あなたの内臓脂肪の減らし方は間違ってる?運動・食事・サプリを紹介!

内臓脂肪は皮下脂肪よりも減らしやすいと言われています。正しい減らし方を実践する事で、今まで落ちなかった内臓脂肪が落とせるようになります。減らし方を間違えると、なかなか落ちない!という事もあると思いますので、ここでは内臓脂肪の効果的な減らし方を紹介します。


内臓脂肪がつく原因は食事と運動の関係にある?

内臓脂肪とは、簡単に言えば、腹筋や背筋という筋肉の内側に位置する内臓の周辺についている脂肪のことです。内臓脂肪の付き方の多い少ないに個人差はありますが、人間誰でも内臓脂肪があります。適正量の内臓脂肪は、腹筋や背筋の内側の内臓を正しい位置で支える役割をもっているからです。

とは言っても内臓脂肪が多くつくのは、健康面から言えば良くないことですし、かっこいい男を目指す男性の皆さんにとっては「お腹ポッコリデブ」の原因となるので、見た目も良いとは言えません。

内臓脂肪がつく原因は「トータルの摂取カロリーが多い」ということと「内臓脂肪を燃焼させる身体になっていない」ことにあります。摂取カロリーが多く、基礎代謝で消費するカロリーがそれより少ないと、体内では摂取したカロリーが中性脂肪に変化して、脂肪細胞として体内に蓄えられていきます。この体内に蓄えられた脂肪が燃焼できないと、内臓脂肪がどんどんついていきます。

内臓脂肪を燃焼させるためのキーワードは「有酸素運動」と「適切な食事」です。体内に蓄積された内臓脂肪について「運動、トレーニングをすれば減るであろう」と思っている方は多いですが、運動、トレーニングの方法を間違えると内臓脂肪は燃焼せず減っていきません。

脂肪 食事

ついつい食べ過ぎていませんか?

出典:http://weheartit.com/entry/264955021/via/bidan313?page=5

その減らし方、間違っていませんか?

「内臓脂肪を減らしたい」と思っていても、減らし方を間違えると、内臓脂肪を落としにくい体質になってしまいます。

例えば「ダイエットして内臓脂肪を減らしたい」から「食事の量を極端に減らす」などという方法は、内臓脂肪の減らし方としてはNGです。食事の量を極端に減らすと、身体は生きていくためのエネルギーを蓄積しようとしていきます。その結果、身体全体の脂肪(内臓脂肪や皮下脂肪)が落ちにくくなります。

また「運動すれば脂肪を落とすことができる」と思っている方は、運動の方法によっては内臓脂肪の減らし方としては間違った方法となります。内臓脂肪を減らすための運動のキーワードは「有酸素運動」です。

一般的に、内臓脂肪は皮下脂肪よりも落としやすいと言われています。しかし脂肪であることには変わりません。「1~2日で楽に内臓脂肪を落としたい」というのは、根本的には無理です。食事と運動に気をつけながら、無理なくある程度期間をかけて内臓脂肪を減らしていくのが、自分にとっても無理やストレスが少なく長続きする方法です。

ダイエット 男性

正しい方法を身につけよう

出典:http://weheartit.com/entry/267785357/via/bidan313?page=2

運動による内臓脂肪の効果的な減らし方

運動による内臓脂肪の効果的な減らし方は「有酸素運動」です。あくまでも内臓脂肪を落とすことを主な目的にした場合です。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動

内臓脂肪を効果的に減らしたい、その減らし方として比較的取り組みやすい方法がウォーキングやジョギングです。ウォーキングやジョギングは有酸素運動になります。

有酸素運動がなぜ内臓脂肪に対する効果的な減らし方として有効かをご説明します。有酸素運動の場合、人間の身体は最初に糖分をエネルギーとして利用していきます。有酸素運動の場合、糖分の次に消費するエネルギーが脂肪です。一般的には有酸素運動を開始して20分程度経過すると、脂肪の燃焼が始まっていくと言われています。「20分以上運動するのは難しい」という方もいると思いますが、20分経過したら有酸素運動をやめても、その後脂肪はジワジワと燃焼していきます。

下記の動画では、内臓脂肪の減らし方として効果的なウォーキング方法をご紹介しています。ポイントとしては歩幅を大きくとっている点です。ウォーキングそのものは有酸素運動ではありますが、これに加えて歩幅を大きくとることで、太ももなどの大きな筋肉を使うことができます。筋肉を適度に使用すると基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると、内臓脂肪の燃焼に効果があります。

筋トレで基礎代謝を上げる

内臓脂肪の減らし方として基礎代謝を上げることは、前述でも少し触れました。基礎代謝を上げる方法としては筋トレが有効です。すぐに内臓脂肪の燃焼に直結するわけではありませんが、筋トレを行い、適度に筋肉をつけて身体全体の筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がります。

「筋トレ」と聞くと「ボディビルダーのような身体」を想像する方もいると思いますが、内臓脂肪を減らすための基礎代謝アップという点では、筋肉マッチョになる必要はありません。適度に筋肉を使用することで基礎代謝が上がり、内臓脂肪を減らす効果が高まるのです。

下記の動画では、下腹を引き締め、内臓脂肪燃焼に効果のあるトレーニング方法をご紹介しています。(時間がない方は、ところどころ見るだけでも参考になります)

このトレーニングは1日おきでも十分な効果を得ることができます。また自宅の部屋など、比較的せまい場所でもできるトレーニング方法です。サーキットトレーニングなので、同じ筋トレを繰り返していきます。覚えてしまい習慣化すればその都度動画を見なくても取り組むことができます。

スロートレーニングがおすすめ

内臓脂肪の減らし方のトレーニングとしておすすめなのが「スロートレーニング」です。スロートレーニングは、文字どおりゆっくりとした動作で行うトレーニングです。重いダンベル等を使うトレーニングに比べると、自分の身体のみでトレーニングができるので、誰もが気軽に取り組むことができるトレーニングの1つです。自分の身体の使い方のみで適度な負荷をかけることができるトレーニングで、体幹などインナーマッスルなどを適度に鍛えることができる方法でもあります。

下記の動画ではスロートレーニングの代表的な方法の1つ「クランチ」という方法をご紹介しています。2分程度の動画です。極端に大きな負荷がかからないので、筋トレ初心者にもおすすめの方法です。かつ内臓脂肪の効果的な減らし方としても期待できる方法です。

 

食事による効果的な内臓脂肪の減らし方

内臓脂肪の減らし方として、運動(トレーニング)をご紹介してきましたが、もう1つ大切な要素は「食事」です。内臓脂肪の減らし方として効果が期待できる運動(トレーニング)に取り組んでも、食事が乱れていては、内臓脂肪を効果的に減らすことはできません。

 

朝食をしっかり食べよう!

内臓脂肪の減らし方として大切なのが、朝食です。

「朝で食欲がわかないし、朝食1食分のカロリーを減らすことができるから、内臓脂肪が減るのでは」と考えるのは大きな誤解です。朝食は起床後~昼食までに必要なエネルギーを確実に補給する大切な食事です。朝食をしっかり食べないと、人間の身体は余計なエネルギーを燃焼させず蓄えようとするので、結果的に脂肪は燃焼しにくくなります。

 

糖質の高いお酒を控えよう!

糖質の高いお酒は、内臓脂肪蓄積の要因となります。例えばビール、日本酒、ワインなどが糖質の高いお酒になります。アルコールが肝臓で分解される過程の中で脂肪が作られていきますが、加えて糖質が高いお酒は体内のブドウ糖が増える要因にもなります。ブドウ糖は消費されやすいエネルギーではありますが、たいていの方はお酒を飲んだ後に運動はしないので、体内に増えたブドウ糖が脂肪に変化して体内に蓄積されやすくなるのです。内臓脂肪の減らし方を考えているけど、お酒がやめれない方は、焼酎などの蒸留酒や糖質ゼロの発泡酒や第3のビールを選ぶとよいでしょう。

食事 お酒

休肝日を作ろう

出典:http://weheartit.com/entry/163719630/in-set/111786025-?context_user=bidan313

 

サプリメントを使えばもっと効率的に!

「どうしても内臓脂肪を減らすことができない」「いろいろな減らし方を試したけど長く続かない」という方には「サプリを使う」ことをおすすめします。

特におすすめのサプリが「DCC」です。「DCC」に配合されているクレアチン、HMB、BCAAの3つの成分は筋肉を増やし、脂肪の燃焼を促す効果があります。またこの3つの成分は、普段の食生活では十分な摂取量を確保できない成分です。「DCC」は初心者からプロのボディビルダーまで愛用し、高い支持を得ているサプリです。

que-14162479239-1-e1483699093517

【DCCディープチェンジクレアチン】

⇒DCC公式はこちらをクリック

 

「DCC」は通常価格1袋11200円ですが、今なら期間限定で初回限定560円で送料無料で購入できます。DCCのみならず「サプリそのものを初めて使う」という方にとっても、お手ごろ価格で購入できる商品です。また効果を感じることができなければ「90日間返金保証」もあります。試してみたいという方は期間中の購入をおすすめします。

ただし「DCC」にはデメリットもあります。「初めてのサプリ使用で心配」という方は、下記の記事を参考にしてください。

⇨DCCのデメリットについてはこちらをクリック

 

 

まとめ

内臓脂肪を減らすためには、脂肪燃焼のメカニズムを理解して、正しい減らし方を知る必要があります。アスリートのようにハードなトレーニングを繰り返さなくても、内臓脂肪の減らし方はあるのです。

自分で努力することが難しい方は「サプリを使う」こともぜひ検討してください。上記にご紹介した「DCC」をはじめ、他にも脂肪燃焼効果が期待できるサプリがあります。

⇨「全サプリ割引中!運動前に摂取したい脂肪燃焼系おすすめ人気サプリ 」こちらの記事では脂肪を効率よく燃焼したい方へ、オススメの脂肪燃焼系サプリについて詳しく記載されているので、一度チェックしてみましょう。

 

脂肪 ダイエット

内臓脂肪を落としてスリムな体を手に入れよう!

出典:weheartit.com/entry/245707554/via/bidan313?page=2


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料