飛び出たお腹はもうイヤだ!効率的な内臓脂肪の落とし方とは?

内臓脂肪は簡単についてしまい、ポッコリと出たお腹はわかりやすいメタボの象徴で、重大な病気のリスクも高まります。そこで今回は効率的な内臓脂肪の落とし方を紹介します。複数の落とし方を組み合わせて、引き締まった腹筋になりましょう。


内臓脂肪とはどんな脂肪?

内臓脂肪とは、腹筋の内側の腹腔内についている脂肪のことを言います。わかりやすく言うと、体内の内臓の周辺についている脂肪です。最近耳にすることが多くなった「メタボ(メタボリックシンドローム)」「お腹ポッコリ太り」は、内臓脂肪が多くついてしまっていることが原因です。内臓脂肪は見た目がかっこ悪いのはもちろんですが、恐ろしい病気(例えば高血圧、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞など)を引き起こす要因になります。甘く見ていてはいけません。注意が必要です。

しかし、内臓脂肪は、皮下脂肪と比較すると燃焼させやすいことも特徴です。「油断しているとつきやすいが、対策次第では落としやすい脂肪」が内臓脂肪です。この記事では、内臓脂肪の効率的な落とし方をご紹介していきます。最後までぜひ読んでいただき、効果的な内臓脂肪対策の参考にしてください。

内臓脂肪が多いかどうかは、ウエストサイズで測定することが目安です。男性はウエスト85cm以上、女性はウエスト90cm以上が内臓脂肪が多いと言われています。

内臓脂肪がつく原因は?

内臓脂肪がつくメカニズムは簡単に言うと「摂取エネルギー(カロリー)が多く、消費エネルギー(カロリー)が少ない」ことにあります。内臓脂肪がつく主な原因は例えば「過食、暴飲暴食(アルコール類の過剰摂取も含まれます)」「運動不足」「不規則な生活習慣」「睡眠不足」「基礎代謝の低下(基礎代謝は加齢とともに下がる傾向があります)」などです。

また内臓脂肪は、男性より女性の方がつきやすいと言われています。これはホルモンバランスの関係です。反対に言うと「男性なのに内臓脂肪が多くついている(メタボやお腹ポッコリ太り)」の方は、見た目のかっこ悪さと病気のリスクという、両面から対策を講ずる必要があります。

男性

いつまでも若い体ではいられない
出典:weheartit.com/

内臓脂肪ある男性の病気リスク

内臓脂肪が多いと見た目がかっこ悪いだけではなく、恐ろしい病気になるリスクがあります。内臓脂肪が多い男性の病気リスクの一例をご紹介します。

・動脈硬化

文字どおり血管の動脈が硬くなってしまう病気です。動脈に中性脂肪やコレステロールがたまり、血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなるが、心臓は血液をより強い力(ポンプのような働き)で体内に送り出すため、血管が破れることに関係する病気や、中性脂肪やコレステロールに起因する病気を発症する可能性があります。具体的には脳出血・脳梗塞・心筋梗塞などの発症リスクが高まります。

・糖尿病

文字からは「尿に糖が混じる病気」と連想されやすいが、正しくは血液中の血糖が高い状態の病気のことを言います。血糖が高い状態が続き糖尿病になると、合併症を引き起こすリスクが高まります。具体的には腎臓病・神経障害・失明・細胞壊死などです。細胞壊死の状態によっては足など切断しないといけない程、症状が悪化する恐れがあり注意が必要です。

・高血圧

文字どおり血圧が慢性的に高い状態の病気です。高血圧の数値は、一般的には最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上と言われています。高血圧にはレベルがあり、この数値が高いほど、他の病気を誘発するリスクが高まります。具体的には脳出血・脳梗塞・狭心症・心筋梗塞などです。これらの病気は生命の危険をともなう恐れがあり、注意が必要です。

運動での内臓脂肪の落とし方

先にも述べましたが、内臓脂肪はつきやすい脂肪ではありますが、落とし方の対策次第では燃焼させ落としやすい脂肪でもあります。特に運動による内臓脂肪の落とし方は高い効果が期待できます。

運動するときのコツ

内臓脂肪の落とし方として、効果が期待できる運動は有酸素運動です。有酸素運動とは身体に大きな負荷をかけず、脈拍数がそれほど上がらず呼吸しながらできる運動です。(この反対が無酸素運動です。無酸素運動とは身体に大きな負荷をかける、例えば短距離走やベンチプレスなどのような運動のことを言います。)ジョキング、ウォーキングなどは内臓脂肪を落としやすい有酸素運動としておすすめです。

内臓脂肪を有酸素運動で落とすためには、毎日続けることがより効果を高めます。「忙しくて有酸素運動をしている時間がない」という方は、例えば通勤、通学時に早歩きをする、歩く距離を意識して延ばすことでも有酸素運動になるので、仕事や生活の中で有酸素運動を意識した行動を取り入れることをおすすめします。

眠る

眠くてもサボってはいけない
出典:weheartit.com/

おすすめの運動

内臓脂肪の落とし方として、おすすめの有酸素運動をご紹介します。

・ウォーキング

ウォーキングは手軽に取り組むことができる有酸素運動です。内臓脂肪の落とし方として高い効果が期待できます。忙しい方は通勤、通学時に早歩きするだけでもウォーキングになります。時間は30分以上継続して取り組むと高い効果が期待できます。忙しくて30分も時間が取れない方は最低でも連続10分以上を目安にウォーキングされることをおすすめします。

・サイクリング

「ウォーキングのように改めて歩くことには抵抗がある」「歩くことは好きじゃないから続ける自信がない」という方は、内臓脂肪の落とし方としてサイクリングをする方法があります。サイクリングは自転車をこぐスピードや太ももへの負荷のかけ方によっては、ウォーキングよりも内臓脂肪の落とし方としては高い効果が期待できます。サイクリングで内臓脂肪を燃焼させるために必要な時間ですが、スピードや太ももへの負荷のかけ方にもよるので、一概に何分以上サイクリングしたら内臓脂肪の落とし方として効果があるとは言えません。

・水泳

水泳(スイミング)も、内臓脂肪の落とし方としては効果的な有酸素運動です。ただしウォーキングやサイクリングと違って場所は限られています。水泳が内臓脂肪を落とすためにおすすめできる理由の1つは「ウォーキングやサイクリングと違って全身運動である」点です。身体全身にゆるい負荷をかけて有酸素運動を行うことが可能です。水泳にはもう1つおすすめの理由があります。それは血圧を下げる効果が期待できるという点です。良い意味で血圧が下がれば、血流の改善につながり、内臓脂肪が原因で発症する可能性のある高血圧対策としても有効なのです。

自転車

サイクリングなら運動しながら旅もできる
出典:weheartit.com

食事での内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪の落とし方としては、食事も大切になってきます。食事での内臓脂肪の落とし方についてご紹介します。

内臓脂肪を落とす食事のコツ

内臓脂肪を落とす食事は、簡単に言えば「野菜を増やしバランスの良い食事」となります。そして全体の摂取カロリーを控え目にすることです。動物性脂質や糖質が多いと合計カロリーが多くなってしまうので、動物性脂質や糖質を減らす食事を心がけてください。脂ののった牛肉やスナック菓子などを控え、タンパク質は魚類や大豆製品などで摂取するようにすることをおすすめします。食物繊維が豊富な野菜類も多めに摂取することを心がけてください。

食事

バランスのとれた食事を摂る
出典www.marukome.co.jp/

内臓脂肪を落とすおすすめ食材

・キャベツ

キャベツは食物繊維が豊富で、カロリーも少ない食材です(100gあたり23kcal)。スーパーなどで誰もが購入しやすい点でもおすすめです。満腹感を感じることができる食材でもあるので、全体の摂取カロリーを抑えることができ、内臓脂肪の落とし方として効果の期待できる食材です。

・豚肉(脂質の少ない部分)

豚肉と聞くと、内臓脂肪がつきやすいイメージを持つ方もいると思いますが、脂質をさければ豚肉は内臓脂肪の落とし方としてはおすすめの食材になります。豚肉には「L-カルニチン(代謝を上げ、脂肪を燃焼させる効果があると言われている)」「ビタミンB群(脂肪を燃焼させるために必要なビタミン)」「アラキドン酸(脳を刺激して満腹感を感じやすくなる)」が含まれているので、内臓脂肪の落とし方としてはおすすめの食材なのです。

・コーヒー

コーヒーに含まれる「カフェイン」と「クロロゲン酸」には、脂肪を分解して燃焼させる効果があります。カフェインには血行を良くする効果もあるので、基礎代謝が上がり、内臓脂肪の燃焼に効果が期待できます。内臓脂肪を落とすという点で言えば、できればブラックで飲んでいただくことをおすすめします。

漢方での内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪の落とし方として「漢方を使う」方法もあります。漢方を使った内臓脂肪の落とし方についてご紹介します。

内臓脂肪落とす有効成分

・レシチン

レシチンは大豆などに含まれる成分で、内臓脂肪を溶かし排泄させる働きがあると言われています。ただし大豆製品を多めに摂取してレシチンを体内に取り入れることは量的には難しいので、サプリメントを使用することをおすすめします。レシチンのサプリメントは薬局やドラッグストアでも購入することができます。

・カプサイシン

カプサイシンは唐辛子に含まれている成分です。カプサイシンは、脂肪分解酵素リパーゼが活性化させる効果があります。リパーゼが活性化すると内臓脂肪をエネルギーとして燃焼させやすくなります。

おすすめの漢方

内臓脂肪の落とし方に用いることができる、おすすめの漢方薬は「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」です。下記、ご紹介の「生漢煎 防風通聖散」は内臓脂肪の分解、燃焼、排出まで行ってくれるスグレモノ漢方薬です。ぜひお試しください。

スクリーンショット 2017-07-04 14.15.02

⇒生漢煎女性用公式サイトはこちら

⇒生漢煎男性用公式サイトはこちら

まとめ

内臓脂肪が多くつくと、見た目がかっこ悪いだけではなく、恐ろしい病気を発症するリスクが高まります。男性としての見た目と、健康の両面から、早めに内臓脂肪の落とし方として何らかの対策を取り入れていただくことをおすすめします。今回ご紹介した方法の中から、ライフスタイルの中で取り入れることができそうな対策で結構です。ぜひ取り入れていただき、内臓脂肪を落とすように試みてください。

⇒防風通聖散公式サイトはこちら


『ダイエット』カテゴリーの情報まとめ記事はこちら

http://www.healthy-style.jp/archives/49552

Bidanに広告を掲載したい方は、こちらのファイルをご覧ください。

媒体資料