内臓脂肪を落とすには?効果的なトレーニング方法5選を伝授!

「なかなか内臓脂肪が落ちない」とお悩みのあなた。 ダイエット方法が間違っている可能性があります。 今回は、内臓脂肪に効くトレーニング方法5選を伝授。 あなたに合った方法でトレーニングを行い、内臓脂肪を解消させましょう!


内臓脂肪が落とせない?

なかなか落とせないのが内臓脂肪。「どんなにダイエットしても、トレーニングしても内臓脂肪の数値が減らなくて困っている」と感じていませんか?

内臓脂肪は、その言葉通り内臓周りについた脂肪。人によっては見た目は標準体型なのに内臓脂肪の数値だけが異常に高い「隠れ肥満」になっていることもあります。

内臓脂肪は、目に見える脂肪よりやっかいなもので、放置をしておくと生活習慣病や様々な疾患の原因となってしまうことも。内臓脂肪に気づいたときからすぐにトレーニングをスタートし、内臓周りについてしまった脂肪を燃焼させましょう。

内臓脂肪のイメージ画像

お腹周りについた脂肪は見栄えも最悪。早急に解消させましょう。

今回は、内臓脂肪に効くトレーニング方法5選をご紹介します。「内臓脂肪を減らしたい!」というあなた、必見です。

 

内臓脂肪の原因

まずは、内臓脂肪の原因から理解を深めていきましょう。内臓脂肪がついてしまうのは、摂取カロリーが消費カロリー上回っているため。エネルギーを身体に取り入れると、消費されなかった分は「脂肪」として予備エネルギーに変換されてしまいます。

食生活が偏っていたり、暴飲暴食をしているとすぐに摂取カロリーは消費カロリーを上回り、内臓脂肪が発生します。

また、普段の生活で何もしなくても消費されるエネルギー「基礎代謝」が下がっている状態も消費されるカロリーが少なくなり、内臓脂肪の原因に。内臓脂肪を解消させる一番のポイントは「摂取カロリーより消費カロリーを多くすること」そうすれば、蓄えられた内臓脂肪が燃焼され、ダイエットに繋がります。

ピザのイメージ画像

普段食べているもののカロリーを気にして生活するだけでもダイエットに繋がります。

次は、ポイントを踏まえて内臓脂肪に有効なトレーニング方法をご紹介していきましょう。

 

内臓脂肪に効果的なトレーニング5選

さっそく内臓脂肪に効果的なトレーニング方法5選をご紹介していきます。どれも簡単ですぐに出来るものばかりなのでさっそく試してみてください。

 

腹筋トレーニング

まずは、筋肉をつけ、基礎代謝をあげるためのトレーニング。内臓周りの脂肪を落としたいのであれば、腹部に筋肉をつけることが一番です。筋肉がつけば、基礎代謝が上り、何もせずとも消費されるエネルギーが増え、結果的に太りにくく、内臓脂肪がつきにくい身体を手に入れることができます。

腹筋トレーニングの方法は下記になります。

【腹筋運動の方法】

1.床やマットの上に仰向けになり、ヒザを90℃に曲げる

2.この体勢から、頭、上半身の順に起こし、丸くなる

(起き上がるときは、息を吐きながらお腹をひっこめるのがポイント)

3. [2]とは反対に、上半身頭の順に体勢を戻す

上記を10回~15回をワンセットとし、2、3セット行うのが効果的です。

運動不足の方だと、最初は「かなりきつい」と感じるので、負荷を少な目に1セットくらいにしましょう。慣れてきたころに2~3セットに増やすのが良いでしょう。

 

ドローインでトレーニング

次に、「ドローイン」という方法で内臓脂肪を減らすトレーニングです。このドローインというのは、息をすって、はいて、ひっこめることを意味します。負荷も少なく、とても簡単な方法なのですが実践してみると意外にもつらく、効果があることがわかります。

ドローインのトレーニング方法は下記になります。

【ドローインの方法】

1.背筋を伸ばし、息を大きく吸い込む

(胸を膨らませるイメージで、2~3秒間思いっきり吸い込む)

2.ゆっくりと息を吐く

(お腹をぺたんこにへこませるイメージ)

3.お腹をへこませたまま、深呼吸をして状態をキープ

(10~15秒その状態をキープすることを目指します)

上記の流れを1セットし、1回に2~3セット行うのが効果的です。

ドローインを行うことで、腹部を刺激し効果的に筋肉をつけることができます。場所を選ばず、道具も必要ないので気軽にどこでも行うことができるトレーニング方法です。

 

ウォーキングでトレーニング

次に、ウォーキングでトレーニングする方法。これは、直接脂肪を燃やす有酸素運動に当てはまります。有酸素運動は開始してから20分以上で脂肪が燃焼しはじめるので、最低でも20分以上行うようにしましょう。

スポーツジムのイメージ画像

運動する場所がないという方は、トレーニングジムなどもおすすめです。

ウォーキングはランニングより負荷が少なく、誰でもすぐに始めることができるトレーニング方法です。歩くときは下記のポイントに意識しましょう。

・20分以上は歩く

・手足を大きく動かしながら歩く

・呼吸を意識しながら歩く

慣れてきたら歩くスピードをあげて、徐々に負荷を増やすのがおすすめです。

 

水泳でトレーニング

次に水泳でトレーニングする方法。「毎日ウォーキングする暇はない!」という方におすすめです。水泳も有酸素運動のひとつなのですが、ウォーキングよりはるかに消費カロリーが大きいです。

なので、毎日水泳に行かずとも、週2~3回水泳に行けば毎日ウォーキングをしているのと同様の効果を得ることができます。泳げないという方では、水中を歩くだけでも効果が高いので、かなりおすすめの方法です。

 

フラフープでトレーニング

最後にフラフープをつかったトレーニング方法です。フラフープはお腹周りについた脂肪へのマッサージ効果や、有酸素運動による脂肪燃焼の効果が期待できます。

フラフープは優雅なイメージですが、やってみると結構きついもの。お腹に効いているのが実感できます。フラフープでトレーニングする際のポイントは下記になります。

・腰は回さず、前後に動かす

・脚は肩幅程度に

・姿勢を崩さず背筋を伸ばす

最初は時間を短めに、徐々に回す時間を増やしていくと良いでしょう。

 

トレーニングの効果をさらに上げるにはサプリメント

最後に、上記のトレーニング効果をさらにあげたい方にはサプリメントの飲むという方法があります。筋トレや身体改善の向上をさせている方から高評価を得ているのがビルドアップサプリメントである「DCCサプリ」です。

このサプリメントには「クレアチン」「HMB」「BCAA」が含まれているのですが、この成分はプロ野球選手などが摂取している成分。

タンパク質が主成分なのですが、これを摂取することによって筋肉からのアミノ酸の分解を防ぎ、筋肉の持久力UP・脂肪燃焼を促します。

特におすすめなのは、「今まで一度もこの類のサプリメントを摂取したことがない方」

クレアチンは今まで一度も摂取したことがない人のほうが、効果が出やすいという研究結果があります。また、筋トレの効果がなかなか出ない方や、さらに筋トレの効果を上げたい方にはぴったりです。

内臓脂肪というのは、早急に解消させなければ、、見栄えが悪いだけではなくときには健康に害を及ぼしてしまうもの。今回ご紹介したトレーニングと一緒にサプリメントを摂取することでさらに効率良く内臓脂肪を落とすことが可能です。

公式サイトでは初めて購入される方限定になりますが、期間限定キャンペーンとして初回分を95%OFFの560円でお試しすることができます。さらに期間中であれば送料まで無料なので、まだ試したことがない方は期間限定中にこのキャンペーンを利用することをおすすめします。

定価11200円⇒560円(公式サイト期間限定初回お試し価格)

市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキング」には、DCCサプリの有効成分についての詳細・口コミや効果などが詳しく記載されています。内臓脂肪を減らしたいという方は一度チェックしておきましょう。

また、BiDANでは男性専用サプリメントのランキングを作成しています。合わせてご覧になってみてください。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

 

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料