二の腕のたるみに効く!?二の腕の皮下脂肪に効果的なのは〇〇だ!

気づいたら皮下脂肪がついてプニプニになってしまっている二の腕。女子なら可愛いですまされるかもしれませんが、男性はそうもいきません。適切なストレッチや筋トレを二の腕に行うことで、皮下脂肪を落としていきます。その方法をまとめました。


なぜ二の腕に皮下脂肪がついてしまうのか

こんな二の腕人に見せたくない・・・

こんな二の腕人に見せたくない…

なぜ二の腕に皮下脂肪がついてしまうのでしょうか?

単純な答えは「動かさないから」です。

もう少し突っ込んだ表現をすると「二の腕の特に外側を使わなくても、日常生活が成り立ってしまうため、動かす機会の少ない二の腕の外側に皮下脂肪がついてしまう」と言えます。

二の腕の内側には力こぶができます。日常生活の中で、例えば物を持つときや、肘の曲げ伸ばしなどで二の腕の内側の筋肉を使ったり動かしたりする機会は適度にあります。

しかし二の腕の外側は、普通の生活ではほぼ動かしていない、動かさなくても生活が成り立ってしまう部位と言えます。話は本題から少し反れますが、人間の脂肪に関する基本的な事を先にお伝えしておきます。

二の腕に限らず、人間の身体で皮下脂肪がつきやすい部位は「あまり動かさない部位」です。

例えば、手そのもの(手のひらや手の甲)に皮下脂肪が多くついている人を見かけることは少ないと思います。足そのもの(足の裏や足の甲)も同じことが言えます。なぜなら手そのものも足そのものも「日常生活の中で動かす部位」だから「皮下脂肪がつかない」のです。

反対に、わき腹やおしりなどは皮下脂肪がつきやすいのです。なぜなら「日常生活の中で動かさなくても生活に支障がないから動かす必要が少ない部位」だからです。二の腕も同様で、日常生活の中で動かす必要や機会があまりないので、二の腕には皮下脂肪がつきやすくなります。特に二の腕の外側は、普通の生活において、ほとんど使わなくても生活できます。

スポーツなどを定期的にしている人、トレーニングジムなどに定期的に通い皮下脂肪がつきやすい部位を意図的に動かしている人は別ですが、1日通して「二の腕をどれくらい使っているか」意識してみるとよくわかります。デスクワークでパソコン業務中心のビジネスマンなどは、ほとんど二の腕の外側などは使わずに1日が過ぎていっているのではないでしょうか。

学生はどうでしょう。授業や講義で二の腕の外側を使う機会などほとんど無いまま時間が過ぎていっているのではないでしょうか。通勤、通学において、例えば身体を使う徒歩通勤や自転車通勤でも、二の腕の外側を動かす動作は無いといっても過言ではありません。

もう1度まとめると、二の腕に皮下脂肪がついてしまうのは、日常生活の動作の中で動かす必要があまり無いから脂肪がつきやすいのです。

反対に言えば、意識して二の腕の外側を動かすようにすると皮下脂肪がつきにくくなると言えます。

 

二の腕の皮下脂肪を落とす方法3選

上腕筋のストレッチ

上腕筋のストレッチは、二の腕の皮下脂肪を落とす方法として効果が期待できます。その理由は二の腕を意識的に動かし、二の腕を伸ばすことで二の腕の皮下脂肪に刺激を与えることができるからです。

ご紹介する動画は女性がモデルですが、男性の二の腕の皮下脂肪を落とすためにもとても効果があります。55秒の動画なので、忙しい人でも手軽に見て、見ながら試すことができます。仕事や勉強の合間にもできるおすすめの方法です。

揉んで二の腕の皮下脂肪に刺激を与える

揉んで二の腕の皮下脂肪に刺激を与えることは、二の腕の皮下脂肪を落とす方法として効果が期待できます。理由はストレッチ同様、普段あまり動かさない二の腕に対して、もみほぐしをすることによって、血行の流れ、リンパの流れを良くすることが可能です。

その際にマッサージクリームやボディークリームを塗りながら、もみほぐしをすると、滑りが良くなるのでおすすめです。以下の動画を参考にマッサージをしてみましょう。

 

上腕三頭筋を鍛える

腕の筋トレ

腕の筋トレ

上腕三頭筋を鍛える方法も、二の腕の皮下脂肪を落とす方法として効果が期待できます。上腕三頭筋という筋肉は、二の腕の外側の筋肉です。(参考までですが、内側の力こぶができる筋肉は上腕二頭筋です。)

正確に言えば「二の腕の外側に筋肉をつける」ということになり、その結果、皮下脂肪を排除できるということになります。

上腕三頭筋の鍛え方は、時間と費用がある人はスポーツジムなどで、専門のトレーナーから指導を受けて鍛えると、筋肉のつき方、皮下脂肪の落とし方により高い効果が期待できます。

時間と費用があまり無い人は、自宅で腕立て伏せを行うことで、上腕三頭筋を鍛える(上腕二頭筋も同時に鍛えることにはなりますが)ことができます。

 

筋肉をつけた状態での有酸素運動による脂肪燃焼が大切

ストレッチする外国人

筋肉をつけた後の有酸素運動が大切です。

上腕三頭筋を鍛え筋肉をつけたとしても、実はそれだけでは二の腕の皮下脂肪対策としては不十分です。筋肉をつけた状態での有酸素運動を行うことで、真の意味で二の腕の皮下脂肪対策になるのです。

有酸素運動とは、負荷が軽く持続性のある運動のことを言います。呼吸を大きく乱すことなく、酸素を身体に取り込みながら運動し、体内に取り込んだ酸素は脂肪の燃焼をさせていきます。

まだまだ気になる二の腕の皮下脂肪には

上記でご紹介した、二の腕の皮下脂肪を落とす方法を試したけど「どうしても二の腕の皮下脂肪が落とせない」「仕事が忙しく継続的に取り組むことができない」「性格的に継続的に取り組むことができない」人、そんなまだまだ気になる二の腕の皮下脂肪対策におすすめの方法があります。それは「メンズエステサロンを利用して二の腕の皮下脂肪を落とす」という方法です。

⇒まだまだ二の腕の皮下脂肪が気になるあなたはこちら

メンズエステサロンを利用するメリットは「専門家による、専用コースを利用することで(今回の場合は二の腕の皮下脂肪を落とす)、自助努力をしなくても目的を達成しやすい」という点です。運動が苦手な人、仕事が忙しかったり不規則勤務で自分自身では継続的な取り組みが難しい人には、ぜひおすすめです。

特におすすめなのが「ラ・パルレ」の「メソ脱メタボリックコース」です。目的が皮下脂肪、内臓脂肪を落とすこととハッキリしています。運動では落としにくい部位の皮下脂肪、内臓脂肪にアプローチして脂肪を落としていきます。専門家による食事指導も受けることができるので、日常生活においても二の腕の皮下脂肪対策として参考になります。

しかも初回は「初回限定2000円」という破格の安さです。初回で試してみて、良かったから継続して利用するも良し、エステを利用せず様子見や自分で二の腕の皮下脂肪を落とすことに決めたならそれもまた良しです。

初回限定を利用した後、押し売りのような継続利用への勧誘など一切ありません。店員さんも無理には誘いませんので、安心して脂肪を落とすことが可能です。

こちら期間限定になっているのでまだ来店したことがない方はこちらの特典が得られるうちにぜひ一度お試しください。

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料