運動無縁の人でもできるトレーニングとは?50代からでも腹筋は割れる!

50代にもなると昔と比べて代謝が落ち、お腹周りが気になってきていませんか?今更トレーニングをやっても遅い思ってやらないのは間違いです。50代からでも効果的な腹筋トレーニングがあります。歳だからと言って諦めることなく、理想の腹筋を目指しましょう。


50代男性の体の衰えの原因とは?

若かりし頃は、キビキビと柔軟に動いていた身体がどんどん衰えてきます。「50代になって身体が鈍くなった」「お腹周に筋肉がついてきて、腹筋が全然ない」と感じている方も多いでしょう。では、なぜ加齢とともに体力が低下し衰えてしまうのでしょうか。まずは、体が衰えてしまうメカニズムについて説明していきます。

第一に、体の機能のピークは20代です。この頃はまだ運動やスポーツをしていたりと体を動かす機会も多いですが、30代になると仕事量も増え運動をする時間は無くなっていきます。

そうなると体の機能はどんどん低下し、加齢とともに体が衰えてしまいます。つまり、体が衰えてしまうのは機能の低下が始まるとともに、運動が疎かになってしまうためです。20代であっても運動をする人としない人の体力年齢は3歳前後差があると言われています。

少し体を動かすだけで心拍数が急増するのは運動不足で体が衰えている状態を指します。

50代で運動を全くしないという状態は、実はとても危険です。メタボリック症候群により生活習慣病を引き起こしてしまったり、心筋梗塞の可能性が高まってしまいます。体力低下のみならず、様々な危険をはらんでいるのが50代だと言えるでしょう。50代を越えて「体力低下してきた」と感じているあなた、すぐにトレーニングを始めることをおすすめします。

老化

体の衰えは自然現象

 

30代、40代との違いを意識しないと怪我をする

トレーニングをするにあたっても、30代や40代との体の違いをしっかりと意識しなければいけません。というのも、50代でこれからトレーニングを始める方の体の状態はとてもデリケートです。

神経や筋肉が弱り、関節の柔軟性が衰えていると考えられるので、トレーニングを行う際にはしっかりと正しいフォームや負荷を意識しなければ怪我の原因となってしまいます。特に、「腰」や「腱」は若い方であっても怪我をすることが多い部位です。50代からトレーニングを始める場合は、無理のない負荷で適切な運動量を行うよう心がけましょう。

男性

無理をするのは怪我の元

 

50代でも無理のない筋トレで衰えた腹筋を刺激!

次はさっそく50代でも無理なく「腹筋」をトレーニングする方法をご紹介していきます。

1.仰向けに寝転がる

2.ヒザを軽く曲げ、脚全体を上げる(腰が反らないように意識することがポイント)

3.上げた脚を床につかないギリギリのところまで下す

4.繰り返す

1セットを20~30回として行いましょう。とても簡単に腹筋を鍛えることができるトレーニングで、体への負担を減らしながら、ゆっくりと負荷をかけていくことが可能です。「腹筋なんてしばらく鍛えていないから出来るかどうかわからない」という方は、片足ずつ行うのがおすすめです。下記動画で、さらに詳しく解説されていますので、ぜひご覧になってください。

 

有酸素運動で腹筋と脂肪に刺激を

次に、トレーニング以外で腹筋や脂肪に刺激を与える「有酸素運動」についてご紹介していきます。有酸素運動とは、筋トレなどとは異なり酸素を取り込みながら行う運動を指します。開始から20分程度で脂肪が燃焼し始めるので、肥満解消や腹部の脂肪を燃焼し腹筋がつきやすくなる効果があります。筋トレよりも楽にできるので、50代の方であっても取り組みやすい運動と言えるでしょう。

【ウォーキング】

ウォーキングをする際は、時間と姿勢を意識して行うことが大切です。原則として20分以上継続して行うことや、腹筋や背筋を意識して良い姿勢で歩きましょう。歩幅は大きく、手をしっかり振りながら歩きます。慣れてきたら、スピードを上げランニングとして行うのもおすすめです。

【水泳】

水泳はカロリーの燃焼がとても大きい運動です。そのため、泳げない方であっても水中を歩いているだけかなりの効果があります。水泳は体全体の筋肉を使う運動ではありますが、腹筋を直に鍛えることは難しいので、平行して腹筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。

スニーカー

50代でも無理なく続けられるものを

 

50代で腹筋割るなら食事も改善

次に、50代で腹筋を割る場合に改善したいのが「食事」です。

まずは、何もせずとも生きているだけで消費されるエネルギー「基礎代謝」について解説していきましょう。50代の平均的な基礎代謝は1400キロカロリー。20代の平均的な基礎代謝は1500キロカロリー程度となっていることから、基礎代謝自体も下がっていることがわかります。脂肪多くついている場合は基礎代謝を越えない食事を心がけ、体脂肪率を減らすことが大切です。

食事は筋肉をつけるにあたって必須である「たんぱく質」を豊富に含む、卵や鶏肉などを積極的に食べることをおすすめします。50代になると、どうしても消費エネルギーが少なくなってしまうので、食事にもしっかり意識し、トレーニングや運動を行っていきましょう。

サラダ

50代はヘルシー志向で体に気を配る

 

落ちた代謝はサプリメントで補おう

50代になると、基礎代謝が落ちているため脂肪も落ちにくく、腹筋もつきにくいです。栄養をしっかりと摂取して腹筋をつけたいのであればサプリメントの使用をおすすめします。

ビルドアップサプリメントであるDCCサプリは、腹筋をつけるためには必須のタンパク質であるクレアチンが豊富に含まれています。クレアチンの1日あたりの推奨摂取量は5gですが、実はこれ食事で摂取するためには牛肉約1キロを食べなければいけません。なので普段の食事の中で摂取することが大変難しく、サプリメントで補うのが効率が良いと分かります。

そのほかにも、筋力の成長を促すHMBや、筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸であるBCAAが豊富に含まれているため、素早く腹筋をつけることができます。

「食生活の改善は難しい」「腹筋を早くつけたい」というあなたは、こういったサプリメントを使用するのもひとつの手段です。50代になると基礎代謝も落ち、痩せにくく筋肉もつきにくくなってしまいますが、DCCサプリを活用して脂肪を燃焼・腹筋を割って健康的な体を手に入れましょう。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

今なら期間限定で560円でDCCサプリ1ヶ月分を購入可能です。まずは、あなた自身でDCCサプリの効果を実感することをおすすめします。

また、購入前にはDCCサプリに含まれる成分について「デメリット」をしっかり理解しておきましょう。下記ページで詳しく検証していますので、ぜひご覧になってください。

⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック

 

まとめ

50代になると、腹筋も衰えお腹周りが気になってきます。「もう歳だから仕方ない」と諦めてはいけません。しっかりと運動やトレーニングをすることで、腹筋を鍛えることが可能です。ときにはサプリメントを活用し、効率良く引き締まった体を手に入れましょう。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料