内臓脂肪を落とすには食事が最重要?!手軽で美味しいレシピを紹介!

内臓脂肪を減らす食事方法とは?

肥満

内臓脂肪を減らすには、食事の見直しが必要です。

この記事では、内臓脂肪を落としたい人に「食事の方法」や「おすすめの食材」などを紹介しています。

ぜひご参考にしていただき、食生活を見直していきましょう。

内臓脂肪を減らすにはどうすれば良い?

内臓脂肪は、内蔵周りにつく脂肪のことで、外からは見えることはありません。内臓脂肪はホルモンの関係で男性につきやすいという特徴を持っています。男性のぽっこり出たお腹の正体は、内臓脂肪であることがほとんどです。

内臓脂肪は、消費カロリー(代謝や運動)に対して、摂取カロリー(食事)が下回っていれば減ります。

そのため、運動をして消費カロリーを上げるか、消費カロリーを上回らない食事をすることが内臓脂肪を減らすポイントです。

また内蔵脂肪を減らすポイントは、脂肪燃焼を効率よく行うことです。脂肪燃焼をするには、代謝を向上させる必要があります。

内臓脂肪を減らす食事のポイントとは?

サラダを食べる女性

ではさっそく内臓脂肪を減らす食事のポイントについてご紹介していきます。

「ダイエットをしているのに全く内臓脂肪が減らない」という場合は、食事の改善をする必要があります。カロリーを意識し普段食べる食材や食べ方を変えたり、少しずつ食事を改善させていくことが大切です。

①内臓脂肪燃焼に効果のある栄養素を摂る

内臓脂肪燃焼を促進する栄養素があります。そういった効果のある栄養素を意識的に摂ることで、脂肪を燃焼させやすい体を目指すことができます。

内臓脂肪を減らしたい人におすすめな食材については「内臓脂肪を減らす食べ物」にて後述していますので、ご確認ください。

②栄養バランスを整えて摂る

内臓脂肪を減らしたいからといって、脂肪燃焼効果の期待できる食材ばかりを食べてはいけません。

例えば「タンパク質は筋肉をつける」ため、「脂質はホルモンを生成」、「糖質は体や頭を働かせるため」に必要な栄養素です。

すべて人間には必要不可欠な栄養素なので、栄養素バランスが偏りすぎないように注意しましょう。

③一日三食を心がける

ダイエット中であっても必ず一日三食を心がけましょう。

食事を抜く生活を続けた場合、体内では「次に栄養が入ってくるのはいつになるかわからないから、栄養を貯めておこう」と通常より脂肪吸収が盛んになってしまいます。

太りにくい体をつくるためにも、しっかり一日三食を食べるようにしましょう。

内臓脂肪を減らす食べ物3選

ここでは内臓脂肪を減らしたい人におすすめの食べ物を紹介していきます。

①EPAやDHAを多く含む食べ物

青魚

EPADHAには、中性脂肪を減少させ、さらに悪玉コレステロールを抑える作用があります。

魚の脂身の部分に多く含む脂肪酸ですので、焼き魚などを積極的に食事に取り入れましょう。血液の流れを良くする働きもあるので、健康管理にも効果的です。

②脂肪燃焼を補助する成分を多く含む食べ物

ダイエット 食事
出典:weheartit.com/

内臓脂肪を効率的に落としたいのであれば、脂肪を燃焼・吸収してくれる食材を積極的に食事に取り入れましょう。

唐辛子やショウガなどには、代謝UP、脂肪の燃焼を促進する効果があるので、ちょっとした薬味などとして食事に取り入れるのがおすすめです。

また、クルミやグレープフルーツにも脂肪を燃焼させる作用があるため、間食などに適しています。

③食物繊維の成分を多く含む食べ物

キャベツ

食物繊維には、一緒に食べた物の脂肪を体外へ出す効果があるので、内臓脂肪を増やしたくない方におすすめです。

食物繊維が豊富な食材は、キャベツやごぼうなどがあります。

特にキャベツは、胃や腸で水分を吸収して膨れるので満腹感を得ることができます。満腹感を感じれば自然と食事量も減りますので食事量が気になる方にもおすすめです。

内臓脂肪燃焼をサポートするサプリ

ダイエットサプリメント

内蔵脂肪を減らすには、代謝を向上させて脂肪を燃焼させる必要があると上述しました。実はサプリの中には代謝を向上させて脂肪燃焼をサポートする効果のあるサプリがあります。

こうしたサプリを追加することで、効率よく脂肪燃焼を行うことができます。

【おすすめのサプリメント】

生漢煎

スクリーンショット 2017-07-04 14.15.02

初回価格:3,900円

<特徴>

今回おすすめする生漢煎には18種類の漢方が配合されており、基礎代謝を向上させる効果があります。その結果、脂肪燃焼を促すことができます

また、基礎代謝が良くなるので、便秘や肩こりにも効果を発揮します。

生漢煎は健康食品ではなく、効果効能の認められた第二医薬品となっており、効果をしっかりと体感したい方に特におすすめの商品となっています。

詳細はこちら⇛「生漢煎を飲んでも痩せない?!生漢煎の悪い口コミを徹底分析!

⇒男性用公式サイトはこちら

⇒女性用公式サイトはこちら

内臓脂肪を減らすには有酸素運動も!

ジョギング

食事も大切ですが、消費カロリーを増やして内臓脂肪を燃焼させるためには運動も必要です。

特に、脂肪を燃焼させる運動は、「有酸素運動」がおすすめです。

ランニング・ウォーキング・水泳などがこの有酸素運動に当てはまります。

有酸素運動を20分以上継続して運動を行うことで、効率良く脂肪を減らすことができます。

まとめ

内臓脂肪と食事の関係についてご紹介しました。

食事内容の見直しをすることや、サプリメントを併用することで効率良く内臓脂肪を減らすことができます。

食事の見直し・運動などをバランス良く行い、内臓脂肪を落としていきましょう。

また、サプリメントは効果に個人差があり、人によって「合う・合わない」があるので、まずは自分の悩みと期待する効果をしっかり把握することが重要です。

コラム:内臓脂肪の特徴は?

ここでは、内臓脂肪の特徴についてより詳しく解説していきます。

内臓脂肪の落ち方には個人差がある

「内臓脂肪を減らすのには時間がかかる」という話を聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

実際に「ダイエットをしているのに内臓脂肪が全く落ちない」という方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、内臓脂肪が落ちる時間には個人差があります。

というのも、人によって食事の内容や筋肉量・運動量・代謝量などが異なるため、内臓脂肪が落ちるまでにかかる時間も異なります。

しかし、食事に気を付け、運動をして代謝を上げるなどすれば、内臓脂肪を減らすまでの時間を短縮することが可能です。

内臓脂肪は男性につきやすい

内臓脂肪は特性として男性につきやすい脂肪です。

逆に女性は皮下脂肪がつきやすくなっています。

内臓脂肪 皮下脂肪

内臓脂肪は非常につくやすい脂肪ですが、実は落としやすい脂肪でもあるのです。

<おすすめ関連記事>

内臓脂肪が落ちないのは何故?正しい内臓脂肪の5つの落とし方とは?

内臓脂肪とは何か?正しいダイエット法で内臓脂肪を効率的に減らそう!

内臓脂肪を減らす市販サプリ5選!おすすめランキング!【厳選】

2018年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキング

市販の本当に痩せるダイエットサプリランキング【2018最新版】

『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。

広告を掲載したい方はこちらをご覧ください。