを受けることができます。

さらに気持ちの良い施術で一回でも目に見えるサイズダウンが可能です。自分だとどうしても取ることができなかったたるみも、特殊な機械を使うことで引き締めることができます。

一人だと続けられないダイエットも、相談できる場所があるとモチベーションが上がりますよね?でもメンズエステなんて高そうで手が出せない、というあなたに朗報です。

初来店限定!業界最安値2000円で脱メタボ「ラ・パルレ」の実態!

こちらでは初来店なら2000円で受けられるラパルレの脂肪を燃焼する脂肪燃焼コースについての口コミや施術内容、体感について記載してあります。

2000円で実際のコースと変わらない施術が受けられるなんてなかなかないですよね?体験コースでとりあえず相談してみるというのも一つの有効な手です。

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

お腹のたるみを解消する方法~まとめ~

お腹のたるみを解消する方法を見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

ダイエットにはまずは知識を習得して、それを実践することが大切です。

自分に合った方法を見つけて継続していきましょう。そして人前でも脱げる、たるみのない引き締まった身体を手に入れましょう。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料