解決策があった!?なかなか減らない内臓脂肪の減らし方を紹介!


どうして内臓脂肪が減らない?

痩せたい人が気になる脂肪の落とし方。まずは、脂肪について説明していきます。

脂肪には内蔵脂肪皮下脂肪という2種類の脂肪があります。2つを比較すると、ダイエットをする際には、内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べて落としやすいと考えられています。それは内蔵脂肪は食事制限や運動など、意識的に行為することによって、減らしやすい脂肪だからです。

両者の脂肪はそれぞれエネルギーの蓄え方に違いがあり、

内蔵脂肪⇒短期的にエネルギーを増やしたり減らすことができる

皮下脂肪⇒長期的にエネルギーを体内に蓄えてしまう

上記の理由で内臓脂肪の方が皮下脂肪より簡単に落としやすいと考えられています。

しかし、正しい方法で食事制限したり運動しなければ体内に蓄えられた内臓脂肪を燃やすことができません。つまり、食事を摂らないでダイエットしようとしても内臓脂肪が減るわけではありません。

一向に内臓脂肪が減らないのは、間違ったダイエット方法をしているからです。脂肪を燃やす体の仕組みを理解して、そのために正しい食事方法を行わないと、内臓脂肪が一向に減らないという結果が生じてしまいます。

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

では内臓脂肪皮下脂肪の違いを説明していきます。

<皮下脂肪>

皮下脂肪は皮膚の下に付く脂肪で、比較的女性に付きやすいくお腹の贅肉がつまめるのが特徴です。

皮下脂肪は減らすのには困難な脂肪です。

皮下脂肪は長い時間をかけて蓄えられた脂肪なので、ダイエットを頑張ってもなかなか成果が出にくいです。

皮下脂肪はエネルギーの消費量に対してカロリーを摂りすぎてしまうことで蓄積されます。それゆえ長期にわたり体に蓄積された皮下脂肪を減らすためには、3ヶ月以上の期間をかけて運動と食事制限をして落としていかなければなりません。

<内臓脂肪>

内蔵脂肪はお腹の中や腸のまわりに付く脂肪です。

中年の方で、お腹周りがポッコリしてきたという部分がおおよそ内臓脂肪のあらわれです。内臓脂肪は簡単につきやすくそして比較的減やしやすいことが特徴です。

男性および閉経後に女性のお腹の中に付きやすい脂肪です。外見は細くても内臓脂肪がたくさんついていることがありますが、内臓脂肪は落ちやすいので日々の生活で改善できます。

内臓脂肪が減らない時には、まず生活習慣の改善と筋トレそしてウォーキングや水泳、ランニングのような有酸素運動を取り入れて内臓脂肪を落とす計画を立てることが内蔵脂肪を減らす効果的な方法です。

内臓脂肪 皮下脂肪

出典:goo.gl/mK4VkS

あなたの内臓脂肪はどのくらい?

皮下脂肪に比べて落としやすい内臓脂肪。ポッコリと出てしまった腹回りは内蔵脂肪が減らないでたまっている象徴です。

内臓脂肪は見た目だけでなく、病気を引き起こしかねない警報のひとつと言われています。そんな内蔵脂肪が体内で占める面積を数字で表したものを内臓脂肪のレベルと言いますが、下記には年齢別に見た内臓脂肪の平均レベルを示しました。

<年齢別内臓脂肪のレベルの平均値> 

年齢/性別 男性 女性
20代 6 3
30代 8 4
40代 9 5
50代 10 7
60代 12 6.5

標準 1~9

やや高い 10~14

高い 15~30

内臓脂肪レベルごとの対策等について詳しくは「男性の平均内臓脂肪レベルを年代別に徹底検証!ぽっこりお腹を撃退!」で紹介していきます。

内臓脂肪の溜まりすぎには注意!

内蔵脂肪が減らないで溜まってしまうと体内に悪玉コレステロールを多く分泌してしまい生活習慣病の引き金となってしまうと言われています。

前項で示した内臓脂肪レベルが表示より高い人は、生活習慣病のリスクが高い人です。一般に言われているメタボリックシンドロームの傾向にある人にことをさします。

次に内蔵脂肪が減らない場合に心配される生活習慣病やリスクはどんなものか見ていきましょう。

・生活習慣病

・糖尿病

・高脂血症

・脂質異常症

・高血圧

・動脈硬化

上記などに病が心筋梗塞や脳卒中の引き金となる場合があります。

内臓脂肪はどこに溜まりやすい?

お腹周りは大きくなったっけれど、実際に内臓脂肪はどこに溜まりやすいかというと

内臓の周り

・腸間膜

・肝臓

・大綱などに腹膜

こんなところに内臓脂肪は溜まります。

内臓脂肪の落とし方〜食事編〜

内蔵脂肪が減らないと悩む方は、食生活を改善しましょう。

内臓脂肪のが減らないと気にする人は、毎日の食事の内容や食べる時間や回数に気を付けると内蔵脂肪の燃焼に効果が生じ、内臓脂肪を減らすことができます。

食物繊維やEPA、L-カルニチンは内臓脂肪を落とすのに効果的な成分です。

それぞれの効果とその成分を含む主な食材を紹介して行きます。

食物繊維

食物繊維はお腹の中で水分を吸収して膨らむので満腹感が得られて、食事の量をおさえることができ内臓脂肪を落とすダイエットに効果的な食材です。

《食物繊維を含む主な食材》キャベツ・ごぼう・ほうれん草・とうもろこし・さつまいも・寒天

野菜

EPA(エイコサペンタエン酸)

これは不和脂肪酸ともよばれ、中性脂肪やコレステロールを抑えて血液をサラサラにしてくれます。血行がよくなると体温が上がり代謝がよくなり、減らないと悩んでいた内臓脂肪が燃えやすくなって脂肪を落とすことに効果が上がります。

《EPAを含む主な食材》イワシ・さば・アジ・牡蠣・あなご・うなぎ

・L-カルニチン

L-カルニチンは代謝をあげて減らない内臓脂肪を燃やしてくれるのに効果があります。

《L-カルニチンを含む主な食材》豚肉・牛のヒレ肉・ラム・マトン・馬肉(馬刺し)

1日の理想的な食事回数

1日3食が理想です。

食事の効果的な時間帯

時間帯は個々それぞれの生活習慣が違うので何時とは言えませんが、毎日決まった時間に摂りことが効果的です。

ファスティングは効果あるの?

ファスティングとは断食をすることで胃腸を休めダイエットをする効果をもたらす方法です。減らない内臓脂肪を落とすにも効果的な方法と言われています。

ファスティングのやり方

月に1~2回、週末などを利用して行うのがベストです。やり方は完全に断食や絶食をするのではなく、野菜などでできた酵素ドリンクを飲んで栄養補給しながら行う方法が主流です。何も食べていない体にファスティング専用の酵素ドリンク摂取します。

ファスティングの効果

半日だけでもある程度の痩せ効果は期待できます。胃腸の働きを休めることで胃腸が元気を取りもどし、溜まった有害物質を排せつしてくれ(デトックス効果という)ダイエット・健康な体つくり・美肌に効果的だと言われています。

注意点

断食や絶食の後、復食していく際には重湯など胃に優しいものから食べるようにしてください。からになっている胃腸にいきなり普段の食べ物をいれると、お腹が痛くなってしまったり下痢を起こしてしまうことあります。胃に優しいものを少量、摂取することから復食していってください。

内臓脂肪の減らし方〜運動編〜

減らない内臓脂肪を落とすためには食生活の改善と筋トレや有酸素運動を上手に摂りいれることが効果的に内臓脂肪を落とすことにつながります。

大きい筋肉から鍛えると効果的!

筋トレでは大きな筋肉を優先に鍛えましょう。

太もも・胸や背中・肩・腕・腹筋

大きい筋肉を先に鍛える理由は小さい筋肉から先に鍛えるといざ大きい筋肉を鍛えようとした時にエネルギー切れを起こしてしまうからです。大きい筋肉をさらに太く増量することは脂肪をたくさん燃やすのに効果的です。

筋トレ参考動画】

有酸素運動は週3回・30分以上がベスト

筋トレと同時にウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動組み合わせて行うと減らない内臓脂肪に効果的に反応して脂肪を落としてくれます。

脂肪を燃焼するのには酸素が必要で、全身に酸素が十分にいきわたるには15分〜30分以上持続する運動をすることが大切です。

ドローインも内臓脂肪の燃焼には効果アリ

呼吸法を使ってお腹をへこます腹筋効果のあるドローイン方法も減らない内臓脂肪を減らすのに効果的な方法です。お腹を引っ込ませるだけで腹回りが痩せる簡単な運動です。

【参考動画】

食事と運動の補助にはサプリがオススメ

減らない内臓脂肪のダイエットには食事と運動のほかサプリメントを有効活用していくことでより効果的に脂肪を落としていくことができます。

サプリでは生漢煎防風通聖散が脂肪燃焼に効果的と人気です。お腹周りに脂肪がついてきた人や、つい食べ過ぎてしまう人、便秘がちな人に効果的です。

18種類の生薬からなり代謝を利尿・便通に効果的です。配合されている生薬は脂肪を内側から分解して燃焼さて排出してくれるので、内臓脂肪が減らないと悩んでいる人にはおすすめのサプリです。

スクリーンショット 2017-07-04 14.15.02

⇒生漢煎女性用公式サイトはこちら

⇒生漢煎男性用公式サイトはこちら

生漢煎防風通聖散が期間限定でお得に購入できることができます。定期的に服用することで効果を実感できますのでご使用の際はぜひ定期購入をおすすめします。

生漢煎防風通聖散の効果や副作用とは?成分や悪い口コミも完全分析!」では、生漢煎防風通聖散の口コミや副作用について検証していきます。購入を検討されている方、興味がある方は、必ずチェックしておきましょう。

サプリを使って減らない内臓脂肪を解消

なかなか減らない内臓脂肪。しかし皮下脂肪に比べると付きやすいけれど落としやすい脂肪です。食事の摂取の仕方と筋トレや有酸素運動などを上手に組み合わせて、内臓脂肪を減らしていきましょう。

《おすすめ関連記事》

内臓脂肪を減らす市販のサプリは効果があるの?噂のサプリを徹底検証!

内臓脂肪が落ちないのは何故?正しい内臓脂肪の3つの落とし方とは 


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料