ダイエット実践者必見!? 脂肪が落ちにくい身体の場所は〇〇だった!

ダイエットを実践していてもなかなか痩せないという人は、もしかしたら落ちにくい脂肪と戦っているのかもしれません。実は皮下脂肪がたまる場所はダイエットの効果が表れにくいんですよ。そこで今回は、皮下脂肪がつきやすい場所とその対策についてお伝えしていきます。


ダイエットで脂肪が落ちやすい場所とは?

内臓脂肪は落としやすい脂肪

内臓脂肪とは、男性につきやすい性質を持ち、お腹の中にある腸間膜という腸を固定する膜に蓄積してしまう脂肪のことを言います。そのため、内臓脂肪が過剰に蓄積すると腰周りやお腹周りが大きくなりやすい傾向があり、その体型から、「リンゴ型肥満」と呼ばれています。また、メタボリックシンドロームで注目されているのが「内臓脂肪」です。しかし、内臓脂肪は皮下脂肪と比べ、蓄積されるのも早いが、分解されるのも早いです。ですから、内臓脂肪は、食生活の見直しや運動を積極的に取り入れることで比較的落としやすい脂肪です。

また、内臓脂肪は、生活習慣病の発症、高血圧、血糖値の上昇、中性脂肪の増加など重篤な病気になるリスクが高くなります。

 

皮下脂肪はなかなか落ちない脂肪

皮下脂肪 場所

皮下脂肪はダイエットでもなかなか落ちない

皮下脂肪とは、男女どちらかで比較しますと、女性につきやすい性質を持ち、皮膚の下部にある皮膚組織に蓄積される脂肪のことを言います。皮下脂肪は、全身どの場所にもつきますが、特につきやすい場所として、二の腕、お腹周り、お尻、足など体の中心部や下半身に過剰についてしまう傾向があり、その体型から「洋ナシ型肥満」と呼ばれています。

さらに、皮下脂肪は体型崩れの大きな原因にもなります。そして、厄介なことに、一度それらの場所についてしまうとなかなか落ちにくい脂肪です。ですので、ダイエットを実践してもなかなか痩せてくれないというわけです。

 

しつこい皮下脂肪がつきやすい場所とは?

皮下脂肪は上記でもお伝えしましたように、全身どの場所にもついてしまう脂肪なのですが、性別によってつきやすい場所が変わってきます。

男性の場合、特につきやすい場所として下記が挙げられます。
①お腹周り
②胸部
③腰周り(ウエスト)
など体の中心的な場所に脂肪が蓄積されやすい傾向にあります。
また、皮下脂肪はこれらの場所に一度ついてしまうとなかなか落ちにくいのが特徴です。さらに脂肪は「内臓脂肪」→「皮下脂肪」の順番で落ちていきますので、上記の皮下脂肪がつきやすい場所(体の中心)に脂肪が蓄積されてしまうと、簡単には落ちてくれません。

皮下脂肪をつけないための対策とは?

皮下脂肪 場所

運動と食事に気をつける

皮下脂肪は何度もお伝えしていますとおり、一度ついてしまうと、落ちにくく、さらに体型崩れの原因になってしまいます。なるべくなら皮下脂肪をつけたくないと思った方は多いと思います。そこで皮下脂肪をつけないための対策としておすすめしたいのが、「食生活の改善」、「日常に運動を取り入れる」です。また、これらの対策は、すでに皮下脂肪がついてお悩みの方も有効ですので、ぜひ参考にしてみてください。

【食生活の改善】
まず、皮下脂肪がついてしまう一番の原因は、一日の摂取カロリーを超えた過食です。人は生きているだけで何もしていない状態でも基礎代謝がカロリーを消費してくれています。男性の場合なら、1日何もしていない状態でも1,200キロカロリーが消費されています。しかし、その消費カロリーをオーバーした過食をしていると、消費できなかったカロリーが脂肪に化し、体内に蓄積されてしまいます。
ですので、カロリー計算をして、常に「(消費Kcal) -(摂取Kcal)」の状態をキープするとで脂肪の生成をを抑えることができます。では具体的な食事制限の方法をご紹介いたします。

①カロリーコントロール

急激なカロリーコントロールはリバウンドの原因になるので、長期間に渡り無理なく続けられることが大前提です。ですので、1日200~300Kcalの食事制限がおすすめです。皮下脂肪は1㎏で7000kcalあるので、1日200~300kcalを減らすとおおよそ1カ月で脂肪を1kg痩せさせることが可能です。

②完食をやめる

食事の他にお菓子やデザートを食べる方は多いと思います。しかし、お菓子やデザートは簡単に300Kcalを超えてしまうものがほとんどです。この間食をやめるだけでも脂肪が作られるのを防ぐことができます。

③食事の前に野菜を食べる

最初に野菜を食べることで、過食防止や血糖値の急上昇を抑制し、脂肪が作られるのを防ぐことができます。

④白米の量を少し減らす

白米は炭水化物なので、カロリーの原因になります。白米を減らすことで脂肪が作られるのを防ぐことができます。目安は、毎食ご飯茶わん一杯分の量から1/3に減らすことが理想的です。

【日常に運動を取り入れる】
皮下脂肪を作らないためには、摂取カロリーより消費カロリーを多くすることが大切です。さらに、有酸素運動をすることで、脂肪を分解するために必要なリパーゼという酵素を活性化させるホルモン、アドレナリン・ノンアドレナリン・副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。しかし、有酸素運動をする上で注意していただきたいのが、皮下脂肪を燃焼させるためには、最低でも30分以上運動することが必要です。
皮下脂肪の生成を抑制するのに有効な有酸素運動は、ウォーキング、スロージョギング、エアロバイク、水泳です。有酸素運動は、激しい運動をするのではなく、ゆっくり時間をかけて最低でも30以上行うことが重要です。

しかし、ウォーキングやスロージョギングなど毎日時間を設けて行うことはなかなか難しい人も多いと思います。ですので、ぜひ日常でも積極的に運動を取り入れることが大切です。

①階段がある場所では積極的に階段を使いましょう。

②通勤、買物などは出来るだけ徒歩や自転車で行くことが脂肪の生成を防ぎます。

また自宅でも簡単に有酸素運動を行うことができます。

・踏み台昇降運動
運動の手順は非常にシンプルです。段差があるところを1段上って、降りるのを繰り返す運動です。小学生の体力テストでも行ったことがあると方も多いのではないでしょうか。

・フラフープ
フラフープは消費カロリーを増やすのに最適です。フラフープを30分行った場合の消費カロリーは300Kcalになります。フラフープは100円ショップなどでも販売されているので、安く購入できます。

⇨脂肪を撃退する筋トレ方法の詳細はこちらから

メンズエステを活用するのアリ!?

ここまで皮下脂肪がつきやすい場所と皮下脂肪がつかないための対策をご紹介してまいりました。

皮下脂肪を落とすためには運動が良いのは分かっているけれど、運動が苦手な方もたくさんいらっしゃると思います。そんな運動が苦手な方も諦めるのはまだ早いです。皮下脂肪を燃焼させる方法として、マッサージも有効な手段のひとつです。そこでおすすめなのが、メンズエステを上手に活用するということです。また今なら初来店者様限定で、本格的な痩身プログラムを2,000円で体験することができます。自分一人ではなかなか落ちてくれない皮下脂肪に悩んでいる方や運動が苦手な方でまだメンズエステを体験したことのない方は、ぜひ下記をクリックしてください。

初来店限定!業界最安値2000円で脱メタボ「ラ・パルレ」の実態!」こちらでは初来店なら2000円で受けられるラパルレの脂肪を燃焼する脂肪燃焼コースについての口コミや施術内容、体感について記載してあります。

さらに「メンズラ・パルレ」では、ダイエットの専門家が、あなたの皮下脂肪に合ったプロの適切な脂肪燃焼系マッサージや今話題の有酸素運動を自動的に行ってくれるEMSなどの最新専用機械を駆使し、短期間で皮下脂肪を撃退することが可能です。
今まで自己流で様々なダイエットを実践したけれど、どれも良い結果が出ず、途中で諦めてしまった方や時間をかけず効率的で楽に皮下脂肪を落としたい方は、短期間で結果が出せるメンズラ・パルレをおすすめいたします。

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

皮下脂肪がつきやすい場所まとめ

皮下脂肪 場所

皮下脂肪がつきやすい場所には注意する!

今回は脂肪が落ちやすい場所と脂肪がつきやす場所についてご紹介しました。脂肪が落ちやすい場所の順番は、内臓脂肪から落ちていき、皮下脂肪が一番最後に落ちていきます。また、皮下脂肪がつきやす場所として、男性の場合は、お腹周り、胸部、腰周りといった体の中心的な場所がありました。
また、皮下脂肪をつけない対策としては、まず摂取カロリーが消費カロリーより多くならないことが大切ということを念頭に置き、その上で運動をあまりしていない場合には、摂取カロリーを摂らないようにし、運動を積極的に取り入れている場合には、その運動でどの程度カロリーが消費されているかを考えながら、バランスの良い食事を心がけることが大切です。
また、脂肪を燃焼させる方法として、マッサージも有効な手段のひとつです。ぜひメンズエステなどを上手く活用して、理想の体型を手に入れましょう。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料