まだ諦めないで!!皮下脂肪が落ちるまでの期間を短縮させる方法

もっと簡単に痩せられたらいいのに・・・そんなあなたに、皮下脂肪が落ちるまでの期間を短縮させる方法を伝授したします。時間をかけて皮下脂肪は減少していきますが、待ちきれないあなたのために皮下脂肪が落ちるまで、効果をより高めてくれる方法をまとめました。


皮下脂肪が落ちるまでの期間は?

まず始めに、皮下脂肪が落ちるまでのメカニズムから紹介していきます。皮下脂肪が落ちるまでの期間は、人によって期間に差は出てきますが、脂肪燃焼酵素と遊離脂肪酸を多く身体の中で作り出しながら、効率のいい運動をする事によって、早い人で脂肪が落ちるまでに、2週間とかからずに実感をする事ができます。

脂肪燃焼酵素

胃液に含まれている皮下脂肪と内臓脂肪を、分解してくれる消化酵素の事で、脂肪が落ちるまでに必要な成分です。

遊離脂肪酸

中性脂肪が分解してできる脂肪の事で、20分から30分くらいの運動をすると遊離脂肪酸はエネルギーとして使われ、皮下脂肪を落とす事ができます。

皮下脂肪は、ただ運動をすれば落ちるというものではなく、身体の中で作り出される脂肪燃焼酵素が、皮下脂肪を分解して筋肉までエネルギーを伝えてくれます。脂肪が効率よく落ちるまでには、エネルギーとしてたくさん使う事で、皮下脂肪は減少していきます。

 

短期間で痩せられるというのは幻想?

large (10)

もちろん短期間で痩せる事は不可能ではありません。最近ではメンズエステなど男性でもエステに通う時代になり、ダイエットモニターなどを募集して身体に付いてしまった脂肪を落とす事ができるようになっています。しかしながら、自分自身でお金をかけずに皮下脂肪が落ちるまでの運動をして行くには、やめずに続けることが必要になります。そこで、自分自身の力で皮下脂肪の落ちるスピードを短期間にする方法を紹介します。

皮下脂肪が落ちるまでの期間を減少させる方法

アルコールをとりすぎない、など食生活の改善

①アルコールをとりすぎない

最近では、カロリーオフやカロリーゼロなどのアルコールが販売されていますが、アルコールは1gで7.1kcalもカロリーがあるので、当然の事ながらとりすぎてしまうと、アルコールの分解よりも身体に皮下脂肪として付くスピードの方が早くなってしまい、取り返しがつかなくなってしまいます。

皮下脂肪が落ちるまでの期間を早めて行きたい方は、アルコールが身体に吸収されて酔いが回るのに約30分前後かかる事を利用して、お酒をゆっくり時間をかけて飲んで行くとお酒の大量摂取を防ぐ事ができます。(これはお酒をどうしても飲みたいという方向けのアドバイスです。本来は飲まないに越したことはありません。)

②食生活の改善

まずは、1日で摂取するカロリーを知る事が必要です。摂取するカロリーを知る事で食生活を改善する事ができます。現代人は、食生活が欧米化した事から、脂質の取り過ぎが問題になってきています。脂質はタンパク質と糖質と同じく体に必要な栄養素の1つでもあり、1日の脂質は、100gを目安に摂取して行きます。

<脂質を減らすポイント>

・栄養のバランスを考える

・夜遅くに食事をしない

・メインディッシュを肉から魚に変える

・揚げ物を控えるようにする

 

脂質と同様に糖質も抑える必要があります。糖質は甘い物だけに含まれている訳ではなく、ごはん、パン、芋類などにも含まれています。なので、糖質のコントロールは難しいですが、普段摂取している、白米やパンの量を少しずつ減らしながら糖質のコントロールをする事で、必要な糖質を取りながらも制限する事ができます。

目安として、1日の摂取カロリーが1800kcalから2000kcalの人が、1600kcalから1800kcalにするだけで、基礎代謝+運動の消費カロリーが、摂取カロリーを越えて、脂肪を落とす事ができるようになります。

 

カプサイシンを摂る

唐辛子

唐辛子

カプサイシンとは、唐辛子の「辛み」の成分の事で、皮下脂肪の分解を手助けする働きを持っています。しかし、ただカプサイシンを摂取しただけでは脂肪が落ちる事はありません。

脂肪を落ちるまでの効果を出すには、カプサイシンを摂取した上で、有酸素運動や筋トレを行い、皮下脂肪の燃焼効率を上げて行きます。

筋トレと有酸素運動

皮下脂肪が落ちるまでには、身体にある大きな筋肉を鍛える事が燃焼効率をあげるポイントになります。そこで、まずはじめに脂肪が落ちるまでに必要な筋トレを紹介していきます。

・腕立て伏せ(大胸筋のトレーニング)

自宅で大胸筋を鍛えるには腕立て伏せが一番効果的です。自分の身体の重さが、腕と胸筋に負荷がかかり大きな筋肉を作ってくれます。腕立て伏せが苦手な人は、まずは膝をつけた状態でのトレーニングをしていきます。

<ポイント>

①腕立て伏せをする時に、なるべく手の位置を外側に広げます

②背筋はしっかりと伸ばした状態をキープします

③ゆっくりと腕を沈めて、時間をかけた腕立て伏せをします

ジムに通っている人は、代表的なマシンの「チェストプレスマシン」、「バタフライマシン」、「ケーブルマシン」で腕の皮下脂肪が落ちるまで燃焼していきます。

 

・クラッチorニースラスト(腹筋のトレーニング)

腹筋を鍛えるにはクラッチとニースラストが効果的です。クラッチは腹筋の上部を鍛えて、ニースラストは腹筋の下部を鍛えてくれます。

ジムに通っている人は、代表的なマシンの復直筋を鍛えてくれる「アブドミナル」と、腹部の体幹を鍛えてくれる「アブクランチ」で腹部の皮下脂肪が落ちるまで燃焼して行きます。

 

・タオルローイング(背筋のトレーニング)

背筋を鍛えるにはタオルを使ったタオルローイングが効果的です。タオルを胸元へ引くと身体が起き上がり背筋を鍛えてくれます。

ジムに通っている人は、代表的なマシンの「ロウアーバック」と「ラットプルダウン」で背中を鍛えて脂肪が落ちるまで燃焼して行きます。

 

・スクワット(大腿四頭筋のトレーニング)

大腿四頭筋を鍛えるにはスクワットが一番効果的です。脚の筋肉は身体の基礎代謝を大幅に上げてくれる筋肉なので、皮下脂肪が落ちるまでに必要なトレーニングです。

<ポイント>

①足の位置は肩幅よりも外側に開きます

②椅子に座るようなイメージで沈み込みます

③ゆっくりと時間をかけてスクワットをします

ジムに通っている人は、「レッグプレスマシン」を使って、皮下脂肪が落ちるまでに必要な筋肉をつけていきます。

 

次は皮下脂肪が燃焼するまでに必要な有酸素運動をご紹介します。

・ジョギング(ランニング)

有酸素運動は運動を始めてから燃焼し始めるまでに、最低20分はかかるので、皮下脂肪を落とすのに必要な有酸素運動は、1時間を目安にジョギングをします。そこで大切なのが、全力でジョギングをするのではなく、最初から最後まで同じスピードでジョギングをすることです。

皮下脂肪が落ちるまで待ちきれない!

海が似合う男に!

海が似合う男に!

筋トレや食事制限などで、皮下脂肪が落ちるまで待ちきれない人の為に、ラ・パルレのダイエットエステをご紹介します。

ラ・パルレは、過去のダイエットでリバウンドをしてしまった人や、運動が苦手な人、簡単に早く脂肪を落としたい人が求めている物を形にしたプログラムを行っています。

まずラ・パルレは、「体脂肪量」「筋肉量」「基礎代謝量」「BMI」などをチェックしてから始まります。

・「体脂肪量」

両腕、両足、体幹など全身の脂肪量を計測していきます。

・「筋肉量」

身体の基礎代謝に必要な筋肉量を各部位で計測していきます。

・「基礎代謝」

日常生活で自然に消費して行くエネルギー量を計測していきます。

・「BMI」

肥満度を判別する指数を計測していきます。

ラ・パルレでは一人一人の体質に合わせたダイエットメニューを提案していくため、非常に効率のより脂肪の落とし方が可能です。メンズエステでは珍しく脂肪を落とすことに特化した脱メタボコースがあるため皮下脂肪に悩む男性には特に支持されています。

またラ・パルレが今多くの男性に最も選ばれている理由の一つに初来店料金が業界最安値である点があります。通常安くても5000円とされる初来店特典をラ・パルレでは2000円で受けることが可能です。こちらは期間限定中のみとなっているため、まだラ・パルレに行かれたことがない方はかなりのチャンスとなっているので一度お試しいただくことをお勧めします。

初来店限定!業界最安値2000円で脱メタボ「ラ・パルレ」の実態!」こちらではラ・パルレの詳しい施術内容、体験したひとの口コミが記載されています。脂肪を効率よく落としたい方は一度チェックしておきましょう。

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

 

 


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料