イケメンを目指すなら青髭はNG?!綺麗な肌になる5つの青髭対策とは?


青髭があるとイケメンにはなれない?

女性は青髭に対して、不潔感やだらしない、不健康、老けて見えると言ったネガティブなイメージを持っています約80%の女性が青髭が無いことを望むとのデーターもあり、青髭に対して好意を持つ女性もまれ(約1%程度)には存在しますが、男性を見る時、大半の女性にとって青髭はマイナス要素とされます。

顔の造作などが整い、身だしなみにも気を付けていても、青髭があるだけで大半の女性からはイケメンと認識されにくくなります。イケメンと言われる男性は、しっかりと青髭対策をおこない、よりイケメンに見えるように努力をしています。

男性

イケメンには青髭はない
出典:weheartit.com

青髭とは?

イケメン度を大幅に下げてしまう青髭は、しっかりと髭を剃っても出来てしまいます。どうして青髭になるのかと言うと、髭を剃っても皮膚の下に毛根は残ります。皮膚の下に残った毛根が皮膚から透けて見えることで起こる現象を青髭と言います

皮膚が透けて髭の毛根が青く見えるのは、太陽光に含まれる光の波長のうち青色が一番反射しやすいために、光に反射して皮膚の下より透けて見える髭が青く見えるからです。

青髭の原因は、皮膚の下に残っている髭の毛根部分が皮膚から透けるからで、髭が太く密集して生えているほど青髭になりやすくなります

青髭になってしまう3つの原因

青髭になるには、主に3つの原因があります。青髭を失くすためには、しっかりと青髭になる原因を知って対策をおこなう必要がありますので、主な3つの原因について説明いたします。

≪青髭になる3つの原因≫

1.間違った髭処理

2.髭が濃くなる生活習慣

3.肌が白い

①:間違った髭の処理で毛根が太くなっている

髭をしっかりと剃ろうとして、何度もカミソリで剃ったり、毛根ごと抜こうとして自分で髭を抜く方がいます。一見すると効果的な処理方法の様に思いますが、この認識は間違いです。

実は皮膚に過剰な刺激を与えることとなり、過剰な刺激から皮膚を守ろうと防衛作用が働いてしまい、より濃い髭が生えてくる原因となり最終的に以前よりも濃い青髭となってしまいます

夜間入浴時に髭を剃る方も居ますが、夜は皮膚が疲れて傷つきやすくなっていますので、髭剃りは朝の起床後10~20分経ってからおこなうのがベストな時間です。また、カミソリなどで髭の処理をおこなう際に、小さな傷が皮膚にできます。入浴しながら髭の処理を行うと、髭の処理時に出来た小さな傷から雑菌などが入りトラブルの原因となりますから、入浴しながらの髭の処理はやめましょう。

このように、間違った髭の処理は、髭の毛根が太くなり青髭が濃くなる原因となります

髭剃り

自己流で髭を剃るのは青髭の元
出典:weheartit.com

②:髭が濃くなる生活をしている

髭の成長には男性ホルモンのテステステロンが関わっています。テステステロンの分泌量が増えると、髭が生えやすくなり結果として青髭が濃くなってしまいます。

青髭のないイケメンフェイスになるためには、テステステロンの分泌を抑制すると効果があります。テステステロンはストレスの蓄積や夜更かし、肉類中心の偏った食生活が増加の原因となります

青髭の原因である髭が濃くなる生活をしているならば、生活習慣の見直しをして、生活習慣を改善する必要があります。

③:肌が白い

肌が白い』と、皮膚の下に残っている髭の毛根が透けやすく青髭を目立たせてしまう原因となります。では、日焼けをして肌を黒くすれば目立たなくなるのかと言えば、理論的には白い肌よりも黒い肌の方が目立たなくなりますが、生まれつき白い肌の方は日焼けをしても肌が赤くなるばかりで黒くなりにくい体質です。

そのため、日焼けをしても肌は黒くならずに、肌にダメージが蓄積されてしまい、肌荒れやシミ、痣と言った肌トラブルが起こる可能性がありますから、無理をして日焼けをすることはおすすめ出来ません。イケメンの条件の1つに美肌があります。せっかく綺麗な白い肌をしているのならば、綺麗な美肌を保つためにスキンケアをおこなってはいかがでしょうか。

イケメンがしている美肌になる五つの青髭対策

イケメンの条件として、綺麗な美肌ははずせません。肌への過剰な刺激は青髭を濃くする要因となりますから、肌への刺激も考慮して青髭対策を行う必要があります。

効果的な青髭対策とは、どのようなものがあるのでしょうか。イケメンがおこなっている美肌になる5つの青髭対策を参考にされて下さい。

①:生活習慣を改善し髭を太くしない

髭の成長に関係する男性ホルモンのテステステロンの分泌を抑制することが青髭を失くしイケメンになる一因となります。青髭が濃くなる原因であるテステステロンの過剰分泌は、ストレスの蓄積や肉中心の食生活といった生活習慣が誘発原因となります。つまり、テステステロンの分泌を抑制するために生活習慣の改善を行い髭を太くしないようにします

髭が太く濃くなる原因のテステステロンの分泌を抑制するには以下の方法があります。

≪テステステロンの分泌を抑制する生活習慣≫

・早寝早起き(夜更かし防止。良質な睡眠)

・適度な休息や運動(ストレス発散)

・栄養バランスの取れた食生活(肉中心の食生活の改善)

・大豆を積極的に摂取する(大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに類似した働きをするため、男性ホルモンの分泌抑制が期待できます)

イケメンと呼ばれる男性の多くは、日常の生活習慣も大切にしています。

男性

のんびり休暇を過ごしてストレス発散
出典:weheartit.com

②:正しい髭剃りで肌を刺激しない

肌への過剰な刺激は髭を太くして青髭を濃くする原因となります。正しい髭剃りをおこなえば肌を刺激せずにイケメンの条件である美肌にもなれます

髭剃りは肌が元気な朝におこなえば髭剃りで受けたダメージが素早く回復しますから、皮膚への刺激が少なくて済みます。起床直後は顔がむくみがちで肌に刺激を与えすぎる可能性がありますから、むくみが収まる起床後10分~20分後に髭剃りを行うのがベストタイミングとなります。夜の髭剃りは、肌が疲労して回復力も低下していますから出来れば避けたいものです。

≪正しい髭の剃り方≫

1.お湯で洗顔し、洗顔後に暖かいタオルで顔を覆い髭を柔らかくします。

2.シェービングクリームをそり落とすことをイメージしながらゆっくりとつけます。

3.カミソリ負け予防のために、最初は髭の流れに沿ってシェービングクリームと一緒にゆっくりと剃り落とします。

4.シェービングクリームをつけなおし、髭と逆方向から深剃りします。

5.空いている手を肌に添え、肌を伸ばすとスムーズに剃れます。

6.鼻の下や剃りづらい箇所はカミソリの裏面を使用すると簡単に剃れます。

7.髭剃り後は洗顔だけでなくローションなどで肌を整えます。

9.肌の弱い人はローション後に乳液をつけて肌を整え保湿します。

誤った方法で髭を剃ると過剰な刺激を皮膚が受けてしまい、髭が太く濃くなり青髭がより目立つようになってしまいます。髭剃りでは、髭をホットタオルやローションなどを使い柔らかくすることで剃りやすくして、肌への刺激を抑える事がポイントとなります

はじめは一手間増えるために面倒くさいと感じるかも知れませんが、イケメンと言われる男性は楽しんで身だしなみに一手間掛けています。本当にイケメンになりたいと考えるのならば、一手間掛かる身だしなみを楽しみましょう。

③:メンズコンシーラーで青髭を隠してイケメンになる

青髭は女性だけでなく、どのような相手に対しても良い印象を持ってもらえません。

≪青髭から受ける悪印象≫

・顔色が悪い(不健康)

・不潔、だらしない(手を抜いた身だしなみに見える)

・老けて見える

・意欲が見られない

など、マイナスイメージを持たれやすく、また、青髭は仕事などでも良い印象を相手に与えられません。

青髭の対策方法は様々ですが、簡単に速効で効果が期待できる青髭対策としてはメンズコンシーラーがおすすめです。メンズコンシーラーは肌のシミや痣、ニキビ、青髭と言った肌トラブルを綺麗に隠してくれるメンズ化粧品の1種です。

メンズコンシーラーの選び方としては、自分の肌の色に近い物を選びます。自分の肌に近い色を使うと肌になじみやすく自然な仕上がりとなるからです。

≪メンズコンシーラーの使い方≫

・顔の脂を取るために洗顔を行います。(洗顔フォームなどを使うとより効果的です)

・洗顔後、ローションや乳液で肌を整えます。(肌を整えたほうがコンシーラーが伸びやすくなじみやすいです)

・少量ずつ青髭が気になる箇所につけて、指先で叩くように広げて肌になじませます。(コンシーラーを多くつけすぎると厚くなってしまい不自然になります。薄づきで十分にカバーしますから、薄くつけるように心掛けます)

・仕上げにファンデーションを使用すると、より自然な仕上がりとなります。

「男が化粧なんて」と思われる方もいますが、イケメンで知られる男性芸能人の多くはメンズ用の化粧品を上手に使ってイケメンを演出しています。これは、イケメンに欠かすことの出来ない条件として、美肌があるからです。最近では、一般的男性もお化粧をする方が増えてきて様々なメンズ用化粧品が販売されるようになっていますから、ぜひ自分に合った化粧品を探してトライしてみて下さい。

④:除毛・抑毛クリームで髭を薄くする

時間は掛かりますが、除毛クリームで髭を取り除いていけば、徐々に髭は細くなり青髭も薄くなります。除毛クリームは体の表面だけでなく毛穴に少量ですが入り込み皮膚下の髭の毛根にも作用します。そのため、継続して除毛クリームを使っていると、髭が細くなり青髭も薄くなっていきます。

除毛クリームで髭を除去しますので、カミソリなどによる過剰な皮膚への刺激も起こりませんし、簡単に髭を除去できます。しかし、体質によっては肌にピリピリした刺激を感じるなどと言った肌に合わないことによるトラブルが起きる可能性があります。

≪除毛クリームの使用方法≫

1.除毛したい箇所に適量のクリームをぬります。

2.除毛クリームが均等な厚さになるように伸ばします。

3.除毛クリーム塗布後5分~10分放置します。

4.タオルやペーパーなどで、クリームと除去された毛を拭き取ります。

5.除毛クリームを綺麗に洗い流します。

6.洗顔後にローションや乳液で肌を整えます。(肌荒れ防止のため)

髭を綺麗に除去しても、時間と共に髭が生えてきて夕方には青々とした青髭が生えているという方もいます。せっかく身だしなみを整えても、これではイケメン度が大幅に下がってしまいます。このようなトラブルが心配な方には、髭の成長を抑制する抑毛クリームを使用されることをおすすめします。

≪抑毛クリームの使用方法≫

1.体や身体など、髭や体毛が気になる部分に塗って馴染ませます。

2.髭剃り、除毛後に使用する場合は、ローションなどで肌を整えてから使用します。

いたって簡単な使用方法で、髭の成長を抑制してくれますので、抑毛クリームを使えば、夕方に青髭が生える残念イケメンになるのを回避できます

⑤:毛根から髭をなくすためプロによる脱毛

自己処理は手軽に行うことができ、1回に掛かる費用も少額ですので、多くの方が髭を自分で処理されています。しかし、青髭を自分で処理をすると綺麗に青髭が処理できないと悩まれている方も多く居ます。青髭を根本的に解決したいならば、毛根から髭をなくす必要があるためメンズエステで永久脱毛を受けることをおすすめします

永久脱毛は費用が高いと思われがちですが、長期間にわたり髭の処理や青髭の処理を行うための物品を購入し続けるのに比べると、長い目で見れば髭の永久脱毛の費用は、それほど高価ではありません。また、一度永久脱毛をおこなえば二度と髭は生えてきませんから、青髭に悩まされることもなくイケメンの絶対条件である美肌も維持しやすくなります。何よりも、髭剃りと言った髭の処理をおこなう時間もなくなります。

40年にも及ぶ脱毛の歴史を持つメンズTBCでしたら、安心して髭の永久脱毛を行うことができます。

スクリーンショット 2017-06-16 18.22.16

40年間脱毛を研究し続け、脱毛では最も実績のあるメンズエステサロン。

お客様のことを考え、脱毛のプロが1本1本丁寧に手作業で抜いていきます。

⇒TBC公式サイトはこちらをクリック

 

髭の永久脱毛をおこなうといっても、どのようにして行うのか、また、痛くはないのかといった心配を持たれる方もおられます。メンズTBCでは、初回体験料金として1000円で髭の永久脱毛が体験できますMEN`S TBC「ヒゲ脱毛コース」の効果とは?体験料金1000円は本当?では、メンズTBCで行われる施術内容や口コミが詳しく書かれていますから、髭に関して悩みを抱えている方は1度記事をチェックして、メンズTBCで髭の永久脱毛を体験されてみては如何でしょうか。

まとめ

身だしなみを気にする男性にとって、青髭は悩みの種です。青髭があるだけで女性から低評価を受けてしまい、外見は整っていてもイケメンと認識して貰えません。

様々な青髭対策がありますが、根本的な解決となるとプロによる髭の毛根を除去する永久脱毛となります。費用が高額と思われがちな永久脱毛ですが、1度脱毛してしまえば煩わしい髭の手入れも必要なくなりますから、実は髭の永久脱毛はコストパフォーマンスに優れた選択と言えます

MEN’S TBC公式サイトはこちら

<脱毛サロン関連記事>
MEN`S TBC「ヒゲ脱毛コース」の口コミまとめ!体験料金1000円は本当?

髭の永久脱毛の効果・費用・期間は?おすすめ永久脱毛サロン5選!

料金の安い髭脱毛メンズサロンランキング!初回最安値は0円から?

<抑毛ローション関連記事>
ゼロファクターは効果なし!?悪い口コミや成分・安全性を徹底検証!

パイナップル豆乳ローションは効果なし?口コミや成分から効果を徹底検証!

グローストッパーEXの効果を口コミから徹底検証!ひげの悩み解消講座!

髭を薄くする市販の人気抑毛ローションランキング!男性の顔に効果あり

青髭を薄くする脱毛クリーム・除毛クリーム・抑毛ローションランキング


『脱毛』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49177

BiDANに広告掲載をしたい企業様はこちらの媒体資料をご覧ください。

媒体資料