綺麗な肌を手に入れたい!肌荒れしない髭剃りの5つのコツとは?

男性にとって髭を剃ることは日課です。しかし剃り方を間違っていると、肌荒れが起きて見た目が汚くなってしまいます。そこで今回は肌荒れしない髭剃りのコツを紹介します。コツを押さえて髭を剃れば、綺麗な肌で女性を魅了することもでるでしょう。


髭剃りで肌荒れが起きてしまう原因とは?

髭剃りをしているうちに、肌荒れが発生してしまうということがよくありますが、なぜ髭剃りで肌荒れが起きてしまうのでしょうか。まずは、髭剃りと肌荒れの関係についてご説明していきます。

【髭剃りで肌に傷がつくことがある】

そもそも髭剃りとは、シェーバーやカミソリの「刃」を肌に当てて髭を処理していくものです。そのため、皮膚に刃が当たると、角質に傷がついてしまいます。本来傷は代謝で回復するものですが、傷が深かったり、細菌・雑菌に感染することで肌荒れが発生してしまいます。

では、髭剃りで発生した「肌荒れ」を放置しておくと肌はどのように変化していくのでしょうか。

肌荒れを放置するとニキビやシミができる

発生した肌荒れを放置しておくとニキビや炎症、シミなどの発生要因となってしまいます。

というのも、肌荒れが発生している状態は、肌が本来持っている「バリア機能」が著しく低下しています。そのため、外部の刺激を受けやすく、雑菌なども繁殖しやすい肌になっています。雑菌が繁殖すると、ニキビや吹き出物・炎症の原因に繋がりどんどん肌状態が悪化してしまいます。

では、肌荒れが起こってしまったらどのように改善を行えば良いのでしょうか。

肌荒れが起こってしまったら薬で改善

次は、肌荒れが起こってしまった場合の「薬での改善方法」をご紹介していきましょう。

市販薬で肌荒れを改善

症状が軽い場合、市販薬で肌荒れを改善することが可能です。

特に皮膚用抗菌軟膏剤薬である「オロナイン」は、殺菌・消毒効果あがあり、肌荒れの原因菌を対策することができます。

また、「メンソレータムアクネス 薬用クリーム洗顔」は、殺菌作用を持つイソプロピルメチルフェノールを配合しており、洗顔のたびに肌荒れをケアすることができます。

どちらもドラッグストアなどで手頃な価格で購入することができますので、軽い肌荒れの場合は試してみるとよいでしょう。

症状が酷いなら皮膚科の薬で改善

症状が酷い場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

重度の場合に処方されるのは抗炎症作用を持つ「ステロイド」やアレルギー物質を無効化する作用を持つ「抗ヒスタミン剤」などが挙げられます。

どちらも作用が強い薬ですので、自己判断で服用するのは絶対にやめましょう。症状が酷い場合は、皮膚科の医師の判断に応じた適切な薬を使用し、改善を行いましょう。

肌荒れしない髭剃りの5つのコツ

次に、「肌荒れを防ぐ」髭剃りの5つのコツをご紹介していきます。

肌に負担の少ない道具を使う

まず「肌に負担の少ない道具」を使うということです。

カミソリには、「一枚刃」や「二枚刃」がありますが、刃が多いほど肌への負担が少なくなります。できれば「三枚刃」「四枚刃」のものを選ぶようにしましょう。

また、電動シェーバーは肌に刃が直接当たらないため、カミソリよりダメージを軽減することができます。特に、肌当たりが優しく、往復式よりダメージが少ない回転式がおすすめです。

肌が元気な朝に髭を剃る

次に「肌が元気な朝に髭を剃る」ということです。

就寝中に皮膚が回復した状態の朝に髭をそれば、比較的傷がつきにくくなります

また、朝の6時~10時は一番髭が伸びやすい時間なので、朝のうちに処理をしておけば、夕方に剃らずに済むというメリットもあります。

下準備をしてから髭を剃り始める

次に「下準備をしてから髭を剃り始める」ということです。

細菌の感染を防ぐためにも、髭を剃る前に顔の洗顔と道具の洗浄をするようにしましょう。清潔な肌に、清潔な道具で処理をすることで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

また、髭を剃りやすくするために予め蒸しタオルを顔にのせておいたり、ローションで髭を柔らかくしておくこともおすすめです。

正しい方向で髭を剃る

次に、「正しい方向で髭を剃る」ということです。

毛並みに合わせて髭を剃っていくのが基本ですが、T字カミソリを使うなら順剃りから逆剃り電動シェーバーを使うなら逆剃りから順剃りで剃っていくようにしましょう。

適切な方向で髭を剃ることによって、肌へ与えるダメージを減らすことができます。

剃り終わったら肌のケア

次に「剃り終わったら肌のケアをする」ということです。

髭を剃った直後の肌はとてもデリケートです。洗顔にて汚れを落とし、化粧水・乳液などでしっかり保湿をするようにしましょう。

乾燥肌の方は、乳液をしっかりと塗り水分を肌に留めておくことが大切です。また、敏感肌の方は「敏感肌用」の化粧水、乳液を使用することがおすすめです。あなたの肌タイプに応じた適切なケア用品を使用するようにしましょう。

道具のケアも怠らない!

最後に「道具のケアを怠らない」ということです。

毎日使う、カミソリなどはしっかり洗浄しなければ菌が繁殖してしまいます。菌が繁殖した状態で肌に触れると、肌トラブルの原因にも繋がるため、しっかり道具をケアしましょう。

T字カミソリ・シェーバー、どちらにおいても使用後は水洗い、アルコール洗浄などをし、きっちり乾かします。また、使用前にエタノールなどの消毒液で刃を拭くとより、清潔さを保つことができます。

シェーバーの中には、洗浄ができないものもありますが「洗浄可」「丸洗い可」と記載されているものを購入することをおすすめします。

どうしても髭剃りで肌荒れするなら脱毛がおすすめ

「どんな方法をしても肌荒れをしてしまう」という方は、プロによる脱毛を検討してみるのも一つの手段です。

自己処理は手間がかかりますし、カミソリ代やシェーバー代が生涯ずっと発生しますが、メンズTBCの脱毛では、毛を1本1本ていねいに処理するので、永久的に毛が生えてこなくなります

そのため一度は費用がかかるものの、トータル的に見れば脱毛をしてしまったほうがコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

もちろん、自己処理が必要なくなれば肌荒れの心配もなく、快適に過ごせるようになります。「肌荒れが治らない」「髭の手入れがめんどう」という方はプロによる脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

スクリーンショット 2017-06-16 18.22.16

40年間脱毛を研究し続け、脱毛では最も実績のあるメンズエステサロン。

お客様のことを考え、脱毛のプロが1本1本丁寧に手作業で抜いていきます。

⇒TBC公式サイトはこちらをクリック

 

メンズTBCでは初回料金1000円で脱毛を体験することができます。まずは一度「脱毛がどんなものなのか」体験してみることをおすすめします。1000円の体験版でも、通常のコースと同様の処置を行ってもらうことができますので、その効果が実感できます。

また、下記ページではメンズTBCの「ヒゲ脱毛コース」の効果について詳しく紹介しています。合わせてご覧になってください。

⇒MEN`S TBC「ヒゲ脱毛コース」の効果とは?体験料金1000円は本当?

まとめ

髭のお手入れと肌荒れは切っても切り離せないものですが、しっかり対策をすれば肌荒れを防ぐことが可能です。お手入れ前の肌ケアから、道具の手入れ、処理後のケアまで一貫して行い、肌荒れを防ぎましょう。

また、「髭にかける時間がもったいない」という方は、プロによる脱毛で余分な髭を無くしてしまうこともひとつの手段です。

あなたのライフスタイルに合った対策で、清潔できめ細かい肌をキープしていきましょう。


Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料