トレーニングを効率的に行う秘訣とは?一週間で肉体改造をしよう!

みなさんはどのような方法でトレーニングを行っていますか?効率的にトレーニングを行うことで筋肥大やダイエット効果をより実感できるようになります。正しいトレーニングのやり方を知ることで、効率的に時間を使うことも可能になりますよ。


トレーニングがマンネリ化していませんか?

「思うように筋肉がつかない」、「なかなか身体を引き締めることができない」とお悩みのあなた。効率的にトレーニングが進まなければ、モチベーションも下がってしまいます。効率的にトレーニング効果が出ないのはトレーニングがマンネリ化していることが原因かもしれません。

いつも同じようなトレーニングを繰り返していると、身体がそのトレーニングに順応してしまい、期待する負荷を得られなくなってしまいます。トレーニングに慣れてくると、段々辛さがなくなってきたり、軽く回数を熟せるようになりますが、これは身体がトレーニングに順応してしまっている状態です。

「最近トレーニングが軽くこなせるようになった」と感じている方は、今一度回数や負荷などトレーニング内容を見直すようにしましょう。

筋トレする男性

間違ったやり方では効率が悪い

 

間違った方法では筋肉が成長しない事も

「きちんと負荷がかかっているし、マンネリもしていないのに効率が悪い」というあなたは、間違った方法でトレーニングをしている可能性があります。効率が悪い場合によくある原因について説明していきましょう。

 

ジムに通っていても結果が出ない場合

トレーニングジムに通っているのに効果が現れない場合、筋トレ前の有酸素運動が関係しているかもしれません。

ランニングマシンなどで、有酸素を運動を行い身体を温めてから筋トレを行うという方がこれに当てはまります。トレーニングを行う前に有酸素運動をすると、筋トレに必要な糖分が消費されてしまいます。そのため、筋肉が萎縮し、効果が半減することがあります。

有酸素運動を行う場合は、筋トレをした後に実施しましょう。

また、筋トレをする前にストレッチを行う場合、身体を伸ばすような静的ストレッチは筋肉を委縮させてしまうので逆効果です。静的ストレッチも、有酸素運動同様、トレーニング後に行いましょう。

筋トレを行う前に、実施すると良いのがラジオ体操などの動的ストレッチ。身体を温め身体全体を動きやする効果があります。

男性

トレーニングを効率的にするためにも、筋トレ前の有酸素運動はNG

 

超回復期間を知って効率的に

次に、「毎日続けて筋トレをしている」という方に多いのが、超回復期間を上手に活用できていないということ。

超回復期間というのは、休息をとることによって負荷がかかった筋肉を回復させるための期間です。しっかり筋肉が回復すると、さらに良質で強い筋肉をつけることができます。

この超回復期間には個人差がありますが、一般的にトレーニング後に2~3日休養をとるのが良いとされています。

超回復

自分の超回復期を知って効率的にトレーニングを

 

効率的に鍛えるためにはどうすれば良い?

トレーニングの効果が出ないおもな原因をご説明しました。では、効率的にトレーニングを行うにはどのようなことを心掛ければ良いのでしょうか。

 

トレーニングは短時間で行う

まず気を付けたいのがトレーニングを行う時間。効率的にトレーニングするためには、1時間以内に行うことが理想です。

長期間のトレーニングは、筋肉をつくるテストステロンを減少させてしまいます。また、糖分やエネルギーが不足すると身体にエネルギーを補うためせっかくついた筋肉が分解されていまいます。良かれと思ってやっていた長時間のトレーニングは、実は逆効果。筋肉の成長を妨げるだけではなく、ついている筋肉を分解させてしまう原因になります。

トレーニングは短時間勝負。1時間を効率的に使い、筋トレを実施しましょう。

 

正しいトレーニングの頻度は?

次に気を付けたいのが正しいトレーニングの頻度。先ほどご説明したように、「超回復期間」を活用することで効率的に筋肉をつけることができます。この期間は、個人差があるものの一般的には2~3日。ですので毎日トレーニングを行うのが良いとは言えません。

しっかり鍛えたあとは、2~3日の休息日を設け、筋肉の疲労を取り除いてから再度トレーニングに励むことが効率的です。最初のうちは、休息日を2日にしてみたり3日にしてみたりを繰り返し、自分の超回復期間を知って頻度を決定しましょう。

 

効率的に筋肉をつける方法は?

次にご紹介するのは、効率的に筋肉をつける方法。どのような点に気を付ければ筋肉がつきやすくなるのかをご説明していきましょう。

 

トレーニング内容を見直す

まず、トレーニングがマンネリ化しているという方は内容を見直すことが大切です。「最近トレーニングが全然辛くない」という場合は、負荷不足や回数不足であることが考えられます。

身体が順応している場合は、回数やセット数、ウエイトなどを変更すると良いでしょう。また、トレーニング中に長く休憩を取っているという方は、休憩時間を60秒ほどに短縮させてみることがおすすめです。

筋肉 男性

トレーニング内容は正しいですか?

 

栄養を摂る

次に気を付けたいのが栄養です。筋トレを行うにあったってはカロリーコントロールも必須です。消費カロリーより摂取カロリーが少なければ、筋肉がつきにくくなります。そのため、トレーニング中の過度な食事制限は避け、しっかりと栄養を摂取する必要があります。トレーニングと並行してダイエットを行っている方は、注意してください。

また、効率的に筋肉をつけるためにはタンパク質が重要。卵や大豆に多く含まれているので、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

 

トレーニング中におすすめのサプリメント

最後に、筋トレ自体を効率的にするのがサプリメントの使用です。食事で補うことのできない、筋肉にとって重要な栄養素をしっかりと摂取することができます。「食生活を改善しても筋肉が増えない」「トレーニング効果が出ない」という方におすすめです。

DCCサプリには、筋肉の持久力を高め、筋肉を増加させる作用を持つ「クレアチン」「HMB」「BCAA」 脂肪の燃焼を促す「コレウスフォルスコリ」、「ブラックジンジャー」 筋肉の疲労を軽減させる「オルニチン」が濃縮されています。

これらの成分は普段の食事では摂取しにくいものですが、サプリメントを使用することで効率的に取り入れることが可能です。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

期間限定ですが、今なら初回限定でDCCサプリを560円で購入することができます。まずは1ヶ月、DCCサプリを試してみることをお勧めします。

また、「DCCサプリ」は大きなメリットがある反面、デメリットや注意点もあります。下記記事で、サプリの使用方法なども一緒に説明していきますので、一度目を通しておきましょう。

⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック

 

まとめ

今回ご紹介したようにダイエットを効率的に行うには、「筋トレの時間や頻度」「トレーニング内容」「栄養」「サプリメント」などを意識することが大切です。

「なかなか効率的にトレーニングが進まない」と感じているあなた。今一度トレーニング内容を見直し、効率的に筋トレを進めていきましょう。

男性

効率的なトレーニングをしよう!

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料