確実に内臓脂肪を落とす方法とは?ぽっこりお腹が気になる人必見!


そもそも内臓脂肪とは何か?

最近、ポコンと悲しく出てしまったお腹に悩んでいませんか。昔はシックスパックで海岸でも肩で風を切って歩けていたのにどうしてこんなことになってしまったんだろうと思っている方、それは内臓脂肪が蓄積されてしまったことによる肥満なのです。そもそも内臓脂肪とは何かというと、腸の中にこびりつく脂肪の事です。この内臓脂肪をあまりたくさん溜めてしまって肥満の状態を続けていると心筋梗塞や糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病を患う原因となりますので、注意が必要です。

では確実に内臓脂肪を落とすにはどうすればよいのか考えていきましょう。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪に大別できます。皮下脂肪は文字通り皮膚組織の下部にあって、体温の維持に役立っています。女性の丸み・女性らしさを表現するのはこの皮下脂肪のおかげなのですが、これを多く溜めてしまうとセルライトとなり女性にとても嫌われてしまいます。内臓脂肪は腸の内部にこびりつくものなので多くため込むとお腹が出てきてしまい、悲しい体形になってしまいます。内臓脂肪を落とすことは体形の維持には重要です。

男性の方が内臓脂肪がつきやすい!?

脂肪を燃焼すると良く表現しますが、それは筋肉が脂肪をエネルギーとして代謝することを意味しています。筋肉が多いほどエネルギ源である脂肪がたくさん必要となるため、筋肉量の多い男性の方が脂肪を取り込みやすい体質をしています。

この脂肪を代謝するためには筋肉を動かす必要があるのですが、あまり運動せず筋肉を動かさずにいると、代謝できなかった脂肪が余ってしまい、身体の中に蓄積されてしまいます。内臓脂肪も同じことがいえますので、女性に比べると男性の方が内臓脂肪がつきやすい体質を持っていることがいえます。

ハンバーガー

好きなものばかり食べていると内臓脂肪がつきやすくなります。出典:http://weheartit.com/entry/275632871

内臓脂肪を落とす方法とは?

内臓脂肪を落とすことは比較的に簡単です。まずは脂肪を減らすことに尽きるわけですが、そのためには連続的に筋肉を動かして脂肪を燃焼させることが一番です。連続運動には有酸素運動が有効です。

しかし有酸素運動では筋肉が増えてはこないので脂肪の代謝量を増やしておくためには筋トレにより筋肉をはったうさせろことも大切です。また一日の基礎代謝量を超過するような食事をしてしまうと、運動で減らした脂肪をまた増やしてしまいますので、適切なカロリーを補給できるように食事を改善するのも大事なこととなります。

内臓脂肪を落とす方法① 有酸素運動

有酸素運動をすると遅筋が鍛えられます。遅筋は脂肪を燃焼しながら発達する筋肉なので、有酸素運動をすることで内臓脂肪を有効に落とすことができます。有酸素運動は同じ動作を連続して長時間繰り返し行う運動です。その代表的なのは以下の運動となります。

<ジョギング>

ジョギングは連続運動の代表格なものです。自分のペースで無理のないように継続していきましょう。

ジョギング

好きな音楽を聴きながらジョギングすると飽きずにできますよ

出典:http://weheartit.com/entry/236605157

<水泳>

水泳は水中で行う有酸素運動ですが、気中でやる運動よりも重力がかからない分、ひざや腰への負担が軽減されるので、ケガをしにくい有酸素運動です。また全身にまんべんなく負荷がかかるので、内臓脂肪を落とすのにはとても効果的といえます。

<サーキットトレーニング>

内臓脂肪を短期間で落とすには、腹筋の筋トレも有効なものとなります。かなりきついですが有酸素運動と筋トレの両方の要素を併せ持つサーキットトレーニングは、腹直筋・腹斜筋・腹横筋を一気に鍛えることができて脂肪燃焼ができるものですので、ぜひチャレンジしてみてください。詳細を動画で確認してみましょう。

内臓脂肪を落とす方法② ヨーグルトを食べる

内臓脂肪を落とすにはヨーグルトを食べることが役に立ちます。ヨーグルトを食べると腸内環境が整えられるためお通じを良くしたり、ピロリ菌の培養の抑制にもつながりとても健康には良いものです。

特にガセリ筋SP株という乳酸菌を含むヨーグルトを食べるのは、胃酸や短銃に強いので生きたまま腸にまで到達して腸管内部に住み着き、整腸作用・コレステロールの低下作用・生体内抗酸化作用などを発揮するので、内臓脂肪を落とすにはとても有効です。

内臓脂肪を落とす方法③ お茶を飲む

内臓脂肪を落とすのに有効な飲み物としてお茶があります。脂肪を燃焼させたりデトックス効果を高めるお茶をいくつか紹介しましょう。

<杜仲茶>デトックス効果が非常に強いお茶です。飲みすぎるとお腹が緩んでしまうかもしれませんので注意しましょう。

<プーアル茶>デトックス効果は杜仲茶を超えると言われています。内臓脂肪を落とすだけでなく、血糖値を抑えてくれるので糖尿病の予防にもなり得るものです。

<緑茶>日本人が最も好むお茶のひとつですが緑茶に含まれるカテキンが内臓脂肪を落とす効果を強く持っています。

<黒烏龍茶>食事中に飲むことで主成分であるポリフェノールが食事に含まれる脂分を2割も抑制してくれて、更に体内に吸収された脂肪分である内臓脂肪まで落としてくれるという優れものです。

<びわ茶>日本に古くからあるお茶でびわの新芽から作られます。コレステロールの分解作用があり、内臓脂肪を落とすだけでなく、血液をさらさらにしてくれます。利尿作用も強いので老廃物の排出にも多くく働いてくれます。

内臓脂肪を落とす方法④ 横隔膜のストレッチをする

内臓脂肪を落とすためには腹筋の筋トレが必要不可欠なのですが、その筋トレの効果を高めるためには筋肉の可動を高めておく必要があります。それにはストレッチが効果的です。腹筋周りの筋肉を緩めるために有効な横隔膜のストレッチをご紹介しておきましょう。

①肋骨の一番お腹側にあるハの字の部分に手の指の第一関節の腹の部分を当てます。

②10秒間息を吐きながらお腹を引っ込めて指を引っかけます。

③指をパッと離して今度は5秒間鼻から息を吸い込みます。そしたらふ~っと口から息を吐いてください。

これを4~5回繰り返してください。前屈をしてみると身体が柔らかくなっていることが体験できます。詳しくは動画で確認してみましょう。

内臓脂肪を落とす方法⑤ 食事を改善する

内臓脂肪を落とすためには食事を改善することが必要です。天ぷらやフライ、とんかつなどの油ものなどは内臓脂肪を蓄えるために食べるようなものですので、控えるほうが良いでしょう。

厚労省が提唱している内臓脂肪を落とすための理想の栄養素は「オメガ3脂肪酸」と呼ばれるもので、「DHA」や「EPA」です。これらはマグロなどの赤身の魚にはたくさん含まれています。

またキノコ類を多くとることも内臓脂肪を落とすのには一役買ってくれます。できるだけ油を使わないように調理する工夫も必要なことでしょう。

内臓脂肪を落とすにはサプリメントもおすすめです

「食事の改善をすればお腹が締まるのはわかっているけど食欲には勝てないという方」「運動したり筋トレすればダイエットできるのにそんな時間もないという方」が内臓脂肪を落としてダイエットするには、サプリメントもおすすめです。

FUJIFILMのメタバリアシリーズの最新作であるメタバリアSはFUJIFILMの特許技術によって糖質の吸収を抑えるサラシアという成分をサプリに凝縮させており、普段食べている食事のカロリー吸収を抑えることが可能となっています。

また整腸作用もあり、腸内の善玉菌のビフィズス菌を増やすことができるので、腸内から健康的にダイエットすることが可能です。

メタバリアSを摂取するだけで、今流行りの糖質制限ダイエットができるのです。

現在公式サイトでは新発売キャンペーンを行っており、2週間分の114粒が500円のみで購入することが可能なので、期間限定中にお試しいただくことをオススメします。

こちらの記事ではメタバリアSの口コミや有効成分を徹底検証しています⇒「メタバリアSの口コミ・効果まとめ!副作用はあるのか徹底検証!

メタバリアS

⇒メタバリアS公式サイトはこちら

内臓脂肪を落とすならメンズエステに行ってみよう

「毎日残業で時間がなくてダイエットなんてできないという方」「ダイエットしようとは思うけどやり方がわからないという方」「頑張っては見たけれどが効果が出なかったという方」そんな方が内臓脂肪を落とす方法はもうこれしかありません。メンズエステでプロのセラピストを頼ることをおすすめします。メンズエステに行けばダイエットの専門家がそんな方々を待ちかまえていて、自分に合ったダイエットの方法を丁寧に説明してくれます。体質に合ったダイエット器具や施術によりたった2~3時間で想像もつかないような自分の変身を体験させてくれます。メンズエステで内臓脂肪が溜まってしまった自分を劇的にチェンジしましょう。

料金やコース設定などは口コミサイトをみれば各店舗の雰囲気がわかりますので、確認しておきましょう。⇒メンズエステの口コミについてはこちらをクリック

まとめ

ポッコリお腹がどうにもならず悩んできた方、その原因は内臓脂肪の蓄積からくる肥満です。悩みは運動や食事の改善で解消されるものです。ヨーグルトやお茶など腸内環境を整えることもそのひとつの方法です。またスリム杜仲粒を摂取することでエネルギーの消費をサポートしてしまうことや、メンズエステで劇的に変身をとげることも良い方法です。

肥満によって生活習慣病になってしまい辛い思いをすることになってから後悔したのでは遅いのです。日頃から内臓脂肪を落とすことで楽しい人生を送りましょう。


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料