お腹を揉むだけ!?揉み出しマッサージで皮下脂肪を効果的に減らす!


最近お腹が気になりだしてきた…

皮下脂肪

年齢と共に基礎代謝が落ちてしまい、脂肪がなかなか燃焼されづらくなっています。

この基礎代謝は年齢と共に必ず落ちてしまうため、何も対策をうたないでいるとどんどんお腹に皮下脂肪がたまっていきます。

では、お腹にたまった脂肪は何物なのでしょうか?

お腹の脂肪は大きく分けて2つあります。皮下脂肪だけではありません。

もう1つあるのです。まず先に皮下脂肪について説明していきます。

脂肪に種類ってあるの?

体の中の脂肪には2種類、皮下脂肪と内臓脂肪という脂肪があります。「脂肪」とひと括りしては分からない、存在部位と役割の違いがあります。まずはその違いをみていきましょう。

<皮下脂肪>

全身の皮膚下につく脂肪。皮下脂肪は一たび皮下組織に蓄えられてしまうと、分解されにくい性質があります。脂肪の中で最も削減しにくいという見解で評価は一致しています。一度付いたらなかなか取り除きにくい脂肪なのです。

<内臓脂肪>

内臓の周辺を覆う脂肪。ポッコリお腹の要因です。特に男性につきやすいと言われていますが、分解されやすく、割合に体から除去しやすい脂肪という定説です。

内臓脂肪 皮下脂肪

皮下脂肪が付く原因

皮下脂肪が付きやすい人の特徴は、体をあまり動かしていなかったり、自律神経の乱れを主因として、代謝機能が適切に働いていなかったり、冷え性である場合です。

私たちの体はダイエットをすると、水分→筋肉→脂肪の順番で体を軽くします。
その脂肪の中でも、皮下脂肪が燃焼するまでに、まずは内臓脂肪が燃焼され、次に、上半身の脂肪が燃焼し、最後の最後に皮下脂肪が燃焼していきます。溜まる理由、それは、燃焼する前に新しい脂肪が蓄積されていくからです。脂肪が蓄積する理由は、とてもシンプルです。それは、摂取カロリーをオーバーしているからです。

それ以上摂取してしまうと、エネルギーとして変換できずに脂肪細胞へと栄養が送られてしまいます。1日の食事の摂取カロリーを一度計算してみると良いでしょう

出典:効率よく皮下脂肪を落とす方法

なぜ皮下脂肪がついてしまうのか。その原因は至ってシンプル。

皮下脂肪は身体活動には余分になっているエネルギーを取り敢えず蓄積するという、からこそ付いてしまうのです。つまり、日常生活で体を動かすのに必要で、消費している基礎代謝のエネルギーの量に対して、食事で摂り込むカロリーの量が超過しているのが原因です。

ここで男性と女性の標準摂取カロリーを見てみましょう。日常生活に必要な運動量によって区分けされています。数値は1日あたりに必要な摂取カロリーです。

<男性摂取カロリー目安>

低い 普通 高い
18~29歳 2,300kcal 2,650kcal 3050kcal
30~49歳 2,300kcal 2,650kcal 3,050kcal
50~69歳 2,100kcal 2,450kcal 2,800kcal

<女性摂取カロリー目安

低い 普通 高い
18~29歳 1,650kcal 1,950kcal 2,200kcal
30~49歳 1,750kcal 2,000kcal 2,300kcal
50~69歳 1,650kcal 1,900kcal 2,200kcal

出典:厚生労働省

※身体活動レベルは、”身体活動レベル=1日当たり総エネルギー消費量÷1日当たりの基礎代謝量”の式であらわせます。

皮下脂肪を落とすマッサージ方法

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて、分解に時間のかかる性質の脂肪です。皮下脂肪を分解して体の外に出していくためには、長時間かかることを覚悟した上で揉み出しを続けることが大切です。

下に具体的な方法を載せます。

ウエストダイエットを行いたい場合は、お腹を重点的に揉み出します。揉み出す時間は3分程度行います。

力を入れて、脂肪だけを柔らかくするように良く揉みます。

出典:お腹を揉み、皮下脂肪を解消させる方法|お腹を引き締める簡単なダイエット方法

皮下脂肪のマッサージ効果

皮下脂肪が分解されるからではありません。体のむくみが解消されるからです。

ある程度のぜい肉がついてしまった人が、お腹の肉などを触るとわかるのですが、脂肪のかたまりは、硬い感じがします。セルライトと呼ばれるような状態になってしまうと、中に何かボコボコした感じもあったりして、柔らかさが全くありません。

エステでは揉み出しをしてこの硬い脂肪を柔らかくしていくのですが、揉み出しをすると、脂肪細胞が刺激されて、血行が良くなります。脂肪が硬い状態の時は血行が悪く、水分が停滞してむくんでいるような状態なのですが、揉み出しで血行が良くなると、一気にむくみが解消されます。このため、むくみが取れてサイズダウンするのです。

出典:エステの揉み出しでサイズダウンが起こる理由とは?|お腹を引き締める簡単なダイエット方法

セルライトの予防にもなる

お腹の揉み出し効果は、脂肪がセルライトに変質するのを予防することにもあります。

実は、揉み出しで柔らかくなった脂肪は血行が良くなっており、そのため、代謝が良くなっています。いわば、脂肪が燃えやすい状態となっています。

出典:エステの揉み出しでサイズダウンが起こる理由とは?|お腹を引き締める簡単なダイエット方法

脂肪が分解されやすい状態になるということです。

痩せたい部分を揉み出すと、交感神経が活発になり、脂肪分解酵素が活性化され、揉み出した部分の遊離脂肪酸が排出されます。

出典:お腹を揉み、皮下脂肪を解消させる方法|お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹以外の部位にも効果的

揉み出し直後に続けてエクササイズを行うことは、お腹にも別の部位にも有効ダイエット法になるのです。

揉み出しの後、休憩を入れずにすぐにエクササイズを行うことです。10分以上たってしまうと、燃えやすくなった脂肪が元の脂肪に変わってしまうので、とにかく揉み出し後はすぐに運動を行うようにします。

マッサージを行ってからの運動を行うことで、効果が出やすくなっているので、続けやすいダイエットと言えるでしょう。ウエストだけでなく、色々と応用ができるダイエットです

出典:腹を揉み、皮下脂肪を解消させる方法|お腹を引き締める簡単なダイエット方法

なかなか皮下脂肪が落ちない方はメンズエステへ

プロによる揉み出しで一気に痩せる!

プロによる揉み出しで一気に痩せる!

脂肪の揉み出しで最も効率が良いのはエステサロンで揉み出しをしてもらうことです。特にまだメンズエステサロンに行かれたことのない男性は体感が得られやすいのでおすすめです。

今回は、おすすめのメンズエステサロンを2つ紹介します。

おすすめメンズエステ①ダンディハウス

ダンディハウス トリプルバーンZ

体験初回価格:5,000円

<特徴>

ダンディハウスは、3つの脂肪セルライト・皮下脂肪・内臓脂肪を同時に効率よく燃焼させ、健康的にやせて太りにくい身体を目指すトリプルバーン痩身法を取り入れています。

減量と同時に筋肉運動をすることで、より効果的なダイエットが可能です。

健康的に痩せながら、代謝の良い「痩せやすく太りにくい身体」を手に入れることができます。

<おすすめの方>

・エステサロンで日頃の疲れを癒したい方

・勧誘などされずに自分のタイミングで通いたいという方

・出張や引越しが多い方

ダンディハウスは、全国に店舗を構えており、会員であれば全国で施術を受けられるため出張や引っ越しが多い方にもおすすめです。

【ダンディハウスを詳しく知りたい方はこちら】⇒ダンディハウスのトリプルバーンZの口コミ・ダイエット効果を徹底検証

⇒ダンディハウス公式はこちら

おすすめメンズエステ②ラ・パルレ「脂肪撃退コース」

ラ・パルレ 脂肪撃退コース

体験初回価格:2,000円

<特徴>

ラ・パルレの「脂肪撃退コース」は、33年のメンズ痩身サポートの研究成果と実績から、体チェック、脂肪アタック、カロリーコントロールのトリプルステップを徹底しています。

筋肉量や現在の脂肪量、普段の運動量などを調べ、自分の体質把握し、それに合った施術と食生活の指導までしれくれます。

施術の流れは以下の4つのステップで全体で80分ほどのコースとなっております。

<おすすめの方>

・試しにメンズエステを利用してみたい方

・とりあえず初回のメンズエステを利用してから、メンズエステの利用を続けていくかどうか検討したい方

ラ・パルレの脂肪撃退コースは、初回料金が他のメンズエステサロンよりも安いので、初めての方や試しにメンズエステサロンに行って見たい方におすすめです。

【ラ・パルレを詳しく知りたい方はこちら】⇒初来店限定!業界最安値2000円で脱メタボ「ラ・パルレ」の実態!

⇒ラパルレの公式サイトはこちら

まとめ

今回は皮下脂肪を落としたい方向けに、おすすめの揉み出しマッサージを紹介しました。

またなかなか皮下脂肪が落ちない方は、メンズエステがおすすめです。

メンズエステでは、専門家による栄養管理などもアドバイスがもらえるので、まだ行ったことない方は、この機会にお試し下さい。

<おすすめ関連記事>

皮下脂肪を落とすにはサプリが効果的?噂のダイエットサプリを徹底検証!

【2017最新版】市販中の本当に痩せるダイエットサプリランキング!

2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキング

メンズエステ初回体験の料金ランキング!コース内容の詳細も紹介!

メンズエステで短期ダイエット!口コミ・価格・効果を徹底比較!


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。