市販じゃ無理?!本当にニキビを治したい男性が〇〇を使う3つの理由!

男性の皆さん。しつこいニキビに嫌気がさしてはいませんか?市販の男性用ニキビ対策商品の効果の薄さに不満を抱いている男性も多いのではないのでしょうか。そこで今回はニキビの原因から紹介し、市販では買うことができないニキビケアの商品について紹介したいと思います。


そもそも男のニキビの原因って何?

男性

なんでニキビができるの?

男性のニキビの原因は、主に皮脂の過剰分泌です。そしてターンオーバーの乱れによって毛穴が詰まることでニキビができやすくなります。そして、男女のニキビの一番の違いは男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌です。

また、男性特有のシェービングも原因の一つにあげられます。シェービングによるニキビの原因は菌などの汚れ、シェービング後のケアを怠ることです。しっかりと気を付ければニキビへの直接的な原因にはなりません。

男女の違いといっても、ニキビの原因自体はどちらも殆ど変わりはありません。

しかし男性は特に普段の生活が乱れやすく、それがニキビの原因に繋がっています。それらを見直すだけでもだいぶ違ってきますので、しっかりと理解していきましょう。今では市販のものでもとても効果が期待できるものが多く揃っていますので、市販の洗顔料や化粧水の選び方も合わせてご紹介していきます。

男のニキビは洗顔から見直すと効果が高い?!

意外にも男性が見落としがちであり、ニキビの原因にとてもなりやすいのが洗顔です。洗顔はとても大事な過程であり、肌を守るために必要なものです。洗顔というのは肌の余計な皮脂を落とし、古い角質を落とすことにあります。市販の洗顔料であっても適当に選ばずに肌の症状に合わせて選びましょう。

では、具体的にどうすればいいのか説明します。

まず洗顔料を泡立てずに顔に当ててしまうのはいけません。しっかりときめ細かく泡立てることで、肌に負担をかけずに隅々まで洗うことができます。しかし泡立てずに洗うというのは、ただ洗顔料を顔に塗りつけているだけにすぎません。

また、泡立てたとしても力を入れてゴシゴシと洗ってしまっては意味がありません。肌はとても繊細で壊れやすく、古い角質は水で簡単に落ちてしまいます。そして力を入れることで落とさなくてもいい角質まで落としてしまい、何よりも皮脂を落とし過ぎてしまいますので、ニキビの直接的な原因になります。

なので、洗顔をするうえで気を付けなければいけないこととして

1.洗顔料はしっかりときめ細かく泡立てること

2.力を入れずに優しく、泡を乗せるように洗うこと

この二つをしっかりと守るだけでもニキビ予防に繋がります。

さらに、男性だからこそ安いからと市販の洗顔料を適当に選んではいけません。自分がどんな肌質なのかしっかりと理解して、それにあった市販の洗顔料を選ぶのも大切です。市販の洗顔料もたくさんの種類が出ていますので、いくつか試してみて、肌に合う合わないをきちんと知っていきましょう。肌に合わないものを使うと、もちろん肌荒れへと繋がってしまいます。

では洗顔をきちんと覚えたとして、ここからがとても大事なポイントになってきます。その大事なポイントというのが洗顔後のケアです。男性で多いのがこのケアを怠ってしまいがち、なので市販の化粧水をしっかりと選びましょう。

 

最も大切なのは洗顔後のケアだった!

男性

洗顔後のケアで勝負が決まる!

洗顔の大切さをお話しましたが、洗顔後のケアはさらに大切です。洗顔したばかりの肌というのはとても弱っており、いわば砂漠地帯なので放っておけば肌が荒れてニキビが出来やすくなるのは必然です。そこで化粧水をどう選ぶのかが問題になってきます。

化粧水というのは洗顔したばかりの弱った肌に水溶性の美容成分を届けることが目的です。つまり、乾燥しやすい肌の人やオイリー肌の人など、それぞれ肌の特徴が違いますので、それに合った化粧水を選ぶことが大切です。

市販のものでもたくさんの種類がありますので、具体的にどういったことに着目して市販のものを選んでいけばいいのかをご紹介していきます。

 

市販の化粧水の選び方①保湿力で選ぶ

洗顔後の肌は皮脂や角質などが落とされ、とても乾燥している状態です。男性は特に乾燥肌になりやすい行動が多いので、化粧水で保湿力を補い高めましょう。

肌は自力で乾燥状態から保湿能力を高めようと回復しますが、それには時間がかかるため、その間無防備になっています。その間の肌を守るために化粧水を使うということです。

オイリー肌の人も、洗顔のし過ぎで余計に落としてしまった皮脂により乾燥しやすい肌になりがちなので、保湿性の高い化粧水で、肌の環境を整えましょう。保湿を行い肌の状態を良くすることで、ニキビの出来にくい肌へと変わっていきます。

市販の化粧水も種類が豊富ですので、保湿力に着目して選ぶのもいいでしょう。男女関係なく、むしろ女性らしく肌を気にする心構えで取り組んでみましょう。

 

市販の化粧水の選び方②低刺激なものを選ぶ

敏感肌は男女共に過剰なケアなどにより、自分では気づかぬうちに自らそうなりにいっている可能性があります。また、乾燥肌が原因で敏感肌になってしまったという人も多いでしょう。そういった方たちのためにおすすめなのが低刺激な化粧水です。

市販のものでも、低刺激に重点を置いた化粧水の種類は豊富です。

とはいっても本当に低刺激なのか、自分には合うのかというのは不安要素です。ですが手っ取り早く分かる方法はありませんので、とにかく試して刺激の有無を確認していくしかありません。

その際、化粧水を顔ではなく腕の内側やあごの裏側などにつけましょう。そこは肌が薄いので症状が現れやすく赤みや腫れ、刺激などがなければ少しずつ顔につけてみて、刺激がないようであれば、使っても大丈夫でしょう。

また、肌に化粧水をつける際にコットンなどでつけるのはやめましょう。どんなに柔らかいコットンであっても刺激になる可能性がありますので、肌を傷つけないためにも手で丁寧に化粧水をつけることをおすすめします。

また、化粧水などに含まれている成分も重要になってきます

市販のものにはアルコール、着色料、香料などは刺激になる成分が多く含まれている場合が多いので、注意して選びましょう。市販のオーガニックコスメや自然派コスメも、肌に優しいイメージがありますが天然成分にも刺激が強いものがあります

市販の化粧水を選ぶときは、アレルギーテスト済などの表記を気にしてみるのがいいでしょう。

 

市販の化粧水の選び方③オールインワンなもの

男

いちいち別々に買うのは面倒だなあ・・

顔の肌を守るのは化粧水だけでなく、乳液やクリームなどもとても重要なものです。しかし、市販でそれぞれ選んでいては時間がかかり、合うものも見つけにくいです。

そこで便利なのがオールインワン、全ての機能を揃えているものです。それぞれの効果をバランスよく持っているので、市販のものでもオールインワンに限定すれば選ぶ時間も、手間も少なくなります。

 

市販の中で一番おすすめの商品は?

先ほどの三つポイントを兼ね備えた商品はあるのでしょうか。市販の中でも種類が多くて迷ってしまう方も多いと思います。

そんな男性におすすめの化粧品はバルクオムです。

【バルクオム】

高級植物幹細胞を使用したメンズ専用スキンケアコスメ。

本気でスキンケアを考えている方が使用する本格派コスメです。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

このバルクオムという商品には植物幹細胞エキスという成分が入っています。幹細胞を説明を一言で表すと「分裂して際限なく増殖できる細胞」のことです。この成分は生命の誕生に必要なほどのエネルギーが濃縮されています。この成分が配合されていると肌の組織を再生することができます。

このような植物幹細胞を配合した化粧品とそうではない化粧品ではニキビの治療にも大きな違いが生まれてしまいます。

バルクオムの値段は以下のようになっています。

化粧水 定価¥3,240(税抜)/200ml

乳液 定価¥3,240(税抜)/100g

洗顔料 定価¥2,000(税抜)/100g

これらを合計すると8480円です。バルクオム以外にも植物幹細胞を配合した商品はたくさんありますが、化粧品だけでも10000円を超えてしまうものも多いです。

これだけみてもバルクオムがお得であることがわかりましたが、もっとお得にバルクオムを購入する方法があります。

リピーターも多く、男性におすすめの化粧品ですので気になる方はぜひ見てみてください。

⇨バルクオムをお得に買う方法について知りたい方はこちらをクリック

 

市販の化粧品よりもニキビケアのプロに任せよう!

一言に洗顔は大事、ケアは大事と言っても自分で調べてやるのはやはり不安です。間違った知識をそのまま信じて、肌荒れが悪化してしまうこともあるかもしれません。市販の化粧水などを買って、それが原因で肌荒れが起こるなんてこともあるでしょう。

そんな男性におすすめするのが、メンズエステに行ってみることです。男女問わずむしろ男性のほうがニキビなどを気にしていることが多く、男性向けのサロンがとても増えています。

数あるメンズエステの中でも特におすすめしたいのがラ・パルレです。ラ・パルレのニキビ内外コースは初回限定で1000円なんです。1000円でもコース内容は通常のコースと全く同じです。

このコースを体験できる方は初めての方限定です。また期間限定ですのでまだラ・パルレに行ったことがない方やメンズエステを体験してみたい方はお早めにお試ししてみることをおすすめします。

ラパルレ

【La PARLER(ラ・パルレ)】

33年間の実績とノウハウをもった、究極の男性エステサロン。

社内資格をもったスタッフが一生忘れることのできない体験を提供します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

 


『スキンケア』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48846

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料