バルクアップとパンプアップの違いとは?わかりやすく徹底解説!

「バルクアップ」と「パンプアップ」、よく聞くワードですが、あなたはそれぞれの意味がわかりますか?バルクアップとパンプアップは名前は似ていますが、その言葉の意味や行う方法も全く異なります。筋トレ初心者に向け、また筋トレの効率化を図りたい方に向け違いを紹介します。


パンプアップとバルクアップの違いとは?

スクリーンショット 2017-10-09 20.53.41

バルクアップ」「パンプアップ」、よく聞くワードですが、あなたはそれぞれの意味がわかりますか?バルクアップとパンプアップは名前は似ていますが、その言葉の意味や行う方法も全く異なります。

筋トレ初心者に向け、また筋トレの効率化を図りたい方に向けパンプアップとバルクアップの違いを紹介します。

まずは、パンプアップからです。

パンプアップとは?パンプアップ方法は?

パンプアップとは、筋肉に負荷をかけた時に筋肉を使ったところが膨れ上がる状態のことを意味します。

パンプアップのメカニズム

筋肉に一時的な圧力が加わると、筋肉を動かすためのエネルギーとして糖分が使用されます。そして、エネルギーが切れる状態まで繰り返し筋肉を動かし続けると、筋トレした部分に熱が生じ、乳酸とアデノシンが溜まってきます。この時、体の中は酸性に変わるので、体が自然とバランスを保とうとして水分を溜め込みます。その結果膨らむわけです。

このように、パンプアップは一時的に筋肉が膨れ上がるので、時の経過とともに元の状態に戻ります。そのため、ボディービルダーがステージに上がる前にパンプアップ用の控室で膨らませてステージに上がるのはそのためなのです。

このように、パンプアップの本当の意味を知っておくことは筋肉を効果的に増やすためどういったトレーニングをするべきなのか知るために重要です。

パンプアップの方法とは?

スクリーンショット 2017-10-09 20.56.56

無酸素運動で、パンプアップのためのトレーニングができます。

大切なのは筋肉の膨らみを実現させるためのトレーニングですから、筋肉の繊維を傷つけるほど筋トレすることはお勧めできません。というより負荷をかけ過ぎてもパンプアップのための効果はありません。

パンプアップのための筋トレとはシンプルに高回数でできる筋トレ種目でこそ効果があります。では、どのような方法があるのでしょうか?

以下に代表的な方法を紹介します。

  • クランチ - 腹筋で1セット20回から30回
  • プッシュアップ - 腕立て伏せで1セット20回から30回
  • アームカール - チューブを使って腕を下から上に上げる運動1セット20回
  • チューブサイドレイズ - チューブで腕を下から上へ腕を曲げないで横に広げるように1セット20回

一日3セットから5セットすると短期間での筋肉の増加が見られるパンプアップが実現可能になります。

<参考>

◻︎クランチ

◻︎プッシュアップ

バルクアップとは?バルクアップ方法は?

続いては、バルクアップです。パンプアップとの違いは何でしょうか?

パンプアップは一時的な筋肉の増加であるのに対して、バルクアップは筋肉量そのものを増やします。

スポーツ選手では、ラグビーをする人のように体そのものを大きくする目的があるときはバルクアップをする必要があります。

そのため、バルクアップは筋肉でのトレーニングに加えサプリやプロテインなどを取り入れるなど、栄養摂取によるエネルギー蓄積と筋肉トレーニングの組み合わせが必要となります。

バルクアップとは?パンプアップとの違いは?

バルクアップの方法とは?

バルクアップの方法とは?

どうすれば、バルクアップで、筋肉量とともに体そのものを大きくすることができるのでしょうか?

最初に知っていただきたいのが、バルクアップは筋トレの回数よりも負荷のよりかかったウェイトで筋トレをすることです。一度、重いウェイトトレーニングをして付いた筋肉の上にさらに重いもので筋トレをして負荷をかけるといった方法が求められます。なので、10kg程度の軽いダンベルではバルクアップ効果を期待することはできません。

重いものでゆっくりと鍛えるのがバルクアップです。回数でこなすパンプアップとはやり方が大きく異なるので、筋肉量そのものを増やすのはバルクアップであることを覚えておきましょう

筋肉量を増やしたいときはパンプアップよりバルクアップを!

結論からいくと、パンプアップは、一時的に筋肉を増加させるトレーニングで、筋肉を大きく育てるのは、バルクアップであるということが分かります。

では、どうすれば効果的なトレーニングでバルクアップすることができるのでしょうか?

パンプアップは負荷をかけ過ぎない、でも回数を増やすことが基本でしたが、バンクアップはその逆で、負荷をかけ過ぎて筋肉の限界値を超える程度まで筋トレする必要があります。そして、自分の限界値を向上させるように鍛えていく必要があります。

では、どれくらいの回数や重さのベンチプレスをするいつ必要があるのでしょうか?また、どれくらいの頻度でスクワットをする必要があるのでしょうか?

具体的なトレーニング方法については、以下にバルクアップに効果のある基礎的なトレーニングについてはこちら参照

バルクアップを助ける人気サプリ7選!最も効果的なバルクアップ方法は?

バルクアップに必要な栄養素を摂ろう!

バルクアップは筋トレだけでなく適正な食事によって強化されます。では、バルクアップに適した栄養とは?

バルクアップの基本は、PFCと呼ばれるものです。PFCとは一体なんなのでしょう?

・P-プロテイン(タンパク質)

・F-ファット(脂質)

・C-カーボ(糖質)

まず、プロテインは自分の体重×3kgの量を摂取する必要があります。脂質は普段の消費カロリーに200,300calを加えて肌肉の増加を図る必要があります。しかし、これは増やし過ぎると肥満の原因にもなるので摂取する糖質とのバランスが必要です。そこで、糖質ですが、自分の体重×6kgが適正な量であると言えます。

このように、計算して普段から栄養の摂取を心がけるのは大変ですよね。

そこで、お勧めしたいのが計算しやすく、またすでに適正な量が含められているサプリメントを利用することです。

バルクアップにお勧めなのが、プロのボディービルダーも使用しているDCCサプリメントです。筋トレに効果を引き出す。クレアチン、アミノ酸それに、必要な栄養素でもある酵素も含められているサプリメントです。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

料金:初回560円
内容量:1袋/1ヶ月

  • HMBやクレアチンをはじめ黄金比率で筋トレ成分を配合
  • 92%のリピート率
  • 初心者からアスリートまで幅広く愛用されている

特徴・独自性

この「DCCサプリ」は、実績のあるトップアスリートが実際に愛用しており、推奨までしているサプリメントです。なぜ、プロに選ばれているのかと言いますと、その秘密は、「DCCサプリ」の主成分にあります。
その主成分は、「クレアチン、HMB、BCAA」の3種類です。これまでは、単体でサプリを摂取している方が多かったと思いますが、【DCCサプリ】はこの筋肉を作るために重要な成分がオールインワンになっているということです。

成分・効果

◻︎クレアチン
クレアチンは、筋肉増量やパワーアップに有効な成分です。筋肉を動かすエネルギーを生み出し、より筋力を発揮できるようになり、トレーニング効果を高める効果があります。

◻︎HMB
HMBはトレーニング後の筋肉の異化(分解)を抑制し、回復を促進し、筋力アップ効果がある成分です。

◻︎BCAA
BCAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称です。主に、筋肉の分解抑制と合成促進の効果があります。

どれも筋力トレーニングの効果をアップさせてくれるために欠かせない成分ばかりです。ぜひ短期間で効率的に腹筋を鍛えたい方でまだクレアチン・HMB・BCAAの効果を試したことがない方は、オールインワンで手軽に試せるDCCサプリの効果を実感してください。

⇒DCCサプリ公式サイトはこちら

詳細はこちら⇒「DCCサプリのデメリットを正直にお伝えします!効果は?口コミは?

まとめ

バルクアップとパンプアップの違いについてはっきりと分かりましたでしょうか?

パンプアップは筋肉の一時的な強化に対してバルクアップは筋肉そのものを大きくすることです。違いを理解するならコンディションや状況に応じて目指す理想的な体を作り上げることができます。

パンプアップとバルクアップトレーニングをうまく組み合わせて筋トレを楽しんでいきましょう。

参考記事

人気筋トレサプリメントランキング!筋トレ効果が上がる全成分を徹底検証!

筋トレサプリメントおすすめランキングTOP5!成分と効果を紹介!

DCCサプリのデメリットを正直にお伝えします!効果は?口コミは?


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料