皮下脂肪は落としにくい?3つの効果的な痩せ方で脂肪を落とす!

「皮下脂肪は落としにくいんじゃないの?」と思いのあなた。 しっかりと要点掴めば皮下脂肪を落とすことができます。 今回は3つの効果的な痩せ方を伝授します! この痩せ方で皮下脂肪を落として、脂肪がつきにくい身体を手に入れましょう。


皮下脂肪の痩せ方が分からない?

脂肪には大きくわけて、皮下脂肪と内臓脂肪があります。中でも落としにくいとされるのが皮下脂肪。「皮下脂肪がついてきた感じがするけど、痩せ方がわからない」なんて困っているあなた。皮下脂肪は落とすのが大変なので、ダイエットにも苦労することでしょう。

疑問に思う男性のイメージ画像

「皮下脂肪は落としにくい」と言いますが、要点を把握していれば落とすことも可能!

皮下脂肪を落とすには3つの痩せ方を万弁なく行うことが重要。なにかひとつに特化した痩せ方では落とすの難しいものです。

今回は皮下脂肪を落とす効果的な3つの痩せ方をご紹介します。「皮下脂肪をなんとかしてスタイル維持をしたい」「健康的に皮下脂肪を落としたい」という方は今すぐチェックしてください。

皮下脂肪とは?

まずは、皮下脂肪とはなにか・・・というところから説明していきましょう。皮下脂肪は内臓脂肪とは異なり、皮膚のすぐ下についてしまった脂肪。

消費されることがなかったエネルギーが長い期間をかかえてゆっくりと蓄えられたのが皮下脂肪。身体がエネルギー不足と感じたときには、この皮下脂肪からエネルギーを調達します。

このようなことから考えると「食事制限だけでエネルギー不足にできて、皮下脂肪を落とせるのでは?」と思ってしまいがちですが、食事制限だけでは十分に脂肪が燃焼されず、同時に運動を行うことが必須です。

では、どのような痩せ方で皮下脂肪を解消していけば良いのでしょうか。次はさっそく3つの皮下脂肪の痩せ方について説明していきます。

 

皮下脂肪の効果的や痩せ方

皮下脂肪の効果的な痩せ方について説明していきます。ここでは、「皮下脂肪を防ぐ痩せ方」、「皮下脂肪を燃焼する痩せ方」、「皮下脂肪がつきにくい身体づくり」に焦点を当て、紹介していきます。

 

食事を改善

まずは、「皮下脂肪を防ぐ痩せ方」皮下脂肪がついてしまうのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回っているため。毎日の食事の中で多くのカロリーを摂取していれば、消費されなかったカロリーは皮下脂肪となってどんどん蓄積されてしまいます。

皮下脂肪をつけないためには、食事の改善は必須。特に揚げ物などの高カロリーメニュー・糖質がたくさん含まれている食べ物は皮下脂肪を落としたいと考えているあなたにとって大敵。

野菜のイメージ画像

野菜が苦手でもアレンジ次第でとってもおいしく食べることができます。

食事は、野菜を中心にバランス良く食べるようにしましょう。外食やコンビニ食などもカロリーが高めとなっているのでできるだけ避けるようにしてください。

 

有酸素運動で痩せる

次に、「皮下脂肪を燃焼する痩せ方」ついてしまった皮下脂肪を燃焼させるには有酸素運動が一番効果的です。有酸素運動には、プールやランニング、ウォーキングなどが当てはまります。酸素を取り入れ、その酸素を利用して脂肪を燃焼する有酸素運動は皮下脂肪の効果的な痩せ方にぴったりです。

有酸素運動は、開始してから20分で脂肪が燃焼されるので、30分以上継続して行うようにしましょう。

また、この運動の重要なところは長期間継続して行うこと。単発で行ってもあまり意味がありませんので、毎日とは言わずとも、週に何度かは有酸素運動をする習慣を身につけましょう。

 

筋トレで痩せる

最後に、「皮下脂肪がつきにくい身体づくり」有酸素運動などで皮下脂肪を落とすことができても、すぐに皮下脂肪がついてしまっては何の意味もありません。皮下脂肪の効果的な痩せ方の中でも筋トレは重要な位置づけ。

筋肉を増やして、基礎代謝を上げることで脂肪がつきにくい身体を手に入れることができます。

基礎代謝とは、

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーです。
1日の総消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)
基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増え、太りにくく痩せやすいカラダになります。逆に筋肉が少なく脂肪が多いと、基礎代謝量が少ないので痩せにくいカラダになります。

出典:club.panasonic.jp/diet/kiso/metabolism/

つまり、毎日なにもせずとも自然と消費されるエネルギーのこと。基礎代謝の中でも多くエネルギーを使用するのが筋肉です。筋肉をつけることで、基礎代謝があがり、脂肪がつきにくい状態にすることが可能です。

筋トレグッズのイメージ画像

様々な筋肉をつけるためのエクササイズがあります。

筋トレには、腹筋やドローイン、バランスボールなど様々なものがあります。下記の記事で筋肉をつけるエクササイズを動画付きで説明していますので、目を通してさっそく実践してみましょう。

⇒【動画アリ】筋肉をつけるエクササイズの詳細はこちらをクリック!

 

お腹の皮下脂肪にはスクワット?

スクワットをすることにより、もっとも大きな筋肉である大腿筋を鍛えることが可能です。この大腿筋はお尻や腹筋、背中の筋肉まで繋がっているため、筋肉全体を引き締めることが可能です。腹筋を鍛えるには、腹筋だけではなく、腹筋に則している筋肉を鍛える必要があります。そのため腹筋も重要ですが、 スクワットも同時に行うことにより、皮下脂肪をより効率的に落とすことが可能です。

以下のスクワットの基本的な動作を参考にスクワットに調整していきましょう。

 

皮下脂肪の痩せ方をさらに効果的にするには?

3つの皮下脂肪の痩せ方をご紹介しました。これらの痩せ方の中で一番重要なのは「筋トレ」。というのも、皮下脂肪をつきにくい身体を手に入れることが一番の理想です。それを叶えるのは基礎代謝を上げることができる「筋トレ」。

しかし、筋トレを続けてもすぐに筋肉がつくわけではなく、どうしても時間がかかってしまうものです。筋トレしたらすぐに皮下脂肪を落としたいという方にいま一番選ばれているのが、脂肪燃焼、筋肉の増加を促すDCCサプリ。「筋肉をつけて皮下脂肪を減らすことができた」、「筋肉をつけて皮下脂肪がつきにくくなった」という方がこぞって摂取しているのがこのサプリ。このサプリには下記の有効成分が含まれています。

HMB ⇒ 筋肉の分解を防ぎ回復を促す効果

BCAA ⇒ 筋肉の分解を抑制しながら疲労を軽減する効果

クレアチン ⇒ エネルギー効率を上げ、筋肉の持久力を促す効果

オルニチン ⇒ 筋肉を増大させる効果

アルギニン ⇒ 筋肉増強、疲労回復の効果

ここでもっとも注目したいのがクレアチンという成分。実はこの成分、オリンピック選手などのアスリートの方たちにとっては基礎中の基礎ともいえる成分。筋肉をつけるためには欠かせない成分です。これらの成分をもとに、良質な筋肉を保ち、増やしていくことが可能。筋肉がつけば基礎代謝は自然と上がり、皮下脂肪がつきにくい痩せ方をすることができます。

皮下脂肪は落としにくく、見た目的にもよくありません。ダイエットをして一時的に落としたとしてもすぐについてしまってはなんの意味もないので、大切なのは基礎代謝を上げること。「皮下脂肪をなんとかしたい」という方は、いますぐ3つの痩せ方+サプリメントで皮下脂肪が付きにくい身体を手に入れましょう。

下記にはDCCサプリの詳しい効果や成分が記載されていますので、一度は目に通しておきましょう。期間限定で公式サイトから初めて購入される方には初回95%OFFの560円で、さらに送料無料で購入することが可能です。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

また、DCCサプリのデメリットも把握しておきたいという方には下記の記事がとても参考になりますので、要チェックです。

⇒DCCサプリのメリット・デメリットについて詳しくはコチラをクリック!


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料