ビール腹を完全克服したい!今あなたがすべきことは…コレだ!

ビール腹を解消しようと食事の減量と禁酒でダイエットをはじめ、体重もそこそこ減ってきたけど、「あと少し」の壁をなかなか克服できない…。その理由は、「筋肉」が足りないからでした。効果的な筋トレで男性らしい引き締まった体形を手に入れ、ビール腹を完全克服しましょう!


食事と禁酒に加えた、ビール腹克服法

克服法①ウェイトトレーニング

ウェイトトレーニングでビール腹を克服

ウェイトトレーニングでビール腹を克服

ウェイトトレーニングとは、ダンベル、自重などの筋肉に負荷をかけてのトレーニングのことです。やはり、1日でも早くビール腹を克服したいなら、スポーツジムに通って、トレーニングしたほうが早く効果がでます。

基礎代謝のうち約40パーセントが筋肉で消費されるので、ウェイトトレーニングはビール腹を克服するのにとても有効な手段です。

ウェイトトレーニングするうえで、とても大事な原則が②つあります。

 

①ウェイトトレーニング原則「漸進性過負荷の原則」

これは、筋力をいま以上に発達させたいなら、今よりも重い負荷でトレーニングをしないとけいない原則のことを言います。例えば、今現在20kgで10回しかダンベルが上がらないのであれば、25kgの重さでトレーニングして、その重さに慣れれば、いつのまにか20kgを10回以上できるようになることです。

このように、徐々に重さになれていきましょう。

筋肉を発展したいなら、徐々に重い重さでトレーニングしなければ、同じ重さでいくら一生懸命にたくさんトレーニングをしても筋肉は発展しないので、ビール腹をなかなか克服できません。

したがって、1日でも早くビール腹を克服したい方は自宅ではなく、器具がそろっているスポーツジムに行くことをお勧めします。

 

②ウェイトトレーニング原則「継続性の原則」

筋肉は少しずつ増えていくので、継続してトレーニングをしないといけない原則のことです。

例えば1週間、毎日トレーニングした後、2週間休んでまた筋トレを再開するようでは、休んでいた2週間のあいだに筋肉はまた落ちて元にもどってしまい、いつまでたっても筋肉はつきません。

したがって、定期的にトレーニングしないといつまでたっても筋肉はつかないのです。

ウェイトトレーニングは週2から3回継続して行いましょう。

そして、筋肉は定期的に負荷を大きくかけていかないと成長しないので、やはり自宅でやっていては、なかか継続するのは難しいので、スポーツジムにいってパーソナルトレーナーをつけることをおすすめします。そうすれば継続してトレーニングできビール腹を克服できます。

 

克服法②有酸素運動

ビール腹克服におすすの有酸素運動

ビール腹克服におすすめの有酸素運動

有酸素運動とは、体脂肪を燃焼させる運動の事をいいます。一般的に20分以上続けておこなったほうがいいといわれています。そして、ウェイトトレーニングで筋肉を刺激した後に、有酸素運動をするとさらに消費カロリーを増やすことができ、より一層ビール腹を克服するのに効果的です。では、どのような有酸素運動があるかみていきましょう。

□ランニング

これが一番手軽にできる有酸素運動です。ウエアーと靴さえあれば、いつでもどこでもできます。しかし、膝が痛い人や腰痛持ちの方は、無理をせずにゆっくりとしたスピードから始めることをお勧めします。

□水泳

水泳は膝や腰が悪い人でも、ランニングなどと違い負荷がかからないので、体にどこか痛みがある方にはおすすめの有酸素運動です。しかし、ランニングなどと違いいつでもどこでもできないので、継続するのが難しいですし、どこかの施設を利用しないといけないのでお金がかかります。

□踏み台昇降

これは台の上に登ったり、下りたりを繰り返す有酸素運動のことです。自宅でもできるので、雨の日でもできるのでおすすめです。

□エアロバイク

これも安い物では2万円くらいで購入できますので、おすすめです。

膝や、腰が悪くランニングができない方は、自宅でもできるのでいいと思います。

しかし、これも自宅でただもくもくとやるのであきて途中でやめてしまい、ビール腹を克服できない可能性が高いです。

□縄跳び

これも確かに有酸素運動ですが、これを20分以上やれるのは普段からそれなりのトレーニングしている方でないと、正直に無理だと思います。

あなたも一度は縄跳びをしたことがあると思いますが、20分以上続けて縄跳びをされた方は、ほとんどいないと思います。

しかも、ビール腹を克服しようと思っている方で、縄跳びを20分以上続けてやるのは不可能だと思いますので、縄跳びはビール腹を克服して、さらにひきしまった体を目指すときに行いましょう。

 

ビール腹克服のためのウェイトトレーニング

腹部中心の筋トレ

ここでは腹部中心の筋トレを紹介していきます。腹筋といってもやり方はいろいろあいます。

ではまずクランチからみていきます。

クランチは腹筋をただ丸めるだけの運動です。動きはかなりシンプルですが、やればわかりますが結構腹筋に効きますのでビール腹を克服したい方はぜひ行ってください。

次は、ベントニーレッグレイズのやり方です。

この腹筋の最大のポイントは、腰をそらないことです。何故なら腰をそってやるやり方では、腹筋に効かないばかりでなく、腰を痛めてしまうからです。

なので、ベントニーレッグレイズをするときには、しっかり腹筋に力を入れて続けましょう。

そして、やっている間にどうしても腰がそってしまう方は、自分の手をしっかり腹筋
にあてて腰をそらないようにしましょう。

正しいやり方でやれば、回数は10回もやれば大丈夫です、しかし間違ったやり方では、
何度やっても効果がないばかりか、腰を痛めるだけなのでやらないほうがいいです。

必ずやるときは、腹筋にずっと力をいれつづけて行いましょう。

次はエルボープランク(腹筋)を解説します。

エルボープランク(腹筋)では、体を一直線に保つときに腹筋が使われるので、できるだけ体が一直線になるように腹筋にしっかり力を入れ続けましょう。

また、しっかり腹筋に力が入っていないとお尻が下がってきてしまう方ので注意してやりましょう。

はじめは目標1分間でやり、徐々に時間を延ばして行きましょう。

リバースカール(腹筋)のやり方を解説します。

まずは、膝の角度を90度に曲げてそこから腰が反らないように少し、腹筋を丸めた姿勢を作ります。

そして、その状態から足を浮かせて、腹筋で足を引っ張ります。

ここで、ポイントは足を動かすのではなく、腹筋で足を動かすことです。ここでも、腰が反らないように、常に腹筋には力を入れ続けてください。回数は20回を目安にしましょう。

 

大きい筋肉のある胸、背中、脚の筋トレ

まずは胸の筋トレから紹介します。ジムなどに通われてる方なら、ベンンプレスが胸の代表的な筋トレとなります。腰をしっかり反って、腰を痛めないください。

そして、次は背中の筋トレです、背中の筋トレのポイントは腕でバーを引くのではなく背中の筋肉の広背筋でバーをしっかり引いてください。

脚の筋トレを言えばスクワットです、脚は腕の3倍の筋肉があり、消費カロリーも3倍となるため、ビール腹を克服したい方はぜひウェイトトレーニングに取り入れてください。

スクワットのポイントはベルを巻き腰をしっかりと反りことです、腰が反れていないと腰をいためますので、必ず反りましょう。

また筋トレの効果を効率あげるためのビルドアップサプリを筋トレと一緒に摂取することがおすすめです。ビルドアップサプリは、脂肪になる原因の筋肉の分解を防ぎ、筋肉の合成を促進する有効成分が含まれているので、筋肉を付け代謝をあげながら、ビール腹を解消することが可能です。このビルドアップサプリではDCC(ディープチェンジクレアチン)というサプリがおすすめです。

ビルドアップに必要な「クレアチン」「BCAA」「HMB」が主成分として含まれているため、Tarzanの専属ボディービルダーにも実際に使用され、推奨されているサプリになっています。期間限定でお試し価格の95%OFFの560円で販売していることがあるので、その際にお求めいただくことをおすすめします。

トップアスリートが推奨するDCCサプリの本当の効果・口コミとは?!」こちらではDCCサプリの効果や口コミの詳しい記載があるのでチェックしておきましょう。

 

おすすめの有酸素運動

筋トレ後のランニング

やはりなんといっても、おすすめの有酸素運動といえばランニングです。

しかも、筋トレ後に有酸素運動をすると筋肉が活性されているのでいつもより多くのカロリーを消費します。そうすれば、1日でも早くビール腹を克服できます。

必ず筋トレ後はランニングを行い、ビール腹を1日でも早く克服して下さい。

 

ビール腹克服のためのトレーニングを続ける秘訣

毎日やらない

筋トレは毎日やるのはダメです。

何故なら筋肉を回復するには48時間から72時間必要です。なので月曜日に筋トレをしたなら、最低でも火曜日は休養日してください。そうしないと、ビール腹を克服できないです。

また、3日以上休養をとると、筋肉は衰えてしまいますので、最低でも週2回は筋トレをしましょう。やる気のある方なら、週3回がんばれば、よりいっそう早くビール腹を克服できます。

 

集中して短時間で済ます

そして、時間は1時間から長くても2時間くらいにしましょう。

伝説のボデービル世界チャンピオンのロニーコールマンでも1回のトレーニングはたったの75分でした。普通の方は、1時間でもみっちりやれば効果は十分です。

 

2000円でできるビール腹克服のエステ体験

ただ、実際にスポーツジムにいって、週二回も筋トレをするのって、たいへんですよね。

ジム代金だけでも、月1万円くらいはかかりますし、しかもパーソナルトレーナーなどを、つければ月何万もかかります。

それなら、もっと簡単にビール腹を克服する方法があります。

エステサロンならプルのエステティシャンが脂肪を分解して流してくれるので、無理せず、しかも普段の疲れをリフレッシュしながらビール腹を克服することが可能です。

そんな方には2000円でできるラ・パルレの脱メタボメニューはかなりおすすめなので一度はチェックしましょう!

⇒2000円で脱メタボができる大手エステサロンはこちら

⇒有名メンズエステダイエットコースの比較はこちら


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料