【加齢臭対策の教科書】正しい加齢臭の原因・対策を全てお伝えします

加齢臭は一度ついてしまうとなかなかとることが難しい体臭の一つです。そんな加齢臭ですが、正しい加齢臭対策をすれば取り除くことも可能です。まずは加齢臭の原因から理解し、食事、運動、洗濯、入浴剤、石鹸、サプリなど加齢臭の原因から対策できる方法をお伝えします。


加齢臭ってそもそも何?原因は?

「加齢臭」とはその名の通り年を取ると出てくる特有の臭いのことで、人間の老化現象のひとつです。老化現象ですので、出てくる年齢の個人差はあれど全ての方に起こる可能性があります。

加齢臭は「ノネナール」という物質が原因ということがすでに分かっていますが、このノネナールは皮脂の脂肪酸と過酸化物質が結びつき、酸化することによって作られます。「加齢臭が出てくるのは40代から」などと言われていますが、この理由は臭いの原因となる「脂肪酸」「過酸化物質」の分泌が増えるのが40歳を過ぎた頃から、というものです。

そして若い年代から発生する加齢臭、こちらは「ミドル脂臭」と言われ、「ジアセチル」という物質が原因です。ジアセチルは汗に含まれる乳酸がブドウ糖菌に分解されることにより生成され、臭いを発生させてしまうのです。

また「活性酵素」と呼ばれる殺菌効果、そして酵素の働きを促進してくれる物質も、体内で増えすぎるとノネナールが増加する原因となります。活性酵素は細菌類の駆除など健康のために欠かせない物質ではありますが、適切な量を保つことが大切です。必要以上に増えすぎると、むしろ細胞へダメージを与えてしまうのです。活性酵素は酸化を起こし、それは身体のサビ、つまり老化現象となって身体に現れます。体力の低下やシワなど様々な老化現象に影響すると言われており、活性酵素を必要以上に増やさないことはとても大切です。

加齢臭の原因

加齢臭がしてくる年齢は?何歳から発生しやすい?

加齢臭は先程も説明した通り、40歳を過ぎた頃から発生すると言われていました。また「ミドル脂臭」など若い年代、20代でも発生する可能性があります。

ノネナールの発生は、本来ホルモンの働きで酸化を抑制することにより押さえられています。しかし加齢と共にホルモンの働きも低下し、その結果、酸化が促進されてしまい発生してしまうのです。この境目が40代であり、40歳から発生しやすいというのは間違いではありません。

しかしミドル脂臭の問題もあり、まだ40歳になっていないからと油断することは出来ません。加齢臭はいつ発生するか分からないものであり、対策、そして予防はいつから始めても良いのです。

加齢臭が発生する部位は?

「加齢臭は耳の後ろから臭う」とも言われますが、正確には毛穴から出る皮脂が臭います。汗と一緒に毛穴から出てくる皮脂が酸化しノネナールを作り、加齢臭を発生させているのです。つまり加齢臭が発生する部位は、皮脂腺の多い部位です。

具体的には顔や身体のTゾーン(頭・鼻・首・わき・胸・お腹や下腹部・背中の背骨周辺)に多く、また皮脂腺は身体の上部ほど多くなります。足や手のひらの先から臭うということはまずなく、耳の後ろから臭いを感じる方が多いのもこれが原因です。

加齢臭の洗濯方法は?

加齢臭は皮脂腺から分泌させる皮脂が酸化しノネナールを作って起こりますので、その汗がしみついた洗濯物などからも臭うことがあります。しかし人間は自分が発生する臭いを感じ取れなくなるようになっており、自分の臭いが気になる、洗濯物の臭いが気になって加齢臭に気付ける方はあまりいません。家族の意見も参考に、自分の嗅覚に頼らず加齢臭をしっかり除去できる洗濯方法を選ぶことが大切です。

ワイシャツ・パジャマは毎日洗濯し、一週間に1回は漂白剤で除菌を行います。冬場の場合は特に「毎日洗濯しなくとも良い」と思ってしまいがちですが、冬の汗は夏場の汗より濃度が高く、毎日肌が触れるワイシャツは必ず洗濯するようにしましょう。パジャマは夜しか着用しないのでつい洗濯もさぼりがちですが、寝汗と体臭、そして雑菌は毎日染み付いていると思っておいたほうが安心です。せっかく入浴してきれいになった後に菌がたくさんついたパジャマを来てしまっては意味がなくなってしまいますので、こちらも毎日の洗濯を心がけましょう。

スーツは家で洗濯するのは難しいですが、出来るだけしっかり乾燥させた清潔なスーツを着用するようにしましょう。着回しできるように4着以上用意し、一日着たらハンガーにかけたまま風通しの良い場所でしっかり乾かし、それからクローゼットにしまうようにします。着回しできるスーツが増えるとクリーニングに出せる回数も増え、清潔を保ちやすくなります。

洗濯用洗剤は市販されている洗濯用合成洗剤で問題ありませんが、最近は消臭に強いタイプなども販売されています。お店でそういったタイプを選んで使用するのも臭い対策になります。

参考記事:加齢臭防止におすすめの洗剤3選!加齢臭に効く洗剤の成分とは?

 

加齢臭の予防・対策方法とは?

加齢臭は老化現象のひとつですが原因が判明しており、努力次第で臭い対策・予防が可能です。加齢臭の原因「ノネナール」は皮脂の脂肪酸と過酸化物質が結びつくことにより発生しますので、皮脂の脂肪酸を減らせば臭いの発生も予防できます。

また活性酵素が増えすぎると酸化を促進してしまいますので、活性酵素を必要以上に増やさないように気をつけることも大切です。活性酵素はストレス、また飲酒・喫煙などで増加させてしまいますので、これらの控える、ストレスを溜め込まないようにも考える必要があります。これから対策・予防方法をひとつひとつ具体的に説明していきますので、しっかりご確認ください。

 

①食事で対策・予防する

加齢臭の原因は皮脂の脂肪酸と過酸化物質が結びついて酸化することにより発生しますので、「酸化」を抑えることにより対策・予防が可能です。食べ物には「抗酸化物質」という酸化を防ぐ物質が含まれているものが多くありますので、抗酸化物質が含まれている食べ物を積極的に摂取しましょう。

抗酸化物質は

・ビタミンC(レモン、アセロラ、グレープフルーツなど)
・ビタミンE(うなぎ、卵の黄身、かぼちゃ、アーモンドなど)
・βカロテン(にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなど)
・DNA、EPAなどの不飽和脂肪酸(オリーブオイル、いわしなど)
・イソフラボン(大豆食品)
・アスタキサンチン(紅鮭、イクラ、オキアミ、筋子など)
・クルクミン(ウコン茶など)
・アントシアニン(ブルーベリー、ビルベリー、黒豆など)
・セサミン(ゴマ)

などに含まれています。逆に揚げ物や脂肪分の多い食べ物などは脂肪酸を増やす原因になりますので、摂取は控えめにしてください。

食事改善

②運動で対策・予防する

毎日汗をかく方とかかない方では汗の中身が変わり、日頃運動をしない方の汗はアンモニアが分泌されたアルカリ性の汗で濃度も高く、臭いの原因となります。加齢臭対策として「有酸素運動を行う」というものがあります。その理由は酸素を取り込み適度な運動を行うことによって、身体の酸化反応を防止するというものです。適度に汗をかくこと、有酸素運動を行うことは加齢臭対策、そして予防になるのです。

有酸素運動とは酸素を取り込みながら長時間継続可能な運動のことで、具体的にはエアロバイクやジョギング、ウォーキングなどになります。比較的緩やか、そして時間がかかる運動が多いですが、ウォーキングなどは「通勤時に一駅手前で下りて歩く」などで実践することも可能というお手軽さです。ぜひ毎日の生活に取り入れられる運動を行っていきましょう。

③入浴で対策・予防する

入浴は身体の皮脂や汚れを落とし、またリラックスすることによりストレス軽減も図れる大切な時間です。加齢臭の元となる皮脂腺が多くある部分をしっかり洗うことにより、加齢臭の対策、予防にも繋がります。ごしごし強く洗うと皮膚を傷め、より臭いが悪化する原因にもなりますので、優しく時間をかけてしっかり洗うことをおすすめします。

また、入浴時の加齢臭対策グッズを使うことも効果的です。加齢臭対策として有名なものとして「薬用ホットタブ」があります。ホットタブは重炭酸浴ができる入浴剤で、身体の皮脂や汚れを落とすことはもちろん、加齢臭など体臭も落とすことができる入浴剤です。香料や着色料、パラベンといった使う方によっては肌に悪影響が出るような成分を使っておらず、無着色・無香料ですので赤ちゃんでも安心して使用することができる入浴剤となっています。

気になる消臭効果などは、以下の有効成分により発揮されます。

・炭酸水素ナトリウム
・炭酸ナトリウム
・無水クエン酸
・ビタミンC

炭酸水素ナトリウムや炭酸ナトリウム、無水クエン酸には消臭や抗菌効果、そしてビタミンCには抗酸化作用があります。また炭酸水素ナトリウムや炭酸ナトリウムはお湯に溶け込むと重炭酸イオンに変化し、疲労回復の効果にも繋がります。

ホットタブは正しく使うことによって効果を発揮しますので、正しい使用方法で継続することが大切です。気になった方は一度公式サイト、そして下のリンクも参照していただき、その効果や正しい使用方法をご確認ください。

体臭対策で最も有名な入浴剤「薬用HotTab」は本当に効果あるの?!

薬用HotTab

【薬用HotTab】

重炭酸イオン・クエン酸・水素イオンが入った安心安全日本国産のタブレット。

石鹸、シャンプーでは洗浄できないミネラル皮脂汚れをしっかり洗い流します。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

④石鹸、ボディソープで対策・予防する

入浴時のお湯、入浴剤で対策・予防する方法はお伝えしましたが、皮脂や汚れを落とす石鹸やボディソープを加齢臭対策のものに置き換えることも対策・予防としておすすめです。

加齢臭の予防・対策としておすすめしたい石鹸として「薬用渋柿石鹸」があります。渋柿は昔から防臭・防菌に向いているとされ、そういった対策に使われてきました。その渋柿のエキス(=柿タンニン)を国内最高クラスの配合率で取り入れ、臭い対策として同じく昔から使われている緑茶の茶カテキン、そしてユーカリエキスを配合した「医薬部外品」、これが薬用渋柿石鹸です。これらの成分が臭いの元となるノネナールに素早く対応、殺菌・消毒だけではなく、肌をきれいな状態に保ってくれます。臭いの元に効果があり消し去ってくれるので、加齢臭だけではなく気になる汗の臭いなども予防してくれます。保湿成分もふんだんに取り込まれ、「臭いが発生しない身体」を作ってくれる渋柿石鹸は確実な効果を実感でき、またニキビ予防にも繋がります。

最初は1個からでも送料無料で購入出来ますし、お得な「定期お届けコース」もあります。初回は半額で購入できますので、公式サイトをご確認し納得していただけるのでしたら、一度にまとめて購入することをおすすめします。「30日間返金保証システム」もついていて開封済み・使用済みでも返品することが可能ですので、ぜひ一度試してみてください。

薬用柿渋石鹸

【薬用柿渋石鹸】

体臭対策をしている人なら一度は使ったことがある柿渋石鹸。

安心安全の自然由来の成分で、体臭の原因菌を殺菌・抑制します。

⇒公式はこちらをクリック

 

⑤サプリで対策・予防する

食生活や洗濯などでも改善は見込めますが、より臭いをしっかり対策・予防したい場合は加齢臭対策のサプリメントを取り入れることをおすすめします。加齢臭対策のサプリメントはたくさんありますが、その中でも楽天市場での総合1位・各種部門別ランキング5部門で1位、2016年度モンドセレクション銀賞を受賞し、90%以上の人がリピートしているおすすめサプリメントとして、「メンズデオ」があります。

メンズデオは渋柿エキス3000mg、緑茶エキス1800mg、シャンピニオンエキス1200mg、鉄クロロフィリンナトリウム1200mg、そしてデオアタック900mgとセンスピュール300mgといった強力なエチケットケア成分が多数配合されています。またこれらの成分を効果的に発揮するための「フラクトオリゴ糖」も配合されています。これだけのエチケットケア成分が濃縮されたメンズデオが、飲み方次第では1日90円で実践できます。

買い忘れがなくお得な定期コースをオススメしますが、まずは一袋購入し、試してみるのもひとつの手段です。気になった方は一度公式サイトをしっかりご確認していただき、ぜひ一度試してみて、臭いの変化を実感してください。

メンズデオ8400って効果あるの?!悪い口コミ・有効成分全て公開!

メンズデオ8400

【MEN`s Deo8400】

GMP基準認定・HACCP・有機JAS認定と徹底した品質管理をされた国産サプリメント。

柿渋エキスや緑茶エキスなど天然由来の消臭成分で身体の内側から体臭対策をすることができます。

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

まとめ

加齢臭は老化現象のひとつであり、誰にでも起こる現象です。だからといって臭いを諦めてしまうのは自分にとっても周囲にとっても良いことはひとつもなく、社会人としてきちんと予防、対策を行っておくことが大切です。加齢臭はその仕組みや臭いの原因が特定されていますので、対策がしやすいとも言えます。

また飲酒や喫煙も活性酵素を作り、加齢臭に繋がります。こういった生活習慣も少しずつ減らすように努力すれば、よりしっかりした対策が可能です。毎日の食事や洗濯、また入浴方法で臭い対策、予防が可能ですので、取り入れやすい方法から少しずつ、しっかり対策を行っていきましょう。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料