まだニキビ跡隠さないの?メンズファンデーションランキングを大公開!


男がファンデーションを使うのは当たり前!

男性の皆さんニキビ跡を隠すのに有効な、ファンデーションを知っていますか。

ファンデーションというと女性の化粧道具というイメージが強いですが、最近はメンズファンデーションが販売されるなど、男性での需要が高まっています。

男性がファンデーションをつける主な理由は、

・ニキビ、ニキビ跡などの肌の凹凸を隠すため

・ちゃんと剃っても濃い青ひげをカバーするため

・毛穴の開きや黒ずみを目立たなくするため

・顔のトーンを明るくする

といったことが挙げられます。

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多いため、毛穴の開きや黒ずみが女性よりも目立ちやすく、濃い青ひげをきれいに隠すためには、かなりのカバー力が求められます。

このように、メンズファンデーションを選ぶ際は、カバー力に優れたファンデーションを選ぶ必要があります。

ニキビ跡を隠すファンデーションの使い方を紹介します!

メンズファンデーションの需要が分かったところで、実際にメンズファンデーションでニキビを隠す使い方をご紹介します。

まずは、パウダータイプをスポンジで使う場合です。

スポンジの2ぶんの1の面積にとった量が顔半分の目安です。ファンデーションの表面をスポンジでなでるように1~2回とり、片側のほおからつけはじめます。
内側から外側に向かって、のばしていきます。目の下から耳の上、小鼻から耳の中央、あごから耳の下と、数回にわけて、スポンジを、すべらせるようにつけていきます。つけている途中で、ファンデーションが少ないかなと感じたら、少量プラスしてください。
もう一度、ファンデーションをとり、反対側のほおも同様にのばしたあと、ひたいにものばします。次に、スポンジの角を使い、小鼻、目のまわりなど、細かい部分を仕上げます。
最後に、手のひらですっぽり顔を包みこむようにします。手のひら全体で顔全体を軽くおさえ、ファンデーションをなじませます。フェースラインは、首すじに向かって軽くなじませると、首との境もできずに、横顔も美しく仕上がります。

出典:資生堂

ファンデーション使用後は、ムラについていないかを確認するため、手のひら全体で、顔に、やさしく触れてみてください。

手のひらのぬくもりでファンデーションも落ち着き、よりきれいに仕上がります。

スポンジでも指でも、ごしごしと強く肌をこすると、肌に負担をかけるだけでなく、ファンデーションが厚ぼったくなったり、ムラづきになるので、つけすぎたと思ったら、使っていないスポンジで、軽くたたくようになじませるとよいです。

指先にファンデーションがついていると、洋服を汚したりする原因になるため、ティッシュペーパーなどを、すぐに手の届くところに置いておくようにしましょう。

続いてはチューブに入っているリキッドタイプの使い方です。

でもスポンジでもつけられますが、スポンジ使用をおすすめします。
スポンジの先に、パール粒1コ分のファンデーションを出します。または、一度、指先にのるくらいの量を指先にとってから、スポンジにのせます。そのとき、指先のファンデーションを軽くおき、その後、指先をスポンジでふきとるようにすると、指先があまり汚れずにつけられます。
まず、面積の広いほおからつけていきます。片側のほおからはじめます。目の下からこめかみに向かい、鼻の横から耳の上、小鼻から耳の中央、口角と呼ばれる口の端から耳の下と、4ヵ所くらいにわけて、ファンデーションをスポンジでのばしていきます。この動作を2回ほど繰り返すと、ムラなくつけることができます。
最後に、ほおよりも少ない量のファンデーションで、ひたいと目のまわり、口のまわりをつけていきます。細かい部分はスポンジの角を使い、ていねいにのばしていきます。

出典:資生堂

リキッドやクリームタイプは、洋服につくと落ちにくいので十分注意が必要です。

特にボトル容器のものは、倒れるとこぼれるので、中味を取り出したら、キャップをすぐに閉めるように心がけるようにしましょう。

要注意!ファンデーション後にはしっかり洗顔を!

ファンデーション後のいい加減なクレンジングで毛穴にファンデーションが残っていれば、ニキビや毛穴の開きや黒ずみの原因になり、毛穴が詰まって化粧水や乳液が浸透しにくくなることで乾燥の原因にもなります。

逆にクレンジングのし過ぎでも肌が乾燥し、よく落とそうとしてごしごしと擦って肌を傷めてしまう場合もあります。

ファンデーション後は、毛穴に残らないように丁寧に、かつ優しく洗顔し、ニキビの原因にならないようにしましょう。

ニキビ隠しにおすすめ!メンズファンデーション

※ランキング掲載の廃止について

客観性の無いランキング記事がネット上に増えている中で、BiDANでは「より多くの方にわかりやすく美容情報を提供する」ことを理念としており、多くの方々に正しい美容情報を得ていただきたいと考えているため、料金や売れた本数などの客観的な数字での比較ができない商品に関してのランキング掲載を順次廃止しております。

ランキングの順位を気にせず、読者様が自分に合うと思った商品を選んでいただければ幸いでございます。

NULL BBクリーム

null bbクリーム

【NULL BBクリーム】

男性の肌の色、肌の質に特化して作られた男性専用のBBクリーム、コンシーラー。

美容成分が配合されており、肌への馴染み、使い易さが特徴で、初めてメンズコスメを使う男性に今一番選ばれています。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

内容量:20g
値段:¥3880
特徴:この商品の特徴は、ファンデーションがばれにくいという点で、テカらず、崩れにくい、日本人のメンズスキンの色に合わせた色になっているので、ニキビを隠すためにクリームを塗っていると感じさせない仕上がりになることです。

また、メトキシヘイヒ酸エチルケイヒルの力で、紫外線をカットしたり、シクロヘキサシロキサンという美容液に良く深まれる成分が配合されており、肌にとても優しい作りになっています。

おすすめユーザー:塗っているのがばれたくない、肌やニキビに優しいファンデーションを求めるメンズ

CRISIS HOMME カバークリーム

内容量:30g
値段:¥4480
特徴:この商品は、メンズの気になる毛穴やニキビ跡などの肌の凸凹を埋めつつ、シミやニキビを目立たなくし、肌のテカリを抑えてサラサラ素肌を演出してくれます。

また、クリームはベタつきが無く軽いつけ心地なので嫌な重さは感じさせません。

CHカバークリームを朝使用すれば、サラサラした肌触りを夕方までキープしてくれます。

脂溶性ビタミンC誘導体、ビタミンE、ビタミンA誘導体、ビタミンB前駆体を配合しており、スクワラン配合&ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、加水分解コラーゲンの3大保湿原料で保湿効果が期待できます。

おすすめユーザー:サラサラ肌、保湿効果を求めるメンズ

⇒販売ページはこちら

ベジボーイBBクリーム

ベジボーイBBクリーム

内容量:20g
値段:¥1728
特徴:

・血行不良・寝不足等によるクマを目立たなくする
・毛穴の開きを目立たなくする
・ニキビ跡を目立たなくする
・くもった顔色に色味を付ける
・青髭を目立たなくする

これらのようにファンデーション効果もテカリ防止も兼ね備える多機能クリームで、これ一本で顔の印象がとても明るくなります。

おすすめユーザー:簡単にニキビや黒ずみを隠し、顔の印象を明るくしたいメンズ

⇒販売ページはこちら

BIZ FINE COLOR

BIZ FINE COLOR

内容量:35ml
値段:¥4104
特徴: ビズファインカラーはカバー力にこだわったリキッドタイプのメンズファンデーションで、男性でも使いやすいように化粧水で保湿した後に直接塗ることができるように設計されています。

また、油分を一切含まないノンオイリータイプなので、皮脂が多い男性にぴったりです。

甘草エキスは肌荒れやニキビを防ぐ働きのある成分なので、ニキビケア化粧品などに良く配合されています。

ファンデーションをつけても肌荒れやニキビにならないように工夫されています。

おすすめユーザー:オイリー肌でニキビが気になるメンズ

⇒販売ページはこちら

24H パウダーファンデーションセット

24H パウダーファンデーションセット

内容量:11g
値段:¥5122
特徴:24時間落とさなくても大丈夫な話題のメンズファンデーションです。

面倒なクレンジングは不要で、石けん洗顔で簡単に落とすことができます。

ニキビあとや毛穴をしっかりカバーし自然な仕上がりで、健康的な肌色へ導き、 植物エキス配合でメイクしながらスキンケア ができます。

男性向けデザインのオリジナルケースでパフ付きです。

おすすめユーザー:ファンデーションのキープ力と、洗い落としやすさの両立を求めるメンズ

⇒販売ページはこちら

ファンデーションを上手に取り入れて美肌を目指そう!

メンズファンデーションの種類は多岐にわたっており、需要も増えています。

ニキビを隠したい、肌のトーンを上げて好印象を得たいと思うメンズは、ぜひファンデーションを有効活用してみてください。

<おすすめ関連記事>

20代のおすすめ美白化粧品3選!選び方、正しいスキンケアも紹介!

メンズニキビにおすすめの洗顔!年齢別ランキングと正しいスキンケア!


『スキンケア』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/48846

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料