毎日はダメ?!デブが筋トレダイエットをする際の理想的な頻度とは?


ダイエット中に筋トレが必要な理由とは?

男性

筋トレって効果あるの?

ダイエットを始める前に、そもそもどうして痩せるのか、体の機能について十分に知っておく必要があります。

筋肉とは、エネルギーの必要なマシーンのようであると考えることができます。マシーンつまり、機械には燃料が必要です。でも、その機械を動かさないなら燃料も使う必要はありません。しかし、使うことにより燃料は消費されます。それと同様に筋肉の燃料とは脂肪のことで、動かすたびに脂肪が消費されていくわけです。しかし、もし必要最低限の筋肉がないなら動かしても脂肪は使われないので減りません。ということは筋肉がないなら脂肪が燃焼されないのでダイエットに苦労します。

そして、もう一つ知っておきたいのが、このようなサイクルは新陳代謝のサイクルの一つです。ですから、筋肉があることにより、新陳代謝が良くなり、それだけ脂肪の減りもあってダイエットに成功できます。筋肉はダイエットに必要であり、成功するために欠かせないものです。

理想の筋トレダイエットの頻度は週に二、三回がベスト!

「効果的なダイエット方法は、筋トレの頻度が多ければ多いほうが効果的。」というのは過去の間違った考え方です。この筋トレの頻度というのは、腹筋などの回数だけでなく、日々実施される筋トレの頻度も適正な頻度というものは存在します。

筋トレの適正な頻度というのは、毎日行うことではありません。なぜなら筋トレを一度すると筋肉に負荷がかかり損傷されます。その上に筋トレを実施したとしても筋肉は積み上げられません。これは、筋肉のレベルダウンと呼ばれるもので、回数を重ねたから効果があると信じ込んで実施してもダイエット効果が得られず、ここであきらめる人がいます。

このレベルダウンを理解しておくことは大切で、レベルダウンの後の回復後に筋トレダイエットをすると効果はより発揮され筋肉が効果的に使用され、新陳代謝を促す仕方で筋肉レベルは上昇し、効果的なダイエットを期待できます。

疲労した筋肉が回復するのにかかる時間は、4872時間です。毎日行うと回復が間に合わないということを銘記しておくことは、効果的な筋トレダイエットを実施する上で重要です。

回復速度には個人差があるので頻度には注意が必要!

男性

自分のあった頻度を見つけよう!

2日後あるいは3日後の頻度で、筋トレをすれば効果が得られると簡単に結論しがちですが、先ほどご説明した超回復には個人差があります。

つまり、いつも2日後に筋トレすればそのまま効果が得られるというものではなく、筋トレ効果を得るには自分に合った頻度を見つけて、それにそって筋トレすることが重要です。

筋トレ後の回復期間は様々で、ハードなトレーニングをするならそれだけ超回復には時間はかかります。ところがソフトな筋トレであるなら回復は早いです。つまり、軽い負荷をかける筋トレなら2日で十分、でも高い負荷をかけたトレーニングなら3日は最低でも必要です。しかし、人によっては1週間以上の休憩が必要な場合もあります。そして、筋肉の現状維持を目指すなら1週間に1度の頻度で筋トレするというパターンです。回復期間がより必要なのは次のケースです。

・筋肉質ではない人

・トレーニング経験の浅い人、あるいは初心者

・遅筋と速筋といった鍛える部位によって負荷がかかり易い人とかかり難い弱い人がいる

このように、経験やその人の体質によって回復具合は異なります。また鍛える部位によっても異なります。そこで、自分にはどれくらいの回復期間が必要なのか知っておく必要があります。そのためにしておきたいことが個人的な記録をとっておくことです。

筋トレダイエットをする頻度には個人差があるので、十分に記録を取り、自分の筋肉の質を知っておきましょう。これにより効果的な頻度で筋トレすることができ効果的なダイエットも期待できます。

頻度以外も重要!筋トレダイエットは夕方の四時がベスト!

効果的な筋トレダイエットには、筋トレの頻度以外にも重要な要素があります。それは、人の体の自律神経です。

自律神経とは2つの交感神経を調整している神経あるいはその総称で、副交感神経と交感神経のことです。人間の体は、体温が上がった時に基本的に血のめぐりが良くなり活動的になります。この時が、交感神経が働いている時です。その時には、副交感神経が休んでいます。

この交感神経が働いているときにこそ、筋トレダイエットの最も効果的な時間帯です。逆に夜遅く、副交感神経が働いている時に筋トレをするとそれは体に負荷をかけていることになり、いろいろな支障が生じます。そこで、適正な時間を見極めて筋トレすることは頻度以上に大切です。

交感神経が動いている時間帯は夕方の4時ごろです。この時間帯に筋トレをすると筋肉がよく使われ、代謝を向上させ筋力もアップし、ダイエット効果を大いに期待できます。

トレーニングは90分以内に収めよう!

男性

短期間の筋トレが効果大!

筋トレの頻度、さらには効果的な時間帯も見てきましたが、効果性を増すために知っておきたい別の知識があります。それは、筋トレをするのに適した時間があるという点です。

筋トレをしている時は単に筋肉だけ動かしていると思いがちですが、それだけではありません。筋肉を動かす時、動かすよう命令を出しているのは脳そのものです。脳が命令を出し続けて筋肉が動くわけで、脳も筋肉と同時に疲れます。それでも、その集中力はずっと続くわけではりません。

人の集中力は45分ほどであると言われています。実際に、学校の授業も45分ほどです。これは人の集中力の限界点です。それ以上続けても効果は薄れます。そこで、人により個人差はありますが、45分だけのトレーニングをするか45分後に少しの休止をおき、その後、続けて残りの半分さらに45分間筋トレを実施することでダイエット効果を期待できます。

頻度だけでなく、筋トレの効果的な時間は45分から90分ほどであるということもチェックしておきましょう。

食べ過ぎのリセットに筋トレはあり?

男性

食べ過ぎた時は筋トレをしよう!

頻度や時間に気を付けながら筋トレダイエットをしても、ダイエット期間中についつい食べ過ぎてしまったということはありますよね。しかし、食べ過ぎてしまってもリセットする方法があります。

まず、食べたものが完全に消化するまで3日はかかると言われています。ですから、この3日以内にダイエットすることが有効的な方法で、一番いいのは食後の筋トレです。つまり、余ったエネルギーを消化される前に使ってしまう方法です。一番理想的なのが、食べ過ぎてしまった後の2時間あるいは3時間後に筋トレダイエットをすることです。

そして、その後の食事はカリウムや食物繊維の多く含んだ食べ物で体内を整えることでカロリーコントロールすることができ、むくみを抑えることもできます。つまり、食べ過ぎても筋トレを即、実施することで3日以内でのリセットは可能です。

これは、一時的なダイエット療法ともいえる方法で、定期的にするものではない、ということは認識しておきましょう。

筋トレダイエットの効果を最大限に高める方法とは?

ここまで、ダイエットに効果的な筋トレの頻度や効果性を高めるためのコツをまとめてみました。

それでも、ダイエット期間中は栄養のバランスが崩れがちです。そこで、知っていただきたいのが、筋トレダイエットの効果を高めるための別の良い方法です。それは、ダイエットサプリを活用することです。

ダイエットサプリは、不足しがちな栄養をバランス良く取り入れることができ、筋トレの効果を最大限生かすためにも安全で有効な手段であるといえます。ここで、お勧めしたいのが、多くのプロボディービルダーも愛用しているDCCダイエットサプリです。こちらのダイエットサプリには有効な以下の成分が含まれています。

・クレアチン - 3種類のアミノ酸からなる成分で、肉を1kg食べて5gのクレアチンを摂取する必要もなく、筋肉増強に必要なクレアチンを無理なく継続して摂取できます。

・HMB - 筋力の成長をサポートするのに必要な成分です。

・BCAA - 筋肉づくりに必要なエネルギー源で、普段の食生活ではなかなか取り入れることができない成分です。

・236種類の酵素 - ダイエット期間中に不足しがちな成分です。

・デキストリン - トウモロコシ由来で吸収を抑えてくれる成分、ダイエットをサポートしてくれます。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

 

この筋トレダイエットサプリですが、現在、期間限定で初回限定の購入に限り、95パーセントオフの560円で購入が可能です。サプリをとりあえず試してみたいという方は、期間中の購入をおすすめします。

それでも、DCCダイエットサプリの正確な情報をさらに知っておきたいと思われるのではないでしょうか。正しい情報を伝えるべく、DCCサプリメントのデメリットも挙げている以下のリンクもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック

まとめ

筋トレダイエットは健康に寄与するもの。

筋トレダイエットは簡単に頻度を増やせばそれだけ効果があると思いがちです。しかし、正確な情報を取り入れないとそれは単に体を痛めるだけのトレーニングになりかねない場合は多いものです。今まで、効果がないといってあきらめてしまった方も多くいます。今回、効果的な筋トレ方法と時間さらに、その頻度の大切さについてご紹介しました。

正しいやり方さえ知っているなら誰でも筋トレダイエットに成功できます。あとは、実行するかしないかです。安全にペースを守りながらダイエットを成功させましょう。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料