内臓脂肪が気になる人に朗報!家で簡単にできる内臓脂肪測定方法とは?

内臓脂肪はなかなか簡単には測定できないというイメージはありませんか。内臓脂肪が気になる人は家庭でも簡単に測定できればと思うのではないでしょうか。実は家庭でも簡単に内臓脂肪を測定する方法があったんです。そこで内臓脂肪の知識とともに内臓脂肪の測定方法を紹介します。


そもそも内臓脂肪とは何か?

「内臓脂肪が気になる」というあなた、そもそも内臓脂肪がどんな脂肪なのか理解していますか?内臓脂肪を測定し、対策を行う前にまずは、内臓脂肪についての知識を深めていきましょう。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

まず、内臓脂肪を理解する上で欠かせないのが「内臓脂肪と皮下脂肪の違い」です。皮下脂肪が、皮膚の真下についている脂肪であることに対し、内臓脂肪はその言葉通り、内臓周りについている脂肪のことを指します。内臓脂肪は内臓への衝撃防止などの役割を担っています。一方、皮下脂肪は栄養不足に陥った際の「蓄え」としての脂肪です。一概に脂肪といっても、全てが内臓脂肪であるわけではなく、これら2種類の脂肪の種類があることを覚えておきましょう。

食事

好きなものだけ食べていると内臓脂肪がつきやすい

出典:http://weheartit.com/entry/255722777

 

男性は注意!内臓脂肪は男性の方がつきやすい

次に、内臓脂肪の特徴として挙げられるのが「男性のほうが内臓脂肪がつきやすい」ということです。これは、内臓脂肪が、筋肉を動かす際に必要なエネルギーの「予備」として蓄えられているという一面があることが理由です。女性に比べ、筋肉量が多い男性はその分、予備の熱量を確保しておくために、内臓脂肪がつきやすい傾向にあります。

悩む 男性

男性は内臓脂肪がつきやすいものなんです

出典:http://weheartit.com/entry/274999623

内臓脂肪がどういった種類の脂肪で、どんな役割があるのかを理解したところで、次は内臓脂肪の測定方法についてご説明していきましょう。

 

内臓脂肪CT検査で内臓脂肪を測定しよう

内臓脂肪の測定手段として、一番に挙げられるのが内臓脂肪CT検査です。これは病院で行う検査で、CTで腹部の写真を撮影し、脂肪量を測定します。腹部についている内臓脂肪が鮮明に映るため、正確に内臓脂肪率を測定することが可能です。

 

内臓脂肪CT検査で測定すると料金はいくら?

内臓脂肪CT検査での測定は、ほとんどの場合保険適応外です。そのため、病院によって料金は異なりますが、3000円~1万円程度かかります。もちろん、内臓脂肪の測定以外の検査が含まれている場合もありますので、CT検査で測定をする場合は、事前に病院に料金を確認しておきましょう。

悲しい 男性

金額によってはなかなか行けないですよね

出典:http://weheartit.com/entry/275483544

 

体組成計で内臓脂肪を測定しよう

次に、体組成計で内臓脂肪を測定する方法です。体組成計とは、体重系とは異なり、体組成を推定して測定をすることができます。脂肪の種類やそのパーセンテージのほか、筋肉量などを測定することも可能です。ですので、ついている脂肪が内臓脂肪なのか、どのくらい脂肪率があるのかを家庭でも測定することができます。

体重計

乗るだけで測定できるのは簡単でいいですね

出典:http://weheartit.com/entry/212596687/

 

体組成計は簡単に購入できる!家庭で簡単に測定しよう

体組成計は、通販や実店舗で簡単に購入することができます。価格としては、安いもので3000円前後、高いもので17000前後と機能によって価格が異なるので、「どのくらい機能が必要なのか」を考慮し、購入を検討しましょう。

⇨販売サイトはこちら

 

体重計とメジャーでも内臓脂肪が測定できる

最後に、体重計とメジャーをつかっておまかな内臓脂肪を測定する方法をご紹介します。必要な情報は、ウエスト周りの数値ヒップ周りの数値です。

計算式は、ウエストの数値÷ヒップの数値となります。(例:ウエスト70センチ ヒップ80センチの場合は、70÷80=0.875)このときの数値が1.0を越えていると内臓脂肪が過剰についている可能性があります。

しかし、これはあくまでも簡易的な内臓脂肪の測定方法ですので、正確な内臓脂肪率を測定したい場合は、CT検査や体組成計を利用するようにしましょう。

体重計

体重計でも計算式を使えば内臓脂肪がわかります

出典:http://weheartit.com/entry/275014729

 

内臓脂肪を増やさないためにはサプリメントもおすすめ

内臓脂肪を測定したところで、「内臓脂肪をこれ以上増やしたくない」「ついてしまった内臓脂肪を落としたい」という方には、サプリメントの使用が最適です。

エネルギー消費に深く関係している成分で、内臓脂肪を増やさないためにも必須であるのが「アスペルロシド」です。この成分は、杜仲葉に含まれる健康成分で、摂取することで基礎代謝を上げ、脂肪を効率良く何勝させることができます。

このアスペルロシドを35mg配合しているのが「スリム杜仲粒」です。スリム杜仲粒を摂取することで、ランニング一時間分の効果を得ることが可能なので、摂取するとしないのでは歴然な差が生れます。

ダイエットや内臓脂肪の燃焼の力強いサポートとなる、栄養補助食品ですので「しっかり内臓脂肪を落として健康的な体を維持したい」という方にぴったりのサプリメントです。

杜仲粒

【小林製薬のスリム杜仲粒】

基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼する働きのあるアスペルロシドを小林製薬の25年の特殊技術で一粒に凝縮。

一日6粒で杜仲茶500mlの3.8本分、1時間のウォーキング効果があります。

⇒小林製薬公式サイトはこちら

 

多くの方に選ばれ続けている信頼度抜群の、スリム杜仲粒が今なら期間限定で通常価格の半額の2,430円で購入可能。この機会にぜひダイエットのお供として取り入れてみてはいかがでしょうか。また、「口コミなどの評価が気になる」という方は、下記ページで実際にスリム杜仲粒を使用した方の感想や効果をご紹介していますので、ご覧になってください。

⇒杜仲粒の口コミについてはこちらをクリック

 

内臓脂肪が気になったらメンズエステに行ってみよう

「サプリメントもいいけど、もっと見た目に素早く効果が現れて欲しい」という方は、メンズエステの利用を検討するのも一つの方法です。メンズエステでは、ダイエットをサポートするための色々なコースが用意されています。

それらのコースでは、あなたの内臓脂肪率や、基礎代謝率など身体の状態を数値化し、把握します。その上で、マシンを使いながら脂肪をほぐし、燃焼させていくためすぐに見た目に効果が現れます。即効性に関しては、一番高い方法と言えるので、「今すぐ内臓脂肪をなんとかしたい」という方にもおすすめです。

最近では色々なメンズエステ店がありますので、どのサロンが自分に合ってるのか検討しカウンセリングに訪れてみましょう。下記ページには、各メンズエステの口コミをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

⇒メンズエステの口コミについてはこちらをクリック

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「そろそろ脂肪をなんとかしなきゃ」と思っている方もいらっしゃるかと思います。内臓脂肪は決して落としにくい脂肪ではありません。しっかりと対策を行うことで解消することが可能です。まずは、自分にどのくらいの内臓脂肪がついているかを把握するために、CT検査や体組成計を使い、測定を行いましょう。その上で必要な食事の改善・運動を行っていくことが大切です。

また、先ほど内臓脂肪の燃焼を促すサプリメントについてご紹介しましたが、他にも様々なサプリメントが販売されています。⇨2017年最新!市販されている”男性専用ダイエットサプリ”ランキングこちらの記事ではダイエットを効率的に行いたい男性向けにサプリメントについて詳しく記載されているので一度チェックしておきましょう。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料