内臓脂肪を減らすには○○?今すぐ試して健康な体を手に入れる!

男性なら誰しも脂肪は付けたくないものです。しかし内臓脂肪は見た目ではどれだけ付いているかわかりにくく、気づかない内に付いて不健康な体になってしまいます。そこで今回は内臓脂肪を減らすには何をすればいいのかを紹介します。減らすには努力を惜しまず継続しましょう。


内臓脂肪の基礎知識

生活習慣病を引き起こすメタボリックシンドロームの根源は内臓脂肪です。内臓脂肪はお腹の中で腸の周囲に付着しています。内臓脂肪がたくさんたまるとお腹がポッコリ出てきて、いわゆる肥満体型になってしまいます。見た目は肥満に見えなくても内臓脂肪を蓄えている隠れ肥満な方もいますよ。

ただ、内臓脂肪は人体に悪さばかりをしているわけはありません。内臓脂肪は腸の周囲にまとわりついて、臓器を所定の位置に安定させたり、短い期間ではありますが飢餓状態に耐えるためのエネルギーの保管場所として活躍しています。また内分泌器官としてホルモンを作りだす役割もしていることがわかっています。

生活習慣病になりたくないからとやみくもに内臓脂肪を減らすのは人体にとっては有害となることもあるのです。適度な内臓脂肪量に減らすにはそんな方法があるのでしょう。

健康的な内臓脂肪レベルの目安

適量まで内臓脂肪を減らすには、自分の内臓脂肪の量を知っておく必要がありますよね。体組成計という内臓脂肪を計測できる体重計も市販されているので、自宅で定期的に計測するとよいでしょう。

適度な内臓脂肪の量は体脂肪レベルという数値で表すことができます。年齢ごとの体脂肪レベルの平均値は以下になります。

20代の内臓脂肪レベル 男性6・女性3

30代の内臓脂肪レベル 男性8・女性5

40代の内臓脂肪レベル 男性9・女性4

50代の内臓脂肪レベル 男性10・女性7

60才以上の内臓脂肪レベル 男性12・女性6.5

※大手体組成計メーカによる内臓脂肪の標準値は、9以下標準、10~14少し過剰、15以上過剰とされています。

内臓脂肪を減らすには内臓脂肪レベルを標準値いかに抑える必要があります。

 

内臓脂肪を減らすには運動

内臓脂肪を減らすには筋肉を動かしてエネルギーとして代謝するのが一番効果的です。連続して筋肉を動かすことで脂肪が燃焼するので、有酸素運動を毎日継続的に行うとよいでしょう。

日々の生活に有酸素運動

毎日継続的にできる運動として比較的楽なのはウォーキングです。河川敷や公園など緑のあるところで周囲の景色を眺めながら歩くと飽きずに続けることができます。またプールに通って水泳をするとひざや腰に負担をかけることなく、全身の有酸素運動になるので内臓脂肪だけでなく皮下脂肪まで減らすにはよいでしょう。

ランニング

無理をせず長く運動をする
出典:http://weheartit.com/entry/191922686/search?context_type=search&context_user=lavandxr&page=6&query=run+men

筋トレを取り入れ効率上げる

有酸素運動は筋肉が脂肪を代謝するのですが、筋肉を増やすことは期待できません。内臓脂肪を減らすには筋肉を増やすことで基礎代謝が上げて、脂肪の燃焼量を増やすことが必要です。そのためには筋トレが有効な手段です。筋トレで筋肉を増やして有酸素運動をすると脂肪燃焼の効率を上げることができます。内臓脂肪を減らすにはレッグレイズで腹筋を発達させるのがおすすめです。

①床に仰向けに寝て、脚をまっすぐに伸ばしつま先を天井に向けます。手は身体の横で床に着けた状態で行います。

②脚を伸ばしたまま、息を吐きながら垂直になるまで脚を持ち上げます。きつい時はひざを曲げたりお尻の下に手を添えて行いましょう。

③息を吸いながらゆっくりと脚を下ろして、床に着く手前で止めます。

15~20回を2~3セットを目標にしましょう。レッグレイズでは腸腰筋と腹直筋の下部を鍛えることができます。詳細を動画で確認してください。

 

内臓脂肪を減らすには食事の改善

頑張って毎日筋トレや有酸素運動をしていても、お腹のぽっこりがひっこまないという方は、好きなものを好きなだけ食べているのではないでしょうか?

お腹をひっこませるために内臓脂肪を減らすには食事を改善することも重要です。

内臓脂肪がつく食材

内臓脂肪を減らすには、内臓脂肪がついてしまう食材を避けることが必要です。パンやご飯などには糖質が多く含まれています。これらは非常に消化も早く血糖値を急激に上昇させてしまいます。血糖値が上昇することが腸の周りの脂肪を成長させることに繋がるので内臓脂肪を増やしてしまいます。

またフライドポテトや天ぷら、空揚げなどの油の多いものを食べると内臓脂肪の格好の餌となりますので注意してください。

ハンバーガー

脂肪が付く食事の典型例
出典:http://weheartit.com/entry/274709115/search?context_type=search&context_user=loeslangohrx&query=food+fat

内臓脂肪を減らせるおすすめ食材

内臓脂肪を減らすには食材を選びも重要です。その効果を高めるおすすめの食材は以下になります。

・脂肪の吸収を邪魔して体外に排出するデトックス効果の高い、食物繊維が豊富なキャベツ。

・血糖値を下げて脂肪の吸収を邪魔するリコピンたっぷりのトマト。

・脂肪が燃焼しやすい身体を作ることができるビタミンB群が豊富な豚肉。

・血液をサラサラにして新陳代謝を向上させるDHAやEPAを多く含む青魚。

内臓脂肪を減らすには、これらの食材を積極的に取り入れていくことをおすすめします。

食べ物

肉でも豚肉なら内臓脂肪を減らす
出典:http://weheartit.com/entry/268251532/search?context_type=search&context_user=stuckinthevictorianera&page=8&query=pork

内臓脂肪の付きにくい食事の取り方

内臓脂肪を減らすには、食事を正しく取る習慣をつけることが必要です。

食事の回数を減らしてしまうと、飢餓状態になった身体が1回の食事で普段以上にエネルギーを溜め込もうとする作用が働くのでエネルギーの保管場所である内臓脂肪を成長させてしまいます。内臓脂肪を減らすには一日3度の食事をきちんと取ることは重要です。

夜は基礎代謝が低下していて、消費するエネルギー量も少なくなっているため、夜食を取るとエネルギーが余るので内臓脂肪を増やすことになってしまいます。内臓脂肪を減らすには就寝2~3時間前までには食事を終えるようにしましょう。

間食をすることも余分なエネルギーを摂取することになり、内臓脂肪を減らすには本末転倒な結果を生んでしまいます。

夜食や間食、食事の回数を減らすといった偏った食事の習慣を改善することは内臓脂肪を減らすにはとても重要なことです。

食事

夜食は内臓脂肪の敵
出典:http://weheartit.com/entry/232186775/search?context_type=search&context_user=ILoveNA&page=2&query=night+meal

効率よく内臓脂肪を減らすにはサプリ

食事の改善してるけどもっと効率あげたいという方や運動してるけどもっと早く痩せる方法を教えてほしいという方には、今抜群のダイエット効果で話題のスリム杜仲粒がおすすめです。スリム杜仲粒を一日たったの6粒飲むだけで、ランニング1時間分のエネルギー相当にあたる300~400kcalの代謝をサポートできます。ただ食事制限や運動してるだけの方とは効果の差は歴然です。

その話題のスリム杜仲粒が今なら期間限定で半額で購入できます。このお得な「定期お届け便」は「1カ月」「2か月」「3ヶ月」コースから選択できるので、支払いやお受け取りの手間も省けてとても便利です。専属モニターの約9割が違いを実感しているので、多くの方に選ばれ続けています。詳細はこちらをご覧ください。

杜仲粒

【小林製薬のスリム杜仲粒】

基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼する働きのあるアスペルロシドを小林製薬の25年の特殊技術で一粒に凝縮。

一日6粒で杜仲茶500mlの3.8本分、1時間のウォーキング効果があります。

⇒小林製薬公式サイトはこちら

 

このスリム杜仲粒はあくまでも運動や食事制限をサポートするもので、飲むだけでは効果が表れてはきません。ただし、運動と食事の改善をしながら試された方々には驚き効果を発揮しています。口コミサイトをご覧になるとお客様方の直接の本音が聞けますので確認してみましょう。⇨杜仲粒の口コミについてはこちらをクリック

まとめ

内臓脂肪を減らすには内臓脂肪レベルを標準に落としたいです。そのために筋トレをして筋肉量をアップし有酸素運動で内臓脂肪を燃焼、食事の改善までの努力をしてください。そしてその努力の効率をを大幅にアップさせるためにもサプリメントを摂りましょう。⇨2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキングこちらの記事ではダイエットを効率的に行いたい男性向けにサプリメントについて詳しく記載されているので一度チェックしておきましょう。

 


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料