飲み方でプロテインの効果変わる!トレーニング効果高める飲み方とは?

トレーニングの効果を高めるためにプロテインは飲んでいますか?プロテインは飲む量や種類、タイミングによって効果が違ってきます。そこで今回はトレーニングの効果を高めるプロテインの飲み方を紹介します。少しの工夫でトレーニングの効果が出やすくなるでしょう。


プロテインの飲む量はどのくらい?

プロテイン

どのくらいが適量?

プロテインとはタンパク質のことで、これは一回で吸収できる量さらには、一日の間の吸収できる量には限りがあります。つまり、どれだけ取り入れたとしても、吸収できる量以上であると結局は、吸収されないまま体外へ排出されます。

では、どれくらいの量が吸収できる量なのでしょうか?

まず知っていただきたいのが、体重によって吸収できる量が人によって異なるということです。

次の計算式をご覧ください。

・体重×タンパク質0.7g は一回で吸収できる量。

・体重×タンパク質2g は一日の間に吸収できる量。

例えば、体重が70kgだとします。そうであるなら、一日に吸収するプロテイン量は、0.7×70なので、49gです。そして、一日の間に吸収できるプロテインの量は2×70ですから140gです。

さらに、一回あるいは、一日に分解できるタンパク質の量以上のプロテインを摂取しすぎると肝臓などの内臓に大きな負担をかけることになってしまうので適切な量を取り入れることを把握しておくことは大切です。

トレーニングの効果を高めるプロテインを飲むタイミングとは?

プロテインは、いつでも飲めば良いというものではなくトレーニングする時のタイミングや就寝前後に合わせて飲む必要があります。どうしてでしょうか?

トレーニング直後はプロテインの効果が最も高まる

休憩

トレーニング直後は吸収率アップ

トレーニングの後、1時間以内もしくは30以内にプロテインを摂取することは重要です。その理由は、トレーニング後に失われるものと大きく関係があります。

トレーニングした後はグリコーゲンが失われます。グリコーゲンとは、もともとエネルギーの貯蔵庫にある糖分のことでエネルギーを消費するために筋肉トレーニングを実行すると失われます。そこで、プロテインを摂取することで筋肉を増強するための糖分を失わせることなく貯蓄することができます。

さらに、摂取するプロテインの種類によっては割と早めの段階で筋肉の増大も期待できます。

起床時のプロテインでタンパク質を調整!

男性

なぜ起床時に飲むの?

プロテインでの筋肉増強のための別のゴールデンタイムは、起床後すぐの摂取です。

人間のターンオーバーは寝ているときに生じます。その時に必要とされるのが水分だけでなく、タンパク質も利用されます。つまり、寝ている間に体の修復のためにタンパク質が消費され、起きたときには水分と同様、タンパク質も失われた状態です。

そこで、補充するために朝起きた後のタイミングでプロテインを取り入れることは、筋肉を作り上げるのに適したタイミングです。特に、朝のランニング前にプロテインを摂取するなら朝市のトレーニングも効果的です。

就寝前のプロテインでトレーニングの疲労回復!

就寝前

寝ている内に傷ついた筋肉を修復

では、寝る前に飲むこともどうして効果的なのでしょうか?

寝る時には、成長ホルモンが分泌されます。先ほども説明しましたが体の修復をしてくれますし、筋肉の増強もこの成長ホルモンが促します。

そして、この成長ホルモンが正常に分泌されるのに必要とされるのがタンパク質です。ただ、就寝する直前に摂取することはお勧めできません。理想的なのは就寝する30分前です。

その理由は、プロテインを消化するのに内臓機能が活発に動くので寝る直前に摂取するなら胃腸への負担が大きくなります。そこで、30分前に飲むことでその負担を抑えます。

さらに、成長ホルモンが活発に動くのは寝てから30分以後スタートします。そのタイミングに合わせて取り入れることで効果的にプロテインが利用され筋肉量が増えるのを期待できます。

トレーニングの目的別おすすめのプロテイン

 

プロテインの種類

おすすめのプロテインはどれ?

では、お勧めのプロテインとは何でしょうか?

プロテインといってもその種類は豊富にあるので、手に入れるための指針として知っていただきたいのが、トレーニングの目的に合わせてプロテインを摂取することです。

まず、プロテインの種類は大きく分けて以下の3つに区分されます。

・ソイ

・ホエイ

・カゼイン

吸収の速さで考えるなら、トレーニング直後は、ホエイのプロテインを摂取することをお勧めします。ホエイは高純度でのタンパク質を摂取できるプロテインで、一般に一番店頭に出回っているタイプです。

就寝前に取り入れたいプロテインはカゼインです。その特徴は分解が緩やかであるという点です。つまり就寝中に成長ホルモンが十分に途切れることなくタンパク質を消費できるようにするためカゼインでのプロテインは効果的なわけです。

もう一つが、ソイです。こちらは、ダイエット目的でトレーニングしたいという方にお勧めしたいプロテインです。腹持ちが良いので、間食をさけて体重を落としたいけど、同時にトレーニングしながら筋肉量は維持したい方に効果的です。

プロテインはさらに、ホエイとカゼインを混合したものも存在し、トレーニングの目的に応じて摂取するならさらに、理想的な筋肉を手に入れるのに役立ちます。

サプリを併用してプロテインの効果を高める

トレーニングしながら摂取すると効果的なプロテインがDCCサプリです。

トレーニングの難しいところは、筋肉量と体重のバランスです。腹筋割れや綺麗な筋肉の形を手に入れるのに脂肪の燃焼は課題です。

しかし、このDCCサプリはその両方が可能で、多くのアスリートにも愛用されています。

DCCサプリでは、クレアチンをわずかな量で必要量を取り入れます。牛肉だと1kgも食べなければ摂取でいないタンパク質ですが、DCCサプリでは一度の摂取で必要量5gのクレアチンを補ってくれます。

さらに、酵素成分が236種類含まれているので、トレーニングやストイックな食生活で失われがちな必要栄養分を取り入れることができるので、ヘルシーにトレーニングダイエットを実行できます。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

DCCサプリは公式サイトでの購入がお勧めです。というのが、オフィシャルだからこそ提供できる5つの特典が付いてくるからです。

・初回限定で、実質30日分が無料

・11,200円もお得

・2回目以降も送料が無料

・ほぼワンコイン¥500でたっぷり1か月分を摂取できる安さ

・初回限定で90日間限定返金保証付き

DCCサプリの口コミについてはコチラにDCCサプリの詳しい成分紹介や実際使用した方の口コミ、飲み方の注意点などまとめました。

まとめ

トレーニングとプロテインで理想の体型を手に入れている方は多くいます。それは実現可能だからこそお勧めしたい方法です。

信頼できるサプリメントと規則正しい生活とトレーニングを試してみましょう。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料