内臓脂肪とは何か?正しいダイエット法で内臓脂肪を効率的に減らそう!


そもそも内臓脂肪とはどんなもの?

「最近脂肪がついて太ってきた」と感じているあなた、ついてしまった脂肪の種類を理解していますか?

脂肪を落とすためには、ついた脂肪がどんな種類の脂肪なのかを把握する必要があります。

まずは、2種類の脂肪である「皮下脂肪」と「内臓脂肪」とはいったいどんなものなのか説明していきましょう。

皮下脂肪とは?

まずは、皮下脂肪とはなにかご説明していきます。

皮下脂肪とは、その言葉通り皮膚の下に存在する脂肪のことを指します。

この脂肪の役目は「蓄え」であり、栄養不足になった際の予備の栄養として蓄えられている脂肪です。

皮下脂肪は、体になくてはならない存在ですので、一概に解消したほうがいいとは言える脂肪ではありません。

もちろんつきすぎは健康的にもよくありませんが、最低限の皮下脂肪は必要だということを覚えておきましょう。

男性 脂肪

皮下脂肪と内臓脂肪とは?
出典:weheartit

内臓脂肪とは?

次に内臓脂肪とはなにかご説明していきます。

内臓脂肪とは、皮下脂肪とは異なり、内臓の内側についている脂肪のことを指します。

内臓への衝撃防止などの役割を担っていますが、その反面生活習慣病を引き落とす原因にもなる脂肪です。

内臓脂肪がつきすぎた状態を放置しておくと、様々な疾患を引き起こすことに繋がりますので、しっかり解消する必要があります。

内臓脂肪とは、どんなもので、体にどんな影響があるのか、内臓脂肪の解消を行う前に知識として頭に入れておきましょう。

内臓脂肪が溜まってしまう原因とは?

内臓脂肪が溜まってしまうのは、高カロリーで不摂生な食生活や、運動不足など原因は様々です。

そのため、内臓脂肪を解消させるためには、原因をみつけることが第一歩となります。

自分の内臓脂肪の原因を把握し、食事コントールや運動などを行うことでしっかりと内臓脂肪を解消していきましょう。

また、男性は女性と比べて内臓脂肪が溜まりやすい傾向にあります。

では、なぜ男性は内臓脂肪がつきやすいのでしょうか?理由を探っていきましょう。

男性は内臓脂肪が溜まりやすい?!

男性が女性と比べて内臓脂肪が溜まりやすい理由とはいったい何なのでしょうか。

男性が女性と比べて内臓脂肪が溜まりやすいと言われる一番の理由とは、「筋肉の量」です。

女性の脂肪は皮下脂肪としてつきやすいのですが、男性の場合筋肉が多いため、そのエネルギー源として内臓脂肪がより多く蓄積されてしまいます。

つまり、筋肉によるエネルギー消費が多い分、すぐに使用できるエネルギーとして脂肪酸が血糖に溶けだしやすい内臓脂肪がつきやすくなる傾向にあるということです。

女性と比べ、男性のほうが内臓脂肪が溜まりやすい理由が分かったところで、次は、あなたの脂肪がどのくらいついているのか「内臓脂肪レベル」をチェックしていきましょう。

内臓脂肪 食事

男性は内臓脂肪がつきやすいので食生活にも気をつけよう
出典:weheartit

あなたの内臓脂肪率(レベル)はどれくらい?

さっそくあなたの内臓脂肪がどのくらいついているのか、「内臓脂肪レベル」をチェックする2つの方法をご説明していきましょう。

内臓脂肪レベルとは、内臓脂肪の量を数値で示したものを指します。

この数値を理解することによって、自分についている内臓脂肪の量や、どのくらい脂肪を落とす必要なのかを把握することができます。

内臓脂肪率(レベル)は病院で測定する

正確に内臓脂肪レベルを測定するためには、病院で検査を受ける必要があります。

病院では、「腹部CT検査」という方法で、どこに脂肪がどのくらいついているのか、そのパーセンテージを正確に測定することが可能です。

「自分の内臓脂肪率をしっかり把握したい」という方は、一度病院での測定を受けてみることをおすすめします。

セルフチェック法は?

次に、自宅などでセルフチェックを行う方法です。

病院での測定よりは正確さに欠けますが、自分についている内臓脂肪が過剰ではないかを簡単にチェックすることができます。

さっそくチェックを行っていきましょう。

<ウエストでチェック>

⇒ウエストが85センチ以上ある男性は、肥満傾向にあり内臓脂肪が過剰についている可能性があります。

<BMIでチェック>

⇒BMIは、体重÷(身長m)二乗で求めることができます。

この数字が25を越えていると肥満傾向にあり、内臓脂肪も過剰についている可能性があります。

(例:170センチ70キロのBMIは 70÷(1.7の二乗)=24.2)

このようなチェックとともに、脂肪がつかめるか否かも判断の基準となります。

お腹がぽっこりと出ているのに、脂肪がつかみにくいという場合は、内臓脂肪がついている可能性があります。

内臓脂肪率(レベル)を減らす努力を

内臓脂肪は、食生活の改善や運動で解消することが可能です。

食生活では、カロリーのコントロールを行い、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないよう心がけましょう。

また、次には今すぐ内臓脂肪解消に役立つ運動の方法についてご紹介していきます。

今日からさっそく運動を始めて、内臓脂肪を消費していきましょう。

内臓脂肪の落とし方!おすすめの運動を紹介!

さっそく内臓脂肪を効率良く落とすための運動を紹介します。

きちんと定期的に運動を行えば、しっかりと内臓脂肪を解消させることができますので、チェックしていきましょう。

ジョギングなどの有酸素運動

内臓脂肪に直接アプローチする方法としては、ランニング・ウォーキング・水泳などの有酸素運動が効果的です。

有酸素運動とは、その言葉通り体内に酸素を取り入れながら行う運動を指します。

有酸素運動を行うことにより、血糖や脂肪をエネルギーとして使用し、脂肪を効率良く燃焼させることができます。

毎日継続して行うことで、内臓脂肪を解消させることができますのでさっそく実践してみましょう。

ジョギングやランニングを行う際のポイントは下記になります。

・着地はつま先を真っすぐに前に向ける

・足をけり出す際も、まっすぐ後ろへ出す

・お腹に力を入れながら走る

「実際のフォームがみたい」という方は、下記動画でさらに詳しく解説されていますので、チェックしておきましょう。

腹筋やスクワットなどの筋トレ

次に、腹筋やスクワットなどの筋トレです。

有酸素運動と組み合わせて行うことで、基礎代謝を上げ、より効率良く内臓脂肪を燃焼させることが可能です。

順序としては、まず筋トレをし糖質を消費し、その後有酸素運動を行うことによって、より効率アップを図ることができます。

筋トレの基本であるスクワットの方法をご説明していきましょう。

1.足を肩幅程度に開く

2.両手を体の前にクロスして添える

3.お尻を後ろに出すイメージで、ゆっくりと体をおろす

4.ももと床が平行になるくらいまでおろしたら、ゆっくりと元の状態に戻る

10回~12回を1セットとし、2~3セット行いましょう。

また、「もっと詳しいやり方が知りたい」という方は、下記動画で実践されていますので、チェックしておきましょう。

また、「もっと筋トレの効果を上げたい」という方は、下記ページを参考にサプリメントを摂取することをおすすめします。

<おすすめ記事>

筋肉が歓喜するトレーニングにおすすめのサプリメントランキング

内臓脂肪を減らせるサプリメントはあるの?

内臓脂肪を減らすための、様々な運動についてご説明してきましたが、運動の効果が現れるのにはどうしても時間がかかってしまいます。

そこで、「運動のダイエット効果を上げたい」、「すばやく内臓脂肪を落としたい」という方に、おすすめのサプリメントをお伝えします。

内臓脂肪を減らすために、摂取したい成分が「アスペルロシド」です。

アスペルロシドとは、杜仲葉に含まれる健康成分で、胆汁酸の排泄を促し、新鮮な胆汁酸を増やすことで代謝を上昇させる作用があります。

代謝を上昇させることにより、効率良く脂肪を燃焼、内臓脂肪を解消させることが可能です。

そして、このアスペルロシドが35mgも配合されているのが、スリム杜仲粒というサプリメントです。

スリム杜仲粒を摂取をすると、ランニングおよそ1時間分と同様の効果を得ることができます。

スリム杜仲粒を摂取するとしないのでは、大きな差が生じてしまうので「効率良く内臓脂肪を解消したい」という方は、今すぐチェックしましょう。

杜仲粒

【小林製薬のスリム杜仲粒】

基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼する働きのあるアスペルロシドを小林製薬の25年の特殊技術で一粒に凝縮。

一日6粒で杜仲茶500mlの3.8本分、1時間のウォーキング効果があります。

⇒小林製薬公式サイトはこちら

 

今なら期間限定でスリム杜仲粒を通常価格の半額である2,430円で購入可能です。

多くの人に選ばれ続けているサプリメントですので、信頼性も抜群です。

また、「購入前に実際に使った人からの評判が知りたい」という方は、⇨杜仲粒の口コミについてはこちらをクリックではスリム杜仲粒を使用した方の口コミや、効果を詳しく紹介していますのでチェックしてみましょう。

まとめ

内臓脂肪とはどんなものなのか、内臓脂肪レベルとは一体何なのかをご理解いただけたかと思います。

内臓脂肪を落とすためには、食生活の改善と定期的な運動を行うことが大切です。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べて落ちやすい性質ですので、対策を行うことでしっかりと解消させることができます。

2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキングこちらの記事ではダイエットを効率的に行いたい男性向けにサプリメントについて詳しく記載されているので一度チェックしておきましょう。

<おすすめ関連記事>

内臓脂肪と皮下脂肪を徹底解説!2つの脂肪の違いと落とし方とは?

内臓脂肪に効果あり!?ヨーグルトに含まれる話題の成分と効果とは?


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料