食事制限だけでは痩せられない!トレーニングでダイエットしよう

ダイエットと言えば食事制限と思っていませんか?実は食事制限だけでは綺麗なプロポーションを手に入れる事は出来ません。本気でダイエットをするならば様々なトレーニングを行うようにしましょう。ここでは、やるべきトレーニングを紹介していこうと思います。


無理な食事制限だけでダイエットしようとしていませんか?

食事の量を減らせば当たり前に体重は落ちます。しかしそれでダイエットできたという事にはなりません。食事制限だけで体重を減らしただけではすぐにリバウンドしてしまい、以前よりも太ってしまった、という事があります。この原因は、食事制限することで必要な栄養が不足して、体内の脂肪を燃やす筋肉が減少してしまうためです。偏った食事制限は脂肪も落としますが、筋肉も同時に減少させてしまいます。

筋肉は体内の脂肪を燃焼してくれます。ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーが高い事が重要です。消費カロリーを高くするためには、筋肉を維持・増量して基礎代謝をあげなければなりません。基礎代謝とはじっとしていても消費されるエネルギー(呼吸をするため、寝ている時に使われるものなど)の事で、基礎代謝が高いという事はじっとしてエネルギーの消費が活発である事を意味します。そのため太りにくい体をつくりダイエットに成果を出すのです。

無理な食事制限をすると栄養が偏り、脂肪は落ちるけれど同時に筋肉も落ちてしまうため基礎代謝が低くなり、摂取カロリーを消費できなくて、リバウンドをおこしてしまうのです。ダイエットには食事の量を減らすなどの偏った食事制限をするのではなく、筋肉維持・増量できるバランスの良い食事をしなければ、成果は得られません。

食事

食べ過ぎや偏食には注意しよう

トレーニングも同時に行う!

ダイエットで必要なことは、脂肪を落とすけれど筋肉は落とさないようにすることです。筋肉が少ないと体内ではすぐにカロリーオーバーになってしまう状態になります。では筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすにはどうしたらよいのでしょうか?それは筋トレなどのトレーニングをバランスの良い食事を摂取すると同時に行うことです。必要な栄養を体内にバランスよく摂りいれて筋肉をつくると同時にトレーニングを行うことで筋肉を鍛えて強くします。筋肉が痩せてしまうと脂肪が燃えず、太ってしまいます。そのため食事制限と同時にトレーニングを行うことは、ダイエットの成功につながります。

トレーニングも食事制限も続かない方の特徴とは?

さて理想の体型を目指してダイエットを始めてもトレーニングも食事制限も続かなく挫折してしまう方もいます。その方の特徴は
・目標の設定が高すぎて挫折してしまう
・食べたい気持ちを抑えすぎてストレスを抱えてしまう
・誘惑に負けてしまう
上記の特徴があります。

早く体重を落とそうと無理に頑張りすぎてしまうと
・夜にお腹かすいて睡眠不足になってしまう
・耐えられず過食にはしる
・つめが弱くなってしまったり抜け毛が気になるストレスを感じる
上記のような事が原因となり、短期間でダイエットしようとする人に、トレーニングや食事制限が続かない場合があります。自分に合った無理のない目標を立てトレーニングや食事制限していきましょう。

男性

すぐに痩せようとしないことが大切

 

ダイエット中の主なトレーニングメニュー

ダイエット中のトレーニングでは、自重トレーニングを毎日励むことが効果的です。筋トレは自宅で毎日行えるものを計画して、筋トレ後には、負荷が歩く急激な動きでない持続性のあるジョギングや水泳、ウォーキングなど有酸素運動を行う事は、ダイエットの効率を上げてくれます。

毎日やろう!自重トレーニング

下記サイトにてダイエット中に自宅で毎日摂りいれたい自重トレーニングをご紹介します。
・大胸筋
・上腕三頭筋
・背中
・腹筋
・臀部(お尻)と脇腹
・下半身全体
・上腕二頭筋
これらを自重で鍛えるトレーニング方法です。

 

ジム並み!高負荷トレーニング

自宅でもダンベルを使ってジム並みに筋肉を鍛えることもできます。下記サイトではダンベルを1つ使い、上半身と下半身の両方を鍛えバランス感覚もやしなえるトレーニング法を5つご紹介するほか、ダンベルを2つ使い
上腕

後背筋
大胸筋
上腕三頭筋
僧帽筋
前腕

臀部(お尻)と太ももの裏
上記を鍛えるトレーニングを紹介します。

参考サイト【筋トレ】ダンベル1つで全身を鍛える方法

有酸素運動

筋トレは筋肉を太くそして強くしてくれますが、筋肉は脂肪より重いので、直接体重の減少を実感できません。そのため筋トレ後にゆっくりとした持続性のある有酸素運動をトレーニングのメニューに加えると脂肪を燃やしダイエットの効率を上げる事ができます。たとえば
・ランニング
・水泳
・エアロビクス
・ウォーキング
・サイクリング
などがあり、これらは酸素をエネルギーとして脂肪を燃焼させる運動で、筋トレ後に行うとダイエット効果をあげるとされています。

トレーニングするなら大きい筋肉を鍛えよう!

ダイエットでトレーニングする場合は、体の中でも大きな筋肉を鍛えるとより効果が上がります。上半身と下半身なら下半身の方が筋肉が大きいです。なぜなら人間は二足歩行する動物なので、脚が全身の体重を支えているためです。下半身の中でも足先に向かうほど筋肉は小さくなっていきます。下半身の筋肉を大きい順にあげると
1大脚四頭筋
2大臀筋
3内転筋

ちなみに上半身の筋肉の大きさは次の通りです。
1三角筋
2僧帽筋
3広背筋や大胸筋

筋トレで筋肉を鍛える時、小さい筋肉は疲労しやすいため、小さい筋肉から鍛えると大きな筋肉に力が到達する前に疲労を感じてしまうため、大きな筋肉を先に鍛えるメニューを立てる事が効果的です。

男性 食事

下半身の大きな筋肉群を鍛えよう

筋トレにはプロテインが必要不可欠!

筋肉はたんぱく質が栄養素となって作られるので、ダイエットでトレーニングを行う場合はたんぱく質を十分摂取しなければなりません。充分なたんぱく質を摂取する方法にはプロテインを利用すると効果的です。食品からたんぱく質を摂取することも可能ですが、一緒に余分な脂肪分も摂取されてしまうため、素早くそして簡単にたんぱく質を摂取できるプロテインを利用する事はダイエットにはおすすめです。プロテインは主に下記のプロテインがありそれぞれの効果に合わせて摂取すると最適です。
・ホエイ→吸収率が高く運動後に摂取すると効果的
・カイゼン→体内に長時間補給されるので就寝前に摂取すると効果的
・大豆→健康維持を図るプロテインとして効果的で朝食や運動後に摂取するとよい

またトレーニングをしながら筋肉を鍛えてダイエットする場合は、たんぱく質だけが必要な栄養素ではないので、サプリメントを利用して筋肉増強を図ることもよいでしょう。

ダイエットに取り入れたい!おすすめのサプリはこれ!

ダイエットで余分な脂肪を除去して筋肉増量をサプリで最近最も話題のDCCは、強力な筋肉増強を図れる成分「クレアチン」を主成分として好評を得ています。その他クレアチンと一緒に摂取することで相乗効果をあげるHMB、筋肉内でエネルギー源となるBACC、スタミナの助けとなるイミダ15など、普段の食生活からはなかなか摂りいれる事の出来ない成分が配合され、トレーニングをつむダイエットにおすすめしたいサプリメントです。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

DCCサプリは現在、期間限定で初回分が95%OFFになるキャンペーンをしています。一回効果を試してみたい方は期間中の使用をお勧めします。

また利用する時は摂取方法や摂取量をきちんと把握して摂取するようにしてください。参考記事「⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック」では、サプリのメリットだけでなく、デメリットや、他に使用方法や注意点についても説明しています。

 

まとめ

無理な食事制限をして体重を落とすことはリバウンドをまねき、ダイエットの成功にはつながりません。食事制限とは食事の量を減らす事ではなく内容を考えて、必要な栄養素はきちんと摂取する事です。食事制限の意味をとらえ、トレーニングをしっかり行い、筋肉を鍛えて基礎代謝が上がる体をつくる事が成功へつながります。計画をきちんと立てあきらめないで続けて成果を得ましょう。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料