腹筋を最速で割るおすすめの方法とは?トレーニングするなら効率的に!

一言に腹筋のトレーニングと言っても種類は沢山あり、いざ腹筋を割ろうと思ってもどれが効率的なのか迷ってしまいます。そこで今回は最速で腹筋を割るための効率的なトレーニング方法を紹介します。自分で続けやすい方法を選択し、割れた腹筋を目指しましょう。


腹筋は回数ではない。効果の出ない原因とは?

腹筋を毎日しているのに効果が現れないという経験をしたことはありませんか?
そんな時は、効率的ではない腹筋のトレーニング方法を取っているのかもしれません。そもそも腹筋を鍛えるトレーニングとなると、大半の方は回数にばかり目を向けてしまい「とにかく回数をこなせば筋肉はつく」と考えていますが、これは大きな間違いです。どれだけ回数をこなしてもやり方が悪ければ筋肉はつきません。

大切なのは筋肉に対する負荷を考えたうえで回数を決めていくことです。筋肉は限界ぎりぎりまで追い込んで初めて成長するものですので、軽い負荷程度では限界まで遠く、筋肉は育ってくれません。なのでそれなりの重い負荷をかけることが大切になります。「これぐらいの重さだと15回できるかできないか」を目安として負荷を考えていくことで、より効率的なトレーニングを行うことができます。

今回は効率的なトレーニングとは何なのかを具体的にご紹介していきます。動画も交えながら、筋肉にしっかりとアプローチできる効率を重視した方法です。短期間であってもきちんと負荷をかけながらトレーニングを行うことで効果は表れてくれますので、一つ一つ丁寧に解説していきます。

脂肪

腹筋が割れないのはなぜ?

 

効率的な腹筋トレーニングのコツ

腹筋トレーニングをする際、気を付けなければならないポイントとしていくつかありますが、先ず一つ目として鍛えたい部分の筋肉を意識すること、二つ目としてその目的の筋肉に高い負荷をかけて行うこと、三つ目としてトレーニングは毎日ずっとやるのではなく適度に休息をとることが主なポイントとなります。では、具体的に解説していきます。

先ず一つ目のポイントについてですが、回数をこなしてただ腹筋トレーニングをしただけでは効率的に鍛えあげることはできません。ですのでどこを鍛えたいのかをしっかりと意識し、その部分に集中することでより効率的に鍛えることができますので、今どこの筋肉を使っているのかを考えながら行いましょう。

次に二つ目のポイントについてですが、軽い負荷のトレーニングでは筋肉を成長させることはできません。質の高い負荷、筋肉に対して重い負荷をかけて行うことで、徐々に筋肉の限界値を上げて行くような感覚でトレーニングすることが一番効率良く鍛え上げることが可能になります。

最後に三つ目のポイントについてですが、筋肉も傷つくものですので休ませることも重要となっていきます。過度な負荷をかけたと思った時は1~2日程休息を取るなどしましょう。筋肉を休ませることで、傷を修復させより強度を強めていくことでその後の効率を高めていくことが目的となります。

筋肉

綺麗な腹筋を目指して

おすすめ効率的な腹筋トレーニング

腹筋をしっかりと鍛えるためには、上記でも説明したように質の高い重い負荷をかけ、15回できるかできないかの回数をこなしていくことが最も効率がいいとされています。今回ご紹介する動画は、腹筋へしっかりとアプローチをかけることのできる負荷のかかったトレーニング内容となっております。自宅で簡単にできるものばかりなので、チャレンジしてみましょう。

短時間で高い負荷与えるクランチ

クランチは足を地面につけずに腹筋、なかでも腹直筋を鍛える筋トレです。ここでは、椅子に足を乗せ膝を90度に曲げて行います。上体をしっかりと起き上がらせるわけではなく、腹直筋を意識しながらやりましょう。全体的にゆっくりとした動きをすることでより高い負荷をかけて鍛えることができます。

腰への負担が軽い1分間トレーニング

筋トレをする際、気を付けなければいけないのは背中や腰などへの負担をできるだけ減らすことです。ここでは、腰への負担を軽減した内容の筋トレとなっております。肩を上げて腹筋を丸める事で背中と腰をしっかりと床へつけ負担を軽くします。足を引き寄せる時に、足は地面に着けないようにすること、できるだけお尻まで上げるように意識して行いましょう。

EMSで効率的に腹筋トレーニング

EMSとは電気の力で効率的に腹筋を鍛えるためにつくられたベルトです。普段筋肉を使う時は脳からの電気信号で動かしていますが、EMSベルトは外部からの電気信号を筋肉に送ることで動かすことができる仕組みとなっています。

筋力を増大させる効果を持っているので、腹筋だけではなく他の部位にも使えるのが特徴です。またこのベルトだけではなく、他の筋トレも併用して行うことでより効果を得る事ができます。ただし脂肪燃焼の効果はありませんので、割れた腹筋を見せたいのであれば同時に脂肪を減らすような食事をとりましょう。

⇨SIXPAD公式サイトはこちら

sixpad

電気の力で腹筋を刺激

サプリを使ってトレーニング効果を上げる

より効率的に筋肉を鍛えるためには、トレーニングだけではなく食事も大切になります。体に必要な栄養素を摂取することで、より効率の高いトレーニングを行うことができます。そこでおすすめなのがサプリでトレーニングの効率をあげることです。このDCCサプリメントは「すぐに筋肉をつけたい」「脂肪燃焼させたい」という方におすすめです。

筋肉のエネルギー効率をあげ、筋肉持続力アップの効果を持つ「クレアチン」、筋力の成長をサポートする「HMB」、必須アミノ酸で筋肉づくりをサポートする「BCAA」、脂肪吸収を抑え糖の吸収を緩やかにする「デキストリン」などが含まれています。

筋トレの効率をあげるだけでなく、追い込んだ筋肉をしっかりと休ませてくれる成分でより効率を高くし、鉄板成分により燃焼をサポートしてくれるなど、このサプリだけで体の様々な部分に作用してくれる優れものです。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

今なら期間限定で90日間の返金保証、さらに定期便コースにお申込み頂くと通常よりも95%も安く購入することができます。気になる方は是非チェックしてみてください。

また、上記ではDCCサプリのメリットばかりをお伝えしてきましたが、デメリットもあります。下記の記事では、DCCのデメリットや使用上の注意点に関して、詳しくまとめました。また使用方法についても記載してありますので、一度確認しておきましょう。

⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック

まとめ

いかがでしたか。効率よく腹筋を鍛えるためには回数よりも質の高い重い負荷をかけて行うことが大切なポイントとなります。トレーニングをするのであれば、それらのポイントをしっかりと意識しながらやっていきましょう。

しっかりと手順を踏んでトレーニングをしていけば効果は必ず表れてくれますので、理想的なボディを手に入れるために、是非参考にしてみてください。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料