ダイエット中の筋トレで体重が増加!?気になる正体は○○だった!


体重が増えるダイエット?

ダイエットといえば、一般に「食事制限」というイメージが強いですが、最近では、筋トレとダイエットを並行して行う筋トレダイエットが注目されています。

では、筋トレダイエットとはどのようなものなのでしょうか?また、筋トレによって体重が増えることがありますが、これはダイエットと一見矛盾するように見えます。

ここでは、話題の筋トレダイエットや、ダイエットと体重の体重の関係について紹介していきます。

そもそも脂肪が落ちるメカニズムって?

脂肪が蓄積するのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることによります。

つまり、脂肪を落とすためには、

◻︎摂取カロリーを減らす

◻︎消費カロリーを増やす

ことをしてやればいいわけです。

ダイエットというと、前者の摂取カロリーを減らすことに目が行きがちで、ダイエット=食事制限のようなイメージがありますが、摂取カロリーを抑えるだけでは、様々なデメリットを引き起こす可能性があります。

例えば、食事制限で体作りに必要な栄養素を摂取できずにいると、代謝が落ち、かえって脂肪を落としにくい体になる可能性があります。また、過度な食事制限はストレスとなり(ストレスも肥満の原因になります)、リバウンドを引き起こす可能性も出てきます。

一方、消費カロリーを増やすダイエットでは、運動により、カロリーを消費するとともに、代謝をあげ、脂肪を落としやすい体を作ることができるのです。

筋トレダイエットは体重が増える?

筋繊維の炎症による「浮腫」

「筋トレした次の日に体重が増加していた」というときの原因は、筋繊維の炎症が起こっていると考えられます。

筋繊維が炎症を起こすと、浮腫が発生し体内の水分量が増えるため、体重が増加します。このときに増えているのは、脂肪ではなく水分です。なので、トレーニングの次の日に体重が増加していても気にする必要はありません。

筋トレをしても太らない

筋トレをして体重が増加するのは、太ってしまうからではありません。というのも、筋肉の重量というのは、脂肪より重みがあります。

つまり、筋肉がつくことで体重が増加するのは自然な傾向です

脂肪が減り、より多くの筋肉がついた場合にも、もちろん体重は増加します。なので、「ダイエット中なのに体重が増加してしまった」と心配になる必要は全くありません。

large
筋トレをしても太るわけではない

食べ過ぎれば太る

しかし、全身鏡などで体型をチェックし、ぷにぷにとした脂肪がついているのは問題です。

筋トレをしていると消費される糖分が多くなるため、通常よりお腹がすきやすくなります。そういった場合に食事をコントールせず、食欲のままに食べ物を摂取していると、当然脂肪も体重も増加してしまいます。

筋トレ中であっても、決して油断せずに適切な量の食事を心がけましょう。

しかし、人付き合いや飲み会で、摂取カロリーが抑えられない方もいらっしゃることと思います。

どうしても摂取カロリーを抑えられない方はこちらをチェックしておきましょう。

2017年最新糖質カットサプリ比較ランキング!もうカロリーに悩まない!

large 2
太ったのではなく炎症によるむくみだった!

ダイエット目的の筋トレで気になるのはややはり体重

「体重の増加は過度に心配する必要はない」ということをご説明しましたが、ダイエット中であればどうしても体重の増加が気になってしまうでしょう。次は、体重が増加した際に考えるべきポイントについてご説明していきます。

体重増加は喜ぶべき!

冒頭でご説明した通り、体重増加のほとんどの原因が「筋肉量の増加」です。

脂肪より重量がある筋肉がつくことで、体重が増加するのは自然なことです。

むしろ、「きちんと筋トレの効果が出ている」と喜ぶべきもの。全く気に病む必要はありませんので、筋肉の増加を喜びましょう。筋肉が増加すれば、筋肉がエネルギーを消費するため、自然と痩せていきます。筋肉量の増加は、痩せる方向に進んでいるということなのです

体重増加を摂取カロリーでコントロール

摂取カロリーが消費カロリーを上回れば、当然体重は増加します。ダイエットをする場合は「摂取カロリー<消費カロリー」という図式が基本になりますが、筋肉をつけるのに必要な栄養素を摂取するには、カロリーが高い食事になりがちです

摂取カロリーを少なくしすぎれば、良質な筋肉をつけることができなくなります。ですので、「体重の増加は気になるから痩せたい」という場合は、摂取カロリーを少なめに調整して、体重の増減をコントロールしましょう。

しかし、どうしても普段の食生活だけでは、筋肉をつけるにのに必要な栄養素を取りながら、摂取カロリーを抑えるのは難しいことです。そこでおすすめなのが、サプリを利用することです。

筋トレしながら飲むといい脂肪燃焼系サプリについては、「ダイエット・脂肪燃焼を向上する運動前に摂取すべきサプリTOP3!」で詳しく紹介しています。チェックしておきましょう。

large 3

どうしても高カロリーになってしまいます

ダイエットには筋トレが効果的

「筋トレをしていると体重が増加するから、もう食事制限にしようかな」とお考えのあなた。ダイエットに筋トレは欠かせません。次は、ダイエットに筋トレが効果的である理由をご説明していきましょう。

ダイエットは食事制限だけではない

食事制限で体重が減少するのは、「摂取カロリー<消費カロリー」という図式が成り立っているためです。消費されるカロリーが大きければ、当然脂肪が燃焼されますが、このとき実は筋肉も一緒に減少します。

筋肉が減少すると、生命活動をしているだけで消費される最低限の代謝である「基礎代謝」が下がります。そうなると、消費されるエネルギーはどんどん減少し、結果的に「痩せにくく太りやすい身体」となってしまいます。

一方で筋肉量を増やせば、筋肉によってエネルギーが消費されていくため、「スマートで、太りにくい身体」になり、ダイエットの反動で体重が増えるリバウンドも基本的に起こりません

筋肉を落とさないために

筋肉は基本的に消費エネルギーが大きいため、必要ないと判断されれば分解されてしまいます。

なぜなら、本能的に人間が生きるためにはエネルギーを節約した方が生き永らえるからです。筋肉が減ってしまうと、比例して基礎代謝も低下するため、筋肉を維持していかねばなりません

ダイエットが終わっても、定期的にトレーニングを続けるように心がけましょう。

large 4

ダイエット中は代謝を下げないようにしよう

筋肉増加におすすめのサプリメントを紹介!

「ダイエットと一緒に筋トレをしているけど、筋肉がつかない」という方は、サプリメントを飲むことを検討してみましょう。

食事制限を行っている場合、筋トレで必須な栄養素を十分に摂取することができません。

筋トレを効率良く行うためには、筋肉の持久力をUPさせる、クレアチン筋肉の成長を促すHMB筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸BCAAを摂取する必要があります。

筋トレしながら飲むといい脂肪燃焼系サプリについては、「ダイエット・脂肪燃焼を向上する運動前に摂取すべきサプリTOP3!」で詳しく紹介しています。チェックしておきましょう。

筋トレダイエットに必要な栄養素をぎゅっと濃縮したのが、ビルドアップサプリメントであるDCCサプリです。「ダイエットをしながらもしっかり筋肉をつけ、痩せやすい身体を手に入れたい」という方にぴったりのサプリメントです。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

今ならDCCサプリ、1ヶ月分を期間限定で95%オフの560円で購入することができます。まずは、1ヶ月、効果を実感してみることをおすすめします。

また、「DCCサプリについて、しっかり知識を持ってから購入したい」という方は、下記ページをチェックしておきましょう。

DCCのデメリットについてはこちらをクリック」では、サプリのメリットだけでなく、デメリットも正直に情報を提供し、また使用方法や注意点などについても紹介しています。

まとめ

ダイエット中の体重増加は悩みの種ですが、あまり気にする必要はありません。基礎代謝を上げるためにも、ダイエット中の筋トレはとても効果的です。摂取カロリー配慮するなどして、体重コントロールを行いながらダイエットを進めていきましょう。

参考2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキング


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料