トレーニング中の食事について徹底調査!トレーニング中の注意点とは?

トレーニング中の食事ってみんなどうしているのか気になりますよね。メニューやレシピにはどのような工夫をしているのでしょうか。今回の記事ではメニューやトレーニング中の食事回数が一番効果的なのかも合わせて調べてみましたので、参考にしてください。


トレーニング中の食事はカロリーに気をつける!

 【トレーニング中のカロリーは 摂取量>消費量】

まずは、食事の基本である「カロリー」について説明していきましょう。ダイエット中であれば、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることがポイントですが、トレーニング中はその逆です。消費カロリーが摂取カロリーより大きいと、筋肉肥大に必要なエネルギーが確保できず、筋肉をつけることができません。なので、トレーニング中は「摂取カロリー>消費カロリー」を食事の基本としましょう。現在摂取カロリーが消費カロリーを下回っている場合は、食事内容の見直しが必要になります。

次に、トレーニング中の食事メニューについてご説明していきます。

ワークアウト

トレーニング中の食事はどうしたらいい?

 

トレーニング中の食事メニュー

さっそくトレーニング中の食事メニューについてご紹介していきましょう。

・ご飯など炭水化物を忘れずにとる

・タンパク質を積極的に摂取する

・パッケージの裏面に記載されている、カロリー・タンパク質・炭水化物量などを忘れずにチェックする

・増量期は、しっかりとカロリーを摂取する

このようなことがポイントとして挙げられます。ご飯は炭水化物が豊富に含まれているため、しっかりととり、鶏肉や卵などタンパク質が豊富に含まれる食材を積極的にメニューに取り入れることが大切です。

下記動画では、トレーニング中の食事メニューの一例が紹介されていますので、「どんなものを食べれば良いのかわからない」という方はチェックしておきましょう。

次は、今回出てきた「炭水化物」や「タンパク質」の重要性についてご説明していきます。

 

トレーニング中の食事に必要な栄養素とは?

さっそくトレーニング中に必要不可欠である「炭水化物」や「タンパク質」についてご説明していきます。必要な栄養素を知ることで、より効率の良い食事をとれるようになるので、しっかり把握しておくことが大切です。

サラダ

栄養の割合が大切

 

タンパク質・脂肪・炭水化物

トレーニング中に必須である栄養素として「タンパク質」、「脂肪」、「炭水化物」が挙げられます。それぞれの特徴や必須である理由についてご紹介します。

【タンパク質】

筋肉をつける上で欠かせない栄養素です。筋肉の材料であり、皮膚など体全体の様々な場所がタンパク質によってつくられています。卵や鶏肉などに豊富に含まれています。

【炭水化物】

炭水化物を摂取すると、タンパク質を筋肉に取り入れるために必要であるインスリンが分泌されます。炭水化物が足りない状態では、せっかく摂取したタンパク質が筋肉に作用せず、良質な筋肉をつけることができません。しっかりと摂取しましょう。

【脂質】

ダイエット中には敬遠されがちな脂質ですが、トレーニング中には必須です。脂質をとるうことにより、テストステロンという男性ホルモンが分泌され、効率良く筋肉をつけることができます。また、筋肉の疲労を回復させる役割も持っているので、しっかりと摂取しましょう。

比率としては、炭水化物50%:タンパク質30%:脂質20%が目安です。バランスを考慮し、適切な栄養素を摂取してください。

 

サプリで補うのも一つの方法

トレーニングの効率を上げるためには、筋肉の分解を防ぎ、持久力を上げるクレアチンHMBBCAAなどの栄養素も必須ですが、これらの栄養素を普段の食事で取り入れるのはとても困難です。これらの栄養素を十分に補うためには、サプリメントを飲むことが一つの手段として挙げられます。

DCCサプリは、ビルドアップに必須であるこれらの栄養素の他、脂肪の燃焼を促すコレウスフォルスコリ・ブラックジンジャーなどが豊富に含まれています。食事の改善が難しい方や、「トレーニングの効率をUPさせたい」という方にぴったりのサプリメントです。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

DCCサプリは、いまなら期間限定で95パーセントオフの560円で購入可能です。まずは、1ヶ月サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

また、「⇒DCCサプリのデメリットを正直にお伝えします!効果は?口コミは?では、DCCサプリメントの効果や口コミのほか、デメリットや使用方法・注意点について紹介しています。購入前に一度チェックしておきましょう。

 

トレーニング中の食事はタイミングが大事?!

トレーニングの食事は、もちろん内容も大切ですが、タイミングも重要です。次は、トレーニング中に適切な食事のタイミングについてご説明していきましょう。

【トレーニング2時間前に食事を済ませておく】

トレーニング中は、筋トレを行う2時間前に食事を済ませておきましょう。食事後から2時間程度たつと消化活動も落ち着き、摂取した栄養を効率良くトレーニングの栄養として活用することができます。

【タンパク質をとるのは筋トレ直後】

タンパク質をとるのは筋トレ直後がベストです。筋トレから30分以内にタンパク質をとることで、筋肉の修復が効率良く行われます。プロテインなどを摂取する場合にも、筋トレから30~1時間以内にとるようにしましょう。

トレーニング

何でもバランスとタイミングは大事

 

しっかりポイントをおさえて効率よく!

トレーニング中の食事についてご説明しました。いかがでしたでしょうか。トレーニング中の食事は、内容はもちろん、タイミングも重要であることがお分かりいただけたかと思います。また、DCCサプリなど、サプリメントで普段摂取するのが難しい栄養素を補給するのも効率UPの手段です。食事メニューや、タイミング、栄養素など意識する点は多いですが、適切な食事を取ることで、さらにトレーニングの効率UPを図ることが可能です。今回ご紹介した食事のポイントをおさえ、効率よくトレーニングを進めていきましょう。

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料