誰でもできる腹筋を楽に鍛える方法とは?これなら毎日続けられる!


これまで腹筋トレーニングが続かなかった原因は?

お腹を引き締めて腹筋をつけようとしたのに「トレーニングが続かない」とお悩みのあなた。せっかくトレーニングを始めたのに途中で中断してしまっては何の意味もありません。腹筋トレーニングが続かない原因は色々なことが考えられます。まずは、筋トレをやめてしまう原因についてご説明していきます。

【効果が出ないから】

腹筋を鍛えるトレーニングをしていても効果が出なければ、モチベーションが下がってしまいます。筋肉がつくのには時間がかかるものですが、3ヶ月以上効果が出ないと中断してしまう方が多いです。

【体力的にキツい】

腹筋を鍛える筋トレは負荷が大きいものも多く、体力的に辛くなったやめてしまうという方も多いです。この場合、自分のレベルに合ったトレーニングを選べていない・・・というのも原因のひとつです。

【時間がない】

トレーニングにたくさんの時間をかけて行うと、忙しくなった時にトレーニングをやめるきっかけとなってしまいます。日常生活に支障が出ない短時間で行うことで解決できるでしょう。

このような原因で、たくさんの方がせっかく始めた筋トレをやめています。腹筋を鍛えるトレーニングを長く続けるポイントは、楽に・手軽に・短時間で行えること。さらに効果が出やすいとモチベーションも上がります。今回は、楽に腹筋を鍛える方法についてご紹介していきます。「腹筋を鍛えるトレーニングが全然続かない!」というあなた、必見です。

男性

続かない原因は意外なところにも

 

腹筋を楽に鍛えるためのコツ

さっそく腹筋を楽に鍛えるためのコツをご紹介していきましょう。

【短時間で筋肉に高い負荷を与えるコツ】

・トレーニング中に鍛えてる筋肉を意識しながら行う

・なるべく関節を大きく使って行う

・おろす動作や元の状態に戻す動作はゆっくりと

これらが大きくわけて3つのポイントです。トレーニング中に動いている筋肉を意識し、身体を大きく全体的に動かし、ゆっくりと鍛えることで短時間でも高い負荷をかけることが可能です。

【鍛える筋肉の順番】

1.腹直筋下部(腹筋の下の部分)

2.腹斜筋(脇腹や横腹の部分)

3.腹直筋上部(腹筋の上の部分)

この順番は、筋肉が弱い順。トレーニング中の疲労が蓄積する前に、弱い部分から鍛えるという方法です。また、腹筋だけではなく他の部位のトレーニングを行う場合、体幹を鍛える意味もある腹筋を最初に行うと、体幹が疲労し正しい効果を得られなくなってしまうため、腹筋を一番最後に行うのがおすすめです。

ひらめき

知れば納得のコツ

 

短時間でも効果の高い腹筋トレーニング

次に、楽に、短時間で可能な腹筋トレーニングをいくつかご紹介していきましょう。

まずご紹介するのは、たった1分で楽に腹筋を鍛えることができるトレーニングです。

1.仰向けにヒザを立てて(90度が目安)寝転がる

2.やや肩を丸めて、背中と床がしっかりとついていることを確認

3.ヒザを胸のほうに引き寄せる

4.元の状態に戻す

1分間これを繰り返します。寝たまま行えるのでとても楽に行えるトレーニング。クランチができないという方にもおすすめ。楽に、かつ短時間で腹筋を鍛えることができます。

下記動画で詳しく説明されているので、ぜひご覧になってください。

 

腹筋できない人でもできるドローイング!

次にご紹介するのは、クランチ(腹筋)ができない方でも楽に行えるドローイングというトレーニングです。

1.ヒザを曲げ、仰向けになる

2.両腕は自然な状態で床におく

3.鼻から息を吸う(お腹から胸に入れるイメージで)

4.口から息を吐く(胸からお腹に抜くイメージで)

口から息を吐いているときに、お腹がへこんでいることを確認しながら行うのがポイント。5~10回を1セットとし、2~3セット行うのが効果的です。これを行うことにより、楽に腹横筋というインナーマッスルを鍛えることができます。激しく身体を動かさないため、筋トレを初めて行う方でも楽に行えるトレーニングです。

下記動画で詳しく説明されているので、ぜひご覧になってください。

 

道具を駆使して腹筋を楽に鍛える方法

次に、器具を使うことで楽に、かつ効果的に腹筋を鍛える方法です。いくつかの器具をご紹介していきましょう。

【バランスボール】

簡単そうに見えて、意外と奥が深いバランスボール。テレビを見ながら座っているだけでも腹筋を鍛えることができます。使用方法によっては大きい負荷でしっかりと鍛えることも可能。一番楽に行えるのは、座りながらバランスをとるトレーニングです。座っているだけで無意識のうちにバランスをとるので、楽に姿勢を正し、腹筋を鍛えることができる優れものです。

【ローラー】

床にヒザをつき、コロコロとローラーを転がしながら前進し、もとの位置に戻るだけで楽に腹筋を鍛えることができます。こちらもとても簡単なので、テレビを見ながら、音楽を聴きながら楽しく行えます。価格も低価格なので、購入しやすい器具だと言えるでしょう。

様々なダイエット器具がありますが、ご紹介した2つの器具はとても楽に腹筋を鍛えることが可能。ホームセンターなどで購入できますので、ぜひお試しください。

バランスボール

便利な道具は活用しよう

 

早く楽に腹筋を鍛えるなら、サプリで効率アップ

最後に、「腹筋を続けているけど効果が出ない」というあなたにお試しいただきたいのがサプリメントの使用です。筋肉を効率的に鍛えるには栄養素も必須。普段の食生活で取り入れることが難しい成分は、サプリメントを活用して摂取しましょう。

ビルドアップサプメント「DCCサプリ」には、下記成分が含まれています。

「クレアチン」、「 HMB」、「 BCAA」、「イミダ15」 良質な筋肉を増加し、持続力を高める成分

「コレウスフォルスコリ」、「ブラックジンジャー」 脂肪の燃焼を促す成分

「デキストリン」、「水素吸蔵サンゴ末」、「酵素」 体内環境を整える成分

「オルニチン」 疲れた筋肉、身体を労わる成分

これらの成分は、腹筋を鍛えるために必須な栄養素です。「食事で十分な栄養素が得られない」「とにかく楽に素早く効果を実感したい」というあなたにぴったりのサプリメントです。定期的に活用することで、良質な筋肉を効率よくつけることができます。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

いまなら期間限定かつ初回限定でDCCサプリ1ヶ月分を560円で購入することができます。DCCサプリをとりあえず試してみたい方は期間中の購入をお勧めします。

また、購入前にはサプリへの知識をしっかり深めておくことをおすすめします。「⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック」ではDCCサプリのメリットのほかに、デメリットを検証しています。

 

まとめ

途中であきらめてしまう方も多い筋トレですが、楽にかつ短時間で行う方法を身につければ、しっかりと継続して行うことができます。ときにはサプリメントの力を使い、あなたに合ったペースと負荷で効率良く腹筋を鍛えていきましょう。

 


『筋トレ』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49830

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料